« [書評]タンタンのコンゴ探検(エルジェ作) | トップページ | 河合隼雄先生のこと »

2007.07.20

ロイターが世界に報道する美しい日本の人形というか

 こんなネタ、格調高い極東ブログで扱うことないんじゃないか、どうせ2ちゃんねるコピペブログで扱うんじゃないかと思っていた。一昨日のネタだし。でも、なんかなさげ。どっかにあるのかもしれないけど、まあいいや。このあたりでべたに「はいここでボケて」と、それと、ネタ元の映像の寿命が短いそうなので、今がチャーンスかも。
 で、ネタはこれ。世界に流れる英文のロイターニュースの18日付”Japan's lonely hearts turn to dolls for sex, company”(参照)。表題を訳すと「日本の孤独な心の向きは、おセックスやお友だちとして人形に方向を転じる」といったところか。こんな感じで始まる。


TOKYO, July 18 (Reuters Life!) - Real love is hard to find for one Japanese man, who has transferred his affection and desires to dozens of plastic sex dolls.
(東京18日ロイター[生活] 真の愛を見いだすことが難しい日本人男性は、愛情と欲望を多数のおセックス人形に向けている。)

When the 45-year-old, who uses a pseudonym of Ta-Bo, returns home, it's not a wife or girlfriend who await him, but a row of dolls lined up neatly on his sofa.
(45歳仮名ター坊が帰宅すると、そこで彼を待っているのは妻でもガールフレンドでなく、ソファーにきちんと並んだ人形たちだ。)


 というわけで、日本語でいうところ和蘭妻(和漢三才図会)といかダッチワイフ(死語)がぞろっと並んでいるというのだが、このあたりでブログのエントリ読むのかったりーというかたは、Photo Slideshow”(参照)に写真がある。GIGZINE有料版ではないのでここに無断コピペするわけにもいかないが見れば、記事の印象がわかると思う。
cover
生物彗星WoO (ウー)
 というかもっとベタに動画があったりする。”'Love dolls' woo Japanese men”(参照)。ところで、こういう日本人男性って、ウーなわけだ。頑張れアイ吉、てか。どうでもいいけど、英語がわかんなくても、こりゃ見ればわかるでしょ。てか、ようつべに上がってんじゃないのか知らんけど。
 エントリ書きながらも一度動画を見るに(うっぷす)、工場シーンで解説するお兄さんがすげえふりゅうえんとな米語をくっちゃべっているのだけど、これってつまりそのあたりの東京のごろつきじゃないや特派員お友だちネタというか、というかというか、ああべたにいうと日本人をお笑いにして実は世界マーケットを狙っているというやつじゃないのかとつい結論が出てしまったのでこれでエントリ終わりかよ。
 もうちょっと。記事に戻る。もしかしたらテコンドー名人ってことはなさげなター坊(45)はこう語る、オリジナルは日本語だろうけど柄谷行人の昔のネタみたいに日本語訳もつけておく。

"A human girl can cheat on you or betray you sometimes, but these dolls never do those thing. They belong to me 100 percent," says the engineer who has spent more than 2 million yen ($16,000) over the past decade on the dolls.
(「人間の女の子だったら騙したり裏切ったりすることがありますよね。でもこのお人形たちはけしてそんなことしないんです。彼女たちは100%私の所属です」と過去二百万円をこの手の人形に投じてきたエンジニアは語る。

 なんかそれって米人に言わされているっぽいんですけど。

"Sometimes it takes too much time before I can have sex with the person I meet. But with these dolls, it's just a matter of a click of the mouse. With one click, they are delivered to you."
(出会った人とおセックスの関係を持つのに時間がかかりすぎるってことがあるじゃないですか。でもお人形だと、ワンクリックってなものですよ。ワンクリックで自分を解放してくれるんですよ。)

The man, who says he has had sex with five women but prefers the dolls, is one of a gradually increasing, though secretive, group of Japanese men who have given up on women.
(過去に5人の女性とおセックスの関係を持ったことがあるがそれでも人形が好きだという、こうした男性が増加している。もっとも女性を断念した日本人男性たちは表向きには出てこないのだが。)


cover
危ないお仕事!
北尾トロ
 というわけでネタのおいしいところも書いたし、結論も書いちゃったんでこのエントリも終わりなんだけど、ついでにやっぱアフィリっておこう、じゃねーよ、マジでお勧めしたい関連本がある。すでに読んだ人も多いだろうし、ちと話が古いんでねーの系だが、北尾トロ「危ないお仕事!」(参照)だ。この「第三章 エロスのお仕事」に「人呼んで、裏人形師 ― ダッチワイフ製造業者」があって、この手の産業の裏話があって面白い。いや産業の裏話というより日本社会の裏話というところだろうか。私はロイターのこのネタをめっけたときアレ、これってアレじゃないのと本書を思った。違った。
 人形製造の内幕話がある。

