« 原油下落と中国の謎 | トップページ | タミフルと大淀病院問題と報道 »

2006.10.28

高校の世界史履修漏れ雑感

 高校の世界史履修漏れの事件だが、以前は私も高校・大学の歴史の先生とか交流もあったのでいろいろ現場の声を聞いていた。しかしもう十年くらい聞かない。あまり変わってないのではないかとも思うが、現場の感覚を失うとピンとこない。
 しかし、今回の事態は基本的には、世界史がどうの大学入試がどうのということより、学校経営の問題であり、どちらかというと岐阜県庁とかの組織ぐるみの裏金作りなんかと同質の問題ではないかと思う。
 この件について最新のニュースはどんなだろうと、朝日新聞のサイトを見て”「補習出ない」「学校ふざけるな」 履修漏れ、受験生ら”(参照)に驚いたというか、なーんだというか。


 学校への同情を口にする生徒もいた。秋田県立秋田南の男子生徒は「テストを受けていない世界史の成績表には日本史と同じ点数が記載されていて変だと思っていた。だけど、学校は僕らの受験のためにやってくれたことで仕方がなかったとも思う」と話した。

 すべてがそうじゃないだろうとも思うが、こういう実情について笑っていいのか泣いていいのか、少なくとも怒るべき部分があるのになんとも気が抜ける。
 実態がよくわからないので的はずれかもしれないが、事態は相当に深刻だろう。というのは、たぶん、今年度だけの問題ではないのに、事実上、今年度の学生だけが、なんというか処罰みたいな対象になるのだから。これを公平性の問題とかで問うていいのかもよくわからない。
 話をちょっと素っ頓狂に世界史という学問のありかたに移すと、「世界史」ってなんだろというのは、私にとっては長年根の深い恨みのような問題だった(数学もそうだったし英語もそうだったが)。
 高校生のときから「世界史」というのに違和感があった。かなり単純にいうと、高校の世界史というのはアカデミズムの史学のイミテーションみたいなもので、背景理論は大筋でマルクス・エンゲルス主義であり、その対象は、経済制度・法制度など諸制度の変遷になっていた。そんなものに若い人が関心を持てるはずもなく、しかも、これらの対象は、世界史といいつつ実際は西欧史でもあった。
 私は高校時代にその社会主義臭さにむかついて図書館でトインビー全集かなんか読んでいた。トインビー(Arnold Joseph Toynbee)は史学者の受けは悪いが、高校生にはというか当時の高校生にはそれなり68へぇくらいな高校生向きの学者ではあったように思うし、なかなかよい爺さんだったのではないか。コリン・ウイルソン「オカルト」(参照)だったがトインビー翁には一種の超能力もあったのかもしれない。そういえばトインビーの対話というとドンビキばかりの印象があるが、若泉敬との対談「未来を生きる―トインビーとの対話(1971年)」(参照)もあった。若泉敬(参照)か。
 歴史について自分のなかでようやく何かがわかってきたのは岡田英弘に学んでからだった。「極東ブログ: [書評]世界史のなかの満洲帝国(宮脇淳子)」(参照)の宮脇ではないが、私の疑問は氷解したという感じがしたものだ。
cover
世界史の誕生
岡田英弘
 一九九二年に出版された「世界史の誕生」(参照)では、まえがきから「世界史」が強く意識されていた。

 十九年前、私は「世界史は成立するか」という一文を書いたことがある(『歴史と地理』二一一、一九七三年四月)。「世界史という言葉が我々の心に呼び起こす映像には、ほぼ二つの相矛盾する概念が重ね焼きになって、全体の輪郭がぼけて何となくつかみにくい感じがする」と書き出して、その二つの概念の第一が、明治以来の「万国史」の概念であること、第二が中国の伝統的な「正史」の概念であることを指摘した。

