« 吉本隆明の自立の思想の今 | トップページ | キルクークを併合してクルディスタンが独立するまであと二歩くらい »

2007.09.29

ミャンマー暴動メモ

 ミャンマー情勢は率直なところまるでわからない。なので、この件についてはノイズのようなものをブログで流すのはよくないのではないかとも思っていたが、これだけの騒ぎになるのだから、時代のログとして少しメモを残しておきたい。
 まずミャンマーの政治状況についてなのだが、このブログでは3年前こ「極東ブログ: ミャンマーの政変、複雑な印象とちょっと気になること」(参照)で触れたことがある。この構図が今回の情勢の背景にもつながっているだろう(つまり軍内部の問題があるだろう)と思われるのだが、そうした背景まで含めた報道は、今回の騒ぎを報道するメディアではあまり見当たらないように思える。
 全体構図からこの騒動を見て、誰が利して誰が困惑するかとだけ問えば、英国が利して、中国が困惑するとなるだろう。つまり大筋としてこれは中国潰しということだろうか。困惑の度合いは、毎日新聞記事「ミャンマー:中国、対応に苦慮 資源確保か国際世論か」(参照)あたりが概要を伝えている。


 中国は、ミャンマー西部から中部マンダレー経由で中国雲南省を結ぶ全長1500キロのパイプライン計画をスタートさせた。現在、輸入石油の8割をマラッカ海峡の海運に頼っている中国にとって、パイプラインは有事の封鎖が懸念される海峡を迂回(うかい)する安全弁だ。

 ちなみにこの懸念される有事封鎖が何を意味するかについては、このエントリでは特に言及しないことにする。そりゃもう。
 中国は現在、胡錦濤革命の詰め(中国共産党規約改正)を行う10月15日開幕第17回党大会を前にしているので、いろいろざわつきがあるのは当然だが、こういう内政の状況は日本側のシンパにもいろいろシグナルを送るのが慣例なので、そのあたりの線をちらほら読んでみると、ミャンマー軍政を抑えろという話が出ている。これまでのミャンマーと中国の関係からすれば、中国はミャンマー軍政に武器供与も行っているくらいなのだから、そのシグナルは少し不思議にも思える。ミャンマー軍内部の亀裂に対応しているのだろうか。などと、考えるとどうにも陰謀論臭い。
 ついでなんで、他の国のシフトで見ていくとASEANは総じて困惑しているが、インドは奇妙な沈黙をしている。在インドのダライラマは仏教徒ということでミャンマーの僧侶を明確に支持しているのだが、仏教徒の多いはずの日本の仏教徒は沈黙しているっぽい。英国が利するという線から考えるとインドもなんかありそうな感じはする(スーチーもインドと英国に縁が深い)。しかし、こうした憶測は現時点では、いずれもはっきりと見えてこない。
 報道面から見た今回のミャンマーの騒動だが、日本を含め西側報道でも、軍政対民主化、という構図を描いている。が、その先兵が僧侶というのが、今一つ腑に落ちない。僧侶は保守的であまり政治に関わらないものだからだ。しかし、仏の顔も三度までというか、堪忍袋の尾が切れて、民衆の困窮に怒りを発し、民主化のために立ち上がった、ということなのだろうか。
 そのあたりのミャンマー仏教徒の心情が知りたくネットを眺めていると、ミャンマー関連ニュースというサイトに「全ビルマ僧侶連盟連合声明(4/2007号 2007年9月21日付)」(参照)という文書を見つけた。表題通り「ビルマ語国際放送などを通じて発表された、全ビルマ僧侶連盟連合の9月21日付の声明」ということなのだが、それが本当なら、現地状況を伝える一級資料になるはずだ。

全ビルマ僧侶連盟連合
                     4/2007号声明
                     2007年9月21日
         国民への勧奨

 ミャンマー・パコック市の僧侶らを縄で縛り拘束し虐待したことをきっかけに、ミャンマー国内外の僧侶らは、不受布施の抗議を行ない、非暴力と慈愛の精神から、宗教的自由の問題と国民の生活・健康などあらゆる面で困窮している問題をSPDC軍事政権が平和的に解決することを求め、祈りながら行進している。
 国民が直面し苦しんでいる困窮を早急に解決できる道である、自由で正義を備えた真の民主主義体制を要求するため、学生、市民、労働者、農民、公務員、会社員、国軍兵士、武装組織を含むすべての国民が、参加し行動することが重要な時を迎えており、きたる2007年9月24日(月)午後1時から、僧侶とともに、モラルを持って非暴力的方法で、自身の権利を自ら要求することを勧奨する。