 中でも心配だったのは、こういうモノを売っているのは、その筋の人たちなんじゃないかということだった。しかし、実際にはそういうことはなかった。
 それからワイセツ物のほう。せっかく開発してもヤリ過ぎでお縄ちょうだいではなんにもならない。人形型ワイフが法律にひっかからないかどうかも調べ、刑法には触れないことを確認した上で前に進んだ。最初のひらめきから開発開始までに要した期間は軽く数ヵ月。
 業界のほうは、特殊な業界だから情報は筒抜け、あるいは横の連絡網があるのかと思っていたが、そんなことはないらしい。みんな勝手に商売をやっているようだ。

 この先、え?みたいな、あるいは、やっぱりそうか!みたいな話がある。嘘っぽい感じがしないのはモデレートな記事に収めているからだろう。トロさんうまいなあ。
 他にもこの本、いろいろ世間の常識というものがちりばめられていて面白い。100倍くらいに薄めても一年分、はてなの「最近の人気エントリー」に載るんジャマイカ。

|

« [書評]タンタンのコンゴ探検(エルジェ作) | トップページ | 河合隼雄先生のこと »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

というか、英米の日本たたきのお決まりパタンだな、日本男性を変態よばわりの報道って。

それよりも、なぜ、日本叩きをしようと思ったのか、気になるところだ。やはり、日銀の金利上げで、そろそろアメリカ経済をつぶす前準備段階に入ったから、日本叩きをしたいんじゃないの?ということだ。

投稿: | 2007.07.21 03:55

そうですね。世界に向けて発信するロイターの日本叩きの意図が読めないので、後味が良くないです。日銀の?そんな風に考え及びませんでした。ロイターの記事で、ここまで感心を持つ人がどれほどでしょう。ここで取り上げて頂いてよかったです。
 

投稿: godmother | 2007.07.21 09:42

日本人男性はブラジャーをつけるのが常識という記事を思い出しました

投稿: | 2007.07.21 14:42

捻くれた日本の産業紹介というところでは。

投稿: | 2007.07.22 00:44

単なるおもしろネタニュースでしょ>※欄
finalventさんの予想通りそのまんまようつべに上がってましたw
http://youtube.com/watch?v=fBSuYWbxBsU
luheroのコメントに禿ワロタ

投稿: き | 2007.07.22 10:53

英米というと、いつでも一枚岩で動いていると勘違いした陰謀論が沸いて出るなぁ。

投稿: synonymous | 2007.07.22 13:50

ないものあると奈良大仏まで創っちゃった、熱くテクニカルなお国柄。
今となっては「すたちゅー」程度にゃ自慢していいんでねえ?
お人形さん遊びのお人形さんだって、ぱんちゅだって実は、はたらくおじさんがっ!てあまり見たかねぇかもだけど。戦国時代は早熟早婚じゃなきゃ子孫残せなかったはずだとか珍説くっつけて開きなおるぐらい、メーワクなんねえ程度にっ←いやこりゃちょっとアウトか。
プラモぐらい自分で組み立てろって平凡すぎてボツ???

投稿: 鹿さんテーマパーク | 2007.07.23 01:58

↑総じて「自慰のネタ」として何かを作る手続きは凄絶に寂しいものですから、非モテの孤独像を客観視して創造に従事する仕組み=職人は外様であった方がいいのでしょう。誰にとっても、「精神衛生上」ね。
正直、そういうストイックさは悲惨なんじゃないですか? 仮に実践したとするなら。職人さんさえも、ミイラ獲りがどうたらではないですけど、余計なことに気付いたり…

投稿: 夢応の鯉魚 | 2007.07.23 14:28

えんどーまめの研究がしあわせだったかはわからないよ。
創造を受け入れないなら、どのみち自ら創造主となるしかない。
前へ進んだとはそういうことだよ。

投稿: 失格人間 | 2007.07.25 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイターが世界に報道する美しい日本の人形というか:

« [書評]タンタンのコンゴ探検(エルジェ作) | トップページ | 河合隼雄先生のこと »