« この夏の私的ビールランキング | トップページ | [書評]石油の隠された貌(エリック・ローラン) »

2007.09.06

ご用命を受けて徐ノーマン再び参上

 あまり気になるニュースでもないけど、なんとなく日本で報道されてないか少ないのかあまり見かけないので、さらっと書いておこうかな。話は徐若瑄(Xu Ruo Xuan)ことビビアン・スー(Vivian Hsu)とはあまり関係なくて、Hsu容疑者の話。というから、漢字で書くと徐容疑者かな。なんかオウム事件を思い出すが、英語圏ではNorman Hsuなので、徐ノーマン容疑者ということになるのだろうか。あるいは容疑者という表現は適切ではないか。で、この徐さんはトラブルメーカー。どんな問題を起こしたかというと、ゼロで割ってしまったというわけではなく、こういう背景がある。3日付読売新聞”疑惑の中国系実業家、民主党へ25万ドル献金”(参照)より。ちなみにここでは「シュー」さんと書かれているが。


 シュー被告は1991年に架空の投資話で投資家から100万ドルをだまし取ったとして重窃盗罪で起訴された。翌年、3年の禁固刑を言い渡される予定だったが、判決を受ける直前に姿を消した。

 三十六計不如豚面逃。中国の伝統的な問題解決法である。そしてあれから15年、徐豚面はなにをしていたのか。近況がわかった。

投資家から資金をだまし取って起訴された後、15年間にわたって逃亡を続けていた中国系実業家が、米大統領選に出馬するヒラリー・クリントン上院議員ら、民主党政治家に献金を行っていたことが発覚した。

 なるほど。ということで。

 米紙の報道で献金が発覚した直後の8月31日にカリフォルニア州サンマテオ郡の裁判所に出頭し、収監されたが、200万ドルの保釈金を支払って、わずか5時間で釈放された。

 その後どうなったか。ロサンゼルス・タイムズ”Warrant issued for Hsu's arrest”(参照)など最新ニュースでは保釈査問会を欠席とのこと。またも三十六計不如豚面逃プウなのか。ということだが、今回はそうもいかないだろう。そうもいかないだろうというのは、これほっておくと米民主党沈没かもねになる。もっとも掘り下げてもそうなる可能性は高い。じゃ、どっち。掘り下げざるを得ないでしょう。それにどうも民主党内部でもけっこう過激な意見が飛び交っており略。
 さて、このニュースなのだが、日本国内では8月29日付け産経新聞”中国系ビジネスマン、ヒラリー議員に迂回献金?”(参照)が最初みたいだ。またかよ産経という向きもあるかもしれないけど、おソースはワシントン・タイムズのしかもビル・ガーツさんのあんたも好きだね話コーナーではなくて、ウォールストリート・ジャーナル。

 同紙がクリントン陣営の資金状況を調査したところ、年収4万9000ドルの郵便局員を筆頭とするカリフォルニア州の中国系の家族6人が、次期大統領選の個人献金の上限に近い4万5000ドルを同陣営に送ったことが判明。同家の息子が、ニューヨークの中国系ビジネスマン、ノーマン・シュー氏の名を挙げ、献金を勧められたことを同紙に認めた。
 シュー氏はこれまで、クリントン陣営の資金集めに積極的に協力したことで知られる。同氏も「知人や仲間に自身の財布から献金を勧めたことはある」と同紙に答えたが、核心である資金提供については、中国系家族の息子が「投資が当たったので自分で献金しただけだ」と否定した。

 カネの元は投資が当たったからだそうだ。読売ではちなみに。

 シュー被告は、これまで興した会社の大半が倒産しており、大口献金の資金源は不明。過去の経歴も謎に包まれている。

 ではいったい誰がカネを出したか、それはちょっとまだまだ書かないお約束。
 さて、この話、英語のソースをつらつら見ていたら、徐豚面のえんがちょ民主党議員は大藁藁、という議員名を見ていると、おやっ、ここで本田さん、こんにちは。8月30日付けAP”Clinton to Give Away Fundraiser's Cash ”(参照)より。

Sens. Edward Kennedy and John Kerry, both of Massachusetts, also planned to turn over Hsu's contributions to charity. Sens. Barbara Boxer and Dianne Feinstein of California; Al Franken, a Senate candidate in Minnesota; Reps. Michael Honda and Doris Matsui of California; and Rep. Joe Sestak of Pennsylvania also said they would divest Hsu's contributions.

 本田議員を含めて、さてこのえんがちょどうしようか納豆。こんなのイラネと返す議員もいるなか。

Honda, however, planned to donate to charity $5,000 received from Hsu as well as members of the Paw family and one other donor whom his staff could not immediately identify.
(本田は、しかしながら、徐から受け取ったカネは慈善事業に献金すると計画している。ポウ家からやその他スタッフがすぐには出所のわからないカネと同じ扱いになる。)

Spokeswoman Gloria Chan said the money would go to local community organizations but that Honda hadn't yet decided which ones.
(グロリア・チャンの女性報道官は地域団体に渡すつもりだとしているが、本田はどっちにするか決めかねている。)


 今日付のニューヨークタイムス”Clinton Donor Appears to Be a Fugitive Again ”(要登録・参照)にはこうある。

Since word of Mr. Hsu’s fugitive status became known, Democratic candidates have been rushing to rid themselves of Mr. Hsu’s money — among them Senator Barack Obama of Illinois; Gov. Eliot Spitzer of New York; Al Franken, the comedian and political commentator who is a Minnesota senatorial candidate; and Representatives Michael M. Honda and Doris Matsui of California.

 結局、もらわないってことにしたのでしょうかね。やばいおカネの問題って、なかったことにすれば解決ってことでFA。

|

« この夏の私的ビールランキング | トップページ | [書評]石油の隠された貌(エリック・ローラン) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

この人があの「世界抗日戦争史実維護連合会」とつながりがあるという話は、本当なんでしょうかねえ。
そのうち古森氏が書いてくれるんでしょうか?

投稿: Baatarism | 2007.09.06 12:41

こんにちは
今回のエントリも英語の勉強に役立たせていただきました.
以下の文のas well asが難解でした.
Honda, however, planned to donate to charity $5,000 received from Hsu as well as members of the Paw family and one other donor whom his staff could not immediately identify.
対訳では
「ポウ家やその他スタッフがすぐには出所のわからないカネと同じ扱いになる」
とされておりますが,まず“immediately identify”はカネにかかるのではなく,その前に“whom”とあるので,“one other donor”にかかるのではないでしょうか?
つまり“as well as”の後は,
『ポウ一家とホンダ議員のスタッフがすぐには特定できない別の提供者』ではないかと.
だとすれば,この文は
『Hsuさんと“as well as”以下の人々から受け取った5000ドルを慈善事業に寄付するよう計画していた』なのでしょうが,確信ありません.
こういう単純なところが難しいと常々感じます.
またも余計なことですみません.
コメント欄などに乗せて下さらなくて結構です.
今後も日本のメディアで知る機会の少ない情報に関する発言を楽しみにしております.

投稿: ぼんびか | 2007.09.06 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご用命を受けて徐ノーマン再び参上:

« この夏の私的ビールランキング | トップページ | [書評]石油の隠された貌(エリック・ローラン) »