« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

2006.10.07

[書評]「快楽 ― 更年期からの性を生きる」(工藤美代子)

 工藤美代子「快楽 ― 更年期からの性を生きる」(参照)をようやく読んだ。書名は「けらく」と読ませているが、エロス的快楽(かいらく)ではなく仏教的な「けらく」で宗教的な含みを持たせた趣向といったふうでもない。テーマは更年期にさしかかった女性の性、もっと端的に言えば、おセックスにまつわる話ばかりである。帯的にはこう。


現実と欲望の間で揺れる身体とこころ。男性から見た女の更年期、セックスの重み、新たな性の目覚めに向けて、求めつづける女たち…。更年期の性の問題を深く掘り下げるノンフィクション。『婦人公論』連載を単行本化。

 いかにも「婦人公論」的な話がてんこ盛りなので、続けて読んでいると船酔いみたいな吐き気にも似たようなものが私などには感じられる。と、私とは四九歳の男である。つまり、少年期青年期の同級生の女性たちがここに描かれているわけだし、そうした思いで読み始めた。彼女たちはどうしているのだろうか、と。
cover
快楽
更年期からの
性を生きる
 読み進めていて、そこに描かれている更年期の女性たちの性行動、とくに不倫が多いのだが、それは端的に言って、私より上世代である団塊世代の女性特有のものではないかという感じがした。平凡パンチで後楽園球場百人ヌード写真イベントとかいうと、どっとあつまってすっぽんぽんになっていた若い日の彼女たちが後年繰り広げそうな光景だな。
 本書では不倫の話が多いのだが、そのフレームワーク内の男は、やはり妻子持ちの男性、しかも中年五十、六十でまだガタが来ず、社会的に地位のある男。著名人だとあんな感じと過去エントリの参照をつけたくなるが控える。しかしだな、そんな男が私の世代にどれほどあるだろうか。女は五十過ぎの独身。そういうのが社会に希少とまでは言わないが、まずそういう男女が主体に描かれることに私は世代的な異和感を感じる。
 加えて、その不倫の背後にはハウスホールダーというかハウスキーパー的な女があるはずなのだが、彼女たちがまったく描かれていないわけでもないのだが、うまく話に取り込めていない。ぶっちゃけた言い方をすれば、本書は「婦人公論」を読むタイプの女性に向けてある種の不倫幻想なり日常の鬱憤晴らし的なお下劣話を提供するもののようだ。
 団塊後の私の世代の女性が更年期を迎えるのはたぶん、シフトして十年から五年後。本書に描かれる中年女性の性行動に類似の光景が今後展開されるだろうか。
 もちろん女性の更年期という現象は世代的な問題ではない。更年期前後の性交痛の問題などは確かに大きな問題だし、本書に描かれているホルモン補充療法(HRT)についてはかなり妥当な入門的な指導内容になっていて好ましい、と思う。
 本書のなかである意味で文学的な陰影を感じたのは著者工藤美代子と晩年の森瑶子の交流だった。森瑶子についてウィキペディアに解説があるかと思ったらない。もう忘れられた作家なのだろうか。没年を見ると九三年。もう少し調べると七月六日。五十二歳だった。デビューは三五歳の「情事」(参照)。すばる文学賞で文壇デビューし、「誘惑」「傷」芥川賞候補となったが芥川賞は得ていない。
 私は森の小説のよい読者ではないがエッセイはよく読んだ。エッセイと言っていいのかわからないが、ユング派の精神分析を受けていく過程を描く「夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場」には衝撃すら覚えた。同書はアマゾンにはない。一度文庫化されているので古書店で見つからないものでもないだろう。ネットを見ると復刊リクエスト(参照)があるがその価値がある。同書の刊行は八三年なので森が四二歳のことであっただろう。更年期にはまだ早いが心の中の葛藤はある極限に達していた。
 工藤の「快楽」から森瑤子に話がそれたが、私の印象では、「快楽」に描かれている、ある種強迫的ともいえるような中年以降の女性の性行動には森が直面していたような精神的な問題が関係しているだろう。同書も子細に読むと工藤もそうした直感を得てはいるようだ。が、雑誌連載でもあり、また彼女の資質からしてもこれ以上掘り下げられるものでもないだろう。
 ただ掘り下げて何があるのだろうか。意味があるのかというとわからない。人生触れないでおくほうがいいような真実の類かもしれない。それでも、その何かは来年五十歳にも達する男の自分にもまったく関係のないこともでないのだろう。そういえば、中年のうらぶれた男の側の教訓としては女が情事にいちいち点数を付けているあたりがよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.06

