« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »

2006.04.01

温家宝のオセアニア歴訪の裏面

 中国のなりふりかまわぬ資源外交というとまず石油やレアメタルが思い浮かぶが、その一環にはウランも含まれている。現状のまま中国が石油・石炭など化石エネルギーへの依存を続けていけば深刻な環境問題を引き起こすこともだが、地球環境保護を名目とした国際外交のカードに対しても弱くなる。世界戦略において弱みを見せるということは中国にとっては耐え難い。もはやエネルギーの需給において原子力の比重を高めることは中国の避けがたい国策となっている。
 今日四月一日にちなんで実施される温家宝のオセアニアを歴訪の主眼も、端的に言えば世界最大の埋蔵量を持つとされるオーストラリアのウラン獲得が主目的であり、その先にはオーストラリアという国家を今後どのように籠絡するかという構想さえも垣間見られる。サンケイ・ビジネスi”温家宝首相、オセアニア歴訪 豪とウラン鉱開発協議”(参照)より。


中国の温家宝首相は四月一日からオセアニアを歴訪する。オーストラリアでは、原子力発電向けのウラン鉱山の共同開発プロジェクトで協議するほか、フィジーでは、中国の呼びかけによる初めての「太平洋島嶼(しょ)国経済発展協力フォーラム」を開催する。

 共同開発プロジェクトというのは実際にはウランの独占的な獲得のことであり、こうした外交からオーストラリアという国のグリップを握ることが目論まれている。

 オーストラリアのハワード首相が首都キャンベラの記者会見で明らかにしたところによると、温首相の訪問時にウラン鉱山の共同開発とウランの対中輸出で協議し、契約調印を行う見通しだ。
 中国はエネルギー需要増と調達源の多様化戦略の一環として原子力発電の増強を進めており、世界のウラン資源の40%が集中するオーストラリアとの関係強化を急ぐ。
 米CNNテレビによるとハワード首相が昨年四月に訪中した際、オーストラリアは平和利用目的のウラン対中輸出を認める核技術関連の協定を両国で策定することで合意しており、ダウナー外相も昨年八月、原子力分野で中国に協力する計画の存在を確認している。

 温家宝の訪問から中豪間の急速な関係改善を見る人もいるかもしれない。が、従来親米的に見えたオーストラリアは徐々に米国から中国へ比重を高める大きな外交の変化が進行していた。理由は、単純に言えば、オーストラリアはこのまま米国と共倒れになるわけにはいかないという認識が豪政府内に高まったことだ。現在の米国の経済状況は、先月八日のフィナンシャル・タイムズ”America's looming fiscal iceberg”(参照)が沈みゆくタイタニック号に喩えたように、すでに非常に危機的なレベルにある。スノー米財務省長官も、国債発行限度額引き上げを議会が承認しなければ利払いの国債追加発行ができず、米国債は債務不履行に陥ると述べ、議会にその緊迫感を伝えているほどだ。オーストラリアはこの危険性、つまりアメリカ経済の破綻から連鎖的に発生する世界不況(参照)というリスクのヘッジとして中国重視政策に大きく舵を切った。もともとオーストラリアは台湾同様総人口で二千万人程度の移民国家であり、経済発展を継続し十四億人を擁する中国に飲み込まれていくのは歴史の必然的な過程であるというのが、中国政府の独自のビジョンでもある。さらに、アジア・オセアニア地域でオーストラリアを飲み込めば、親米国家として際だつ台湾と日本も共に自然に折れ、原子力開発を含め各種の技術も容易く安価に得られるだろうという思惑もある。
 対する米国はというと、東アジア(日本・台湾)とオセアニア地域(オーストラリア)にはすでに見切りを付け、代わりに中国と並ぶ未来の超大国インドを重視してきている。そのことが明白になったのは、先日の、NPT(核拡散防止条約)を無視した異例の核容認というインドへの特別な米国の配慮であった。
 米国はイラク戦争時点の英豪日をコアとした有志連合による世界戦略をすでに棄却し、インドを核大国に育て上げることを目論んでいる。さらに、インドのエネルギー政策全体を原子力中心にシフトさせることで、中国の原子力利用の志向そのものに自然と対立させようと仕組んでいる。こうした米国の新しい中国囲い込みの国家戦略については、キッシンジャーによる”Anatomy of a partnership”(参照)が詳しい。
 しかし、中国にしてみると米国の新世界戦略は早々に挫折している。インドに対する米国の肩入れもすでに中国の手の内にあるからだ。これ関連して、国際ジャーナリスト田中宇”自滅したがるアメリカ ”(参照)の指摘が中国の本音を示唆するようで興味深い。