 岡田はこの矛盾は決定的なものだと話を進める。

世界史Bの高校用教科書は、その無理がありありとうかわれるものばかりである。本来、東西それぞれ縦の脈絡がついていたものを輪切りにして、一つ置きに積み重ねたのでは、教える方も学ぶ方も、まるっきり話の筋が通らない。聞くところによると、高校の先生方には、西洋史なら西洋史の部分を拾って教え、あとで東洋史の部分を拾ってつなぎ合わせて教えている人も多いという。これでは「世界史」以前と変わりない。
 それに不都合なことに、東洋史と西洋史が合体した「世界史」には、「国史」に由来する日本史が含まれないのである。その結果は、日本抜きの世界を日本を日本の学校で日本人が学習する、ということになってしまう。まるで日本は世界の一部ではないかのごとくであり、日本の歴史は世界史に何の関係もなく、何の影響も与えないものであるかのごとくではないか。これでは、「世界史」で扱うべき事項の選択に、我々日本人との関連が観点が入ってこず、事項を増やせば増やすほど筋道の混乱がひどくなり、やたらと雑駁になるばかりなのは当然である。

 ではどうすればよいのか。

 この「世界史は成立するのか」の一文の結びは、「少なくとも現在の日本では、本当の意味での世界史は成立しない。それでも世界史を教えなければならない。この矛盾を解く道はただ一つ、大学入試の科目から世界史を廃止することである」となっていた。

 岡田がそう語ったのは七〇年代の初めであった。その後も岡田がそう考えていたわけではないのは、世界史というものがどう記述されうるか、この本で示したからだ。

|

« 原油下落と中国の謎 | トップページ | タミフルと大淀病院問題と報道 »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

↓なんかもいいですよ。
『大東亜史概説』
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0626.html

投稿: harimao | 2006.10.28 18:11

 手間の掛かる子は面倒臭いから教えなくて手間の掛からない要領のいい子だけ引っ張っていったほうが、学校も楽ですからな。
 楽の障害になるものは徹底して排除しましょ、ってことでしょ。

 学問なんて面倒臭い事を「敢えてやった」挙げ句に、成果が出ても「正直なところクソの役にも立たない」から面白いのにね。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.28 18:55

裏カリ(と呼んでいましたが)は私の高校時代もありました。やってるところは数十年前からやってたはずです。少なくともNHKとかだと体験した社員も少なくないはずなんですが、マスコミ人のシレっとした顔がなんとも。

岡田英弘氏はやはり理解されないのかなとか思います。「国民の歴史」(でしたっけ)での換骨奪胎ぶりが印象的でした。

投稿: Sundaland | 2006.10.28 20:36

finalvent氏のおっしゃる通り今回に限れば問題は学校経営のあり方でしょう。

その意味で地歴がどうの芸術どうのは関係ない。

で、素敵なスットンキョウにあわせると。(私もこっちの話が好き)

タテマエで言うなら、すべての国民が学ぶ基準は
中学校「歴史」なのではないでしょうか。
「地理」「公民」すべて必修です。

高等学校地歴科「日本史」「世界史」「地理」と
公民科「現代社会」「政治・経済」「倫理」。
大学というか、現在の「科学」ではありえない分類ですよね。人文系「史学」「哲学」「宗教学」「倫理学」、「文化人類学」、社会学系「法学」「政治学」「経済学」、自然科学系「地球科学」、「地質学」…
もうメチャクチャ。正しく専門を分類することが基本となる「科学」からすると高等学校の教科科目は考え直すべきじゃないでしょうか。

あと、学校の現場の話にもどると、あまりいう人がいないのを不思議に思っているのですが、たとえば受験に関係ない「情報」や「総合的な学習の時間」の実態は高等学校、義務教育に限らずすごいと聞いたことがあります。うちの県では、「情報」の先生は採用された例がないんですよ。授業は他の免許状も持っている先生(理科とか数学が多いらしい)がかけもち的に実施するらしいです。らしいですとか。

投稿: mori | 2006.10.29 00:14

世界史の是非もそうですが、もっと教える側も教わる側も肩の力を抜いたらいいのにとおもいます。

今回の大騒ぎは、
1)必修科目と現実の要請(ニーズ)に関する議論が面倒
2)だからごまかして
3)とりつくろった。
4)みんなでやればべつにこわくない

といった単純な思考パターンが生んだ一見大きなムーブメント。
実態は巧妙だが単純な「手抜き」ではないのでしょうか?

