« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006.12.21

ある心中推察

 少し暇になるか。自分から望んだとはいえ、四年続いた、大阪と東京の往復生活には無理があった。当初はひどいものだった。政府とやらに乗り込んだら、指揮命令系統すらはっきりしていない。金融相、議員、事務方の情報伝達機能もなかった。やるべきことはやったとも言えないがもはや命運尽きる。大阪に帰ろう。堂島川と土佐堀川に挟まれた中州の辺りを散歩して東洋陶磁美術館でも覗いたら、北新地で一杯やるか、昔のように。
 北海道で生まれた。一九四四年。戦後とともに育った。都会というものも知らず、海辺の町を転々と移り住んだ。父親が水産高校の校長だった。都会を知ったのは大阪大学に入ってからだ。そして大阪はふるさとになった。
 ふるさとは寂れた。先日ホームレスの人を眺めながら、自分はなぜ公共経済学に志したのかと問うた。胸に少し熱いものがこみ上げた。
 公共のために寄付をしたり、ボランティア活動を行ったりする社会貢献の経済活動をフィランソロピー(philanthropy)と呼ぶ。語源は「人類愛」である。もう十年以上も前のことだが、欧米の企業財団やコミュニティー財団を対象にフィランソロピーの調査をした。最初は学問的な関心が勝っていたが、そこで出会うスタッフの熱意に打たれた。
 福祉、教育、健康、環境、人権、文化。こうした公共の領域の問題は、政府に任せておくのではなく、草の根のレベルで何ができるのか市民が取り組まなくてはならない。日本人は何をなくしてしまったのか、戦後の日々に。
 日本の復興は、しかたがないとはいえ、官による許認可、通達、行政指導に基づく一元主義によるものだった。公共的意思決定も官に従った。企業と個人はそのがんじがらめのシステムのなかで日本国の発展のため、生産者として生産活動に努めた。結果は悪いものではない。繁栄した。総合すれば幸福になったと言える。人々が公益的な活動も政府に任せておけば良しと思っても不思議ではない。官民ともに「御上一任」こそが全体の幸せを定義していた。
 それでいいのか。二十年前のあの日の小さな怒りを思い出す。中曽根内閣による税制改革の時だった。政府は、不公平税制是正の一環として公益法人に対する課税強化を進めていた。違うのではないか。今こそ公益法人を足がかりに日本社会を変えていくべきではないのか。
 そしてあの日思ったのだ、自分の経済学の知識を社会に活かすことも貢献ではないのか。
 日本の高齢化の速度は速い。これ以上国債を発行し続ければその償還のために税負担を上げざるを得なくなる。未来の日本人に重荷を負わせることになる。だが日本ではなかなか財政赤字削減は政治課題にならない。財政赤字は国際間で日本国政府の信頼度を下げ、それが為替レートに連動し、輸出入価格を左右する。この仕組みが緩衝となり、財政が苦しくても為替や物価に直接は響かない。危機感は行き渡らない。日本は資産大国でもあり、貯蓄率も高い。
 そうしてじり貧になった。現在の日本では所得のある人の四人に一人が所得税を払っていない。企業の七割は赤字ということで法人税を納めていない。これが人々が支え合う共生社会だろうか。これで日本が立ち行けるだろうか。
 現状利益を上げている企業が日本の経済活力の源泉であることは疑えない。これに重税をかければ、また生産拠点を海外に移すことになる。雇用の減少にもなる。企業を優遇するような施策も今はやむをえない。構造改革を進めれば、財政運営の効率化や、特殊法人向けの歳出削減などの成果が出てくるが、国民に痛みだけを求めるのは無理だということもわかる。
 しかし、やられたのか。脇が甘すぎたか。地方を殺すのかとも言われた。だが、日本の政府支出全体の六四%が地方で支出されるのに、地方が集める税金は全体の四五%。単純な算数だ。維持できるわけがない。それでも地方が自主的に運営ができるようにしたかった。何? 補助率を下げただけで国の強い関与が残っただけじゃないか、と。
 改革はこれで終わったのではない。各自治体の歳入を保障する簡素な財政調整機能と、山間地や離島など特別な地域へ加算する機能と、災害が起きたら各地に支出する保険のような機能の三つに再構成する必要がある。そう必要があるのだ、誰が責任者であれ。

| | コメント (20) | トラックバック (2)

2006.12.20

リトビネンコ毒殺疑惑、雑感

 リトビネンコ(Alexander Litvinenko)の毒殺疑惑の話題は世間ではもうすっかり旧聞になってしまったが、先ほど岸田今日子や青島幸男の死去のニュースを見たついでにこの件の最新ニュースを見た。共同”ロでの捜査終了発表 毒殺疑惑で最高検”(参照)が少し気になった。


 ロシア連邦保安局(FSB)元中佐リトビネンコ氏の毒殺疑惑を調べている同国最高検察庁は19日、ロンドン警視庁の依頼に基づく捜査は終了したとの声明を出した。最高検の協力を受けて行われていた英国側によるロシアでの捜査も終わったとみられる。

 この捜査がどのようなものでまたどのような結論が出たかまではわからないが、たぶんどってことない結果というか、真相は藪の中ということではないかと思う。つつくなよ、と。この事件については私はこの捜査の行方に少し関心を寄せていた。
 リトビネンコ毒殺疑惑については、率直に言ってそれほど関心がない。やるなあ西側報道という感じだ。とにかく祭りだ、野郎ども。国内メディアで一番笑ったのが十二月四日付け産経新聞社説”露元スパイ怪死 警察国家体質が暴走許す”(参照)の飛ばしようだった。

 3人ともプーチン批判の急先鋒(せんぽう)だが、プーチン政権は事件への関与を否定している。しかし、犯人が誰であれ、問題の本質は同政権の「警察国家」的な強権体質が反体制派の人権を軽くみなす風潮を蔓延(まんえん)させ、テロを許す土壌を提供していることだ。

 「しかし、犯人が誰であれ、問題の本質は」かよ、おいおい。という以前に、まさにこうした世論のリアクションも恐らくこの事件の本質に関わっているのだろう。産経新聞、豪快に釣られましたなというものでもないのかもしれない。
 事件だが欧米のメディアでは反プーチンの空気が強いこともあってプーチン大統領への疑惑という話も出てきたが、さすがにそれなりのジャーナリズムのレベルでは、それはありえないでしょうという基調トーンになっていた。つまり、ロシア連邦保安庁(FSB)の関与はありえないでしょう。
 この事件の核は案外しょぼいマフィアの暗殺(ロシアではよくあること)ではないかと思うが、大局で見るならポスト・プーチンの権力闘争の一環の構図にあるので、もうしばらくして煮詰まってきたら全体の配置から読むべきものが出てくるのだろう。
 今回の事件で衆目を集めたネタにはポロニウム210もある。日本での報道はどうなのかよくわからないが、これは要するに汚い爆弾(dirty bomb)であり、簡単な話、北朝鮮の核化よりもはるかに日本にとって脅威となるものだ。が、まあ日本だと最大の防御は無関心というところでしょうか。あるいは無防備?
 話を少し戻して、今回の英国の捜査が多少気になっていたのは、ファクツだけ取り出したときロシア政府の関与があるのかもという点だった。ポイントは二つ。ポロニウム210がロシアから持ち込まれたこと、リトビネンコ毒殺疑惑には、ロンドンのホテルで十一月一日に彼が会った二人の元ロシア治安機関工作員が運び屋として関わっていることだ。
 ロシア政府はこの二人を隔離していたのだが、このまま英国側の捜査前に口封じをしてしまうのかなというのが気になっていた。が、そうでもないようだ。
 さっき届いた日本版ニューズウィークを見ていたら、プーチンの天下り先はガス・プロムでしょという話があり、あー、もしかしたらポスト・プーチンというより、ガス・プロム回りの利権の問題とかでプーチン失墜狙いという線もあるのか、と思った。
 とか、思った時点で釣られてますな。

追記(2006.12.22)
 ポロニウム210(polonium-210)と汚い爆弾(dirty bombs)については、以下の記事が参考になる。ご関心あるかたは英文だが参照されたし。

New York Times
"The Smoky Bomb Threat"(参照

By PETER D. ZIMMERMAN
Op-Ed Contributor
Published: December 19, 2006

| | コメント (17) | トラックバック (1)

2006.12.17

[書評]ワインの基礎知識(アカデミー・デュ・ヴァン監修)

 一時期ワインについてちょっと凝っていたことがあり、またその関連の本などを読むのも面白かったものだが、諸処の理由で五年くらい前に人生の酒を終了することにした。そのおり、ワインについての本も酒と一緒に処分したのだが、この「ワインの基礎知識(アカデミー・デュ・ヴァン監修)」(参照)と「岩波新書『ワインの常識』と非常識」(参照)はリファ本として残しておいた。ワインは飲まなくなったが、ちょっとしたおりの調べごとにも使えるし、特に「ワインの基礎知識」は資料編のリストが重宝。全体的に簡素にまとまっていて便利だ。

photo
ワインの基礎知識
 アマゾンを覗くと古書で買えばめっぽうお安い。現在から見ると話が何かと古いという印象もあるが、ワインの基礎は変わらない部分も多いので、ワインって面倒臭そうだけどきちんとした知識を得ておきたいという人は一冊買っておくとよいと思う。すらすらと読めるものではないが。あと「岩波新書『ワインの常識』と非常識」のほうはきっちり読んで暗記すればミクシーから勇名を漏れ聞く君くらいな偉そうなことが言えるようになるかもしれない。
 とか言いつつ最近ちょっこっとワインを飲むようになった。グリューワインが多い、といっても砂糖を入れてシナモンを入れてレンジでチンという邪道だ。でも、なかなかよい飲み物ですよ。確かフランスでは妊婦が精力付けるのに飲むという話も聞いたことがあるが、妊婦に精力でよかったか。あれれ、セージ入りワインだったか。
 ワインなんて柄にもないネタのエントリを書いたのは、今朝の日経の春秋に釣られたからだ(参照)。

 小説やドラマで金持ちを描くとき、よく使われる小道具がワインと自動車だ。レストランで「シャトー××の××年物を」などと事細かに指定し、高い外車を複数所有。しかし富裕層の会員組織を運営する知人によればちょっとした異変が起きているという。
 注文するにも半端な知識は振り回さず「この店で1番いいワインを」とスマートに済ませるのが今の通。

 おいおい。そんなのが今の通なのかよ。そんなわけはないでしょとかそのまま釣られるクマーというのもなんだが。フレンチのレストランだと、それなりに店の格に合わせて揃えておかないといけない定番のワインリストというものがあり、そしてそれをきちんと納入する業者というものがある。だから、「この店で1番いいワインを」といえば、その店の格にあったわかり切ったものが出てくる。それだけのことなのだ。
 ついでに言うと、ワインの価格は食事の二分の一から三分の一くらいなもの。日本人だとワインにチーズのおつまみみたいなことするが(ちなみにチーズはデザートの前にちょこっと出る)、ワインは食事と組み合わせる。価格の高いワインにはそれに見合う料理が必要なので、レストランもそう偉そうなワインが置けるものでもない。あと、高いといえばイケムだがこれはちょっとなぁ。
 なんだかうざったいことつらつら書きそうな感じもしてきたので、AOCだのブドウの種類だの話は省略。気になる人は勝手にお勉強あれ、なのだが、そういえばこの季節、シャンパンである。もっともシャンパンという呼称のはEUの規則で限定されている。めんどちいのでスパークリングワインだ。コストパフォーマンスでいうなら、カヴァ。ロジャーグラートのロゼが結構いいですよ(参照・アフィリエイト)。リンク先にはドンペリに劣らないみたいな煽りがあるけど、はっきりいって劣りますんでそこはひとつ。
 スパークリング・ワインを店で選ぶときは、甘口とか辛口が気になるところで、チートシートはこんな感じ。標題の本より。

Brut    極辛口  リキュール補充度 1~2%  糖度 ~15g/l
Exbra Sec 辛口           2~2.5%  12~20g/l
Sec    中辛口          2.5~4%  17~35g/l
Demi Sec  中甘口          4~6%   33~50g/l
Doux    甘口           5%以上   50~

 Brutが辛口、Secがちょい甘いくらいな感じで。
 老婆心ながら、栓の抜き方はちと練習しておくとよいかも。金具を外したらハンカチを被してゆっくり親指で押し上げていく。追記 この件大きな間違いがあり、追記参照のこと。
 私は酒を基本的に飲まなくなったせいもあり、甘いスパークリングを少し飲むだけでいいやって感じだが、意外とBrutは和食なんかにも合う。寿司とかにも。

追記 Tetsuさんからスパークリングワインの開け方について重要なコメントをいただきました。以下をご参考に。また、失念していたのですが、「ワインの基礎知識(アカデミー・デュ・ヴァン監修)」には図入りで正しい開け方の解説があります。


針金は縛ってあるのを緩めたらそのままで.利き手で栓を押さえ込み、反対の手でボトルの底を持って、ボトルの方をねじる.するとガス圧でコルクが押し出されてきますから、飛ばないように押さえて最後コルクが斜めになるようにして、わきからガスを抜いて終わり.

投稿 Tetsu | 2006/12/17 21:48:07


| | コメント (14) | トラックバック (2)

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »