« 北朝鮮核実験実施 | トップページ | [書評]世界史のなかの満洲帝国(宮脇淳子) »

2006.10.11

フィナンシャルタイムズが暗示する朝鮮半島の未来

 北朝鮮核実験についてのその後。まず、実験の規模が小さく失敗ではなかったかという話がちらほら出ているが、依然確たるものではない。韓国の言い分はさておき米国がこの件に発言をしないのはなんらかの思惑があるからなのだろう。公表されている日本の地震観測のデータからは洒落にならない推測ができそうなものなのでお茶の間の話題になっているのだろうか。日本の観測は意外にナイーブに科学的にこんなの出ましたけど的なことをするので、日本政府の思惑は入ってないかもしれない。
 日本の新聞社はというと、昨日はのんびり新聞休刊日のわりに号外を戸配していた。ご苦労様。各紙社説は今朝になって読めるのだが、朝日新聞がなにをどう勘違いしたかブッシュ叩きのユーモアで笑いを取っていた他、どうという主張もなかった。実際どうという話でもないのかもしれないのだが。
 前エントリで紹介したテレグラフは、その後”China must rein in North Korea”(参照)で中国がなんとかしろよと宣っていた。まあ、そんなものか。余談の類だが、記事中"Mr Kim, 64 or 65 depending on which version of his biography you believe,(キムさん、お歳は六四歳か六五歳か読者のお好みの自伝で違うのだけど)"という皮肉がおかしかった。ちなみに、キムさんのお名前は実はユーリ・イルセノビッチ・キムでソ連人として生まれたようなんですけど。
 テレグラフは保守的な新聞なんで保守でも意見はそのくらいかと思ったし、穏健なフィナンシャルタイムズも五日付”Kim's challenge”(参照)、社説ではないが九日付け”orth Korean nuclear crisis - Analysis: North Korea test a sign of weakness”(参照)なども、それほどぱっとしなかった。朝日新聞社説みたいなユーモアもない。例えばこんな感じ。


Yet the test is more a sign of weakness than of strength. Though analysing what goes on at the top of the isolationist regime is difficult, some analysts have speculated that Kim Jong Il is under internal pressure.

今回の実験は強さより弱さの兆候を示している。孤立した政権のトップでなにが進行しているのか分析するのは難しいにせよ、金正日が政権内の圧力の元に置かれていると見るむきもある。


 が、十日付け”Pyongyang's act of irresponsibility”(参照)は、えっと思うくらい痛快だ。こっちのほうが中国様の本音かもと思ってしまったほどだ。まず現状認識はこう。

China is the key to resolving this nuclear crisis, and it is time for Beijing to put serious pressure on the North Korean regime, even if that means undermining Mr Kim and setting the two Koreas on the path to reunification. For too long, China has baulked at "destabilising" North Korea for fear of an exodus of Koreans seeking refuge in China and the eventual creation of a united Korea allied to the US.

中国は今回の核危機を解決するための重要な位置にあり、中国政府は北朝鮮に重大な圧力をかける時期にきている。たとえその圧力の結果、分裂している朝鮮半島国家の再統合を金正日が模索することになろうとも実施すべきだ。中国政府は、長期に渡り、北朝鮮からの難民と、米国と同盟した韓国連邦が実質的に成立してしまうのを恐れるあまり、北朝鮮情勢の不安定化を避けてきた。


 つまり、難民が出てもしかたないじゃないか、統一朝鮮もしかたないじゃないかという含みがある。そう言わせる背景は経済かもしれない。フィナンシャルタイムズはここでは言及してないが、近年北朝鮮への中国からの投資も大きい。
 痛快なのはその先。

Chinese leaders must now accept that Mr Kim's regime, especially when armed with nuclear weapons, is itself unstable, as well as being a destabilising force in the region. South Korea, meanwhile, is already moving out of the US orbit into the embrace of an economically powerful China. It will be an expensive and tumultuous time, but if the dysfunctional North Korean government collapses peacefully a de facto takeover of the north by the developed south will be as inevitable as west Germany's absorption of the east in 1990.

中国指導部は、もはや核化した金正日体制自体が不安定要因なのだと現状を受けれるべきだ。また、この地域の不安定的な軍事力についても同じだ。この間すでに韓国は米国が敷いた軌道を脱し経済大国としての中国に取り込まれてきている。朝鮮半島統一までの時代には損失も多く混乱もあるだろうが、統制不能になった北朝鮮政府が平和裏に解体すれば、発展を遂げた韓国に事実上併合されることは、一九九〇年代ドイツが東地域を併合したのと同じく、避けがたいことなのだ。


 そこまで言うか。
 多少曖昧に書かれている部分もあるが、要するに、韓国はすでに経済的に中国の下に入った。中国様はその韓国に北朝鮮を併合させなさい、ということだ。
 日本としては、二つ懸念があるだろう。まず、金正日の核兵器はどうなるの?だが、この文脈だと統一朝鮮に保持されるようでもある。フィナンシャルタイムズはこう補足している。

But the government of a united Korea might see the sense in abandoning the expense and the awesome responsibility of nuclear weapons, just as South Africa and Ukraine did after their own revolutionary upheavals at the end of the cold war.

