« [書評]ウェブ人間論(梅田望夫、平野啓一郎) | トップページ | 漱石のこと »

2006.12.13

美しい日本に賢い若者出現の期待

 雑談。先日NHKクローズアップ現代で雇用問題をシリーズで扱っていた。ぼんやりと見ていたのであまり記憶にないのだが、来年度は新卒採用が大幅に増えるという話と、この失われた十年で本来なら新卒採用されてもよいはずったのに非正規雇用となった若者の、明暗とでもいうのだろうか、取り上げていた。
 番組でもまったく無自覚というわけではないのだが、というか識者に語らせてもいるのだが、なぜ企業はそんなに新卒にこだわるのかというのが、よくわからなかった。もちろん、私も日本社会にずっぽり沈んでいるので日本の企業が新卒にこだわる理由がわかりませんみたいなことは言えないのだが、もうちょっと、なんか社会学的な説明みたいなものはないものかと思った。まあ、ないのだろう。
 三十代の、新卒なんてどうでもいいでしょという人と食事時そんな話をして、まったく日本の企業ってなんでそこまで新卒にこだわるのかとちと問われて、当方、つい、あれだな、結婚相手には処女を求むって……とかギャグのつもりが言い切る間もなく、またやっちまったぜ、ドン引き、された。
 話の向きを変えて、しかし今の二五歳から三十歳ちょいくらいの人々の非正規雇用が正規雇用化してくると日本の経済も本格的に復活と言えるかもねとか、つぶやきつつその場を立ち去る、と。
 そんなふうに流れは変わるのか? マジ、変わると思ってんの俺?とか自問するが、まったくそういうふうな自信がない。日本企業の新卒好みは変わらないでしょ。だって官庁がそうなんだし、できたら若者は、やっぱし公務員になりたいもんだしな……とか思い、またぼんやりと沖縄暮らしを思い出した。
 沖縄の若い子たちは意外なほど人の話をよく聞く。もちろん聞かないときは聞かない。実は沖縄の大人の人もそういう傾向がある。なんだろと当初疑問に思ったのだが、どうも、聞く・聞かないがスイッチ構造みたいになっているような感じがしたからだ。しばらくしてわかったのだが、内地言葉をつい聞いてしまうという癖があるようだ。英語を勉強しているとつい英語を聞き取ろうとしているみたいな。もちろん、聞いているというのは字義通り聞いているだけで、了解とか、理解とかでもないし、そうのうちこっちも沖縄に慣れてきて、あんまし言わなくなった。なんの話だったっけ、公務員志向だ。沖縄の若い子は公務員志向が多かった。男の子に多い。これは地方の一般的な傾向なのだろうか。
 公務員とか大企業とか若者だって新卒で入りたいもんだし、実際にそれに最適化した行動を取る。
 それってなんだろとか、ぼんやりと、つらつらと若いころなど思い出しながら、そしてNHKの番組に出てくる新卒の若い人たちの姿を見ながら、あれだな、なんであれ、若い人はきちんとやっていけるだろうなと思った。そしてきちんとやっていくということは、二五歳から三十歳ちょいくらいの人々の非正規雇用の人々と、あまりよからぬ世代差を描いてしまうだろうなとも思った。
 歳を取ると若者が愚かしく見えるものだが(その失われた肉体の美しさへの羨望もあいまって)、実際に自分が若いころを思い出すと、尊大と怯懦、愚昧と狡賢さが混ざり合っていたが、狡賢さというのは確実にあった。大人なんてちょろいもんすよのあれだ。おらおらそう思ってんだろ、オメー。
 その狡賢さというのはそれほど上っ面なものではなく、なんというか若者は彼ら自身がそう思っているより世の中にうまく流されている。私は何が言いたいのか? 年寄りは若者は愚かだと思っているが、社会が利口な若者を欲しているなら若者はちゃんと流されて利口になるのである。新卒採用が利益だとなれば、若者は会社社会にきちんと迎合した賢さを短期間に実現するものなのだ。あと数年もすれば正しい日本語をくっちゃべるきちんとした若者が目立ってくるようになる。
 ぞっとするな。
 もちろん、来年新卒の若い人だってそのころには内面、ぞっとするな、こんな自分なんて死にたくなるなとか少しは思うだろうが、社会がきちんと機能して、そんな内省なんかするような余裕無く型に嵌めてやればいいのだ。そうなるだろうか? 景気がよくなればそうなるだろう。
 話が少しずれる。今週のニューズウィーク日本版に面白い話が載っていた。「10代の暴走の意外な理由」という記事だ。内容は表題が暗示するとおり、なぜティーンネージャーは暴走するのかという理由。これが傑作。いやまったくそのとおり。科学的な研究というのは結論で笑いを取ってナンボ。