 中国とインドは、冷戦時代の対立関係を2002年ごろから劇的に好転させ、中印にロシアを加えた3大国で、ユーラシア大陸の新しい安全保障体制を構築し始めている。インドは、中国やロシアと戦略的な関係を築くとともに、アメリカとも友好関係を維持するという、両立ての戦略を採っている。アメリカは今回の核協定に至る交渉の中で、インドに対し、中国との関係見直しを促すような要求を何も行っていない。そもそも最近のブッシュ政権は、台湾の陳水扁政権の独立傾向を批判したりして、全体的に中国に対して腰が引けている。「中国包囲網」は口だけである。

 つまり、米国が中国と対立した国家戦略を維持できるという発想そのものが間違いである。さらに国際ジャーナリスト田中宇は、「世界中で反米が扇動され、アメリカは自滅し、世界が多極化していく」という全体の動向がシンクロナイズし始めていると主張している(参照)。ロケット団(参照)的なやな感じーと呼べるものが進行しているというのだ。
 中国が国際的なプレザンスを高め、同時に世界中で反米が扇動されるという状況の認識は、今回の極東ブログのエントリを含め四月馬鹿に限定されるべきネタとして今後の評価を待ちたい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.03.31

所帯と世帯

 書棚の整理をしていたら「日本の漢語 その源流と変遷(角川小辞典)」(参照)が出てきて、しばらくめくっていたら、所帯と世帯の話があり、このところなんとなくこの言葉の使い分けが気になっていたので該当項目をざっくり読み、少しぼんやり考えた。
 「所帯持ち」とは言うが「世帯持ち」とは言わない。「一世帯当たりの」とは言うが「一所帯当たりの」とは言わない。「所帯じみた」とは言うが「世帯じみた」とは言わない。「母子世帯」とは言うが「母子所帯」とは言わない。
 言い分けの用例をつぶやいていると、その違いの生活感覚はわかるが、さてどう説明するのかとなると難しい。とりあえず、お役所言葉で戸のことが世帯とは言えるのだろうが、所帯という言葉の庶民的な含みをどう言い表すか。所帯と言えば「女房子ども」と続くようでもあり、男が働いて家族を食わせるといった世界観のようでもあるが。
 ウィッキペディアに「世帯」(参照)があった。


世帯(せたい)とは、
1、実際に同一の住居で起居し、生計を同じくする者の集団。
2、一家を構えて、独立の生計を営むこと。所帯(しょたい)とも言い、結婚することを「所帯を持つ」とも言う。
3、生活に必要な家や道具。
以下、1の意味における「世帯」ついて詳述する。

 とあり、もっぱらお役所言葉的な部分に絞られていくのだが、次義として所帯の同義としている。ここでは「~すること」という言わば、事的対象が「所帯」ということなのだろう。それに対して、物的対象が「世帯」か。それでいいのかといった疑問は感じる。それと、3の「生活に必要な家や道具」は所帯道具の略か。
 字引を見る。gooの大辞林の「所帯」(参照)はこう。

しょたい 【所帯/▽世帯】
(1)一家を構え独立の生計を営むこと。またその生活。せたい。
(2)家庭での暮らし。暮らし向き。
「―のやりくり」
(3)住居および生計を一つにして営まれている生活体。せたい。
「―数」「男―」「大―」
(4)もっている財産や得ている地位。身代。
「竹沢が―を没収して、その身を追ひ出されけり/太平記 33」

 どうもあかんなこれはという感じだ。世帯を引くと同じ項目が出てきたし。
 気になるのは、太平記の用例を見ると、propertyの語感に近いか。もっとぴったりの英語があったような気がするが。このあたりが古義なのかなという印象を大辞林は与えるわけだが、それ以前に太平記の用例が「所帯」なのか「世帯」のかわからない。
 「日本の漢語」はその点、つまり歴史主義の部分は詳しい。古い用例として吾妻鏡の「所帯職」を提示している。読み下すとこう。

