« 自民党・民主党の大連立? はあ? | トップページ | 小沢民主党辞任問題で些細な床屋談義でもしてみるか »

2007.11.04

小沢民主党代表辞任、と来ましたか

 時計代わりにtwitterに流れる空気を読んでいると昼過ぎ小沢辞任という話が飛び込んだ。驚いた。ニュースを見ると産経が流し、読売が流しという順序のようで、NHK、朝日、毎日、日経は少し出遅れた感じがした。日経では鳩山幹事長が翻意を促しているという話もあったようなのでそのあたりが発表のズレなのだろうか。記者会見もあるとのことだが、さてと考えてテレビで会見を待つより水泳に行くことにした。
 会見は見ていない。現状では小沢氏が代表辞任の意向表明ということで、民主党執行部としては4日には辞任を認めず保留の扱いとし党内の意見を聞くらしい。しかし、そこでひっくり変えるものでもないだろう。
 なぜ小沢が辞任なのか。毎度ながら本人の言をべたに書き起こした資料がいいのだが見当たらない。朝日新聞記事”小沢代表会見の主な発言1 「不信任受けたに等しい」”(参照)をあえて全文引用する。


 民主党・小沢代表の辞意表明会見での主な発言は以下の通り。
 民主党代表としてけじめをつけるに当たって私の考えを述べたい。総理から要請のあった連立政権を巡り、混乱があったことに対してけじめをつけ、民主党の代表を辞するため、辞職願を提出し、党に私の進退を預けた。
 福田総理は、安全保障に関する重大な政策転換を決断された。自衛隊の海外派遣は国連安保理、総会の決議で認められた活動に参加することに限る。特定の国の軍事作戦は支援しない。新テロ特措法案にはできれば賛成してほしいが、連立が成立するなら法案成立にこだわらないと言われた。これまでの我が国の無原則な安全保障政策を根本から転換することから、私個人は、それだけでも政策協議をするに値すると判断した。
 民主党は、年金改革、子育て支援、農業再生などの法案を参院に提出しているが、衆院では自民が依然、圧倒的多数を占めている。これらの法案をすぐ成立させることはできない。ここで政策協議をすれば、国民との約束を果たすことが可能になる。
 民主党は、次の衆院選を考えた時、様々な面で力量が不足している。自民党もだめだが、民主党も政権担当能力があるのか、国民から疑問を提起されており、次の選挙も情勢はたいへん厳しい。国民のみなさんの疑念を一掃させるためにも、政策協議をし、生活第一の政策が採り入れられるなら、民主党政権を実現させる近道であると判断した。
 以上のような理由から、党の役員会で福田総理の考えを説明し、政策協議を始めるべきではないかと提案したが、残念ながら認められなかった。それは、私が民主党代表として選んだ役員から不信任を受けたに等しい。民主党代表として、また、福田総理に対しても、けじめをつける必要があると判断した。

 辞任理由については、自民党福田代表と連立政権を目指す政策協議を行い、党に持ち帰ったが認められなかったので、これは不信任を受けたことと同じことだから、辞任する、ということだ。
 論理的かというと、これは変だろう。党が認めないならそれは認めないというだけでのことだ。代表がごり押しできるもののでもない。ということで常識的に見て、不信任はスタンドプレー的に密談を行ったことにあると考えたほうが自然だろう。
 今回のどたばたで大連立が話題になるし、結局小沢の辞任も直接的にはその線になる。このままでは国会運営がスムーズには進まないからという構造面が前面に出た。
 しかし、安倍政権沈没からの文脈で見るなら、問題はインド洋沖給油特措法案の延長であり、そのために、安倍元総理は政治生命のすべてを賭けて失った。この経緯については、小沢との線で「極東ブログ: 安倍首相辞任で思い出すこと」(参照)にも書いた。安倍は小沢との密談にすべてを託していた。そして同じことが福田総理でも継続した。
 だがこの間、日本の政治は軍事同盟的には空転し特措法は終了した。問題は、新テロ特措法案の成立に移行したのだが、この成立も困難は予想される。福田が切り出したのは、「新テロ特措法案にはできれば賛成してほしいが、連立が成立するなら法案成立にこだわらない」という点だ。大連立の提示は小沢が先だったかという噂を読売系のソースだけが執拗に流しているが、たとえそうであっても、ナベツネがフカしてた大連立が先にあるのではなく、新テロ特措法案を包括する形としての大連立なので、起点はあくまで新テロ特措法案にある。
 単純な疑問が浮かぶ。インド洋沖で自衛隊が給油活動することが、日本国家の命運を決めるほど重要なことなのだろうか? 
 さらに単純に問うてもいいかもしれない、日本は米国と軍事同盟を維持していかないと、国政が進まないのだろうか?
 私は問題の根幹はそこにあるのであって、大連立や政局のどたばたは二次的なものだろうと思う。
 小沢信奉者の一人として私が思ったことも加えておきたい。今回の事態に驚いたかといえば驚いた。これで民主党はぼろぼろになるだろうとも思う。ただ、その点についていえば、私は小沢という政治家を長年フォローしているのであって、彼がもし民主党を抜ければそれはそれだけのことだなとは思う。ただ、抜けないだろうとも思う。
 一番の疑問点は、「小沢さん、それはどう政権交代の道につながるのですか?」ということだ。福田総理との密談は、日米同盟を背景にした大きなものがあるのだろうと思う。だが、大連立構想は、どう政権交代につながるのだろうか。小沢の答えは「政策協議をし、生活第一の政策が採り入れられるなら、民主党政権を実現させる近道であると判断した」とのことだ。私はそれで納得するかと言えば、納得しない。私もまた今の小沢の政治姿勢がわからない。
 ただ、民主党がこの路線で進めるとは思わない。昨日のエントリ「極東ブログ: 自民党・民主党の大連立? はあ?」(参照)で、「早晩の衆議院解散から総選挙への流れはあるだろうか。率直にいうと私はないと思う。今の情勢では民主党が負けるだろうと書いた。この認識は、小沢の言う「民主党は、次の衆院選を考えた時、様々な面で力量が不足している。自民党もだめだが、民主党も政権担当能力があるのか、国民から疑問を提起されており、次の選挙も情勢はたいへん厳しい」ということと同じだった。そこまでは私は小沢が理解できる。
 その先はわからない。

