« チーズの雑談 | トップページ | イラク・フセイン元大統領死刑判決について大手紙社説への違和感 »

2006.11.07

386スパイ事件メモ

 この問題をブログで取り上げるべきか少し悩んだ。特に私なりの見解というのはないことと、国際的な文脈でどのようなニュースになるかという位置づけがよくわからないからだ。しかし奇妙に心に引っかかってくるので簡単に記しておこう。日本国内では一部「韓国政界スパイ事件」と呼ばれているが、韓国では「386スパイ事件」という呼称が定着しそうだ。先月末に韓国で話題となった。
 比較的当初の報道である朝鮮日報”【386スパイ】民主労働党幹部2名逮捕、3名拘束 ”(参照)による話を引用したい。いきなり386世代というキーワードで始まる。


 386世代(1990年代に30歳代で80年代に大学に通った60年代生まれの世代)の元活動家ら3人のスパイ容疑事件を捜査している国家情報院と検察は26日、米国市民権保持者であるチャン・ミンホ容疑者(44、米国名マイケル・チャン)が1989年から93年の間に北朝鮮でスパイ教育を受け、忠誠の誓いとともに朝鮮労働党に入党した後、10年間にわたり固定スパイとして活動した容疑を確認した。
 国家情報院はチャン容疑者に取り込まれた民主労働党前中央委員のイ・ジョンフン容疑者(42)と事業家のソン・ジョンモク容疑者(42)が最近まで国家機密を収集し、北朝鮮の工作員などに提供していた容疑についても捜査している。

 私がこの事件で気になったのはこの米国籍のチャン・ミンホ(Chang Min-ho)容疑者についてだが、英米側のニュースソースからは特記すべき背景が読めなかった。なので、とりあえず粗方の関心は失った。
 日本国内のニュースでは産経新聞”民主労働党幹部、北のスパイ容疑で逮捕 韓国政界に衝撃”(参照)がやはり日本向けという感じがしないではない。

親北朝鮮で知られ韓国では唯一の社会主義政党、民主労働党の幹部らが北朝鮮のスパイ容疑で逮捕され、韓国社会に衝撃が走っている。学生運動出身で逮捕歴があるが、金大中、盧武鉉両政権下で“名誉回復”を果たし、補償金まで受け取っていた。幹部らは与野党のほか、青瓦台(大統領府)にも太い人脈を持っており、国家機密漏えいの容疑がかかっている。活動家出身の民主化勢力が多い盧政権だけに政界を巻き込んだ“スパイ事件”への拡大も懸念されている。

 後続の記事としては同じく産経新聞”韓国政界スパイ事件 北の地下組織「一心会」メンバー 大統領選挙介入狙う?”(参照)がある。

 これまでの捜査では、チャン容疑者は中国や東南アジアで北朝鮮工作機関「対外連絡部」の要員と13年間で十数回接触し、対南工作(韓国への政治工作)の指令を受け資金も提供された。民主労働党幹部には韓国与野党の個人情報や政界動向を、他の容疑者には韓国の市民団体情報の収集などを担当させていた。
 捜査当局は小型メモリーチップやコンピューターなどを押収、暗号で書かれた50近い北朝鮮への「報告文」の解読を進めている。この中には北朝鮮の核実験に関する韓国政界の情報を収集していた様子や保守系野党の大統領候補についての調査結果が含まれていた。報告書には5月末の韓国統一地方選で、野党候補を落選させる方策や市民団体を動員して「反米闘争」を拡大させる策謀も記載されているという。

 率直な印象を言えば、この米国籍人がノーマークであったとは思えない。
 この事件はどのように展開していくだろうかと注視したが、十日以上経過してもそれほどには大きな騒ぎになっていないような印象もある。
 この間の気になる展開は事件追及の要たる金昇圭国情院長の辞任だが、これは盧武鉉大統領による更迭のようだ。中央日報”386スパイ「逮捕から3日で…」金昇圭国情院長の退陣なぜ?”(参照)にはこうある。