ティーンエージャーが愚かな行動をするのは、目の前のことしか考えられず、将来に待つ危険や死を理解できないせいだと思われていた。
 しかし実際には、若者たちは逆に飲酒運転や無防備なセックスなどのリスクを過大に評価していると、レイナとファーリーは言う。それなのに無謀な行為に走ってしまうのは、損得を冷静に計算したうえで、その行為のもたらす快楽や連帯感と比べて割に合うリスクだと結論つけているからだ。
 つまり、10代の若者は思慮が足りないわけではないのだ。むしろ大人のほうが直感的・自動的に、言い換えれば「非理性的」に判断を下すと、レイナーとファーリーは言う。

 若者はきちんとリスクを考えるから馬鹿な結論を享受することがあるというわけだ。その計算はたぶん正しいから、実際は多くの場合、彼らはベネフィットも得ている。快感とか連帯感とか。
 私も、若い頃を顧みて、ああそうだなと思う。若者は狡賢いものなのだから。
 社会学者の宮台真司だったか、大人からみて危険な行動をする子供に対して、リスクとベネフィットを両方教えるべきで、そこから自己選択できるようにすればいい、みたいなことを言っていたようだったが、どうもそれは科学的には間違いのようだ。
 あるいは、結局なんであれ、若者も遠からず脊髄反射で生きる大人になっていくのだから、若いときにリスクを回避しちゃったら勝ちってことか。
 このエントリのオチをどうしたものか。
 なんとく思うのだが、今の二五歳から三十歳ちょいくらいの人々の非正規雇用の人々が、社会からはじかれたように置かれることで、このしょうもない社会というのを客体化し、人の生き様の愚かであることの賢さみたいな逆説を実現していけたらいいような気がする。もうちょっと言うと愚かに生きたほうがいいようにも思うのだが、そう言葉で言えるものでもないか。

|

« [書評]ウェブ人間論(梅田望夫、平野啓一郎) | トップページ | 漱石のこと »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

 どっちでもいいんじゃないですかね? 選ぶのは人それぞれですから。
 選んだ結果に対して文句を言わなきゃいいだけのこと。

 まあ、新卒云々で選ぶ権利がそもそも無かった(与えられなかった)人や暴力や没落や貧困から無理やり弾け飛んだ人とか、そういう不本意な人たちに対して、何か援けてあげればいいだけのことかと。

 私の場合は、世の中がどうであろうと新卒云々がどうであろうと、今にして思えば「私は絶対に今の道を通っている」としか言いようがないんで、賢い賢くないだの愚かな賢さだの、そんなのは、もうどうでもいいんですけど。

 全ては自分が自分で決めること、決めたこと、ですから。ねぇ?

投稿: ハナ毛 | 2006.12.13 18:44

 年がら年中遊び半分面白半分で生きてる私は、そう思いますが。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.13 18:46

 愚かな賢さを身につけよーなんて言われた日にゃ、私とか3,4歳児まで戻らなあかん。ぶっちゃけ、その頃も今も、ほぼ(?)変わりないんですけど。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.13 18:49

>社会が利口な若者を欲しているなら若者はちゃんと流されて利口になるのである。新卒採用が利益だとなれば、若者は会社社会にきちんと迎合した賢さを短期間に実現するものなのだ。あと数年もすれば正しい日本語をくっちゃべるきちんとした若者が目立ってくるようになる。

 このへん深く追及したら、結局「便所の鼠と米倉の鼠」(秦・李斯の故事)に行き着くんですけど。
 じゃあ俺にはあんま関係ないじゃん。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.13 19:12

今の好景気→高求人率は,これまで(小泉政権で)の政策その他でやっと経済が回り始めたからだから,結局格差社会ってのは失われた10年の間の経済の停滞が主原因だったってことかな.

投稿: wyvern | 2006.12.13 19:58

新卒偏重は外部調達するより「自社生産」した方が安いという神話かと。

投稿: papepo | 2006.12.13 23:05

処女性を求めるってのもあるし、見た目上のコスト安の労働力が欲しいってのもあると思うけど、人事部に人が多すぎて新卒採用でもやんなきゃ彼らの仕事が無くなるってのが大きい(中途の採用を判断をするのは事業部レベルだからね)。で、業績がちょっと良くなると、すぐに新卒採用を積極的にやろう、次代を担うコア人材が必要だ、なんてことを声高に言う輩が会社ってとこは結構いるのよ。いい加減無視すりゃいいのにな。そんな声は。

要は新卒採用枠を拡大している企業は要注意ってことだ。>学生さんよ
まあ当の学生さんは、んなこたあ理解しているかもしれんが。

投稿: ふみ | 2006.12.13 23:43

全然。私の周りの企業を見ても、新卒・中途を問わず、とにかく、「仕事が出来る」即戦力優先主義です。ですから中途採用が多いですね。

このご時勢にファームからのんびり育てるのはプロ野球ぐらいのものです。

投稿: F.Nakajima | 2006.12.13 23:43

私も、2年ほど前は、高校生から叩かれましたが、最近では、怖くて誰も近寄ってこないようです。
昨今のブログ論争などをみれば、絶対的な知識量・経験量にかける、いわゆる若者(20代前半まで)の人の劣勢は否めないと思います。

結局のところ、企業は賢い人を求めていない。扱いやすい人を求めている。そういうことでしょうか。
扱いやすいことと、実力があることのハイブリッドを期待しているだけです。ま、Virginityと求めているのに、Technicも期待してしまう…。な、感じ。

企業の人事担当者たちが、自分の位置さえも脅かすような才能を求めるはずはないと、考えています。

投稿: スポンタ | 2006.12.14 07:36

今の大学生の採用状況を見ていると、正直辛いです。
そのときの自分に状況を把握する目が無かったのだといえばそれまでなのですが、生まれた年の数年の違い、バックグラウンドの違いでここまで変わってくるものか。という思いがあります。

もちろん、自分に関しては諸般の事情というものが存在しますが。

「バブル世代の上司が氷河期世代の部下を使うことができない」という記事を以前目にしましたが、氷河期世代の上司と、ゆとり世代の部下というのも軋轢が生まれるのも必然でしょう。

周囲を見る限り、職にあぶれて非正規雇用になったりニートになったり、あるいは大学院進学して隠れニートになった人も悲惨ですが、一応「勝ち組」企業に入った人もかなり悲惨な労働状況になっていました。
友人が結婚式に行ったときに「大学の語学クラスの半分が働いていない!」と言っていましたが、某国立大学でもこのような状況です。

正直、グローバルスタンダードというものに合わせて徐々に新卒重視ということはなくなるでしょう。
公務員や、エクセレントカンパニーまで波及するのは一番最後だとしても。


投稿: キングフラダンス | 2006.12.14 08:08

ぞっとしますね、エエ。

上下どちらからの世代からもプギャーされるであろうその世代の
(多くのデータよりも現実は年代が進んでいるので、
今は28-35ぐらいだと思いますが)
非正規雇用者の生き方なんて他にないでしょう。

投稿: 無粋な人 | 2006.12.14 09:07

http://www.asks.jp/users/hiro/15692.html
例えばこういうコラを作る職人になるとか(ぉ

投稿: 無粋な人 | 2006.12.14 09:18

新卒採用の件ですが。

複数の経営者に質問をぶつけたことがあるのですが、面白いことに彼らの答えは大筋で同じ内容に収まっていました。

要するに、先入観のない社員を大量に流入させてマジョリティにすることで、企業体質をドラスティクに変えたい、ということらしいです。そのためには、先入観で凝り固まった中途ではなく、まさに新卒が大量に必要なんだそうです、ハイ。

