« [書評]催眠誘導の極意(林貞年) | トップページ | ミンチ偽装事件にボケたツッコミでも »

2007.06.24

[食]冷や飯トマト・ドルマ

 右カラムの最近の記事から料理ものの話が消えたので、なんか平和な料理の話でも、と思い、では季節がら「冷や飯トマト・ドルマ」の話でも。
 トマトのドルマはトルコやギリシアでよく食べられているもので、トマトをくりぬいて中に米とか肉とか詰めて焼くもの。フランス語的にはトマトのファルシかな。とにかくありふれた料理。
 詰め物はお好みでなんでもいいみたい。焼きトマトに合うならなんでも詰めちゃえということ。エジプトで食べたのはニンニクの香りにパン粉となんかのハーブだったかな。似たようなものにするならパンの耳をちぎって、擦ったニンニクやチーズ入れてもいい。
 私がよくやるのは、冷や飯を入れるもの。手順的に書いてみるとこう。
 トマトの上部をフタになるようにすぱっと切って、トマト本体のほうの中身をスプーンでくり抜く。これでトマトの入れ物ができる。トマトの中身は別に取り分けておく。
 トマトの中身だが、この果汁に冷や飯と細切れのベーコンを混ぜる。このとき、あまり果汁が多いとべちゃっとなるので、多めの部分は芯の部分と一緒に取り出しておく。
 冷や飯とベーコンとトマト果汁をちょっと味見して塩味が足りなさそうな気がしたら塩を入れる。バジルとかオレガノとかハーブを入れてもいい。
 これをトマトに詰めてトマトのフタをして、オーブンで焼く、200度20分くらいでいい。適当。たぶん、オーブントースターでもできると思うけど、汁がこぼれないように入れ物に入れて焼くといい。

 焼き上がればお終いだけど、さっき取り分けた残りのトマトの中身と果汁は簡単に煮詰めるとトマトソースになるので、これで缶詰のイワシでもちょっと煮るとおいしい。
 できあがり。左のトマトはフタを開けてみたところ。下のチーズみたいのは豆腐をドレッシングしたもの。

 食べきれない分は残して冷蔵庫に入れて、あとで冷えたのを食べてもおいしい。

|

« [書評]催眠誘導の極意(林貞年) | トップページ | ミンチ偽装事件にボケたツッコミでも »

「食」カテゴリの記事

コメント

沖縄に八年住んで慰霊の日のことや先の大戦のことをあえて記さない貴方の優しさを感じます。ありがとう。それこそ本当の優しさです。

投稿: 赤木 | 2007.06.24 09:42

いつも愛読、とくに料理ものはなにげなくて良いのですが、写真をみるとちょっとガックリします。余計なお世話かもしれませんが写真の質あげてくれると挑戦する意欲がより湧きます。

投稿: 宮原 | 2007.06.24 11:24

おいしそ~ですね。いつも男ひとりで気軽に試せるレシピを書いてくださって、何気にお料理エントリ好きです。

投稿: とおりすがり | 2007.06.24 22:59

早速やってみました。オーブントースターでも200度20分で簡単にできますね。トマト好きの人にとってはたまらないデザートになりそうです。

投稿: rebe2r | 2007.06.25 15:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [食]冷や飯トマト・ドルマ:

» [洋][その他の魚貝類][単身赴任・小家族向き][短時間料理][ご飯類][炒め物]■スルメ烏賊(イカ)のファルシ:洋風イカ飯 [godmotherの料理レシピ日記]
 ファルシ(farcie)というのは「詰める」という意味です。烏賊やトマト、茄子、ズッキーニ、苦瓜など何でもいいのですが、くり抜いて詰め物をして焼いたり煮たりする料理のことです。簡単に作れる料理ですが、それゆえに、詰め物を何にするかというのがこのお料理の楽しさ... [続きを読む]

受信: 2008.05.12 05:12

» トマト ドルマ(冷ご飯を詰めたトマトのオーブン焼き):極東ブログからトルコ料理 [godmotherの料理レシピ日記]
  トマトが旬を迎え、甘酸っぱい最高の時期のためのエントリーにしようと、ずっとそのチャンスをうかがっていた料理です。最近トルコとイランの関係を取り巻く周囲の国々がなんとなく殺伐としたムードになってきた... [続きを読む]

受信: 2010.06.17 07:54

« [書評]催眠誘導の極意(林貞年) | トップページ | ミンチ偽装事件にボケたツッコミでも »