« ネズミでもできるラタトゥイユ | トップページ | なんとなく最近iPodで聞いている曲 »

2007.07.27

韓国人ボランティア拉致事件、雑感

 アフガニスタンのタリバンが韓国人ボランティアを拉致した事件報道を聞いて、「ひどい話だ、早く女性たちが解放されればよい」と思った。が、率直なところ、日本人が拉致された事件ほどには関心はもってなかった。
 私はNHKのニュースをラジオで聞いたり、あるいはテレビの音声だけをラジオでときたま聞くのだが、このニュース、まるで国内ニュースのように比重が高いので、日本人の関係者が含まれているのかもしれないと思っていた。どうなんだろうか。そのあたりの日本でのニュース・バリューはなんなのだろうか、と奇妙な感じがしていたし、今もしている。
 拉致された人たちの大半が女性であるというのも不思議だなと思ったし、そもそもなぜ韓国人女性がアフガニスタンにボランティアを、というあたりで、昨年のあのニュースと関係あるのかなと少し思った。昨年のあのニュースとは「韓国のキリスト教系団体、アフガンでの祭典中止 イスラム聖職者らの反発で」(読売2006.8.5)である。


 国民のほぼ100%がイスラム教徒で占められるアフガニスタンの首都カブールで、韓国のキリスト教系民間活動団体(NGO)メンバーが1000人規模の「平和の祭典」を計画、混乱を恐れたアフガン、韓国両政府の説得で中止される騒ぎがあった。
 この団体は、ソウルに本部を置く「アジア協力機構」(IACD)で、今月5日、カブールの競技場などで集会を企画。韓国から2日までに、子ども約600人を含む約1500人がアフガン入りした。

 混乱を恐れたというのには、北部マザリシャリフでイスラム聖職者数百人が行った「韓国人キリスト教徒を追い出せ」のデモ行進も含まれる。
 昨年のこのとき、韓国政府は危険を想定していたようだった。

 このため、韓国政府がアフガン政府に、集会参加目的の韓国人の入国を許可しないよう要請。在カブール韓国大使館も約200人の在留韓国人に対し、危険回避のため、集会終了までアフガンを離れるように呼びかけたという。

 韓国人民間団体としてはボランティア活動ということだし、24日付け朝日新聞社説「アフガンの人質―韓国人たちの解放を願う」(参照)もその線で書かれていた。

 若者たちの中には、遺書をしたためて参加した者もいるという。治安が悪化し、危険なことを承知でアフガンに入り、手を差し伸べようとした志や善意を非難することはできない。
 問題は、アフガンの治安が彼らの予想を超えて悪くなっていたことだ。一行は真新しい大型バスに乗っていた。外国人を狙った拉致やテロ事件が増えていることを考えれば、目立たないようにするなどもっと工夫が必要だった。
 タリバーンに襲われているのは、外国人だけではない。彼らは女子教育を目の敵にし、昨年だけで200校近くの公立学校を焼き打ちにした。女子生徒が殺害される事件も続発している。

 朝日新聞は昨年の事件を知らなかったのかもしれない。あるいは「目立たないようにするなど」という言葉に万感の思いを込めたのかもしれない。が、この活動は、アフガニスタンの一部ではあろうが、宗教的な反発を買っていたので、広義に外国人や女子教育も迫害したというのとは文脈が違うように思える。そのあたり、この朝日新聞社説でも顕著なのだが、なぜか避けるように触れていない。
 もう一点、不思議に思えたのは、これはテロとの戦いであり相手はテロリストだということから、交渉の余地というのは表向きには存在しないのだが、だらだらと流れてくるNHKのニュースではやたらと交渉の話が出てくる。ただ、先の朝日新聞社説では一応こう踏まえてはいる。

 駐留している韓国軍は医療部隊と工兵部隊で200人余り。もともと年内に撤退する予定であり、即時撤退の要求には応じていない。人質をとっての脅しに屈するわけにはいくまい。

