« 2006年11月26日 - 2006年12月2日 | トップページ | 2006年12月10日 - 2006年12月16日 »

2006.12.09

豪イアン・キャンベル環境大臣は日本人英霊を敬すとのこと

 ココログに投稿できないうちになんとなく、極東ブログも千日をもって終わってしまったような感じがしていた(本人談)。が、気を取り直してなんか書いてみるべか。と気になる最近のニュースだが、そういえば先日オーストラリア、シドニー北部沿岸海底で旧日本軍の特殊潜航艇が発見され、その報道が興味深かった。
 話の発端は、オーストラリアのテレビ局、チャンネル・ナインによる十一月二十六日報道番組「60ミニッツ」だ。第二次世界大戦時、シドニー湾攻撃で豪艦艇を撃沈した後、母艦に帰還せずに行方不明となっていた旧日本海軍の小型特殊潜航艇一隻が、シドニー湾沿岸約五・六キロ沖の海底で発見されたと報じた。しばらく真贋が論じられたが、報道内容は後日は確認された。
 一九四二年五月三一日夜、三隻の日本海軍特殊潜航艇がシドニー湾の連合軍艦船を攻撃する任務を負った。二隻は湾内に侵入できず自決。残骸は回収されキャンベラのオーストラリア戦争記念館に展示されているが、残る一隻(伊24搭載艦)は侵入に成功。米国重巡洋艦シカゴに魚雷を二発発射。うちの一発が豪軍艦艇クッタバルを撃沈。二一名が戦死(一九人が英国人、二人が豪州人)した。任務を遂行したこの一隻はその後行方不明となり、探索が続けられていた。これが今回ようやく発見された。
 任務を遂行したのは、NICHIGO PRESS”旧日本軍潜航艇、シドニー北部沖で発見か シドニー湾攻撃後、 64年間行方分からず”(参照)によると、愛知県碧海郡高瀬町出身伴勝久少佐(当時二三歳)と和歌山県海草郡貴志村出身芦辺守少尉(当時二四歳)の二名。
 同記事ではまだ確認されていない時点のものだが、豪イアン・キャンベル環境大臣は日本人英霊を敬すとの話が興味深い。


  また、同環境相は「連邦政府は、船体の長期的な扱いと、日本兵の英霊を敬うための適切な方法について、日本政府とNSW州政府と協議している」と語った。

 この英霊を敬するというのは修辞なのかというとそうではない。というのは、自決した二艦についても敬意を払っている。

一方、自爆した2艦は同年6月4・5日、シドニー湾内から引き揚げられた。オーストラリア海軍は当時、日本軍と交戦中であったにもかかわらず、船内で自害していた松尾敬宇大尉ら日本兵4人の勇敢さに敬意を表して、海軍葬を行った。

 このニュースが私の心を引いていたのは、なぜオーストラリア人は敵国日本人にそこまで敬意を持つのかということだ。ことは以前にふれた「極東ブログ: ダーウィン空爆戦死日本兵銘板除幕式」(参照)でも思った。こういうオーストラリア人の感覚が、正しいとか違っているとか難しい話は抜きにして、国際的には普通の感覚なのではないかという疑問がある。加えて、どうもオーストラリア側での報道を見ていると、伴勝久少佐と芦辺守少尉は英雄という印象を受けた。
 とはいえ、この作戦に関連してチャンネル・ナイン型のニュース”Secret papers reveal bizarre war plan”(参照)の表題にあるように、"bizarre war plan"(珍妙な戦略)とでもいうべきものもあった。
 今朝の朝日新聞社説”開戦65年 狂気が国を滅ぼした”(参照)によると日本国を滅ぼしたのは狂気で「日本中を「狂気」が覆っていたといえよう」ということだそうだ。確かに当時の朝日新聞を読むと納得するしかないし、私も二三歳の伴勝久少佐と二四歳の芦辺守少尉を死地に追いつめたものは狂気であったと思う。ただ、彼らは狂人ではない。豪イアン・キャンベル環境大臣がそう言明したように、敬すべき存在である。

| | コメント (26) | トラックバック (1)

2006.12.04

チェイニー副大統領のサウジ訪問は何だったのだろうか

 難しい問題なのだがやはりブログに疑問だけでもとどめておく意味がありそうに思えてきた。話は先日のチェイニー副大統領のサウジ訪問についてである。
 まず基礎事実から。日経一一月二五日”米副大統領、サウジ国王と会談・「イラン包囲網」狙う ”(参照)より。