追記
 「中傷報道に厳重に抗議する」というコメントがあったことを補足。
 ”小沢氏辞任会見詳報(2)「中傷報道に厳重に抗議する」」政治も”(参照)。


 中傷報道に厳重に抗議する意味において、私の考えを申し上げる。福田総理との党首会談に関する新聞、テレビの報道は、明らかに報道機関としての報道、論評、批判の域を大きく逸脱しており、私は強い憤りをもって厳重に抗議したい。特に11月3、4両日の報道は、まったく事実に反するものが目立つ。私のほうから党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を持ちかけたとか、果ては今回の連立構想について、小沢首謀説なるものまでが社会の公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれもまったくの事実無根だ。
 もちろん党首会談および会談に至るまでの経緯と内容について、私自身も、そして私の秘書等も、どの報道機関からも取材を受けたことはないし、取材の申し入れもまったくない。それにもかかわらず、事実無根の報道が氾濫(はんらん)していることは、朝日新聞、日経新聞等をのぞき、ほとんどの報道機関が政府・自民党の情報を垂れ流し、自らその世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それにより、私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した明白な誹謗(ひぼう)・中傷報道であり、強い憤りを感ずるものだ。
 このようなマスメディアのあり方は明らかに報道機関の役割を逸脱しており、民主主義の危機であると思う。報道機関が政府・与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争へと突き進んだ昭和前半の歴史を見れば明らかだ。また自己の権力維持等のために、報道機関に対し、私や民主党に対する誹謗中傷の情報を流し続けている人たちは、良心に恥ずるべきところがないか、自分自身によくよく問うてみていただきたい。各種報道機関が1日も早く冷静で公正な報道に戻られるよう切望する。以上だ。

 私の印象でも今回の件では読売新聞をメインに「政府・自民党の情報を垂れ流し、自らその世論操作の一翼を担ってい」たと思う。

追記
 会見についても産経ソースがより詳しいようだ。”「小沢氏辞任会見詳報(1)「けじめをつけるに当たり」」政治も”(参照)より。


 その国民みなさんの疑念を払拭(ふつしょく)するためにも政策協議を行い、そこでわれわれの生活第一の政策が取り入れられるならば、あえて民主党が政権の一翼を担い、参院選を通じて国民に約束した政策を実行し、同時に政権運営への実績も示すことが、国民の理解を得て民主党政権を実現する近道であると私は判断した。
 また政権への参加は、私の悲願である政権交代可能な二大政党制の定着と矛盾するどころか、民主党政権実現を早めることによって、その定着を実現することができると考えている。

 政権参加が政権交代可能な二大政党制の定着につながるだろうか。私の印象では、つながらない。私なりに小沢の心情を汲めば、政権参加によって政治家を育てたかったのではないか、くらいだ。

|

« 自民党・民主党の大連立? はあ? | トップページ | 小沢民主党辞任問題で些細な床屋談義でもしてみるか »

「時事」カテゴリの記事

コメント

私なりに小沢の心情を読めば、政権参加によって国民に約束した政策を実現して、国民から一層の信頼を得ることを夢想(政権交代)しての連立だったのではないかしら。でも約束した政策の実現に固執しない民主議員に愛想をつかした、と読めるのでは。

投稿: | 2007.11.04 20:15

国軍をアメリカ以外でしか派遣しないと、恒久的に、
派出しないと確約させたのとしたら、旧内務省への
勝利ではないのですか。

投稿: DDT | 2007.11.04 21:08

↑それすらも小沢辞任で反故にするということでは?

