« フジモリ元大統領のペルー送還メモ | トップページ | 欧州裁判におけるマイクロソフト敗訴について »

2007.10.04

円天の詐欺ってどういうことだったのだろう

 素朴な疑問シリーズ。というわけでもないし、べたな詐欺でしょ、こんなのに引っかかる人いるよな、くらいの印象しかなく、あまり関心もなかったのだが、円天事件、少し考えてみて、なんだかよくわからないことが多い。それでもどうでもいい事件なんじゃないかと思っていたら、被害額が一千億円とかいう話を聞いた。え?そんなに規模がでかいの、と驚いた。あるいは私がボケているだけで大した額ではない?
 一千億円とかいうニュースの例としては、東京新聞”L&G本社など捜索 出資法違反疑い 被害1000億円にも”(参照)がある。


 全国の会員約五万人から「協力金」名目で少なくとも五百億円超を集めたとされるが、今年に入り配当を停止し返金にも応じておらず、最終的な被害額は一千億円前後に達する可能性もある。捜査本部は集めた資金を協力金の配当に回す自転車操業の末、資金繰りに行き詰まったとみており、詐欺容疑での立件も視野に全容解明を急ぐ。

 5万人で500億円ということは、一人頭100万円。それで5万人というとそれほど大きな規模でもないような気がする。一千億円といっても総勢で10万人くらい。小さな小さなはてな村の郊外を含めたくらい。私の身の回り半径2クリックくらいでは円天なんて聞いたこともない。日本全体からするとそれほどでもない。でも比較に豊田商事事件を思い出すと(参照)、「被害者数は数万人、被害総額は2000億円近い」とのことだから、あの規模の半分くらいの事件か。その間のインフレ率を考えに入れると……いや、あまりあのころから日本経済変わってない、20年も前なのに。日本ってずっと停滞しているような。いやいやそれでもバブルを跨いでいるかなと関心がそれていく。
 話を戻して何の犯罪かというと、「詐欺容疑での立件も視野に」とあるので、最終的には当局は詐欺事件というふうに持ち込みたいのだろうが、切り口はというと「出資法違反(預かり金禁止)の疑い」らしい。こういうしょっぴきの手順って普通なんだろうか。というのと、こういうのって出資法違反なのか? と疑問に思うのは、当初ニュースを聞いたとき、カネがそんなに増えるわけないじゃん、バカみたいな話にひっかかる人が多いもんだという印象があったからだ。
 どのように出資法違反なのか。

 調べでは、L&Gは二〇〇一年ごろから一口百万円の協力金を募集。「三カ月で9%の配当が得られる」と年利36%の高利と元本保証をうたい、不特定多数の会員から違法に出資金を募っていた疑いが持たれている。

 そんなの虫のいい話あるわけないじゃん的常識は置いといて、べたに今回の状況を見ると、「3か月で9%の配当+年利36%の高利+元本保証」が仮にガチだったら、別になんの問題もない。疑問なのは、それって納期っていうか、その期日が来て初めて、嘘じゃんこれとなるはずなのだが、そうでもないらしい点だ。現実は、元本保証のほうのカネ返せが社会問題になってきたから、じゃってことでしょっぴいたっぽい。という理解でいいのか、このニュースがよくわからない。
 いずれにせよ「3か月で9%の配当+年利36%の高利+元本保証」ってあり得ないでしょというのが常識なんで、常識外れの人がしょっぱい目に遭うのは自由社会の自由の一部みたいなもので風船乗って夢の世界に逝った人もいた。本人の自由、ということなのかやや微妙だが。
 こんなの普通に考えれば詐欺でしょ。なのに一千億円の被害に膨れるまでほっておかれたという背景のほうが知りたい。とネットをざっと眺めると、5月ごろから、これはやっぱりタイーホでしょみたいな噂がある。そして半年近く経って国も動いたということなのだろうか。だいたいタイーホでしょという噂があってそのくらいのディレイがあるものだ、とすればあっちの件もワクテカかとかつい思うけど、まあ未来は夢のなか♪
 話がそれるが、ここまで悪徳商法が放置されたのは、どうしょっぴくかにテクニカルな問題があったということか、それほど大した事件でもないと国は見ていたか、ということなのだろう。
 話は冒頭に戻るのだが、カップラーメン食いながらぼうっと考えていて、他にもよくわかんないことがあるなと思った。
 この事件、どうも地方で問題になっているっぽい。