難病と社会支援についてごくわずかに

 社会問題に関連する話題やブログで話題になっていることにはなるべくふれておこうと思うのだが、気が乗らない話題も多い。「さくらちゃんを救う会」を巡る話題もそれに近い。今回のこの話題に限らず難病支援の募金については、声高な支援者の人だけが救われるのかというやるせない思いが以前からあるし、特に米国での高額な医療が対象になる場合は、その医療を待つ人々のことも思う。私の誤解もあるかもしれないが、こうした問題は、お金があれば医療が受けられるというだけの問題ではなく、それを待つ他の人々の関係の問題があるかと思う。
 支援の声が特定の誰かを救うという意図の場合、それと一市民としての自分がどう関わっていいのかそこもよくわからない。むしろ、一市民としての私は一般的な難病者と国や地方行政を介して関係を持つのではないかと考える。そうした場合、気になるのは、難病を扱う特定疾患の補助制度のありかたについてだ。
 ニュースとしては八月九日に遡る。読売新聞”パーキンソン病と潰瘍性大腸炎、公費補助絞り込みへ”(参照)より。


 治療困難で患者数の少ない「特定疾患」のうち、パーキンソン病と潰瘍(かいよう)性大腸炎について、厚生労働省の特定疾患対策懇談会は9日、医療費を公費で補助する対象を重症患者に絞り込む方針を決めた。

 パーキンソン病と潰瘍性大腸炎については、難病としての補助がなくなる可能性が高い。治療法が確立して難病ではなくなったから、というのではけしてない。理由は、大筋では公費削減ということではあるのだろう。

 原則として患者数が5万人未満の疾患が選ばれるが、2004年度末の段階で医療費補助を受けた患者数は、パーキンソン病が約7万3000人、潰瘍性大腸炎が約8万人。この二つで特定疾患の患者全体の約30%を占めており、財源の面などから03年10月以降は追加選定されていない。
 同省疾病対策課は「二つの病気の患者数は今後も増加が予想され、見直さざるを得ない」としている。

 難病というより希有な病気ではなくなったということもあるようだ。もともと、特定疾患治療研究事業には、こうした難病に対する医学研究という含みもあり、そういう研究対象しては他の難病に向かざるをえない部分もあるのだろう。つまり、私の誤解かもしれないが、難病者の支援より、医学研究の側面の強いものだったのではないか。
 行政としてはまず特定疾患対策懇談会の見解を厚労省が選定し、具体的な補助については全額自己負担か一部負担かを国と地方行政に任せる。この場合の地方行政のありかたについてどうなるか気になっているのだがよくわからない。北海道新聞”道難病連 難病助成の維持を 道議会に協力求める”(参照)などを読むに、厚労省の見解がなんであれ地方行政で補助の判断ができそうでもある。
 読売新聞の記事では、「全国パーキンソン病友の会」斎藤博会長による、「高齢患者も多く、厳しい闘病生活を強いられている中、数が増えているだけで補助を絞り込む方針には納得できない」とのコメントも掲載しているが、潰瘍性大腸炎についての言及はない。
 潰瘍性大腸炎については、UC・WAVEというサイトの患者数と発症年齢の情報(参照)があるが、次のような特徴がある。

患者さんの発症率に性別の差はなく、ほぼ1:1の割合です。発症年齢もあらゆる年代に分布していますが、20代をピークに10代~30代の若年齢層に多く分布しています。


潰瘍性大腸炎って
どんな病気
 若年層にのみ多いわけではないが、パーキンソン病に比べると若年層が特徴になっていることはあきらかで、この若い時期に罹患すると職業の基礎ができず、当然ながら十分な収入も得られないため自己負担はかなりきつくなり、それが一生涯にわたって固定する懸念がある。
 あまりきれいごとですませることはできなのだろうが、難病を抱えながら生きていける社会のビジョンが必要だろうし、補助はその方向で模索されなくてはならないように思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.10.04