             全ビルマ僧侶連盟連合


 民主化への要望は強く出ているが、それよりミャンマー・パコック市の僧侶ら虐待への抗議が先行していると読める。
 だが、報道から見ていると、石油価格の高騰を受けて8月に始まったとのことだった。そのあたりの関係はわかりづらい。
 アムネスティ「ビルマ(ミャンマー):【緊急行動】拷問または虐待の恐れ/健康への懸念 」(参照)では、このいきさつをこう記している。たぶんこれが正しいのだろう。

背景情報
平和的なデモは、石油価格の高騰を受けて8月に始まった。デモの規模や参加者は急激に拡大した。パコックの町で僧侶が治安部隊により傷つけられたという報道を受けて抗議行動を指導しはじめた僧侶たちは、生活必需品の値下げ、政治囚の解放、深刻な政治的対立を解決するための国民融和のプロセスを求めている。

 最初に石油高騰のデモがあり、続いて僧侶虐待があり、そして僧侶が立ち上がりという連鎖から今回の事態になったようだ。
 その線で報道を見直すと、8日付産経新聞記事「ミャンマー 僧侶も“決起”デモ拡大 物価高騰、市民困窮」(参照)がよく整理されているようだ。

 8月19日に最初のデモ行進がヤンゴン市内で行われたときは、その規模は比較的小さかった。民主化運動指導者、アウン・サン・スー・チーさん率いる国民民主連盟(NLD)の主導で行われ、主婦も参加し、数十人が連日市内を練り歩いた。いずれもプラカードを掲げることもなければ、シュプレヒコールもない、時折手をたたく程度の静かなデモ行進だった。
 しかし、中部マグェ管区のパコックで5日に発生したデモは違った。現地からの情報によれば、治安部隊は僧侶300人が参加したデモを阻止しようとして威嚇のため発砲。乱闘騒ぎの末、3人の僧侶を拘束した。しかし、暴行を受けた僧侶側も、治安当局者ら13人を軟禁するなどして反発を強めた。6日に治安当局側が謝罪し、双方とも拘束者を解放したが、緊迫した事態が依然、続いている。


 ミャンマーの外交筋によると、保守的な僧侶がこれだけ大規模デモを組織した例は過去になく、1988年8月、ネ・ウィン体制に反発したゼネスト参加以来のことだという。同外交筋は「僧侶の参加はヤンゴンで数十人程度だった。元来、僧侶は自制心も強く、政府に反発しても行動には出さない。今回は市民が困窮する姿を見て平和理にデモを進めたのに、仲間を拘束され、僧侶側は反発というより“決戦”に近い感情を持った」と指摘する。

 僧侶への虐待がいつもの小競り合いに火を付けたということのようだし、今回の騒動のカギはこの5日のパコック市の状況にありそうだ。
 ついでに気になる関連の話。
 まったく関係がないと言えばそうなのかもしれないのだが、8月14日にミャンマーと北朝鮮は平壌で協力合意書を締結している。8月14日聯合ニュース「北朝鮮とミャンマー、外務省が協力合意書締結」(参照)より。

北朝鮮とミャンマーの外務省が14日に平壌で協力合意書を締結したと、北朝鮮の朝鮮中央通信が伝えた。両国の外務省次官が署名したとだけ伝え、具体的な内容は明らかにしていない。

 北朝鮮とミャンマーの関係は、83年の「ラングーン事件」(参照)による断交に遡る。ネットを見ると4月11日付け中央日報「北朝鮮・ミャンマー、約23年ぶりに国交回復へ」(参照)が詳しい。

外交筋は「地球上で最も閉鎖的な国家とされる両国の国交回復は、兵器・食糧・天然ガスなど資源の貿易を進めるためのもの」と分析。国交回復が実現する場合、ミャンマーは北朝鮮との軍事交流が可能になり、北朝鮮は慢性的な食糧難を解消し、ミャンマーの豊かな海洋資源を利用できる、と期待しているとのこと。

 今回の騒動でミャンマーの民主化が進めば。このあたりの関係も変わってくるのかもしれない。
 もう一点、28日付でこんなニュースが出てきた。国内的には今日付毎日新聞記事「ミャンマー:少数民族の村消される 米衛星写真」(参照)が伝えている。

全米科学振興協会(本部ワシントン)の科学・人権プログラムは28日、ミャンマー軍事政権による少数民族カレン族の迫害の様子を衛星写真で追った報告書を公表した。00年から今年にかけて撮影された商業衛星写真を比較し、同国東部のタイ国境に近いカイン(カレン)州で、一般住民の家々と見られる構造物が完全に破壊されたり、ミャンマー国軍の基地が拡大されている様子などを明らかにした。

 今回の騒動とカレン族の動向もわからないところだ。newsclip.be25日付タイ発ニュース速報「ミャンマー軍政、主要2都市に外出禁止令」(参照)よると、むしろ軍政はそれどころではないといったふうでもある。

