« 日本もカザフスタンのウランにはなりふり構わぬ資源外交 | トップページ | 愛知立てこもり発砲事件、雑感 »

2007.05.18

[書評]120%人に好かれる! ハッピー・ルール 即効! 1分間で自分を磨く本(中谷彰宏)

 実はこの歳になるまで中谷彰宏の本を一冊も読んだことがなかった。先日、駅の売店的な本屋で平積みみたいになっていたのを見たら、書名「120%人に好かれる! ハッピー・ルール 即効! 1分間で自分を磨く本(中谷彰宏)」(参照)の、そのあまりな超論理性にくらくらと来て気が付いたときは買っていた。はっ!

cover
120%人に好かれる!
ハッピー・ルール
即効!1分間で
自分を磨く本
中谷彰宏
 120%人に好かれる!というのは、たぶん20%の折り返し地点で嫌わるということではないかとかぼんやり考えて、まあそれでも半々よりもいいし、なにしろ一分間で自分を磨く本っていうのもすごいなと思った。自動車のスピード洗車だって一分じゃできないし、急ぎの散髪スタンドだって十分間。で、じゃあ一分読んでみようと読んだら、またまたくらっときた。くらくら。すげーことテンコモリで書いてあるぞ。少し紹介しちゃうぞ。
 まず、恋は、反射神経だ、だ。なんか、もっとフォントサイズを上げたり、べたに朱色にしたい感じもするけど、そういうブログじゃないんだよここ、っていうか、恋は、反射神経だ、だ。

 恋愛においても仕事においても大切なのは、反射神経です。


 親しい人から「あっ」と髪の毛にさわられる。
 その伸ばした手を引っ込めつつ、「髪、すごくきれいだね」と言われるのは、悪くありません。
 でも、いくら親しい人でも「髪の毛、触ってもいいですか?」と許可をとられるのは、気持ち悪い。
 人によっては、痴漢かセクハラと同じだととらえます。
 スキンシップがうまい人は、軽くタッチしたあと「あっ、すみません。さわっちゃった」とすぐに言葉が続きます。
 こういうさわり方には、好感が持てます。

 な、な、な、わけねーだろぉぉぉ。
 と脊髄反射してしまった私はだめだめの反射神経なんですよ。で、こう続く。

 こういうさわり方には、好感が持てます。
 これは、反射神経が鋭いか、鈍いかの差です。
 気がついたらキスしていた、気がついたらベッドの中にいたというのも、全部反射神経の連続で起きていることです。

 いや、そーかもしれん、それ、私が、50年の人生で、知らなかったことの一つかもしれない、ってか、フツーの青春っていうのは、そーゆーもんだったのか?
 ついでに、外人が挨拶で抱き合っているときは、本当は強く抱き合ってないという国際マナーの説明なんかもあってとても勉強になります。そりゃプーチンと金正日がぎゅっと抱き合うかなと疑問に思っていたし。
 この先も説得力あるぞ。

 「キスしていいですか?」と聞くのは、前もって相手に許可をとることで、自分のリスクを回避しようとしているのです。
 「していいと言ったのは、あなたでしょ」と弁護するためです。
 同じように、「君はどうされたいの?」と聞くのも、ずるい言い方。

 ああ、このあたりは、そうでしょう。うんうん。いや経験ないけど、そーゆー。いや、頭で理解できるっつうことですよ、つまり、恋で傷つくかもしれない自分のリスクっていうのを回避していてたら、恋はできないのでしょう、っつことで。なので、恋というのは、反射神経でというのになんか納得するなというか。納得していいのか、俺。
 でも勉強になるなぁ。他に「デートの直前に、確認してくれる男性に、女性は安心感を覚える」とか、ああ、そうなんだろうな。

 男性は、「○月×日△時、ごはんを食べましょう」と言うと、その時間まで、もう連絡しません。
 「時間も場所も、ちゃんと確認しているでしょう」というのが男性の言い分です。
 でも、女性の感覚は違うのです。
 リコンファームが欲しいのです。

 そっかぁ、中谷彰宏って女性だったのか。違う。
 あともう一例。「恋愛と戦争は、メンテナンスが勝負」とか、わはは、痛いな、痛いぞ、世銀のウルフォウィッツ君。いくら頭が良くて、モテても、中谷彰宏を読んでないから人生失敗したのだぞ。

|

« 日本もカザフスタンのウランにはなりふり構わぬ資源外交 | トップページ | 愛知立てこもり発砲事件、雑感 »

「書評」カテゴリの記事

コメント

「言ったもの勝ち」間違っていても平気だ理論。「あたるも八卦、あたれば儲け」という意味でクイックリリースの天才。本の主旨は全体を通じて全体最適というより 「部分最適の部分あり」思議と・ブックオフでも100円にならないんです。そして立ち読みで読了可能。「やっぱ反射神経でしょう!」となると、「高橋名人はもてもてでしょう!」 という散弾論法。素敵です。女子には「素敵」といえる男は素敵らしいです。中谷氏の本はオレモテてるぜっ的な人が 「あ~オレやってる~」で納得な本でしょうね。「150%好かれる スピリチュアル お掃除ルール 」あたりで売れるかと・・。出そうかな~。松尾さんと江原さんと共著で・・折り返しで 半々。

投稿: blog49 | 2007.05.18 16:50

キスについていえば、本の通りで…。でも、肝心なことが書いていない。男の方から顔をよせていくけど、ギリギリで男は寄せるのは止める。それでも、反射的に女性は相手に好感を抱いていたら自分からキスをするのだよ。これは、映画をよく見ていればわかる。ま、社交ダンスと同じなんだよね。

猫も同じ。こちらから意思表示をしてみせると、向こうから、まず鼻で挨拶して、身体をすりつけてくる。これを破ると、怒ったりする。犬は面白くて、頭を下げるのだよ。で、口をあけて下をだして、それから、鼻をくっつける。困ったことに、こちらの意思表示とは関係ないから、後ろからブチューっとかやってくるし。

つまりね、本には書ききれないことが山のようにあって、本を読んでいたら永遠にわからないことだらけのような気がする。ま、ネットも同じだな。で、もし学問的にいうなら、パブロフの条件反射から演技メソッドができていたりするから、条件付けのところは本からは、まず身につかなかったりするし。条件付けは洗脳とも違うし。ま、体験しない限りはわからないよ。ただ、ネットを毎日読ませていると、これは条件付けしていることにはなって、条件付けが続くと依頼心が大きくなるのだよ。この依頼心がわからないと、反感になったりする。(なので、石垣さんは、あれだよ、もし、一方的にブログや日記をやめたりすると、これは大変なことになるような。心配だ。)

反射をあなどってはいけません。自分はできなくても、反射する人は、ちゃんと反射しているんです!

投稿: noneco | 2007.05.18 18:34

俺も避けていた人。世の中の問題が洗いざらい出てきたときに大網でさらう感があり嫌いだ。根源論や自前がない・・見出しでしか読んでないから資格はないが(だいたい見出しでわかるもの)。金儲けがうまい。時代迎合でオーラの泉的な世俗主義?読む気になれない。恐らく資産家でスタッフが万全体制をしいてると思う。実力者なら政治家になれ。自分の言葉がないから引きこもるでしょう。

投稿: アカギ | 2007.05.19 03:11

とはいえ、
…こう言って差し支えないと思いますが…
彼のような傲慢さは素直に憧れます。貞節に埋葬されない為には…

投稿: 夢応の鯉魚 | 2007.05.19 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [書評]120%人に好かれる! ハッピー・ルール 即効! 1分間で自分を磨く本(中谷彰宏):

« 日本もカザフスタンのウランにはなりふり構わぬ資源外交 | トップページ | 愛知立てこもり発砲事件、雑感 »