投稿: masa | 2006.10.29 00:46

まあ、マスコミの皆さん偉そうにゴチャゴチャ言ってますが、
別にまっとうに履修してようとしてまいと関係ないじゃないですか。
だって、高校で習ったことがきちんと残っているのなら、
真面目な顔して「マイナスイオン」とか言えませんよね?
「必修」ってのをゆるくして、時間数中心で規制しときゃ
良いんじゃないかと思いますが。

世界史は、中学で日本史をやったあとに、
「”日本史でやったところ以外”史」なので、ある意味仕方ないかと。
大学入ったあとの史学系講義でも、教科書含めてクズ呼ばわりされるのが通例ですし

投稿: sw | 2006.10.29 01:48

東海村での放射能漏れ事件からコッチですか
想像力の欠如と言う言葉が盛んに用いられて
あっちもか、こっちもかと官庁だのK察だの
不祥事には事欠かない昨今に成りましたです

大きな流れとして、父性の欠如からオウム
常識?の欠如から、今回の根が張った様な
親殺し、子殺し、飲酒の果てやら等々

過去の史実から学んで危うきを避けるのが
歴史を学ぶ意義だと思って来たのですが
この国の滅びの予兆も出揃って来た感です

投稿: 転転蒸 | 2006.10.29 02:14

↑んじゃ屈原(くつげん)(前340頃~前278頃)でどうぞ。

 まぁ別に誰も止めませんから。どうぞご遠慮なく。スパッといっちゃってください。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.29 09:36

有名大学に進む奴は公立高校の授業&教員なんかじゃ全然レベル足りないから、
学校側がそこまで気を使う必要ないのにね。
私も受験には要らない世界史を学んだ口ですけど、
先生もそのつもりでかなり雑学っぽくやってくれたのでちょうど良い息抜きなった。
授業の内容はわすれたが、そう言うくだらない逸話は今でも覚えてるw
教育とはそう言うもんじゃないのかねー

投稿: うps | 2006.10.29 14:18

 皆さんが書いておられるように、かなり以前から高校現場では、受験指導を効果的にするために時間割の改変が行なわれてきたことですし、何を今さら、マスコミを筆頭に大騒ぎするんですかね。
 今回の問題の根っこには、確か1994年頃に学習指導要領の改訂が行なわれて「社会科」が廃止され、「地歴歴史」と「公民」という科目が新設されて、何故か世界史が必修科目になった時にさかのぼれると思うんですが、個人的にも世界史1科目が必修科目に格上げされたことに、非常な違和感を覚えた記憶があります。しかも世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理Bという風に地理歴史が細分化され、これらA科目は2単位(B科目4単位)なんですが、全くといって活用されていない現実があります。これらは全て旧文部省主導で行なわれた改訂ですから、学校現場は時間割作成上、大変な苦労したという事実があるんですよ。いきなり世界史が必修科目になれば、絶対的に世界史担当の教員が不足している現場サイドが混乱するのは目に見えていたはずなんですが。
 したがって、今回の空騒ぎは、どう見ても教育基本法の改正という大問題から国民の目をそらす以外の何者でもないと確信しております。仮に百歩譲って、学校現場の非を認めても、それでは同じ時期に理科も必修科目が大幅に変更になり、地歴公民の科目と同様な事実があるはずなのに、何故誰も理科については言及しないのですかね。

投稿: Ymada | 2006.10.29 23:01

 っていうか安倍さんが教育改革を政策の目玉にしてるから泥塗ってるだけでしょ。

 チンピラさんがよくやる手口じゃん。マスコミと言えど根っこはチンドン屋&チンピラですから。所詮そういうものかと。先陣きってガタガタ騒いでるのは朝日でしたっけ? さもありなん。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.30 07:37

>>安倍さんが教育改革を政策の目玉にしてるから泥塗ってるだけでしょ。

しかし、泥を塗ったつもりが…

投稿: 無粋な人 | 2006.10.30 10:10

いま槍玉に挙げられてるのは、
世界史をまったくやっていなかった(時間割に入ってない、入ってるように虚偽報告)、
世界史の時間に他の科目をやっていた、というものですが、
ちゃんと世界史の時間があって世界史の授業をしていたが、
教科書一冊やってない。というのは問題にされないのでしょうか?
私は現行の一つ前のカリキュラムだったんですが、
数学Cの授業ではテストで出る行列をちょこっとやって、
後は数AやBの演習をしていたんですが・・・。

中学社会科の歴史でも近代史は(教科書にあっても)省いたようなものでしたが。
教諭やってた母が言うには副教材で補えば良いんだ、と言われました。
その副教材が学習(?)漫画だったりするんですが。

投稿: yukino | 2006.10.30 14:00

まーぶっちゃけ言えば、高校のカリキュラムをまともに最初から最後までやったら、(とくに公立の盆暗校は)8割落ちるでしょ。留年天国になっちゃうよ。大学全入時代とか胡散臭いこと言ってんじゃねえぞ状態に成りかねない。

 私とか進学系のムツカシイ学校逝ったら後が面倒だと思って地元の盆暗校逝って1年半で3年分会得して後は遊んでたけどさ。そういう意味でのゆとり(笑)なんか、今無いでしょ。みんな目ェ血走らせてるし。
 元々が無理な相談なんじゃないの?

 馬鹿と面倒臭がりは高卒専卒で我慢しろ、とか言えんでしょ。人として。俺なら言うが。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.30 18:30

 大卒に実社会での優先権諸々を付与しちゃうから、みんなして目を血走らせるんですな。
 必ずしもそうでなければ、そこまで逝かん。

 でもまあ、必ずしもそうでなくても「おおむね」そうだから、やっぱみんな目ェ血走らせちゃうんだな。

 なんのこたない。真面目に勉強やってるヤツや楽しくてやってるヤツはごく少数で、圧倒多数は欲にボケてるだけなんよ。んだから、そういう連中が集まるところは「それ相応」に落ち着くしかない。

 落ち着いてるのを前提にして物事考えたいね。改革とか寝言こいても、出来るわけ無いんだから。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.30 18:44

 えぬえっちけーのにゅーす観てたら安倍たんがおまいらまじめにやれボケがってな系統の談話を出してたけどさ。
 おまいは松平定信ですかっての。
 なんぼ毛並みが優れてても時勢に適わなきゃ為しても成らんぞ、とだけ申しておきたい。あとはまぁ、適当に頑張るでしょ。それでいいよ。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.30 19:43

マスコミの報じることなんて、八割方嘘っぱち、とまではいかなくても脚色・誇張してあるんだから。皆さんギャーギャー騒ぎすぎ。
高校生は良い迷惑だっつーのに。。。

投稿: take | 2006.10.30 21:12

 そんなこんなで、遂に人死にが出ましたな。高校生以前に校長先生が大迷惑。マスコミの人はどう責任取るんですかね?
 どうせまた政治が悪いから、で居直るぞ。いい加減お前らが死ねっての。

 随分前になるけど、広島の高校で君が代と国歌斉唱関連で大揉めに揉めて校長先生自殺しちゃった事件があったっしょ。
 その校長先生の授業受けた経験あんだよね。
 担任じゃなかったから大した思い入れもないけどさ。
 息子さんと同級生だったしご町内の人間で真面目ないい人ってイメージだったから、あれは残念でしたなぁ。と。

 流石にいかんよね、人殺しだけは。それやっちゃったら、もう何言ったって信用されないだろ。

 直接手を下したわけじゃないから、尚のことタチ悪いんだけどさ。
 ま、しょうがないですかね。マスコミは数字取るためなら何だってやりますからな。そういうもんですかね。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.30 23:52