去る五日季弘朝臣所帯職を停め被れをはんぬるの由。仙洞より源廷尉義経に仰せらる。

 「所帯職」という用語には違いないが、さてどのような職種かというと、文意からわかるようにそうではない。ただ、職というだけのことだ。「所帯職を停め」は「停職」というだけのこと。すると「所帯」とは何か?
 「日本の漢語」で示唆されているように、これはさらに「職を帯ぶる所の」と読み下せる。つまり、特に意味はない。が、吾妻鏡では、所帯職から離れて所帯だけで、所領を意味する用例も出てきている。細かい話を端折れば、十三世紀には今日の所領の意味で「所帯」という言葉が確立しており、おそらく鎌倉幕府(政府)の時代の社会のあり方を反映しているのだろう。
 ここまでをまとめると所帯というのは所領、領地を意味していたののだろう。では、それが、現在の意味にどう変遷したのだろうか。中世狂言のスクリプトにはすでに、今日の意味に近い「所帯」があるのだが、そこまでの変遷はよくわからない。それほど時間をかけた変遷ではないようだ。少し考えれば、領地に人が従属していたというこのようにも思えるが、あまりに粗っぽい推論になる。
 「世帯」のほうはどこから出現したか? 中世狂言のスクリプトの異本ですでに「所帯」と「世帯」の混同が見られるようだ。とりあえずは、「所帯」が「世帯」に変化したのだろうが、そのその変遷は狂言のスクリプトということからも想像されるように、音価の同一性だったのだろう。つまり、「しょたい」の音価が「世帯」でもあったのではないか。雑な考察だが、「先生」を「しぇんしぇー」というような「しぇ」の音価に近かったのかもしれない。
 「日本の漢語」ではさらに面白い考察を加えている。「世帯」の表記に「世諦」があり、その意味の関連があるのではないかというのだ。
 「世諦」の意味だが、とgooを見ると「世間一般の立場での真理。俗諦。」のみで解が薄い。「俗諦」とあるが、これは「世俗諦」の略でもある。こちらの意味はこう(参照)。

ぞくたい 【俗諦】
〔仏〕 世間の人々の考えるこの世の真理。現世的真理。世間的知恵。世諦。世俗諦。
⇔真諦

 つまり、「世諦」とは庶民の真理、極東ブログで言う所の世間知に近いかもしれないが、そうした価値観というより、その価値観に束縛されている時空として捉えるといいだろう。というのも、真諦が仏教の世界に対応するように、「世諦」は俗世でもあるのだろう。
 そう考えると、現代日本の「所帯」のコノテーションは「世諦」に近いように思われる。非モテ論を純粋に繰り返すとか栗先生のようにモテを追求するより、世の中ってものはこんなものさと女房を見つけ子をなす(女なら旦那を以下略)という「世諦」であろう。つまり、そういう生き様が所帯じみたというのはまさに、世間の人々の考えるこの世の真理の反映なのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.03.30