やはり、裏にいるのは中曽根さんなんですかねぇ?

投稿: ひでき | 2007.11.04 21:21

ニコニコ動画に記者会見25分弱がまるまるあがってます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1449097

投稿: き | 2007.11.04 23:22

小沢さんは強かですから何か裏があるんじゃ…。

投稿: junta | 2007.11.05 06:12

小沢さんは福田さんから「脅された」のではないかという気がします。連立談判は実はメインではなくて防衛省問題(企業との癒着に関しての)からお互いに手を引きませんかというやんわりとした「脅し」。

投稿: いまそがり | 2007.11.05 09:46

>報道機関が政府・与党の宣伝機関と化した
って、選挙前は全く逆で、マスコミは反与党キャンペーン一色だったじゃない。
でもって、それを利用して民主が勝ったんでしょ。お陰でお役人様は狂喜乱舞。

投稿: 名無しさまっ | 2007.11.05 13:23

自民、民主の連立構想、小沢氏の辞意表明と慰留による辞意撤回。参院選で勝利をテコに給油継続反対を表明し自民党への揺さぶりを強めていた民主党小沢党首は、国際公約を果たす事に血眼になっている自民党から最大限の譲歩を勝ち取る為に創ったシナリオで動いていたと思われる。強行に反対しながらも、アメリカと正面から対決する事は避けたいと思っていたに違いない。給油継続に傾く世論も当然考慮していたはず、そのような風が読めない党内を評して「力量不足」と言わしめたのであろう。

今回の民主党の騒動、唐突な安倍首相の退陣と福田首相誕生の経緯は、自民、民主が中核をなしている日本の政治構造が未だに、旧態依然の状況を脱していない事を明らかにしたような気がする。政党の縛り(縦割り)で政治が未だに動かされているが、本質は政治の世界も世代間の抗争(横割り)の時代に入っている事が見えているのではないだろうか。今の各政党のリーダーは皆、自民VS非自民の座標軸で動いてきた人たちであり、彼らの政治観で対応出来ない現実に直面しているのが今の政治状況であるのではないか。

小泉チュルドレンを含め若い政治家の皆さんの奮起を期待したい。所属政党に関係なく”改革を行う意思のある政治家”の皆さんはいつまで先輩政治家の庇護の下で政治家とし
生きていかれるつもりなのだろう。

旧来の自民VS非自民の構図問題解決が出来るほど現実社会は
単純ではなくなっている事に、皆さん既にお気づきのはずであろう。

投稿: doko2san | 2007.11.06 22:49

はじめまして。

自民党・民主党どちらが政権をとっても構わないと思います。
国民にとって有益な政策・経済対策を行ってくれるなら、政党なんてどうでもいいと思います。

小沢氏が昔から言い続けてきた
「政権交代できる二大政党制を作る」
という考え方には賛成です。
ですが、国益にかなうのであれば、「大連立」もまた悪くはありません。

私は個人的には小沢氏は好きな政治家です。

でも、小沢氏が代表を務める民主党に、
「何かが変わるかもしれない」
という、漠然とした希望を抱くのは、単に現在の経済不況や自民党のこれまでの様々な問題に対する反動にしか過ぎません。

自民党を出て以来、新党を作り、渡り、壊してきた小沢氏にとって、政権交代と自身の総裁への就任という大きな夢は、ようやくココまで・・・・というところで頓挫したと言えるでしょう。

民衆は結果だけを求めます。

自民であろうと、民主であろうと、経済状況が好転すれば、政権政党への支持は自然に上がり、悪化すれば下がります。

さいごに・・・。

小沢氏が代表職を辞任すれば、離党するまであるでしょう。
いずれにしろ民主党は勢いを失うのではないでしょうか。
民主党は小沢氏に大きく依存して成立っていたような物ですから・・・。

投稿: | 2009.04.08 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢民主党代表辞任、と来ましたか:

» 小沢代表:連立から辞任へ [forrestal@回顧録]
■今後、民主党は、どうなってしまうのだろうか・・・小沢民主代表: 辞意表明 「連 [続きを読む]

受信: 2007.11.05 00:55

» 小沢一郎を惜しむ [志村建世のブログ]
小沢氏は福田首相の話をよく聞いた上で、その場で断ることはせずに党に持ち帰り、「党の総意でお断りします」と返事した。さすがに老練な政治家らしく、党内から異論が出ないように固めたのは見事であった。さてこれから政権奪取へ出陣だ、と思っていた矢先の辞任劇で...... [続きを読む]

受信: 2007.11.05 11:23

« 自民党・民主党の大連立? はあ? | トップページ | 小沢民主党辞任問題で些細な床屋談義でもしてみるか »