「国情院長変われば捜査に影響」=特に国情院の核心関係者は「盧大統領との面談を青瓦台側で先に要請したものと聞いている」と伝えた。それで国情院側は自ら辞退というより更迭だと見ている。留任の可能性をほのめかした青瓦台がスパイ集団事件が政界全般に拡がる兆しを見せると金院長を呼んで辞意を表明する型式を踏むようにしたというのだ。盧大統領と金院長の面談は元々11月1日だった。

 事態にはいろいろ込み入った話もあるようだ。大筋では朝鮮日報コラム”「韓国はいつ崩壊してもおかしくない」”(参照)が正論のように思えるが、私の問題意識はそこにはないので引用は控えよう。
 話を冒頭に戻す。この事件というか事態が「386スパイ事件」というように、386世代をターゲットにしているという点がどうも心にひっかかる。386世代については先の朝鮮日報の記事にも解説があるが、六〇年代生まれの韓国人を指す。私は五七年生まれなので、やはり十年からの世代ギャップがあるので、同級生の在日や同級生の韓国人・朝鮮人のイメージからはうまく理解できない。同世代から上の韓国人・朝鮮人にはそれほど外国人的なイメージはないが、386世代からは単純に外国人という感じがする。(余談だが、昔の朝鮮語は漢字ハングル混じりだったように思う。そして日本語と朝鮮語は同じく膠着語なので、書き言葉についてはいわゆる「てにをは」を置き換えるだけでだいたい意味が通る。というか、父の世代の朝鮮人はみな日本語が事実上読めた。)
 確かオーマイニュースは韓国では386世代を中心とした政治運動的な性格をもっていたかと思う。そのあたりの動向がこうした、386世代に敵対する動きにどう対応しているのか、今ひとつわからない。日本版のオーマイニュースは現在でも存在しているのか検索したらあった。関連キーワードで記事を検索したがこのニュースは取り上げていないようだった。

|

« チーズの雑談 | トップページ | イラク・フセイン元大統領死刑判決について大手紙社説への違和感 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

>(前略)少し悩んだ。特に私なりの見解というのはないことと、(中略)よくわからないからだ。

 最近こういった書き出しが多いのは気のせいですか?

投稿: ハナ毛 | 2006.11.07 20:33

 世間の話題とリンクさせるため「だけ」に↑のような書き方するんだったら、いっそ書かないほうがマシかもね。

 私じゃないんだから、書くなら懇切丁寧に。寝かせて吉。

投稿: ハナ毛 | 2006.11.07 20:38

「演出は見出しです」とかに見る様な、各ブロガー個人個人の個性を表す枕詞みたいなもんでしょう。

投稿: 無粋な人 | 2006.11.08 10:48

386世代って表現が曖昧で
なんだかミスリードされてる気になるよね
ピンポイントな命名が出来ないのかしないのか

投稿: 梨 | 2006.11.08 17:52

finalventさん

>386世代
…なんて、韓国がこだわって言っているだけですよ。日本には何も縁がありません。朝鮮・中央・東亜日報などの保守系三大紙の標的がそこにあるだけです。
80年代後半からの韓国の学生運動にはNL(民族解放)派とPD(民衆民主)派が存在し、NL派は主体思想派に吸収された経緯があります。その中心的なカードルが「386世代」であったということでしょう。完全に韓国の内政問題です。そういう問題を大袈裟に発信する、夜郎自大民族、自己中心民族の本領発揮です。
相手にしないことですよ。

「オーマイニュース」なんか読んでも謎は解けないと思いますわ。韓国・日本どちらも。多分時間の無駄ですわよ。
もしお読みになるなら以下のサイトをね。
◆North Korea Today:
http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_frontpage&Itemid=1
(最後は美輪明宏口調になってしまいました。ご容赦を。)

投稿: すねこすり | 2006.11.09 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 386スパイ事件メモ:

« チーズの雑談 | トップページ | イラク・フセイン元大統領死刑判決について大手紙社説への違和感 »