ペンシルベニア州アーミッシュ学校襲撃雑感

 米国時間で二日の、ペンシルベニア州アーミッシュ学校襲撃のニュースを聞いて衝撃を受けた。私自身の衝撃の核は、その残酷な犯罪もだが、アーミッシュのコミュニティが襲われるということにあった。そのあと、テレビではなくネットを通してだがこの問題について日米メディアの扱いをなんとなく見てきた。日本人にとってアーミッシュというのはどう見えるのだろうか。変な宗教というかカルトっぽく見えるのだろうか。普通の米国人にとってはどうなのだろうか。そんなことが気になった。私の印象に過ぎないが、普通の米国人にとってアーミッシュはいわば心のふるさとというか、自分では実践できないが信仰の原点のように感じているのではないだろうか。
 事件について邦文で読める報道はCNN”アーミッシュの学校で5人を射殺 米ペンシルバニア”(参照)が詳しいように思えた。


ペンシルバニア州ランカスター郡のアーミッシュの学校に2日、銃を持った男(32)が侵入し、少女ばかり3人を縛ったうえで射殺、8人にけがを負わせた。男は直後に自殺した。


ロバーツ容疑者はさらに、911(日本の110番にあたる)に電話し、10秒以内に警察官が立ち去らなければ銃を撃ち始めると宣言。この数秒後に、容疑者は乱射を始めた。その後、警察官が突入し、容疑者の死体を発見したという。

 余談だが日本の110番が米国では911番なので9・11は偶然にせよ米国人の心に強い印象を残している。
 アーミッシュのコミュニティは同記事でも触れているように、「電気の使用を含む近代的な生活様式を拒み」というものである。なので電話も存在しない。記事での電話のやりとりには当然いろいろと不都合があったようだ。
 今朝になって英米のニュースをみると、AP系”Amish schools not likely to modernize”(参照)や、USAトデイ”Amish seclusion shattered by school slayings”(参照)では、電話もないアーミッシュの非現代文明的な生活では十分なセキュリティを保持できないし、犯罪を誘発しかねないというあたりが強調されているようだった。
 また、BBC”US killer in sex abuse confession”(参照)やニューヨークタイムズ”Gunman May Have Planned Abuse ”(参照)などでは今回の事件の性犯罪的な側面を捉えている。この文脈は日本でもわかりやすいかもしれない。
cover
アメリカ・アーミッシュの人びと
「従順」と「簡素」の文化
 アーミッシュについては、先日NHKラジオ「心の時代」で、「アーミッシュに生まれてよかった」(参照)の訳者であり、「アメリカ・アーミッシュの人びと―「従順」と「簡素」の文化」(参照)の著者でもある池田智の、アーミッシュ・コミュニティでの滞在経験談を通しての考察が興味深かった。
 彼の話のなかで意外に思えたことが二つあった。一つは、アーミッシュについては、例えばウィキペディアの同項目(参照参照)などが詳しく記しているので十分にその生活状況がわかっているのかと思ったがそうではなく、現在でもよくわからないことが多いという指摘だった。もう一点は、先の一点とも関係しているのだが、アーミッシュ・コミュニティの拡大・人口増加は今世紀に入ってからということだ。私はアーミッシュのような歴史の遺物のようなコミュニティは、シェイカーがそうであったように、早々に消滅していくものとばかり思っていた。シェイカーについてウィキペディアを見たら日本語版には項目が書かれていない。英語版ではShakers(参照)に簡素な説明がある。

The Shakers, an offshoot of the Religious Society of Friends (or Quakers), originated in Manchester, England in the late eighteenth century (1772). Strict believers in celibacy, Shakers maintained their numbers through conversion and adoption. Once boasting thousands of adherents, as of 2006 the Shakers number four people living in Sabbathday Lake, Maine.[1]

 考えてみれば、シェイカーたちは純潔を守った人々なので子供が増えていかない。それに対してアーミッシュのコミュニティというのは、子供を産み育てるということが本質的に組み込まれているのである自然状態が維持されればコミュニティは大きくなっていく傾向がある。このあたり、持続可能な文明ということでは現代文明とアーミッシュとどちらが存続しやすいかとあのおり考えた。その後「極東ブログ: [書評]人類の未来を考えるための五〇冊の本(ランド研究所)」(参照)で触れたが、ランド研究所による人類の未来を考える上で重要だとする五〇冊の本のリストにAmish Societyが含まれていて、なるほどと思ったことがある。
 アーミッシュなどメノー派やシェイカーなどクエーカーの派生については、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(参照)ではプロテスタンティズムの倫理の主流としては扱われていないわりに、諸派(デノミネーションズ)としてクエーカーについて多く言及があり、註などにはメノー派への言及もある。ヴェーバーのプロ倫は資本主義の精神の成立への興味深い理論にはなっているが、ヴェーバー自身には同時発生した諸派のエートスに対して微妙な思いがあったようだ。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006.10.02