ミャンマー軍事政権は25日夜、最大の都市であるヤンゴンと第2の都市マンダレーで午後9時―午前5時の外出禁止令を発令し、両市を軍司令官の管理下に置いた。また、東部国境で少数民族、カレン族の反軍政組織と対じしていた部隊などを撤退させ、ヤンゴンに送り込んだもようだ。タイ字紙クルンテープトゥラキット(電子版)が25日、報じた。

 同サイトには、23日付で「タビクリ 忘れられた戦争」(参照)という興味深い記事があり、こう締められている。

 今回の旅で、終わることのない戦争に、少し変化が見えたという。タイ政府がカレン族など少数民族との接触を頻繁にし始めたというのだ。軍司令官当時にカレン族に同情的だったというスラユット・タイ首相のせいか、それともミャンマー情勢に何かが起きつつあるのか。

 まあ、何か起きつつあるのかもしれない。

|

« 吉本隆明の自立の思想の今 | トップページ | キルクークを併合してクルディスタンが独立するまであと二歩くらい »

「時事」カテゴリの記事

コメント

 あの国では、雨季というのが、国民的意思決定のポイントになっているっぽい。雨季のプチ出家期にこっそり議論して、雨季明けのタイミングでものごとが動き出す。
 あと、石油価格上昇で倒産状態の国がたくさんあるのは想定内。

投稿: ヒンディクエスト | 2007.09.30 08:19

ヒンディクエスト氏のコメントに
> 石油価格上昇で倒産状態の国
というのがあるので、それに合わせて。
原油価格上昇による石油値上げで、一気に首がしまった市民は托鉢が出来なくなってしまった。ミャンマーの僧侶は托鉢で命を繋いでいるので、「こりゃいかん民がこんなに苦しんでいるのに助けない理由はない」と僧侶たちのデモ開始となったそうです。

投稿: 通りすがり | 2007.10.02 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー暴動メモ:

» [今の日本って大丈夫?] ミャンマー軍事政権へのデモはバングラデッシュの情勢が絡んでいる [What’s up, Japan?]
ミャンマーで軍事政権へのデモ隊は27日の軍の治安部隊が一般市民に向けての発砲事件もあって沈静化の方向へ向かっているらしい。 このデモが活発になり始めた時、なんで今ミャンマーの僧侶からのデモが急速に一般市民の支持を得て拡大し、軍事政権を威圧するまでになった... [続きを読む]

受信: 2007.09.30 12:44

» 国連特使ガンバリ氏がんばる、ミャンマーでスーチーさんと初会見 [米流時評]
 ||| 国連特使ミャンマーでスーチー女史と会見 |||ミャンマーのジュンタ軍事政権、スーチー女史に初の特別外出許可 僧侶の民主化抗議デモ弾圧紛争で首都訪問の国連特使と会談のため 2007年9月30日 ミャンマー・ヤンゴン発 |ミャンマーを45年間独裁してきた軍事政権の終焉を標榜する今回の反政府デモは、数万人の仏教の僧侶が参加して以来世界的注目を集めた。抗議活動のピークには7万〜10万人の市民が参加して、デモ隊の列で通りを埋めたが、水曜と木曜の2日間にわたって政府軍が弾圧のため出動し、デモ隊... [続きを読む]

受信: 2007.10.01 11:27

» ミャンマー混乱 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
8月中旬に始まり、9月に入って拡大したミャンマー軍事政権に対する抗議行動は、先月26日に治安部隊が武力行使による鎮圧に乗り出したため、国連からイブラヒム・ガンバリ事務総長特別顧問が29日にミャンマー入りし、事態打開に向けて調整を進めています。 ***♪声援♪ 貴方がビルマを訪ねたのは 悲しみ語るためですか どうか何でも聞いてください 軍指導部を止めるまでは デモの主張を認めるまで だれもが怖い軍人なんです 苦悩で歪んだ貴方の顔に 僕は声援送ります がんばれ がんばれ 頼む ガンバリ ... [続きを読む]

受信: 2007.10.02 00:20

» ミャンマーのこと---相対主義の地獄を超える [BigBang]
この記事について少し。 インターネットを遮断したミャンマー軍事政権とブロガーの戦 [続きを読む]

受信: 2007.10.02 03:17

» 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺 [米流時評]
   ||| 許すな末世の法、軍事独裁政権の圧殺 |||ジャーナリストを撃つな! もちろん無抵抗な市民も!! ミャンマー軍事独裁政権の卑劣な圧殺に抗議する!!! 十万余人の僧侶と民衆が通りを埋めた民主化デモに2万人の武装兵士出動で弾圧 上の写真で右下に仰向けに倒れているのが、今回のデモ隊への発砲事件で殉職された長井健司さんです。ビデオや連続写真で見ると撃たれた直後であることが判ります。そのすぐそばを通り過ぎる人物はカーキ色の軍服らしき服装ですが、「ビーチサンダル」ばきであり、一般の兵士や警... [続きを読む]

受信: 2007.10.02 03:56

» 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か? [米流時評]
  ||| 消えた六千人の僧侶、第2の大虐殺か? |||黙殺するな!ミャンマーで進行する虐殺 生きたまま焼却の疑い 忽然と消えた6千人の僧侶、僧院から全員拉致連行され行方不明 今この瞬間も、ビルマでは大変なことが起っている。このまま見過ごすとただならない数の虐殺が、歴史のページに刻まれてしまいそうな、凄惨な成り行きなのだ。 (昭和世代の私には「ミャンマーのヤンゴン」よりも、やはり「ビルマのラングーン」の方がピンとくるので、後者で呼ばせていただく。) ビルマの僧たちが軍事独裁政権の圧政... [続きを読む]

受信: 2007.10.02 12:25

» ミャンマー恐怖の弾圧!数千人の僧侶を焼殺? [米流時評]
      ||| ビルマのキリングフィールド |||ミャンマー軍事独裁政権の恐怖政治・血の粛清の実態 抗議デモ参加で連行された僧侶・学生6千人を虐殺? 川には僧侶の死体浮上、兵士が逮捕者を焼却炉で焼き殺しているという証言も タイ・バンコック発 |ミャンマーの学校の外では100人が銃殺された。逮捕されたデモ参加者は、政府の焼却炉で生きたまま焼き殺されている。行方不明の仏教の僧侶は、川にうつ伏せの死体になって浮んでいる。 Myanmar's True Death Toll May Neve... [続きを読む]

受信: 2007.10.02 20:11

» ミャンマー、大規模デモにおけるメモ [forrestalの回顧録]
■ミャンマー軍事政権に対する僧侶を中心とした、抗議デモが、かなり大規模、かつ、国 [続きを読む]

受信: 2007.10.02 21:12

» ビルマの圧殺・捏造報道と「僧侶狩り」 [米流時評]
||| ビルマの圧殺・捏造報道と「僧侶狩り」 |||メディア報道を否定するミャンマー軍政、捏造情報をリリース ネットを切断し情報伝播を妨害、僧侶デモの指導者4名捜索中 ミャンマー・ヤンゴン(旧名ビルマ・ラングーン)発 |5日金曜(米国時間で4日木曜)ミャンマーの軍事政権は、先週ヤンゴン市内で繰り広げられた民主化運動のデモに参加した僧侶を数百人拉致しており、政府軍の警備隊はデモを主導した4人の僧侶を捜索していると発表した。ミャンマー国営テレビの報道では、500名以上の僧侶が投獄されており、10... [続きを読む]

受信: 2007.10.06 14:56

» なぜビルマの声は我々の声なのか [米流時評]
||| 米流時評:ビルマの声は我々の声 ||| 米流時評アピール:「なぜビルマの声は我々の声なのか」 かつて国連は、世界平和のシンボルであった。第二次大戦後の戦勝国のルールで補強されたコンセプトではあったが、ヒットラーのような独裁者の出現を2度と許さないという一点では、誰も異存なくその方針を支持したはずだった。国力の大小にかかわらず、全ての国が総会での議決投票権を持ち、少なくともそのシステム自体が「民主主義」を具現化したシンボルであったはずだった。 しかし昨今ではどうだろう。つい最近の... [続きを読む]

受信: 2007.10.07 12:55

» ミャンマー情勢に関して…またも欧米発の世論操作? [にほん民族解放戦線^o^]
ミャンマーではまだ混乱が続いている。 相変わらず日本のマスコミは、欧米の視点からの一方的な情報を垂れ流すだけのようだが、この国の情勢の背景・裏側をもっと考える必要があるように思う。 既にブログではあちこちで話題になっているのでご存知の方も多いと思うが、1995年から3年間、日本のミャンマー大使を務めた山口洋一氏が 2007年10月11日号の「週刊新潮」に特別手記を寄せている。「スーチー女史が希望の星というミャンマー報道は間違っている」という内容。 詳しくはこのブログ「鈴大スクラップブック」さん... [続きを読む]

受信: 2007.10.19 19:27

» ミャンマー問題の構造 [日本を守るのに右も左もない]
去る8月、石油価格高騰に端を発したとされるミャンマーでのデモは、9月末にピーク... [続きを読む]

受信: 2007.10.25 22:32

« 吉本隆明の自立の思想の今 | トップページ | キルクークを併合してクルディスタンが独立するまであと二歩くらい »