NHK番組改編、「あすを読む」終了

 ステラに掲載されている来週のNHK番組予定をつらつらと見ているのだが、やはり「あすを読む」が終了したようだ。これはかなり残念。「あすを読む」は、あえて失礼な言い方をするが、NHKが飼っている解説員という最高のインテリジェンスを惜しみなく出している番組で、何年も見ているとNHKが世界や日本をどう考えているかがよくわかった。昔の記者やアナウンサーが解説員に上がっていく様もよかった。ああいうNHKの顔が見られなくなるのかと思うとがっかりする。追記同日:スポーツ&ニュース(23:30-23:55)に含まれるらしい。
 私はいうまでもなく「あすを読む」のファンだしここから多くのことを学んだ(エントリのネタにもさせてもらった)。まだ中国の露骨なエネルギー外交が表面化する数年前だがこの番組は統計グラフを出して今日のありかたを予想して見せたことがある。これは大問題だなと思ったが当時はあまりリソースはなかった。他、中央アジア情勢なども意外と丁寧に説明していたのも勉強になった。
 限られた時間内でのプレゼンテーションや、話し方という点でも学ぶ点が多かった。率直に言うのだが、おっさんがなんかしゃべるというときはどうしなくてはいけないか、それがもろに出ているのもよかった。
 NHKのニュースや解説番組は漫然と見ていると随分左がかっているなという印象はあるのだが、「あすを読む」に出てくる解説員の物言いに慣れてみるとそのあたりの微妙さもわかった。時折、解説員同士の対談があり、これなどは各委員の考えの違いがわかって興味深かった。
 そうしたなか、これも露骨に言ってしまうが、私が一番嫌いな解説員が柳澤秀夫である。嫌いな理由は簡単で、意見が左がかって面のいいやつだからだ。私はこいうタイプが憎いのである。筑紫哲也などもいまではオジーになってしまったが二十年前はそんな感じだった。平野次郎もそうである。嫌いとかいうのは、ま、そんな浅薄などうでもいいことだが、柳澤秀夫は解説員としては中東が多く、こりゃ酒井啓子と同じ意見が多いのはなんかセクトがあるのかとも思ったが、他の意見を聞いていてるとNYTやWPの社説まんまというのがあり、この人はけっこう権威主義というだけかなとも思い直した。
 というわけで、NHKのメインのニュース番組「ニュースウォッチ9」のメイン・キャスターが柳澤秀夫となるのを見て、暗澹。冷静に見れば、NHKの人選の発想は悪くないわけで、今NHKでこの分野で視聴率が取れる面は彼しかないでしょ。ちなみに、彼が英語しゃべっているのは聞いたことないが、そのあたりはどうかな。
 話多少変わって、クローズアップ現代はどうなるのかと思ったら、さらに続投らしい。やっている内容からすれば国谷裕子キャスターでなくてもよさそうだが、時折代替の紳士服CMのようなオサーンが出てくると気が抜けるように、この番組は国谷さんでないともたないでしょう。彼女はかなりの知識人でありながら、うまく知識を押さえているあたりが得難い才能だと思うし、この人の面も国際的に通じるでしょう。
 ま、テレビというのは、ある番組のタイプとしては、一に面、二に面、三にコテ、みたいな感じでしょうかね。よくわかんないですが。これからテレビはさらに老人メディアになるというのとどう関係するのかしないかも。
 ラジオのほうに番組改編があるのかと気になったが特にないようだ。ラジオあさいちばんの小野卓司・佐治真規子、木村知義・遠田恵子のメンツが実は変わったとかだったら、ショックを受けそう。

追記同日
 グッドニュース。ウィッキペディアのあすを読む(参照)によると以下。


2006年3月31日を持って終了。以後はスポーツ&ニュース (NHK)(23:30-23:55)で解説コーナーとして放映。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.03.29

朝日新聞社長長男、大麻所持で逮捕

 秋山耿太郎朝日新聞社長の長男竜太容疑者が大麻所持で逮捕というニュースが昨日流れた。秋山竜太容疑者は三十五歳になる大人だから、今年六十一歳の秋山耿太郎朝日新聞社長に責が及ぶというものでもないのだろう。
 秋山耿太郎朝日新聞社長は、世代的にはプレ団塊の世代ということだろう。長男が生まれたのは二十五歳か。京都大学法学部を卒業したのは一九六八年。一年間のラグがあるようだが京大の側の問題だろうか。そしてそのまま朝日新聞社入社が二十三歳。そして、その二年後に長男誕生というパーソナル・ヒストリーか。それだけ見ていると順風満帆という印象は受ける。
 著書がある。というか共著か。「津島家の人びとちくま(学芸文庫)」である。余談だが津島家については「極東ブログ: 明日は12月8日」(参照)で少し触れたことがある。
 文庫本は二〇〇〇年の刊だが、オリジナルは朝日ソノラマから一九八一年に出たもののようで、その時は著者名がオモテに出ていたかわからない。「朝日新聞青森支局」でもあったようだ。いずれにせよ、一九八一年、三十五歳の秋山耿太郎記者は太宰治とその文学を生み出した風土を追っていた。同書を読んだことがないので、秋山耿太郎の文学的な感性はわからないし、偏見だが八一年という年代と朝日新聞という背景からはある程度のトーンも含まれているには違いない。アマゾンの素人評にも「かつて存在した大地主という階級を理解するにはこの上ない好著である」とあるのも示唆的だ。
 それでも三十五歳の秋山耿太郎記者は太宰の文学を読み解く感性があったのだろうし、そうした文学的な感性というのは、まさに太宰治の娘たちがそうであるように、子どもにも共通するものがあるだろう。とすれば、長男秋山竜太容疑者三十五歳の内面というのはどんなものだろうかと、私はちょっと気になる。
 事件に戻る。当初事件は産経新聞”朝日新聞社長の長男、大麻所持で逮捕”(参照)からの印象ではたまたま捕まったというようでもある。