ヨム・キプール(Yom Kippur)

 今年のヨム・キプール(Yom Kippur)は日本人が採用しているキリスト教暦では十月一日にあたる。いや今日の二日か。ユダヤ教ではこの日、一年分の贖罪のために終日断食して祈る。ユダヤ人は全世界に散らばっているので、ヨム・キプールはあちこちで祝うことになる。オンタリオでの写真が”Yom Kippur, 10/02/06”(参照)にあった。
 ヨム・キプールはユダヤ暦七月(ティシュリ)十日にあたる。由来はレビ記(レビ23:26-32)より。


主はまたモーセに言われた、「特にその七月の十日は贖罪の日である。あなたがたは聖会を開き、身を悩まし、主に火祭をささげなければならない。その日には、どのような仕事もしてはならない。これはあなたがたのために、あなたがたの神、主の前にあがないをなすべき贖罪の日だからである。すべてその日に身を悩まさない者は、民のうちから断たれるであろう。またすべてその日にどのような仕事をしても、その人をわたしは民のうちから滅ぼし去るであろう。あなたがたはどのような仕事もしてはならない。これはあなたがたのすべてのすまいにおいて、代々ながく守るべき定めである。これはあなたがたの全き休みの安息日である。あなたがたは身を悩まさなければならない。またその月の九日の夕には、その夕から次の夕まで安息を守らなければならない」。

 贖罪一年分という話が出てくるのは七月一日から新年が始まるため。というわけでユダヤ暦の元旦はキリスト教暦では九月二三日。今年は紀元五七六七年。天地創造から数えている。
 ところで元旦から十日だと数が合わない? よもやと脳裏を懸念が走る。ウィキペディアを見ると項目があり、「ユダヤ暦でティシュリ月の9日にあたり、西暦では毎年9月末から10月半ばにあたる」とある。九日か。まあそのほうが合理的か。正確には、新年が始まるのは九月二二日の日没。つまり安息日と同じしくみだ。
 日付が太陽暦ベースのキリスト教暦に合っていないのはユダヤ暦が太陰暦だからで、ちょうど九月二二日は日本でも旧暦の八月一日なる。ちなみに、今年の十五夜は十月六日。しかし月齢ではこの日は十四日もなっていない。七日が十六夜(いざよい)だが実は満月になる。
 ヨム・キプールではユダヤ教徒は仕事をしてはいけない。なのでサッカー選手も競技ができない。マルカの記事”イスラエル人GKアオアテの“贖罪の日”問題は解決”(参照)が興味深い。イスラエル人アオアテは日没からはサッカーができなくなる可能性があった。

最終的にデポルの試合は土曜日(9月30日)の20時ではなく18時から始まることで落ち着いた。
 18時に始まればアオアテは試合に出場し、その後祝日の伝統を守り通すことが出来る。「僕は今、イスラエルではなくスペインに住んでいる。だからクラブやチームメイト、この国にも敬意は表しているよ」というアオアテは、スペインでの生活に馴染みながら祖国の伝統を破らずにすむことに喜んでいるようだ。

 二時間が絶妙だったようだ。というか、西欧では八時ごろまで日は沈まないと見ていいのだろう。
 ユダヤ人はこの期間仕事はできない。では、その間に敵が攻めてきたらどうなるか。もちろん敗北する。ヨム・キプール戦争またはラマダン戦争と呼ばれる第四次中東戦争(参照)がそうであった。三三年前だ。
 AP”Israel shuts down for observance of Yom Kippur holy day”(参照)にあるが、今年のヨム・キプールはムスリムのラマダンに重なる。彼らも太陰暦を使うので同じく九月二二日から始まっている。今年のようにユダヤ教新年とラマダンが重なるのは三三年周期になる。ユダヤ暦は日本の旧暦と同じで閏月を設けるがイスラム暦にはそれがないためだ。
 そういえば、今年は、しちがち(七月)がゆんじち(閏月)である。一年が三八五日になる。太陽暦からずんとはみ出すために、立春が二度訪れる雙春年(サンチュンニョン)となる。ということで今年は韓国では結婚ブームだった。ラジオ深夜便ソウルからのワールドネットワーク担当の坂野さんも結婚されたのこと。おめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.01