東京や静岡、沖縄などでは返金を求める訴訟が起こされ、一部で会員側勝訴の判決が出ている。

 東京は地方じゃないでしょは取りあえず置いておいて、なぜ静岡と沖縄なんだろ。我が第二の故郷沖縄の情報を見ていたら、9月23日沖縄タイムス社説”L&G、事実上破たん/配当停止 県内も被害”(参照)で取り上げられていた。

宜野湾市に営業所がある東京都の健康品販売会社「株式会社エル・アンド・ジー(L&G)」が、高利配当で出資を募って今年二月ごろから配当を停止させ、元金の返還にも応じなくなっていることが二十二日までに分かった。出資法違反の疑いが強く、被害は県内を含めて全国で明らかになっている。

 この社説からは沖縄だからという線は見えないには見えないのだけど、なんとなく雰囲気が想像できる感じがする。事件が全国規模というのはそうなんだろうけど、都市部というよりこの事件は地方というものの特性と関係があるのでは?
 もう一つわかんないのは、詐欺にあった人が、どちらかというと高齢者で、なんでそんなのにカネをつぎ込んでしまったのだろうか。というか、全体的に見れば、その層にこんな詐欺に注ぎ込めるカネがだぶついていたのだろうとしか思えない。やっぱりカネって、けっこう庶民に余っているんじゃないか、というか、余っているところには余っているというのが正確だろうけど。
 さらに、どうもこの円天というのは電子マネーで携帯電話から使うらしい。ということは、地方とか高齢層の人が携帯電話でショッピングとかしていたのだろうか。えー?
 いろいろ、わかんないなと思っているうちに与太まで思いついた。
 「3か月で9%の配当+年利36%の高利+元本保証」って、リアル円で考えるからありえないけど、円天という通貨で考えれば、「あかり世界」政府がシニョリッジというか通貨発行権限を持っていたわけだし、インタゲ自由自在だから、案外可能だったのではないか。いやもちろん、この奇っ怪なうたい文句が円天だからOKとかいうことが言いたいわけではない。あくまで与太話。
 ちょっと考えると面白いんでカップ麺食っている間だけ考えてみたが、通貨も自由だし、市場の製品まで支配できるというか、べたに商品価格まで思い通りに統制できるんだから、外部のリアル円とから遮断すれば、「あかり世界」政府側に物凄い利益が流れ込むようなしかけもできそうに思える。というか、そういう理念が「あかり世界」ということだったのだろう。
 顰蹙の与太話はそのくらいだが、カップ麺が底をついたむなしさで秋天を見上げるに、でも、この与太話ってドルの世界と本質的に違うのか? あるいはダイヤモンドの価格とか、石油市場の構造とか、そういうのと類似モデルなんじゃないか、とちと思った。むずかしそうなので、考えるのをやめた。

|

« フジモリ元大統領のペルー送還メモ | トップページ | 欧州裁判におけるマイクロソフト敗訴について »

「時事」カテゴリの記事

コメント

カップラーメン食うんだ、へー。
俺と同じだね。

老人から金を吸い取るマニュアルというか、
あれこれ手口を考えて実施計画立てて、
会議やって「じゃあこれ採用しようか」
⇒「工程表出します」⇒「実施人員はこのぐらいで」
⇒「単価高くないですか?」⇒「利益率低くないですか?」
⇒「計画2週間遅れですが来週で挽回できます」
⇒「すいませんお上の方にばれました」
~実行犯逮捕~
⇒「じゃあ次の計画ですが」
なんてな!!オイ!!

投稿: Rabi | 2007.10.04 19:43

演歌歌手呼べばジジババはカネ払うでしょうね

投稿: ぷっく | 2007.10.04 21:33

 若い衆がジジババと同居して日々小言に耐えてたら(もしくは近隣別居か比較的連絡密度高ければ)出ない被害なんだけどね。出ちゃうってことは、まぁ、そういうことなんでしょ。

 弁当爺さんも、田舎のご母堂様に不憫のなきよう頑張ってくださいね。

投稿: 渡辺裕 | 2007.10.04 22:22

9%の配当を契約どおり現金で払っていればもっと膨らみ続けたでしょうが、おっしゃるとおり円天で払うということに変更したところ、資金の引き上げが起こり首が回らなくなった、ということのようです。