 調べによると、竜太容疑者は10日午後10時半ごろ、東京都渋谷区渋谷の路上で、警察官に職務質問を受けた際、大麻1グラムを所持していた。竜太容疑者は容疑を認めている。竜太容疑者は「フリーでテレビ関係の仕事をしている」と話しているという。

 テレビ関係はネットを検索するとTBS番組の関連の話が出てきた(参照)が、彼がTBSと関係していたかはわからない。
 さらっとしたニュースのなかで突出した雰囲気を醸し出しているのが十日という日時であり、その間どうなっていたのだろうかということが腑に落ちなかった。そのあたりをすっきりさせたのは毎日新聞”麻薬と大麻:朝日新聞社長の長男を起訴 東京地検”(参照)だった。

 起訴状によると、竜太被告は今月8日ごろ、東京都渋谷区内の地下鉄駅構内で合成麻薬MDMAを使用。10日には同区の路上で、乾燥大麻約1.4グラムを所持した。現行犯逮捕されていた。竜太被告は、同種事件で執行猶予中だったという。

 なるほど。MDMAでいちどしょっ引かれ執行猶予中となると問題の質が変わってくる。なお、MDMAについては「極東ブログ: 麻薬問題は思考停止では解決できない」(参照)で少しふれたことがある。
 MDMAや大麻をどう捉えるか以前に、竜太被告の法意識とそのピア・グループがどういうふうに生息しているのか、そのあたりに朝日新聞はどういう評価をしているか、つまり、朝日新聞社長長男だからということでなく、問われる部分はあるだろう。
 余談だが、大麻について、私より少し上の世代で、青年期に平凡パンチOHとか往時の週刊プレーボーイとか読んでいる世代は、「大麻なんて有害ではない、違法としているのは日本がどうたら」という意見を執拗に開陳する傾向があるという印象を受ける。あ、オサーンまたなんか言っているなというか。
 大麻が有害であるかについては、概ねそれほどの有害性はなさそうでもあり、西欧では合法に準じる扱いをしている地域もある。米国では、実態としてはかなり広がっているにもかかわらず、タバコ同様、医学界は敵視しているようだ(反面医薬品応用への関心は高い)。大麻研究は意外と現在でも盛んだ。一例はこんな感じ(参照)。なので、オサーンたちのフカシはいろいろ突っ込み所があるかもだがこの世代は熱い議論がお好きだし締めは読めているのでうんざりする。
 大麻について日本のウィッキペディアあたりはどう捉えているかと見たら、現在項目が削除になっている。背景議論が面白い。ノート:大麻(参照)。

WHOは大麻に有害性は認められないと報告している?
本文の「WHO(世界保健機構)の報告でも有害性は認められないと結論されている」という記述に関する議論。

大麻の有毒性について
大麻の毒性に関するwhoのホームページの記述を見る限り、 否定されているようには見えないのですが。(英語がつたないのではっきりとはいえませんが)
参照:
http://www.who.int/substance_abuse/facts/cannabis/en/
英語が得意な方、判断をお願いします。
榊 2005年1月10日 (月) 08:41 (UTC)



WHOのページ
WHOのページを見ると、WHOは「政治的圧力に屈する事無く」大麻の害を説くと書いてある(ように英語が苦手な私には読めます)。
参照:http://www.who.int/inf-pr-1998/en/pr98-26.html

このページよると、


  1. 大麻にどの程度害があるのかについてはデータが無いので何とも言いがたいものの、健康に害があるのは明白。
  2. 「大麻はタバコや酒にほど害がない」と主張する論文「A comparative appraisal of the health and psychological consequences of alcohol, cannabis, nicotine and opiate use」をbackground paperとしてもちいたが、この論文は「矛盾に満ち」、「非科学的」なもの。

