« ラムちゃん、バイっちゃ | トップページ | 中国アフリカ協力フォーラム関連 »

2006.11.11

ソルゴー

 田畑の見える風景を散歩するのが好きで、電車やバスを乗り継いで見に行く。いくつか気に入った道順があり天気などに合わせて気の向くままに選ぶのだが、先日キャベツ畑の収穫を見かけた。初夏のころだったか、この畑には黍が植わっていたのを思い出した。
 あるいは高梁だっただろうか。芽吹いた春頃はなにか麦の一種かと思った。大麦若葉は健康食品にもなるそうだし。だがそうでもない。麦といえば、麦踏みというのは最近はないのだろうなとか思いながらその畑を通り過ぎた。
 しばらくして次に見たときは小学生一年生くらいの背丈に伸びつつあり、高梁かと思った。高梁など植えるものだろうか。そういうニーズがあるのだろうか。昔父が高梁をどうやって食うか、酸味をどう抜くかと熱心に話してくれたことがあった。高梁といえば、私が三十代の前半一時期高梁酒に凝ってこともあった。頭を空にする散歩には向いた空虚な思いがいろいろよぎった。
 高梁のようなその植物には小さな穂も見えた。いずれ収穫するのだろうと奇妙な期待を抱いたのだが、その次の機会には無惨に刈り取られていた。およそ収穫というふうはない。ただ刈り散らかしてある。何事か。次の作物の作付け時期に間に合わなかったのだろうか。そのうちキャベツ畑になった。
 この機にキャベツを収穫している農家の人に訊いてみた。以前この畑で植えていた黍のような作物はなんだったのですか、と。すぐに答えが貰えた、ソルゴーというのですよと。あれは肥やしにするために植えるのですとも説明してくれた。
 そういう農法があるのか。農家や農業のことは普通の都会人より知っていたつもりだった自分だがまったく知らない。最近の農法だろうかと疑問に思いつつ、帰宅してからネットで検索した。ソルゴーについてはいろいろ情報があった。
 読売新聞記事にずばりのものがあった。”春レタス収穫ピーク JA岩井の農家500世帯が生産=茨城”(2000.4.16)より。


 JA岩井市園芸部所属の農家約六百世帯のうち、五百世帯がレタスを生産しており、作付け面積は二百八十ヘクタールに及ぶ。昨年度のレタスの販売実績は三十一億三千万円。春レタスでそのほぼ半分を占める。
 春レタスの収穫が終わると、農家は畑の地力を回復するためにソルゴーという飼料作物を栽培するなどして、秋レタスの栽培に備える。

 キャベツでも同じなのであろう。ここではソルゴーは飼料作物とあるが、元来は家畜の飼料であったのだろう、とすればこうした農法は外国から広まったものだろうか。
 こうした植物の利用法を総合して緑肥と呼ぶらしい。ルーラル電子図書館の同項目より(参照)。

緑肥作物としては、クローバ、ソルゴー、イタリアンライグラス、エンバク、小麦、ライムギなどがあげられる。田んぼのレンゲや菜の花、畑のキカラシなど、景観作物を兼ねた活用も広がっている。マリーゴールド、エビスグサ、クロタラリアなどのセンチュウ対抗植物も、すき込んで緑肥として利用される。

 クローバーやレンゲを挙げて緑肥というのはわかりやすい。たしか季語に紫雲英田というのがあった。奈良当麻寺のお練りのころのレンゲソウの田んぼは浄土を思わせるものだった。
 同項目には緑肥として以外の効能についても言及がある。

 おもな効果は土壌有機質の増加、土壌物理性の改善、雑草抑制で、減農薬・減化学肥料をはかることにあるが、最近は、バンカープランツとして天敵をふやす効果も期待されている

 気になっていろいろネットを見ていくと、ソルゴーで茄子の畑を囲んだら害虫が付かなかったという話もあった。
 沖縄で赤土流出を防ぐのにもソルゴーを使うという話もあった。考えてみれば、野生化したウージ(サトウキビ)もそんな役に立っていることもあるだろうな。

|

« ラムちゃん、バイっちゃ | トップページ | 中国アフリカ協力フォーラム関連 »

「環境」カテゴリの記事

コメント

ソルゴー(ソルガム)とは、高黍のことですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A0

投稿: | 2006.11.11 19:51

↑すみません。高黍でなく“高梁”と書くつもりでした。

投稿: | 2006.11.12 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソルゴー:

« ラムちゃん、バイっちゃ | トップページ | 中国アフリカ協力フォーラム関連 »