 ここに一応「テロとの戦い」が含まれているのだろうか。ところが、今日付の朝日新聞記事”「タリバーンへ身代金」州当局 人質女性、助け求め電話”(参照)では、次のように書かれている。

 アフガニスタンの韓国人人質事件で、地元ガズニ州当局筋は26日、反政府勢力タリバーンへの身代金の一部を25日夜に支払ったと朝日新聞に明らかにした。

 よくわからない報道だという感じがする。私の常識が普通の常識なら、この報道は韓国政府を窮地に立たせる。ので、「朝日新聞に明らかにした」としても流すのを抑えるものではないだろうか。
 イスラム教国へキリスト教を布教するというはどうだろうかという議論は、ネットなどでも見かけないように思うが、どうだろうか。なんとなく日本では問題意識にも登らないのかもしれないが、私は布教というのは本質的にそんなものかもしれないなという思いもあり、そのあたりの問題意識は浮いている。
 韓国人はそのあたりどう考えているかと、私が読める英語側の報道を見ていると、ずばりその問題意識を問うているものがあった。Korea Times”Is Missionary Work Safe in Islamic World?(イスラム世界での布教は安全か?)”(参照)である。

Is it safe for Christians go to an Islamic country to conduct missionary work?
(キリスト教徒がイスラム国に布教に行くことは安全か?)

This question was first raised in Korea when interpreter and aspiring missionary Kim Sun-il was kidnapped and killed by insurgents in Iraq in June 2004.
(この疑問は、2004年、通訳であり野心的な宣教師キム・ソンイルが反乱兵にイラクで誘拐され殺害されたときに最初に提起されたものだ。)

To this question, the Korean government has consistently said no, citing that the Iraqi militants who killed Kim claimed they did so because he and his company were engaged in Christian activities in Iraq.
(この質問に対して韓国政府は一貫して「ノー(安全ではない)」と言っているし、その際、キムを殺害したイラク兵が彼とその仲間の殺害理由をイラクにおけるキリスト教徒的活動に従事していたからだという話を引用した。)

Since then, government officials have said that it is almost ``suicidal'' for Christians to evangelize Muslims, for security reasons.
(以降、韓国政府公人は、キリスト教徒がイスラム教徒に伝道することは安全の理由からしてほとんど「自殺」だと言い続けている。)


 けっこうずばっと言うなという印象で、私などは少し引くものがある。この先、いろいろ興味深い話があるのだが、一つ紹介。

Oleg Kiriyanov, correspondent of the Russian state-run newspaper, Rossiyskaya Gazeta, said he was surprised to meet Korean missionaries, as they were too persuasive at home and abroad.
(ロシア政府新聞ロッシースカヤ・ガゼッタの特派員オレグ・キリヤノフは、韓国人宣教団が国内外で説得力過多で驚いたと言っている。)

``I attended a Korean language class by a Korean missionary in my state-run university in Russia, but he was kicked out because he taught mainly the Bible and Christianity rather than language,'' said Kiriyanov, who lived in Korea for nine years. He could confirm that the forcible way of missionary works was more explicit in Korea after he arrived here.
(9年間韓国で暮らしたキリヤノフは、「私はロシア国立大学で韓国人宣教師による韓国語講座を受講したが、彼は語学よりほとんど聖書とキリスト教しか語らなかったので、教師の職を放り出された」と語った。キリヤノフは韓国に来て、強制的な布教活動は韓国においてより顕著であると、ほとんど確信したようだ。)

Their bizarre missionary works are very unique compared to those of other nations' Christians, he added.
(彼は「韓国人の珍妙な布教活動は、他の国のキリスト教徒と比べてとてもユニークである」とも言っている。)


 へぇと私は思うのだが、私のへぇは韓国キリスト教についてではない。ロシアと韓国の関係のほうだ。
 さてキリヤノフのこの印象ってひどすぎるだろうか。私にはよくわからないのだが、同記事には国家規模と宣教団人口の表が掲載されていて興味深い。少し紹介する。括弧内は全人口。