投稿: cyberbob:-) | 2007.10.05 07:07

この手の事件では定期的に起こってるのではないかと思います。初期会員はいつも同じ人だという話も聞いたことがありますので。
被害者は加害者であることが多く、初期の集金力のあるうちに回収して、彼らの言う「次の投資」へ移行するので、立ち上げ段階で集まる「会員」は実は先送りされた加害者で、「沸いて」から来る人たちは被害志願者です。
地方というのは、会長経歴への認識が甘い所だったのではないでしょうか? あるいは、積極的協力者=組織オーガナイザーが居た、とか。

投稿: katute | 2007.10.05 11:49

5万人で五百億円ということは、一人頭100万円。一千億円といっても総勢で10万人くらいか。

こういうのにお金をつぎ込んでしまうって事は、老後資金の大半でもつぎ込んでいそう。それにしては少ない。
高齢者はもっとお金を持っているのかと思ったら、さほどでもないのかな。

投稿: らー | 2007.10.16 20:36

円天は、警察が動いてこれ以上は被害者も増えそうにないのですが、
キングスレーキャピタルというネズミ講形式のお年寄りを食い物にする詐欺がまだ平然と活動しています。

私のブログや http://rond0005.jugem.jp/ を見ていただければ概略はわかると思います。
(googleで検索しても詐欺だとわかると思います)
潰すためにキングスレーキャピタル=詐欺の知名度を上げるために協力をお願いします。
(身内の年寄りが騙されてないか確認も大事です)

投稿: 通りすがり | 2007.11.18 21:22

我々にとっての英雄である波会長が逮捕された!(T_T)
しかし、これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!(`o´)/
いま、行政による大弾圧が開始されようとしている。
にもかかわらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か?
諸君!我が円天の目的が正義だからだ(`o´)/これは諸君らが一番知っている。
円天の掲げる人類一人一人の自由のための戦いを神が見捨てるはずはない。

新しい時代の覇権を選ばれたこの円天会員が得るは、歴史の必然である。
ならば、我らは襟を正し、この戦局を打開しなければならぬ(`o´)/
我々は過酷な日本を生活の場としながらも共に苦悩し、錬磨して今日の文化を築き上げてきた。
かつて、波会長は経済の革新は円天会員たる我々から始まると言った。
しかしながら経済評論家は、自分たちが経済の支配権を有すると増長し我々に抗戦する。
今会員諸君は、経済評論家や経済官僚の無能どもに円天理論の何たるかを思いしらせねばならない。(`o´)/
英雄たる波会長を高く奉じ、我々は戦いぬくのだ! (`o´)/
波会長はその日本国政府の無思慮な抵抗の前に逮捕されていったのだ!(`o´)/
この悲しみも怒りも忘れてはならない!(`o´)/
それを、波会長は!自己犠牲をもって我々に示してくれた!(`o´)/
我々は今、この怒りを結集し、国家に叩きつけて、初めて真の勝利を得ることができる。
この勝利こそ、出資者全てへの最大の慰めとなる。
会員よ立て!(`o´)/悲しみを怒りに変えて、立てよ!(`o´)/会員よ!(`o´)/
我ら円天会員こそ選ばれた民であることを忘れないでほしいのだ。
優良種である我らこそ人類を救い得るのである。
ジーク・円天!(`o´)/
(`o´)/(`o´)/(`o´)/(`o´)/(`o´)/(`o´)/(`o´)/

投稿: ハゲオヤジ | 2010.08.05 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円天の詐欺ってどういうことだったのだろう:

» 「円天」L&G、出資法違反容疑で家宅捜索 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
「円天」と呼ばれる擬似通貨や高額の配当と引き換えに、全国の約5万人から総額1000億円に上るとみられる「協力金」を集めていた健康商品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」(波和二会長)について、警視庁は3日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで東京・新宿の同社本社など36か所の家宅捜索を一斉に開始しました。 ***♪利息くれない♪ 潰れる前から 潰されていた そんな気がする 波の意図 だから減らない 通貨は一緒 「マルチ」「マネー」 出資金 利息くれない 利息くれない 擬似通貨 ... [続きを読む]

受信: 2007.10.05 00:39

« フジモリ元大統領のペルー送還メモ | トップページ | 欧州裁判におけるマイクロソフト敗訴について »