だそうです。 少なくとも現時点ではWHOは大麻に関して否定的なようです。
ですのでWHOに関する記述は修正したほうがよさそうです。

 若い世代だと思うけど、ちゃんと現状のファクトに基づいてウィッキペディアを育てているようすが伺える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.27

白木みのる

 先日郊外の駅のホームに立ってぼんやりと春日のなか電車を待っていると、子どもが一人、線路近い端の白線のほうにつっと歩いていくので思わず駆け寄った。が、近づいて、彼が子どもではないのに気が付いた。小人症(この表現が現在使えるか自信はないが)の老人であった。ああ、大人か。大人であれば大丈夫かと思い、ふと白木みのるのことを思い出した。
 最近、白木みのるをテレビで見かけないな。引退したのだろうか、それともああいう芸そのものがいろんな理由で好まれなくなったのか。ぼんやり電車に乗りながら考えて、そうだ私は最近テレビを見てないじゃないか。わかるわけないじゃないか。そんなこと当たり前だのクラッカーである。
 ネットで白木みのるをざっと見渡すと、そうでもないようだ。そうでもないというのは、昨今リバイバルしているふうでもある。ウィッキペディアの該当項目(参照)を見るとこうある。


その後も舞台、テレビなどで活躍しており、近年ではキングジム「テプラ」やミスター・チルドレンのアルバムのコマーシャルなどにも出演した。
 現在では、北島三郎の歌謡公演には欠かせない俳優として活躍している。

 そりゃよかった。私は彼の芸が好きだ。彼が現れるいやいなや、これから面白いことが起きるぞ、大人たちがギャフン(死語)とする場面が現れるぞをわくわくしたものだった。子どもの心性である。
 ウィッキペディアの項目を見ていて、気になったのだが、そこに「小人症」ないしいずれかの障害名の記載がないことだった。ふと、私が勝手に小人症と思い込んでいたのかという気になって、ネットを見渡したがあまり情報がない。印象としてはその話題を避けているふうでもある。
 が、白木本人と関係ありそうな「白木みのるの解説」(参照)にはこうユーモラスに描かれていた(引用に際し対話者をAとBに編集した)。

A:そもそも白木さんって、どういう方なの?
B:昭和三十年代後半に一世を風靡した国民的人気番組「てなもんや三度笠」で超人気者になったんだよ。
A:この写真のかわいいらしい小坊主ちゃんが白木さんね。子役スターってわけネ。
B:子役?資料によると白木さんは1934年生まれだろ。「てなもんや」のオンエアが1962年~1968年だから、どう若く見積もってもこの写真の頃は・・・
A:えっ?28歳っ?!
B:お若く見えますなぁ。
A:そう考えると「ミスターチルドレン」ってバンド名も微妙ねぇ・・・直訳すると・・・。
B:「大人こども」?

 実際にリアルで「てなもんや三度笠」を見ていた世代の端っこである私などでも、白木は大人なんだけどということは知っていた。フェリーニ的な世界でもあったのかもしれない。正確にはわからないので私は意図せず差別的な発言をしているのかもしれないのだが、小人症の芸人というのはそれほど違和感のないある時代の空気があった。
cover
てなもんや三度笠 爆笑傑作集 Vol.1
 ああいう時代の空気がなくなったのかそれとも、成長ホルモンを使った治療で小人症が減少しているのか。この点については以前米国の状況を調べたことがあるが、日本の状況を調べたことがなく、これもふとふいを突かれたように思ったので、ざっくりネットを眺めてみた。状況は微妙という印象を受けた。
 下垂体性小人症は成長ホルモン分泌不全性低身長症と呼ぶらしい。成長ホルモン分泌不全以外に軟骨無形成症のケースもある。昭和五十四年八月三十日という日付の「小人症への国の対策強化に関する質問主意書」(参照)というリソースがあるが、それからかなり年月も経ちこの時点の問題は解決しているふうには思える。また社会の声の一例として「成長ホルモン分泌不全症のページ」(参照)が興味深かった。
 米国での事例をつきあわせて考えるといろいろな思いが沸くがうまくまとまらない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »