« 沖縄県知事選雑感 | トップページ | バブルという時代を思い出す »

2006.11.25

レバノン、ジュマイエル産業相暗殺を巡って

 レバノンで二一日反シリア派のジュマイエル産業相が暗殺された。事件の真相はわからないがこの時点で気になることをメモしておきたい。
 基本的な構図は、レバノン内の親シリア派対反シリア派の対立である。二年前のエントリ「極東ブログ: レバノン大統領選挙がシリアの内政干渉で消える」(参照)でもふれたが、シリアはレバノンに軍を置き事実上支配していた。
 が、このシリア軍がレバノンから撤退したことでレバノン内のヒズボラへの重石が消えたような状態となり、先日のイスラエルとの小競り合いに発展した。他、関連の話は「極東ブログ: シリアスなシリアの状況」(参照)や「極東ブログ: レバノン危機の難しさ」(参照)など。
 反シリア派は大雑把に言って親欧米派と言っていいだろうし、ジュマイエル産業相はマロン教徒なのでキリスト教的な欧米からの親近感もあるのだろう。ただし、マロン教徒がすべて反シリア派というように宗教対立で読めるものでもない。
 ジュマイエル産業相の葬儀は二三日ベイルートで営まれ、反シリア派が十万人集結した。親シリア派でもあるヒズボラへのレバノン国民の反発を強めた形になったようだ。共同”レバノン産業相に別れ 首都で葬儀、10万人参加”(参照])より。


 シリアの支援を受けているとされるレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラは、シリアの関与が強く疑われている元首相暗殺の国際特別法廷設置の国連最終案を承認したシニオラ内閣の決定を批判。閣内でのシーア派閣僚を増やすよう要求し、街頭での大規模行動を呼び掛けるなど圧力を強めていたが、産業相暗殺を機に、これまで防戦気味だった反シリア派が巻き返した形となった。

 シリアが関与したと疑われる要人の暗殺はハリリ元首相暗殺を含め数名に及び今回の暗殺も単発的なものではないが、この時期べたにジュマイエル産業相をシリアが暗殺するものだろうかという疑問は特に陰謀論趣味でなくても思い浮かぶだろう。暗殺直前にハリリ元首相国際法廷設置が議論されていたことも気になる。朝日新聞一四日”ハリリ氏暗殺、国際法廷設置に同意 レバノン”(参照)より。

 事件の捜査は現在も進行中だ。国連の調査委員会は、05年までレバノンに軍を駐留させ間接支配していたシリアの関与を示唆する報告書を出している。法廷設置に積極的な米国は、法廷をシリアの影響力排除にも利用しようとしているとみられる。シリアは事件への関与を否定している。
 レバノンではヒズボラなどの親シリア派が、閣僚ポストの割り当て増などを求め、系列閣僚の辞職戦術などで揺さぶりをかけている。先に辞意を表明したヒズボラなどシーア派5閣僚に続き、キリスト教徒の親シリア派のサラフ環境相が13日、辞意を表明した。
 親シリア派は内閣改造や内閣総辞職を求める街頭行動も辞さない構えを見せており、政局は緊迫している。このため、シニョーラ首相は今週に予定されていた来日の延期を決めた。

 こうした空気だったのだが、ジュマイエル産業相暗殺で反シリア派を活気づかせることになった。あまりに鮮やかな転換すぎてどうも腑に落ちない。だからといって反シリア派が仲間を自派を活気づけさせるために連続暗殺しているというのはありえない話ではある。陰謀論的な推測をする気もないのでこの話はここまで。
 直接関係するわけではないのだが、やや関連して気になることがある。単純な構図で描くと、レバノンにおいてヒズボラは親シリア派とされているのだが、そのあたりの対立はどうなっているのだろうか。
 シリアのムスリムの半数はスンニ派であり、政府はかつてのイラクと同様にスンニ派バース党が権力をもっている。彼らが米国統治下のイラクに関与していたということは、米国中間選挙後の米国イラク政策から見ても明らかだろう。ベーカー元国務長官早速シリアへ動いた。AFP”ベーカー元国務長官らがシリア当局者と接触=米紙”(参照)より。

【ワシントン18日】米紙ニューヨーク・タイムズは18日、シリアのムスタファ駐米大使の話として、イラク政策の洗い直しを進める米国の超党派独立委員会「イラク研究グループ」のメンバーであるベーカー元米国務長官≪写真≫がシリア当局者と数回にわたって協議したと伝えた。

 この報道が一八日。数日後、シリアとイラクの関係は修復されることになった。朝日新聞”イラクとシリア、四半世紀ぶりに関係正常化”(参照)より。

 米国では中間選挙での共和党敗北を受け、これまで対話を拒否してきたシリアやイランを含めた包括的なイラク政策づくりが模索されている。シリアとすればこうした動きに反応してイラクとの国交を回復することで国際的な孤立状態を打開し、米国の「テロ支援国家」指定解除などにつなげたいとの思惑があるとみられる。

 とりあえず米国とシリアの関係は微妙に保たれて、さらにチェイニー事実上大統領はまたまたサウジに飛んでサウジ・スンニ派の取り込みも進んでいる。残る問題はイランでありシーア派だ。このあたりになにか理由でもあるのか国内報道からよく見えない。
 イラクは内戦状態に近い状況にあり、日本のジャーナリズムでは単純に米軍の問題だけを取り上げるのだが、内戦というからには二極があり、大雑把に分ければ、スンニ派親シリアとシーア派親イランという構図があるのだろう。もうちょっと言うと、イラクの混乱が話題になるのだがクルドはあまり話題に上らない。クルドは事実上独立を果たしたかのような状態だし石油も囲い込んだかのようだ。問題は南部の石油をかつての権力層であるスンニ派がどう分け前を取るかという争いにありそうだが、このあたりの露骨な状況も報道からは見えない。
 いずれにせよ事実上の対立はイラクにおけるシリア勢力とイラン勢力であり、シリア側のほうはとりあえず抑えたとして、イラン側の動きはどうか。朝日新聞”イランとイラク、首脳会談へ シーア派組織解体など協議”(参照)より。

 イラクのタラバニ大統領が25日にもイランを訪問し、アフマディネジャド大統領と会談する見通しであることが明らかになった。イラク政府高官が20日、AP通信などに語った。イラクで悪化する宗派対立や、シーア派民兵組織の解体問題などが協議されるとみられる。会談が何らかの成果を上げれば、これまでイランとの対話を拒否してきた米国の姿勢に影響を与える可能性がある。

 イラクの治安問題の大きな課題のひとつはイランが関与しているとみられるシーア派民兵組織だ。邦文で読める最近の記事ではJANJAN”世界・イラク:治安を悪化させる『死の部隊 - death squads』”(参照)がある。

 イラク内務省所属の秘密特殊部隊が、バグダッドで誘拐・拷問・虐殺を繰り返しているとの証拠が次々と出てきている。そして、この部隊を支配するのは、シーア派民兵組織、死の部隊(death squads)であるという。
 バグダッドでは9月、1,536体もの遺体が死体安置所に運び込まれた。イラク健康省は先月、1日に250体まで収容できる新しい死体安置所を2箇所に設置する予定であると発表した。一方、イラク住民は政府が今後さらに多くの殺害に関与していくものと懸念している。
 誘拐事件の犠牲者の1人(匿名)は「警察の特殊部隊が関わっている事件は現在、バグダッドの至るところで発生している」とIPSの取材に応じて答えた。
 (標的となっている)スンニ派有力政党の『イスラム党』は、政府や米軍との関係が深い残虐な民兵組織を強く非難した。一方、米軍は殺害に関与したことはないと否定している。

 JANJANにもその雰囲気を感じるのだが、ネットをざっと見回したところこうした死の部隊を煽っているのは米軍だという陰謀論もあるようだ。イラン攻撃の口実にしたいというストーリーらしい。死の部隊はイラク内務省にまで組織を伸ばしているのは事実のようだが、そのあたりをどう読むかは難しい。
 死の部隊(death squads)については、最近欧米ではテレビの特集番組などで注目されているようだ。”Truthdig - A/V Booth - ‘The Death Squads’”(参照)より。

Watch this chilling, full-length documentary (produced by UK’s Channel 4) showing Shiite militia groups waging a campaign of ethnic cleansing in Baghdad. It contains footage and details never before seen in the West. Watch it, and read the accompanying article.

 欧米ではこれは民族浄化、つまり、ジェノサイドにつながる文脈で注視しているようだ。
 話が散漫に長くなったが、このエントリを書き出すにあたって一番気になっていたのは、ジュマイエル産業相暗殺前、一七日付けInternational Herald Tribune”Previously unknown group warns of 'Shiite death squads' preparing to attack Sunni Muslims in Lebanon”(参照)である。

BEIRUT, Lebanon: A previously unknown extremist group has warned that "Shiite death squads" acting under Iranian religious edicts are preparing to attack Sunni Muslims in Lebanon.

In an Internet statement, the group, called the Mujahideen in Lebanon, also lashed out at Hezbollah, accusing the Iranian-backed militant Shiite Muslim group of aligning itself with "Lebanon's Crusaders" to eliminate the country's Sunni community.

The group urged Lebanon's Sunnis to prepare to defend themselves in the face of "Shiite death squads."


 シーア派死の部隊(death squads)はジュマイエル産業相暗殺前にレバノンのスンニ派への攻撃を準備していたようだ。
 イラクの治安の大きな問題の一つシーア派死の部隊は、レバノンやシリアとも関連の構図にありそうなのだが、はっきりとは見えてこない。

|

« 沖縄県知事選雑感 | トップページ | バブルという時代を思い出す »

「時事」カテゴリの記事

コメント

 今日のバリ取り

>この時期にべたにジュマイエル産業相をシリアが暗殺するものだろうかという疑問は特に陰謀論趣味でなくても思い浮かぶだろう。
→この時期べたにジュマイエル産業相をシリアが暗殺するものだろうかという疑問は特に陰謀論趣味でなくても思い浮かぶだろう。

※あえてバリ取る必要も無いけど、「に」が2回続くのは宜しくないかと。

>こうした空気だったのだが、ジュマイエル産業相暗殺で反シリア派を活気づかせることになった。どうも腑に落ちないといえば腑に落ちない。
※「どうも」の用法が微妙。「なったのだが、どうも」と続くのが良いんですけど、それやると「だが」が2回続くので変。「どうも」に至る文脈がちとおかしいかと。

>さらにチェイニー事実上大統領はまたまたサウジに飛んでサウジのスンニ派の取り込みも進んでいる。
※「スンニ派の取り込みも」→「の」が2回続くのは、ちょい変。
 サウジ・スンニ派の取り込みを進めている。とか。

 面白い文面でした。

投稿: ハナ毛 | 2006.11.26 00:51

ハナ毛さん、こんにちは。ご指摘ありがとう。参考にさせていただきました。

投稿: finalvent | 2006.11.26 08:29

シリア政府において権力を握っているのはアサド大統領の出身母体であるアラウィ派なのではないでしょうか。

投稿: タイヤキ | 2006.11.26 12:26

タイヤキさん、こんにちは。

田中宇さんの国際ニュース解説
2005年10月15日 シリアの危機
http://tanakanews.com/f1015syria.htm

あたりの関連ですね。これはそうかもしれないなとは思います。

投稿: finalvent | 2006.11.26 12:46

タイヤキさんの言う通り、シリアの実権を握っているのは少数派のアラウィ派(シーア派のかなり異端)です。同地で多数派のスンニ派は抑圧されている存在で、アサドパパ時代に反乱を起こして徹底鎮圧されたこともあります。区画ごとブルでならされてコンクリで埋められたとか(ハマの虐殺でぐぐってください)。
このへんさかのぼってくとフランスの植民地経営にまでたどれるんですが、そこは割愛。

あとジュマイエル氏のおじさんのバシール・ジュマイエルはシリア軍情報部に爆殺されておりますので、彼の反シリア感情はそこからも来てます。ジュマイエルはマロン派若手のホープでしたので、反シリア派が陰謀論的に暗殺するには不適当かと。

投稿: Shaul | 2006.12.03 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レバノン、ジュマイエル産業相暗殺を巡って:

» 政治危機を迎えるレバノン情勢 [1010 Radio]
レバノンでは63回目にあたる国の独立記念日が、悲しみの内に迎えられて いる。21日、キリスト教勢力の指導者のひとり、ジュマイエル産業相が暗殺 されたことでレバノンは分裂の危機に直面している。 これiに関連してロシアの声の評論委員は、次のようにコメントしている。 ジュマイエル産業相は、レバノンの閣僚の中では最も若いものの、キリスト 教勢力の政党ファランヘ党の創始者の孫であり、元大統領の息子という影 響力のある人... [続きを読む]

受信: 2006.11.27 08:48

« 沖縄県知事選雑感 | トップページ | バブルという時代を思い出す »