韓国、12,279(48,846,000)
米国、64,084(298,444,000)
加国、 7,001(33,098,000)
豪州、 4,167(20,264,000)
英国、 8,164(60,609,000)
独国、 3,953(82,422,000)
印度、40,713(1,095、351,000)
伯国、 5,901(188,078,000)

 比率で見ると韓国の宣教師人口が突出していると言ってもよさそうだ。
 ところで、「アジア協力機構」(IACD)はウズベキスタンなどでも活動しているようだ。そのあたりが先ほどのキリヤノフの話と合わせて私など関心を持つ領域でもある。

|

« ネズミでもできるラタトゥイユ | トップページ | なんとなく最近iPodで聞いている曲 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントします
イスラム教徒にとって改宗は激しいペナルティが課せられます
場合によっては死刑もありえます
鈴木紘史(ハッジ・アフマド・鈴木。日本人イスラム教徒)
の本で読みました。

投稿: てきとう | 2007.07.27 21:35

訂正です
×鈴木紘史(ハッジ・アフマド・鈴木
○鈴木紘司(ハッジ・アハマド・鈴木

投稿: てきとう | 2007.07.27 23:07

ペシャワール会の報告から。
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/2006gaikyo.html
「 現在、我々にとって最も危険なのはカーブル市内で、欧米軍に近寄るのは危険である。最近の傾向は、欧米軍および(その協力者と取られ得る)諸外国NGOに反政府側の攻撃が集中しており、組織化された動きが目立つようになった。権力闘争だけでなく、麻薬に絡む犯罪、急激な欧化政策に反発する勢力、貧困層の急増に伴う強盗、部族間の反目、これらが一体となって治安は悪化の一途をたどっている。」

まぁ、キリスト教かどうか以前にカブール周辺でNGOが活動できる状況じゃなくなってるわけです。

投稿: ■□ Neon / himorogi □■ | 2007.07.27 23:52

イスラム教徒にキリスト教を布教するのは全く無意味です。
イスラム教はキリスト教を同じ神を信仰し、経典を共有しているとみなしており、イエスは預言者として既にイスラム教徒にとって尊敬の対象になっているからです。
イスラム教徒にとって、イエスはムハンマドの先輩であり、ムハンマド以前に神の道を示した偉大な預言者なのです。
イエスを救世主とみなすこと、すなわちキリスト教徒になることはイスラムを後戻りさせることになるので、イスラム世界で賛意は得られないでしょう。
しかしキリスト教徒がイエスの教えを語って歩くことは、イスラム教の教義上は全く問題ありません。
歴史的にも、現在でもイスラム世界ではキリスト教徒が数多く共存しており、レバノンのキリスト教徒やエジプトのコプト教徒は大きな社会勢力になっています。
更には、西洋キリスト教世界が忘れ去っていたマンダ教(パプティスマのヨハネを救世主とみなす一派)すらイスラム世界では一定の敬意をもって遇せられています。

投稿: カトリックの信者 | 2007.07.28 00:24

ニュースバリューの件ですが、神浦元彰氏は日本政府部内に自衛隊のアフガン派遣計画があるとおっしゃってるので、もしそれが事実なら、日本(政府)にとってはアフガンの治安関連情報は価値があるんじゃないでしょうか。

投稿: 通りすがり | 2007.07.28 01:52

Wikipediaにもまとめられていますが、『韓国のキリスト教』というのは、いわゆるバチカンのそれとは本質的に異なる存在である、という点をまず頭に置かないと、一連の問題を読み誤ると思います。

韓国産キリスト教の異質性について考察
starlog2monk4mossad.blog47.fc2.com/blog-entry-12.html
説明では、『シャーマニズム』的な部分がかなり加味されている・つまり『奇蹟』に重点が置かれているということだそうです。

いったい何が、韓国人をそこまで布教への道に迫らせるのかは私には解りませんが、個人的には『聖書を持った男がライオンの檻へ侵入』というのと同列の“狂気”に満ちた行動としか思えません。
azoz.org/archives/200409151538.php

投稿: guldeen | 2007.07.28 02:14

south Korean christian missionary
http://www.youtube.com/watch?v=G07u0x82aQw
書いてあるとおりに韓国人が行ったものかはわかりませんが
何れにせよボランティアの名目で「騙して」歌わせてるように見えます
もし布教活動とやらがこのような手段で行われたのなら
大人が過剰反応をとっても仕方ないのでは・・・

儒教を先鋭化させた韓国が
今度はキリスト教に取り付かれたかな

投稿:   | 2007.07.28 03:26

韓国キリスト教の異質な話についてですが...
個人的な感想レベルの話なのですが、多種多様なカルト宗教の話で韓国系宗教が話題に取り上げられることとあわせて、下記スレの1レスにですが、貴重な書き込みかなと思ったものがあります。

http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/gline/1177491496/74

636 名前: 韓国のほこり ◆iphWBbN9mA 投稿日: 2007/05/11(金) 23:46:44 ID:tgV417uf
おれも教会をCONTORATOして世界教祖になりたい
預言者だ
さあわたしを信じなさい

2chの書き込みで申し訳ないですが、こういう人がかの国に多いのでは?
自分たちがあたかも神であると考える人が多い。
そして宗教を自ら立ち上げて、活動をする。
その結果、彼らの宗教を独自のものたらしめているという風に感じています。

投稿: irvine | 2007.07.28 18:51

私事で申し訳ありませんが。
私の見た韓国キリスト教の大きな特徴といえば
賛美による恍惚感をだいぶ重要に捉えているようでした、賛美とヒステリーが同居している。
もっと突っ込んでいえば決して肉体的なものではないですが一種の性的な儀式だったと思います、
私から見ても女性には明らかにその兆候がはっきり見て取れました。
確かに彼らはものすごく熱心に賛美していまして、まあ同じキリスト教徒としてはこれはすごい、こんなにも熱心に、と思うと同時、ちょっと変だな、私の考えている礼拝と違うんじゃないか?と感じるところがあったのもたしかです。
finalventさんならこのニュアンスが多分わかるとは思うんですが。

投稿: プロテスタント | 2007.07.30 01:37

こんなとこ↓が参考になるかと

>イスラム教国へキリスト教を布教するというはどうだろうかという議論は、ネットなどでも見かけないように思うが、どうだろうか。

http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2007/07/20_koreans_kidnapped_in_afgani.html

投稿: SM | 2007.07.30 13:10

重大な間違いを書いてしまいました。

>イエスを救世主とみなすこと、すなわちキリスト教徒になることはイスラムを後戻りさせることになるので、イスラム世界で賛意は得られないでしょう。

・・・と書きましたが、大間違いでした。

イエスは、イスラム教にとっても救世主と見なされるのでした。

知ったかぶりでした。すみません。

投稿: カトリック信者 | 2007.07.30 13:58

高校がカソリックで聖書の授業があったので、その聞きかじりですが

イスラム教では、イエスは神の子でなく「予言者」、マホメット(ムハンマド)は、「最後の予言者」だったとおぼえています

投稿: あやか | 2007.07.31 08:02

はじめまして

カトリックの信者さんやあやかさんがおっしゃるとおり、イエス(彼に平安あれ)は立派な預言者の一人でムスリムなら誰でも尊敬の念を抱いています。その証拠にイスラムの聖典クルアーン(コーラン)には彼の母親であるマリア様(マリアム章という名前)とイエスの誕生の様子が詳細に描かれています。

韓国の宣教師の実態は良く知りませんが、どの宗教の人でも熱心になりすぎて相手に自分の宗教を強要するまでになってしまうと困ったものですね。信仰は強要されて身につくものではないですよね。

アフガニスタンで拉致された韓国人の方々が無事に韓国に帰れますように祈っています。

投稿: とおりすがりのムスリム | 2007.08.02 17:54

「予言者」ではなく神のことばを預かって民に伝える「預言者」ですね。ささいなことですが。

投稿: とおりすがり | 2007.08.05 22:17

大学時代に、有名な哲学書である「大衆の反逆」の著者であるオルテガ・イ・ガセットの「無脊椎のスペイン」という本を読んだことがあります。「無脊椎のスペイン」の中でオルテガが、スペインの人々がドイツやフランスの人々に比べて教養や文化でひどく見劣りすることを嘆いていることはまだ記憶からそれほど色あせていません。
近日他界された台湾の柏楊(ポーヤン)先生の「醜い中国人」でも、柏楊(ポーヤン)先生が、中国人がアメリカ人や日本人に比べていろいろな点で、特に倫理的にひどく見劣りすることを嘆いていることを知ることができました。
でも、オルテガ・イ・ガセットも柏楊(ポーヤン)先生もただ情けない同胞をののしっているのではありません。そういう有様でしかありえない同胞の姿に、オルテガ・イ・ガセットの魂も柏楊(ポーヤン)先生の魂も、苦しみ、うめき声を上げ、傷口からは血を流し、そして目からは涙を流しているのです。
呉善花先生の日本語による著作は、日本人に韓国と韓国人の低劣な部分を赤裸々に紹介する上で大きな役割を果たしたと思います。私も、ソウルやプサンの多くの一般の韓国人の水準というのは、デパートで意地汚く商品価格を値切る客と釣銭をごまかそうとする店員の図式に見られるようなもので、呉善花先生はまったくうそなどはついておらず、日本で、美術館に通い、中国語やドイツ語やロシア語の勉強に励んでいる優秀な韓国人などはほんの少数派で、昔で言えば、朝鮮半島の人々の中でも、華厳仏教や朱子学の学習をしていたような種類の例外的な人たちなのだろうとも思うのです。
それでも、呉善花先生の著作の中に、オリジナルが韓国語である著作がこれまであるのだろうかとも思われるのです。ぜひ、タイトルホルダーになった現在こそ、呉善花先生に韓国語で著作を発表していただきたいと思っています。そしてできれば、その韓国語の著作のできる限り忠実な逐語訳である英訳書を出版するとともに、私的な海賊版は別としても、その韓国語の著作の和訳書は公的には出版していただきたくないと思ってもいるのです。
私の申し上げているのは、非常に無理無体なことです。呉善花先生の韓国語の著書を入手できても私は生涯その著書を読み解けないだろうし、その著書の英訳書を読んだところで、私に呉善花先生の心のひだの奥深くまでは読み取れないだろうと思います。
それでも、卓越した思想家である呉善花先生も、きっと、オルテガ・イ・ガセットや柏楊(ポーヤン)先生のように、普通の日本人たちにどう見ても見劣りするとしか思えないあわれな同胞たちの中の平均水準のものたちををののしるときに、そのすぐれた魂は、苦しみ、うめき声を上げ、傷口からは血を流し、目からは涙を流しているように思われるのです。それでも、その魂の奥深くからの声は、日本の保守言論界の一翼を担う立場になられた後の呉善花先生の日本語による著書からは、私にはどうしても読み取りえないのです。
呉善花先生が韓国語で著書を執筆、出版する環境を獲得され、その英訳書も出版準備できる環境を獲得される日が近未来に到来してほしいと、以前というほど過去ではありませんが、少し前から願っておりました。そういう読者もおります。そういう読者は私だけではないとも思っております。

投稿: 呉善花先生 | 2008.05.13 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人ボランティア拉致事件、雑感:

« ネズミでもできるラタトゥイユ | トップページ | なんとなく最近iPodで聞いている曲 »