しかし統一朝鮮国家は、南アフリカやウクライナが冷戦後の動乱期に合理的に判断したように、核兵器保有の出費と重い責務を放棄したほうが良いとする理性を持ち合わせる可能性だってないとは言えない。


 英国風のユーモアですかね。
 次に、統一までのごたごた時代に日本は影響受けるだろうかだが、フィナンシャルタイムズは言及してない。そりゃ、言いたくないよね。

|

« 北朝鮮核実験実施 | トップページ | [書評]世界史のなかの満洲帝国(宮脇淳子) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

 日本に対する影響って、殆ど無いでしょ。
 危機感与えるくらいか。
 敢えて日本を潰すメリット無いし。
 とりあえず脅しだけ掛けといて勝手にビビらせて、勝手に折れてカネ回してくれればそれでいいやくらいのもんじゃない?

 んで、小泉たんが周囲の反対押し切ってまで米国寄りを固めちゃったから、以前みたいに日本だけ個別に因縁付けても(付けられても)しょうがなくなっちゃった。
 結果を出すであろう判断を米国に委ねちゃってる格好だから、良くも悪くも日本は別に困らない。米国が強硬路線を続ける限り、超安心。
 反核の人たちは何はともあれ騒ぐだろうけど、そうでもない人は騒ぐ必要すらないんだよね。

 小泉たんは外交ヘタクソなんて言われてたけど、こうしてみると一番功績あったのって実はその外交なんじゃない? とも思える。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.11 13:46

>統一までのごたごた時代に日本は影響受けるだろう

 横田さん一家、梯子外される心配だけはしておいたほうがいい。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.11 13:50

難民が~って既に大量に出てるやん
脱北者って呼ばれてるのが

投稿: 梨 | 2006.10.11 14:28

当面は米国がこの核実験をどう認識するかになるわけですか。
下手すると核実験そのものも失敗で消されかねないわけで、そうなると金正日も可愛そうな男ということで語り継がれそうな気もします。

日本政府の思惑、と言えばなんとなーく核弾頭搭載ミサイル関連のニュースは統制ある感じがします。
重い過ごしかもしれませんが。

投稿: オッティ | 2006.10.11 22:33

朝鮮の地政學的位置といふのは
基本的にかういふモンだと思ふ

南鮮と北鮮でラ行の發音が異るのも
恐らく地政學的遺産の一つだらう

かういふ事でもなければ
日米のやうな海洋勢力が
何ゆゑ半島を維持して來たのか
一般には氣付かれない

大陸との關係性が全てで
半島はその反映にすぎない

金正日のやうな
(田中明の言葉を借りれば「傳統的な」)
アホによる支配が成り立つたのは
周邊國の影響力不足のせいだらう

ロシアか中共が北鮮を直接支配するのは
日米にとつて好ましくないが
現状を矯正するのは連中の責任の範圍だらう

投稿: by-passer | 2006.10.12 04:22

北朝鮮の扱いにくさというのは、アメリカにしてみれば中国を無視できないし、中国にしてみればロシアを無視できない、つまりどこもさっと主導権握れる国がない。
それに、エゲレス人って、いつから歴史に学ばなくなったんだろう。朝鮮半島の歴史を見れば中国がいかに半島を扱いかねてたか・・・

投稿: ■□ Neon / himorogi □■ | 2006.10.12 22:10

北朝鮮は、中国とロシアが分割統治すれば
一番うまくいくような気がするんだよね。
大部分を中国が統治、
一部の不凍港をロシアが押さえるというふうに。

その場合、米軍が撤退した後の韓国が
米中の緩衝地帯になる。

これは、韓国が嫌がるだろうけど、
日米中露は誰も困らないw

投稿: | 2006.10.14 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィナンシャルタイムズが暗示する朝鮮半島の未来:

» 問題は核じゃない。経済だ、愚か者! [メディア探究]
表題はもちろん、クリントンが選挙スローガンに使った「It's the economy,stupid」より 北朝鮮の核実験について押さえておくべき一番のポイントは [続きを読む]

受信: 2006.10.12 02:49

» 日本の北朝鮮への経済制裁には反対です。 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
北朝鮮への経済制裁や金融封鎖に 日本(と韓国)が アメリカとまるっきり同じ歩調をとることはナンセンスである。 アメリカと日本との決定的違いは 北朝鮮からの地理的距離が決定的に違うというだ。ことは 十二分に認識しておいたほうが良い。 確かに北朝鮮が一番恐れていることは『現体制の早期転覆をもくろまれること』である。 だからこそ 北朝鮮は アメリカを一番恐れてる。 だからこそ 北朝鮮は アメリカとの二国間協議を切の望んでいるのである。 一方、 アメリカの一番恐れていることは 北朝鮮が開発したミサイル(... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 23:31

« 北朝鮮核実験実施 | トップページ | [書評]世界史のなかの満洲帝国(宮脇淳子) »