投稿: tomo | 2006.12.14 13:26

ここ5年の公務員採用試験ですが、国家Ⅰ種は新卒が多いですが、国家Ⅱ種に関しては新卒より既卒者のほうが合格採用は多くなってますよ。

投稿: 松次郎 | 2006.12.14 16:39

宮台はその28〜35代を天才世代と位置づけてましたね。もっと限定して77年生まれだと。

投稿: 天魔 | 2006.12.14 18:29

>先入観のない社員を大量に流入させてマジョリティにすることで、企業体質をドラスティクに変えたい

 それって要するに「お前ら結局使い捨て」って言ってるだけでしょ。
 また時期が来たら「ドラスティックに」変えますがな。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.14 20:00

>正直、グローバルスタンダードというものに合わせて徐々に新卒重視ということはなくなるでしょう。

 それは、無いでしょ。さすがに能天気すぎる。ケツに火がついたら「ケツの肉を削ぎ落とせばいいじゃない」って考えるのが企業体質ですよ。

 んだから小泉たんが出てきて(ある程度)削いだわけでさ。

 あと、基本的に「バケツに水汲んで全員一斉に顔漬けて最後まで残ったヤツが勝ち」競争をやってるようなもんだから、勝 っ て も 死 ぬ んですけどね。

 それが嫌だから、ニートと呼ばれようが永久派遣社員だろうが、とにかく「現場に逝きたくない」んだと思いますけど。逝くんだったら最低限酸素ボンベ(学歴・資格・才覚・社交性等)用意しとけってこってすな。
 それか、私みたいにアッサリ農村帰って「バケツ競争をやらない」からぼちぼち再スタートするか。どっちかよ。


 日本に一神教主義は根付かんのよ。歴史的に観ても現実観ても、毎度毎度こういう現実が大展開されるから。分かってんだ。そんなの。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.14 20:08

 外国みたいに、いざと成ったら他国を侵略してでも(従来の植民地主義を細々続けても)って選択肢が、日本には無いじゃん。

 在るとするなら、今時の現実が、まさにそれでしょ。他国を侵略せずして世界レベルの繁栄をキープしようと思ったら、とりあえず徹底的に我慢する集団を無理やり創設するか、昔なつかし部落差別を復古するか。どっちかやね。どっちもやるかもしれんね。
 なんてったって、日本には「0を基準に考える」ってセンスが無いもん。それやったら「台無し・ちゃぶ台返し」とか言って怒る人が多いじゃん。どこぞの弁当王も似たような怒り方してたし。

 っていうかさ。お前ら…ってか弁当おやじ、自分の足元見てから物言えよ。お前そんなん言うてるヒマがあるなら さ っ さ と 結 婚 く ら い し ろ 馬 鹿 ってツッコまれるだけよ。大丈夫か49歳の分際で。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.14 20:14

 こないだ杉田かおるがどこぞの社長と結婚して速攻破局して「アイツには自由になる金が無い(だからたかれない)」って堂々と言ってたろ。

 そ れ が 日 本 の 現 実 だ っ て の 。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.14 20:18

 正直、今このご時世に『ファイナルファンタジー』(TVゲーム)とかで遊んでるヤツは現実見なさ杉だろう。欧州でウケてる美麗遊戯が 日 本 に 根 付 く わ け が 無 い 。

 奴隷制度を大前提に今でも連綿とそっち系思考で生き延びてる集団と、一旦そういうのチャラにしちゃった集団が、同じ土俵に立てる訳がなかろうに。んでさ。そういうの好きなヤツに限って(女の子ファンが多い)、現実の自分も夢見るシンデレラっつうか単なる被虐待児だったりすんのよ。

 そういう連中を助けてやれと。恵まれない女の子に平凡な幸せをプレゼントしろと。そっから始めろって感じ。ああいう界隈で育った奴が、次世代の「恵まれない大人たち」を育てるんだよ。幾ら構造改革やっても泥縄だっつーに。
 企業のトップに働きかけて「上から直す」やり方は、駄目ですよ。お前らそんなに応仁の乱を味わいたいんかと。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.14 20:27

無 理 だ っ つ う の !