農薬のポジティブリスト制度

 農業関係者なら皆さんご存じのことだし特にブログ的な話題でもないかとなんとなく書かないでいた農薬のポジティブリスト制度だが、昨日のDDTのエントリの関連でちょっと言及しておいてもいいかなと思うようになったので、既知のことばかりだが簡単に触れておく。
 農薬のポジティブリスト制度というのは、利用可能な農薬をポジティブに、つまり「積極的にこれは使って良しの品目」で制限するという規制である。今年の五月二九日から導入された。
 従来はネガティブに、「これは使っちゃダメよんリスト」で規制していた。がそれだと、新薬の農薬とかこれって何がなんだかわけワカメ農薬とかが、行って良し!、ということになり、行った結果、ひどい毒性なんじゃないのって後からわかるという悲劇が満喫できる。そう考えると、農薬のポジティブリスト制度のほうがいいのではないのというのは基本線では理解しやすい。
 ポジティブリストでは、七九九品目の農薬について、原則作物ごとに基準を設定し、基準値が設定できない場合は一律〇・〇一ppmとした。
 すでにこの夏は、農家の皆さん、農薬のポジティブリスト制度で苦労されたようだが、現場的に一番の問題は農薬の飛散で、この作物にはこの農薬をこれだけ利用してよいとしても、隣の畑のこの作物にその農薬が飛散したら、じゃーん、アウチ!ということになる。農薬散布の技術が非常に難しくなった。ヘリの散布はダメっぽい。無人ヘリなどはやはり別の国に販売ルートを広げたいものである、かどうかはさておき。素人的な感想を言うとそれまでけっこうアバウトに撒いていたんでねーのという感じも〇・〇一ppmくらいする。

cover
森の娘
マリア・シャプドレーヌ
 ルイ・エモン「白き処女地」(参照)だったか、農家は常に不平しか言わないとかいうフレーズがあったように記憶しているが、どうでもいいが、ルイ・エモンの絵本「森の娘マリア・シャプドレーヌ」(参照)も昨年翻訳されているか。話がそれた。
 今回の規制改変で農家の不満もわからないではないが、マクロ的に見ると、農薬のポジティブリスト制度というのは、剛力非関税障壁である。もう安い中国野菜なんかばしばしはねのけできるからいいじゃんということになる。とおふざけのようだが、農薬のポジティブリスト制度導入が促進したのは、〇二年の中国産冷凍ほうれん草騒ぎがきっかけで、翌年の食品衛生法改正で導入が決まったものだった。余談だが、米国のほうれん草騒ぎはまだ続いている。生食うからだよと思っていたが、NCRを聞いていると日本みたいに規制管轄の問題などもありそうだ。
 もう一点気になるのは、規制が強化されるということは、検査体制が公平に強化されないと面白い結果になってしまうことだ。が、まだ導入の日も浅いせいかそれほどしっかりしていないようだ。せっかくのバッチグーな非関税障壁ということもあってか、残留農薬検査について、輸入品は国の検疫所で行うが、国内流通分は市場で都道府県などの保健所が実施するということになっている。後者は抜き打ちでもいいのでその分手心が加えやすくてよろしい。むしろ問題は検疫所のほうなのだが、大量をこなせるのだろうか。
 ネットを見ていると対外的には現実認識が鋭い中国様は、やったな日本、マジ非関税障壁じゃんということで、ずばり人民網”日本の非関税貿易障壁に対応 茶葉産業に新衛生基準”(参照)ということで対応に乗り出すケースもある。

今年5月末、日本は輸入農産品に対して「食品中残留農業化学品ポジティブリスト制度」を導入した。このポジティブリスト制度では、茶葉の検査項目が89から276に増え、農薬残留量はすべて0.01ppm以下に統一された。0.01ppm以下とは、100トンの農産品における化学物質の残留量が、1グラムを超えてはならないという量である。中国が実施する新しい茶葉衛生基準は、間違いなく日本による非関税障壁に対応した措置だが、日本の標準と比べ、中国の基準はまだまだかなり低い。専門家は、国外の農薬と科学技術に関する貿易障壁に対応する道は、農薬の使用を減らし、総合的な対策を行うしかない、としている。

 問題認識はしているようだ。余談だが昨今話題の中国での日本の化粧品規制だが……ってまあそこまでは話は広げず、と。
 私は中国茶が好きなので中国茶の汚染についても気になるほうなので、最近はよほどの銘茶でなければ有機のものを指定して購入している。そう、中国で有機農法のお茶があるわけですよ。中国を甘くみてはいけないわけで、やればできるわけです。日本はまだまだ、ワハハで非関税障壁ができたと思っていると、そんなものは簡単に破られることになるだろう。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »