« ミンチ偽装事件にボケたツッコミでも | トップページ | ミンチ偽装事件にさらにボケた感想を »

2007.06.27

教育実習費問題というか

 教育実習費問題は必ずしも毎日新聞ネタというわけでもないのだが毎日新聞がよく取り上げているようだ。どういう問題かというと、毎日新聞”教育実習費:学生が学校側に謝金 全国各地で慣例化”(参照)より。


大学生が教育実習をする際、受け入れ先の学校に1万~2万円程度支払う謝金(実習費)が全国各地で慣例化していることが、毎日新聞の全国調査で分かった。学生からの謝金を指導教諭に渡していることが明らかになったのは滋賀県教委や京都市教委、新潟県教委など。13道府県と4政令市の教育委員会が取り扱いをルール化せず、現場判断に任せていた。文部科学省は、不透明な金銭授受だとして謝金の排除を求めているが、徹底されていない実態が浮き彫りになった。

 実態を知っている人にしてみると何が問題かという問題でもあるし、知らない人にしてみても何が問題なのかわかりづらい。ごくごく単純にいえば、大学生が教育実習する際に実習費は義務づけられてもいなければ、制度もないのに、慣例化していて困ったもんだということ。記事にもあるように、文部科学省としては、不透明な金銭授受だと見ている。
 同記事では全国で慣例化しているとのことだし、それがあながち間違いでもないのだが、これはやっている学校とそうでない学校がある。なので、実習生ですら知らなかったということもある。
 少し話を急ぎすぎるきらいはあるが、これが大した問題でもないというふうにも見られるのは、金銭が少額だからだ。

 また、教材のコピー代や消耗品の経費は実習生が負担すべきだとして、大阪や愛媛、福岡など7府県教委と仙台、京都、神戸の3市教委が実習期間に応じて1週間あたり3000~7200円の実習費徴収を要綱などで決めていた(愛媛は期間に関係なく定額9900円を徴収)。このうち京都市教委は、学生の指導教諭に報償費で金を渡しているという。

 噂では三万円くらいのところもあると聞いたことがある。
 が、それでも少額だと言える。受け入れ側の負担を実費で計算するとまるで見合わないはずだ。というわけで、この慣例なのだが、実際には、「薄謝」という枠を出ないし、実習費が取りやめになったからといって、それが大きな問題になるほどの額でもない。
 むしろ問題があるすれば、教育実習の受け入れ側の負担が、なんと言うべきか、恣意的にも見える点だ。簡単に言えば、母校でしかも恩師の先生がある程度力や権威を持っているといったふうでないと難しい。極端な言い方をすると縁故的でもある。ただ、教育現場における縁故の性質は他にも根深いし、一律でいかんとも言えないところがある。ごにょごにょと言ったところだ。なかなかこの部分は語りづらいし、表向きは見えない。しかし、例えば、読売新聞投書欄に掲載された”試験内容漏えい 厳しく追及せよ”(2007.1.30)などからその実態が伺われる。

 福岡市教育委員会ナンバー3の元理事が、教員採用試験問題の資料を元校長に漏らしていたことが明らかになった。官製談合や「政治とカネ」を巡る問題が相次いで明らかになる中、教員採用試験に対しても国民の不信感が高まっているのではないかと心配だ。
 私がそう思うのは、三十数年前に教員採用試験を巡って忘れがたい記憶があるからだ。大学4年生の秋、父が突然、「頼んでやろうか」と一言。それが何を意味するかは若い私にも理解できた。私の将来を案じた父が、どこかで聞いてきたのだろうか。
 血気盛んだった私は、当然拒否したが、父と大げんかになり、後々まで尾を引くことになった。学校教育の現場に、闇の部分はないことを信じたい。

 投書では三十数年前としているので現在ではそんなことはないということかもしれない。が、読売新聞記事”愛媛県議「口利き」文書、ネットで暴露 教員採用「ご配慮、切にお願い」”(2006.1.25)で取り上げられた、「お願い状」は現在でも存在する。

 県議によると、3通は支持者の依頼で昨年2~7月にかけて作成。教員採用に関し、県教委幹部に配慮を求めた「お願い状」と、その謝礼を断る文面のほか、地元銀行頭取に支持者の関係者の就職の便宜を図るよう依頼した文書も含まれていた。教員採用では「父親は同級生で、いろんな苦労を一緒にして参りました。ご配慮いただけますよう切にお願い申し上げます」などと記し、県教委幹部あてに郵送。しかし、この子どもは不合格になったという。

 この事例ではしかし子弟は不採用になったので、「お願い状」は機能しないではないかと理解することもできるのかもしれないし、こうした問題提起を不快に思う人々もいるだろう。
 もう一点は実習生が必ずしも教員にならない。効率が悪いとも言えるのだが、実習の過程で教育を天職に目覚めるという人もいないではない。これにはまったく逆とかパワハラ的な問題もあるとも聞く。ごにょごにょ、と。
 結論を言えば、ある程度社会的に騒げば教育実習費という問題は消えるだろうし、紙代などは実費ということになるだろう。表面的には問題は簡単に解決する。根っこの部分はまるで解決する兆しもない。

|

« ミンチ偽装事件にボケたツッコミでも | トップページ | ミンチ偽装事件にさらにボケた感想を »

「時事」カテゴリの記事

コメント

>教育現場における縁故の性質は他にも根深い

本気にする人がいると良くないので、邪推だけで適当なことを言わんでください。

投稿: 巖鷲山 | 2007.06.28 02:09

報道されている教育実習費問題を枕にして、「教育現場における縁故」という、読み手には真偽不明(あるいは極めて感覚的)なる話に持って行くという見事なエントリだと思います。

この手法は、「きっこの日記」で良く使われていたようですが。そういえば、最近、「きっこの日記」を罵倒しなくなりましたね。

投稿: けろやん。 | 2007.06.28 07:17

縁故っつーかですね、例えば採用試験の問題は都道府県の指導主事クラスの人が作成するんですが、その指導主事が今何を意識していて、何が重要かと思っているのか、それが分かれば採用試験問題の山かけができるんですよ。
指導主事と縁のある人や、指導主事の講話を聞くことが出来る臨時人用経験者なんかは、そういう意味で強い訳で。
それがいわゆる悪い意味での縁故と勘違いされているのが全てなんですけど。
一昔前までは不正もあったもんですが、今日日教員採用に関しては、そこら辺の企業やお役所なんかとは比べ物にならないぐらい公正ですよ。狭い世界なので、不正をしたら福岡の件のようにすぐバレますし。

投稿: くれふ | 2007.06.28 17:38

>今日日教員採用に関しては、そこら辺の企業やお役所なんかとは比べ物にならないぐらい公正ですよ。

それ、県によって多少程度の差はあるとしても、今の制度は公正だって胸をはって言えますね。

ところが、県教委に影響力のある新自由主義者たちがまたバカなことを言い出してます。
せっかく胸をはれる状態になっているのに、それをわざわざ「実力のある民間人を教員免許なしで採用出来るようにする」と提言し始めたわけです。
要するに、俺に都合のいい奴を縁故で取れるようにしろと要求しているわけです。
新自由主義者ってのはつくづくこの国を壊すばかりの連中だと思いますね。

投稿: 巖鷲山 | 2007.06.28 21:22

適性って難しいですよね。「彼」を諭すこと自体博打だもんなあ。

少々脱線かもですが、
薫陶って悪魔だなあと感じる機会が最近増えました。
程度の展開が分かってソレ言ってるだろう、アンタ等…と、
溜息の出るやら、涙を誘うやら…全く大変です。

投稿: 夢応の鯉魚 | 2007.07.03 15:14

教育実習が長ければ良い教員が育める、と考えるのは幻想だ。実は、長い教育実習で身に付くのは、現場の悪習だ。

今の教育現場では、実習期間が長ければ長いほど、権利ばかり主張する教員の実態が実習生にばれてゆく。管理職がバカにされている実態をまざまざと見せられると、初めはびっくりするが、次第に、職員室で生きていくにはそうするのかと、インプットされていく。そして、長い教育実習が終わったら、一人前の権利を主張する怠惰な教員の出来上がりとなる。そうなると、いくら税金をかけて新任研修、初任者研修をしようとも、教員の良き新陳代謝は遠くなる。

そうなることは教員はよく知っている。次の例を考えれば分かるからだ。

荒れている学校の教師たちは、新入生に上級生が校則違反している姿や、暴力、暴言を吐いている姿を見せたくない。なぜなら新入生に、ここまで出来るのかと思わせるからだ。、上級生との悪いかかわりの道を絶つことが出来れば、新1年生をきちんと育てる土壌の大半が整ったといえる。そしてやるべきは、鉄は熱いうちに打てだ。最近の高校では当たり前になったが、入学間もない時期に、新入生の宿泊学習をするところが多い。そこでは上級生はいない。新入生に規範意識や学習に対する真摯な姿勢を植えつける大きなチャンスとなっている。

さて、教育実習生が来ている期間、教員はやはり緊張する。つまり、良いところを見せようとする。そして、数週間が終わっていく。しかし、これが3ヶ月間、ましてや1年間となると緊張はほどけ、いつもの実態をさらけ出すだろう。いつもの会話が職員室で飛び交うだろう。そうすると、本採用になる前に、職員室の悪態を知りつくすことになる

投稿: 公立学校の真実 | 2010.05.27 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/15574480

この記事へのトラックバック一覧です: 教育実習費問題というか:

« ミンチ偽装事件にボケたツッコミでも | トップページ | ミンチ偽装事件にさらにボケた感想を »