投稿: ハナ毛 | 2006.12.14 20:41

 俺とか基本的に企業トップが考えることと似たようなエゲツない考え方するけど、それは「生まれたときから次期当主」で「やるだけやって駄目なら農村から再スタート」って大前提があって初めて出来ることなんだっつう。

 最初ッから都会で生まれて都会で育ったり、農村生まれの農村育ちでも「田舎を捨てて」都会で身を立てる事を決心したような人間が「百姓感覚で企業を運営すなバカタレが」って話なんだけどさ。単純に。

 お前ら(経営陣)早いとこ日本の都会っ子(江戸っ子)に進化してくださいおながいしますって感じ。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.14 20:49

 保守主義の最大の弊害は「百姓根性が温存される」ことなんだよね。
 そこには何の発展性もないですよってのは、私がここで何か言うことによって「思う存分堪能出来るじゃないですか」と。

 企業のトップともあろう者が、そこに気付かないわけは無いんですよ。分かってんの。でも、分かってても目先の幸せが大事だし、中途半端に格好つけて足元掬われるのが嫌だから、だから何もしないの。

 もうさ。どう考えても日本は町奴の国なんだからさ。

 そういうの大前提に骨組み作らないとお前ら全員死ぬぞ、としか言いようが無いの。ウチだって、そういう連中が頑張って石油だけでも調達してくんないと、速攻滅びますよ? 頑張る頑張る言ったってさ。保って5~10年なんだって。今さら完全手作業の農業なんか 出 来 る 訳 が 無 い だ ろ う 。

 ホント、いい加減カウントダウン近いんだって気付けよな。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.14 22:08

何をいかっとるのか知れんが、弁当翁は既婚者ではなかったか?

投稿: syonymous | 2006.12.14 23:44

 確認しないで適当なこと言ってるだけだから、どっちでもいいしどうでもいいです。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.15 00:35

75年生まれだけど、同世代の友人の優秀な奴(含む俺失礼w)は、だいたいフリーランスとか自営とか社長ですよ。サラリーマンて時点で負け組かと

投稿: marco11 | 2006.12.16 15:45

↑フリーランスや自営や社長だと、実際貧乏でも「それを巧く誤魔化す技術」とか「いっそ開き直って清々しい技術」とか持ってるから、それを指して「優秀(笑)」と錯覚してるだけかもしれませんよ?
 実際に優秀かどうかは、死ぬまで分かりまへん。

 それに、優秀であってもそれが裕福と繋がるかどうかは別次元だし、金回りの良さだけが優秀とも言えない。重大かつ優勢な目安には成りますが。
 孔子の弟子で最優秀だった顔回は「猛烈な貧乏」だったわけですから。

投稿: ハナ毛 | 2006.12.18 20:32

ハナ毛さんは人のブログに寄生してないで、
自分のブログでもつくればいいんじゃないかと思うのだけど。

投稿: かめ | 2006.12.19 08:02

ハナ毛さんは全部同じ人が書いてるんですか?
あと昔の「うんこ」さんが=ハナ毛さんだと思ってましたけど
雰囲気違うようですから別人なんでしょうね。

投稿: 胸の毛 | 2006.12.19 14:16

優秀とカネは全然関係ないですよ
ただ、優秀な奴は、会社に時間を売り渡したりしない
ってことですよ。フリーランスにはフリーターも含まれます。

投稿: marco11 | 2006.12.20 15:15

まさしくわたしは28歳ですのでこの世代にあてはまってます。東京の某阿呆大学中退ですので、厳しい雇用情勢だなとひしひし思ってました。実際成果主義なんてあまり関係ないと感じます。なんだかんだいって契約社員どまりのこき使われ組みだなーと。社会のシステムに不満はありますがまぁ仕方ないですね。世間で言う負け組みですから。幸いにもルックスがよいので(すいません)結婚しました。男性のほうが、きびしいですね。このご時勢社員になっても幸せになれなくないですか??いまませだいぶレールはずして生きてきましたが、後悔してないですね。

投稿: ななし | 2006.12.25 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい日本に賢い若者出現の期待:

» 新卒という呪縛 [情報学部へようこそ]
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2006/12/post_3bd3.html finalvent先生のような含蓄のあるブログを書きたい今日この頃。 それはさておき、なぜ企業は新卒にこだわるのか。という問題が気になる。 気がつけば、同級の友人のほとんどは転職経験者であること... [続きを読む]

受信: 2006.12.15 03:18

« [書評]ウェブ人間論(梅田望夫、平野啓一郎) | トップページ | 漱石のこと »