チェイニー米副大統領は25日、サウジアラビア入りし、アブドラ国王と会談、首都リヤドで混迷が深まるイラクやレバノン情勢への対応などを巡り話し合った。

 表面的には、三〇日ヨルダンでもたれたブッシュ米大統領とイラクのマリキ首相会談の下準備ということだが、日経の記事はこう加えている。

副大統領は国王との会談で、同じイスラム教スンニ派が主導する国家であるサウジがイラクのスンニ派勢力に影響力を行使するよう要請したとみられる。

 このあたりの見解はごく妥当なものなのだが、もう一歩踏み込むと、スンニ派勢力への影響力の内容と具体的なサウジ王家の関わりが見えてこない。
 もう一つ事実。CNN”イラクで家族襲撃と自爆テロ 外出禁止令は27日まで”(参照)より。

一方、チェイニー米副大統領は25日、サウジアラビアのアブドラ国王との会談を終えて帰途に着いた。サウジ当局者がCNNに語ったところによると、イラク情勢や域内で拡大するイランの影響力、ガザ地区におけるイスラム原理主義組織ハマスの状況、シリアのレバノン政府介入について意見交換が行われたという。

 会談は短い。報告は曖昧だ。
 この問題の深層とまで言えないのだが、サウジによるイラク介入の可能性だ。この話の発端はナワフ・オバイド氏によるワシントンポストへ”Stepping Into Iraq”(参照)寄稿だが、国内のソースを見ていると意外にも赤旗が注視している。”イラク駐留長期化狙う 米秘密メモで浮き彫り : イラク駐留長期化狙う/米秘密メモで浮き彫り/地位協定交渉を要求”(参照)より。

 この点で注視されるのは、サウジ政府の安全保障問題顧問のナワフ・オバイド氏のワシントン・ポスト十一月二十九日付への寄稿です。同氏は、米軍のイラクからの段階的撤退もありうる情勢になってきたので「サウジ指導部はイラク政策の大幅修正の準備をしている」と指摘。サウジはこれまでイラクへ不干渉の立場をとってきたが、米軍が撤退すれば、イラクのイスラム教スンニ派の擁護のため、同派の「指導」国として軍事的に介入することもありうるとの見方を示しました。
 同氏は、「サウジが関与すれば地域戦争を引き起こす危険があるが、何もしないことの結果の方がはるかに悪い」と述べています。

 赤旗の記事はここで終わるのだが、表題を見るに「イラク駐留長期化狙う」が強調されている。赤旗は米国がイラク占領を長期に継続したいという意図があるのだととらえているのだろうか。しかし実際には、サウジの関与を控えさせるためのチェイニー副大統領の努力だと見てよい。もっとも、それが正しいとか短絡的に理解していいことではない。
 ただ、ナワフ氏の見解が重要であることは確かだ。

In this case, remaining on the sidelines would be unacceptable to Saudi Arabia. To turn a blind eye to the massacre of Iraqi Sunnis would be to abandon the principles upon which the kingdom was founded. It would undermine Saudi Arabia's credibility in the Sunni world and would be a capitulation to Iran's militarist actions in the region.

To be sure, Saudi engagement in Iraq carries great risks -- it could spark a regional war. So be it: The consequences of inaction are far worse.

(試訳)
 このような事態で、サウジアラビアが傍観的な立場に留まることは容認しがたい。イラク・スンニ派の人々への虐殺に目をつぶることは、王国が依拠する原則を放棄することになる。そんなことをすれば、スンニ派の人々がサウジアラビアに寄せる信頼を傷つけることになるし、この地域におけるイランの軍事活動に屈服することになる。
 サウジがイラクに関わることは大きなリスクが伴うことは確かだ。地域戦争の引き金にもなりかねない。なすべきことをなせ。怠惰の結果はさらにひどいことになるのだから。


 この状況のなかでチェイニー副大統領が具体的に何をしてきたのか。「極東ブログ: チョムスキーとチェイニーと」(参照)でふれた過去のことを考えると、いろいろ思うことは多い。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2006年11月26日 - 2006年12月2日 | トップページ | 2006年12月10日 - 2006年12月16日 »