« [書評]中学生でもわかるアラブ史教科書(イザヤ・ベンダサン、山本七平) | トップページ | アフガニスタンのケシ生産と貧困の関係は薄い »

2007.08.31

米国の兵器産業が対外的に弱体化しているらしい

 世界の兵器産業というのは兵器の高度化もあいまって、米国の独走なんだろうなとなんとなく思っていたし、そう言ってもそれほど間違いでもないのだろうけど、今週の日本版ニューズウィーク(9・5)の記事”兵器市場に響く軍拡狂騒曲”を読んで、意外に思ったことがあった。世界市場で見ていくと米国の優位には陰りがありそうだ。
 まず米国と限らず世界的に全体的に兵器産業は好調ということがあるのだが。


 ヨーロッパ勢の攻勢が最も目立つのは、途上国の兵器市場だ。この分野における米メーカーの市場占有率は、92~05年の間に54%から29%まで低下した。
 とくにアメリカ勢の苦戦が目立つのは中東だ。原油価格の記録的高騰を受けて各国が防衛予算を増大させる中、イギリス、フランス、それに中国の軍需関連企業は米メーカーの支配的地位を徐々に突き崩しつつある。


 さらにサウジはGIATやDCNSといったフランス企業と、総額80億ドル相当の戦闘用航空機、戦車、潜水艦の購入契約を結ぶ見込みだ。「(湾岸諸国は)軍需増強をイランに見せつけようとしている」と、ロンドンの中東専門家ニール・クイリアムは言う。「だが同時に、もう以前のようなアメリカ頼みではないというメッセージを自国民に発するねらいもある」

 アラブ諸国の対イラン意識が伺われて興味深いことはさておき、なんとなくだが、サウジとブッシュ政権の関係をみると、米国からほいほいサウジに軍事支援しているような印象もあるが、実際の米議会ではサウジが過激派と関係が深いことを懸念し、兵器売却に難色を示している。
 ちょっと引用が長くなるが。

 この傾向はアジアでも見受けられる。米政府はしばしば、圧政を理由に潜在的な顧客に経済制裁を科したり、先端技術の提供を拒否して大型契約をみすみす逃している。だが、ロシアや中国といった他の武器輸出国には、そのような足かせはない。

 その一例として記事ではパキスタンがあげられ、パキスタンは中国と新型戦闘機共同開発に向かったという。
 こういう事態をどう捉えていいのかちょっとわからないなという感じがする。基本的にはここで描かれていることが嘘だとは思えない。
 他方、朝鮮日報”世界の防衛産業、売上高の63%は米国企業”(参照)の記事も正しいだろう。

 これら軍需産業に占める米国企業の割合は非常に高い。世界のメーカー上位100社が計上する売り上げの実に63.3%は、40社に上る米国企業が占めている。次いで、36社に上るヨーロッパ企業の売り上げが高く、その割合は29.4%を占めている。ちなみに世界の兵器市場で米国と争っているロシア(4社)は、わずか1.2%を占めているにすぎない。

 ニューズウィークの記事と合わせて考えれば、米国の軍需産業というのは、意外と国内消費向けなのだろうということ、案外それが住宅バブルのように経済の牽引の役割を担っていたのだろう。
 素朴に書いてしまうと、日本のマスメディアは反米基調があるので米国が軍事的に暴虐を振るっているかのようなイメージをイラク戦争後の混乱に乗じて撒いているが、実態はこの間米国の軍事は停滞していたのではないだろうか。そして実際の世界の軍事的な混乱、特にアフリカでの諸問題は米国以外の軍事産業の関わりが大きいような気がする。まあ、気がするというだけで、別に米国に加担する意図はないので、そうではないよというご指摘があればそれは幸い。
 ところで、ニューズウィークの同記事では、このところ話題のF22を日本に売らないという話題にも触れているのだが、日本と特定されているわけではないが、海外受注が進まないとF22の生産ラインは維持でないらしい。ということは、日本がF22を最終的に購入するというシナリオができていそうな気もするが、ネックになっているのは日本の情報管理能力もだが、対中国の問題だろう。今後、米政権が民主党に移るとなるとそのあたりはどうなるということもある。
 そういう線で考えるとシナリオをするっと通すのは難しい。通すには、日本が今より熱狂的にF22売ってくれと何かとヒステリックな日本国民が騒ぎ出す状況が必要になる。というところで、それもちょっとなという感じはするし、別に陰謀論をフカシたいわけでは全然ないが、もしかすると、まあ、なんかあるのかもしれないな。

|

« [書評]中学生でもわかるアラブ史教科書(イザヤ・ベンダサン、山本七平) | トップページ | アフガニスタンのケシ生産と貧困の関係は薄い »

「時事」カテゴリの記事

コメント

ポール・ケネディの「大国の興亡」を思い出しました。

投稿: ひでき | 2007.08.31 18:50

始めまして。
■米国がサウジなどに大型の武器援助を計画、イラン念頭に
という記事がありましたが、これの内容はどう思われますか?

投稿: navi-area26-10 | 2007.09.01 04:23

アメリカの兵器開発能力が、落ちているように見受けられます。最近、開発の遅延や失敗が多い。
ヘリコプターはヨーロッパにしてやられており、米軍での採用も増えています。

投稿: K | 2007.09.01 13:06

F22の件は、どうも値段を上げているように思えてなりません。実際、これ以上高い飛行機は無いわけで、ということは比較の対象がないということですから、どんなに高くとも天井がありませんから。F22が日本の自衛隊に持たれると、F15Kが最強である韓国軍にとっては驚異であるとの記事が韓国紙に掲載されたらしく、その日本語版で読んで、?と思いました。西普連を持つ陸上自衛隊の仮想的が中国なのはよく分かるのですが、なんで韓国側は日本の制空権の維持能力に脅威を感じるのだろうかとも思いました。要は、他の国々でも、こんなに高価な飛行機なんて買おうともうのは、日本と台湾くらいのもので、だから値をつり上げているということなのかなと。韓国は高すぎて買いたくないので、日本が買うと、差がついていやだなと言うことかなと思った次第です。しかし一方で、自衛隊の保秘能力に問題があったことも事実ですが、これは警務隊によりきちんと発見されたわけですから、少なくとも漏れたかもしれないにしても、そのことの発見能力はあったという意味で、それを理由に米国が売らないというのは、どうも合点がいかないのです。

投稿: sk | 2007.09.01 13:49

終風先生はチョット読まない(好まれない)かも、ですが、
9月号の『軍事研究』で、先生の仰る近年の軍事における内需の関係が企業側から考察されいました。

結構面白かったですよ。

投稿: 夢応の鯉魚 | 2007.09.01 15:10

>skさん
韓国の記事ってこれのことですかね。
【コラム】もし世界最強F22が日本に配備されたら…
http://www.chosunonline.com/article/20070217000030
ところで産経新聞でも
■【やばいぞ日本】第1部 見えない敵(1)中国軍に知られたF2の欠陥
(投稿 navi-area26-10のところにリンク貼ってます)では、
>戦闘能力についても「F2は韓国のF15Kに劣る。竹島の制空権は失った」
と書いていますので、お互い様かなと思います。

投稿: navi-area26-10 | 2007.09.02 14:38

今や最大のテロ国家になりさがったアメリカとは距離を置いたほうが良いとは思っているんですが、そうは言っても我が国にとって最大の友好国、あまり急に衰退されるのも困りものですよねぇ。

アメリカの衰退が加速しているようで不安ですねぇ。

投稿: 大草原の小さな家の犬 | 2007.09.06 10:41

 F2支援戦闘機は4発のSSM(空対艦ミサイル)を搭載できる珍しい機体です。これは長大な海岸線を数少ない支援戦闘機でカバーしなければならない日本特有の防衛事情があるため、このような仕様になっています。4発搭載の状態で飛行すると主翼に微振動が起こるとのことでしたが、現在は改善されているとのことです。
 確かに、韓国メディアの論調は日本に対抗意識丸出しなところがありますが、マスコミとは文字通りマス(大衆)にコミュニケーションしなければならないのですから、韓国の大衆にウケるように書き立てているだけです。いくら韓国が「世界に誇る国産イージス艦だ」と豪語したところで、実際は米国のアーレイバーク級に毛が生えただけのようなものですし、データリンクをしていない単艦ではイージスシステムを十分に駆使することはできません。ノムさんは気前のいいことを言いますが、その大統領に一番ウンザリしてるのは韓国軍部だったりします。彼らは自らの命がかかっているのであり、いたって冷静です。むしろ、F15kやイージス艦を韓国が配備しているということは、将来的には米軍の極東戦略の枠内で日本とも共同歩調をとらざるを得ないということの裏返しのように思われます。ここに関してはあくまでも私の勝手な推論ですが。中国の台頭は韓国にとってみればそういうことを意味していると思います。仮に韓国が北朝鮮を吸収合併したとき、中国と直に国境を接することになるからです。最低限そのあたりまでは見据え始めてきてるのかなといったところです。
 最も大切なことは、マスコミは上にも書いたように『マスコミニュケーション』のプロなのであって、軍事の専門家ではなく、安易にマスコミの言っていることを鵜呑みにしているだけでは「煽り」や「でたらめ」に振り回されるだけであるということです。特に日本のメディアは軍事に関してはヒドい有様ですね。一般人ならともかく、報道に携わる者がデタラメなことを書かれるのでは困ったものです。

F22は確かに話題の機体ですね。性能面からみても、日本がライセンス生産で配備するとなれば単価が200億ぐらいになっても当然でしょう。まぁ仕方ないと言うほかないと思います。日本がライセンス生産したF15も世界一高価なF15になっています。

投稿: KKM | 2007.09.09 13:16

兵器セールスマンになりたい
どうすればよいのか?

投稿: 朝鮮人(国籍のみ日本) | 2011.01.15 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の兵器産業が対外的に弱体化しているらしい:

« [書評]中学生でもわかるアラブ史教科書(イザヤ・ベンダサン、山本七平) | トップページ | アフガニスタンのケシ生産と貧困の関係は薄い »