>無粋な人

 泥を塗ったつもりが何なんだか知らんけどさ。
 今もぬーす観てたらすんげえ泥塗り捲ってるぞ。
 何なんだか言ってみろ。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.30 23:55

仇でも還暦に恨みなし、残ればバランスを欠く感性な気候。お日様一回り位の合理性。センセもまた揺れる日本人。でも親師の教訓ありがたや。
現場に介入してゴッチャ。セージが救ってくれるというタネあかし。なんちゃら菩薩ですか?目玉ゆえの騒ぎはとっても大きい。
心配せずとも繰り上げ卒業なんてのも、じつはそのてーどの建前。
斬った張ったの試験、彼に還暦まで恨まれる覚悟在りやなしや。
wikiみれば今彼らの物語、語らずもまた歴史。

投稿: きりかぶ | 2006.10.31 01:31

なお、周囲にいるバリバリのゆとり世代の人(出身地は全国まちまち)に訊くと、
ポツポツ世界史やってないって人が。
まあ記憶にないだけかもしれませんが。
地理にも随分と疎いですし…。

さらに、単位時間稼ぎのために授業時間延長の話ともなれば、
珍しくもなんともない様です。

投稿: 無粋な人 | 2006.10.31 10:02

まあゆとり世代以前の人も物を知らないですが。
ゆとりを槍玉にあげる以前に、日本には一貫した教育思想と学力観、カリキュラム体系が学者や一部の教員の中だけにのみ閉じ込められていて、教育行政の中にも政治家の中にも、一応主権者の皆様の中にも、そんなものは微塵もなく、妄想と空想と現実無視の居酒屋教育論がはびこっていただけだと。
ゆとり以降の学力低下なんて、東大の市川センセが仰るとおり、傍証すらないですから。「最近の若者は」の変体調でしかないわけで。そして前述されてるように、ゲバ棒を振り回し、マイナスイオンに走り、なんとなくで投票行動して、「俺は賢い、他はバカ」と内心で自負しまくる訳です。

投稿: くれふ | 2006.11.01 17:57

 字義どおり「賢い」と呼べる人なんか三千世界探しても居ないでしょ。
 生きる目的と手段に対して特化するだけですよ。んだから、どんな人でも見るべきところはあるし、どんな人でも一面では馬鹿なのかと。

 体系だった教育とは何ぞや? ってとこから
>学者や一部の教員の中だけにのみ閉じ込められていて
 いるんであれば、そういうアナタが「じゃあ何だ」くらい言うと吉。

 どうせ言わないか言っても洟であしらわれるだけなんだから、居酒屋教育論と村社会と徒弟制度で十分、とも言えるけどね。

投稿: ハナ毛 | 2006.11.01 21:10

>字義どおり「賢い」と呼べる人なんか三千世界探しても居ないでしょ。

愚かな人間には、賢い人間を見分けることはできませんよ。

投稿: む | 2006.11.02 07:51

居酒屋教育論なんかですませていいわけないんですが・・。

>日本には一貫した教育思想と学力観、カリキュラム体系が学者や一部の教員の中だけにのみ閉じ込められていて

っていうか、こういう教員は概ね反権力であるわけで、いってみればメインストリームはずされてるわけですよね。学校建て直す地道な仕事してる力を備えた方は、いくらでもいますよね、それは。
で、歴代総理諮問機関の座長に就任なさるのは、それまで教育の荒廃のこの字なんてこの世にあったのも知らず、汚れのない境地で粛々と学積をつんでこられたようなお方ばかりで・・。しっかし、よくもまあど素人が二つ返事で引き受けるよな、っていつも感心致しておる次第です。

投稿: miroku | 2006.11.02 09:41

>よくもまあど素人が二つ返事で引き受けるよな

 金と名誉と実績でしょ。

投稿: ハナ毛 | 2006.11.03 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校の世界史履修漏れ雑感:

» 『大学はすごい』 10/27/06〆 [【THE FOOL ON THE HILL】]
*来年からは現役高校生も高等学校卒業程度認定試験をうけられるようになるんだって。 (cf.404 Blog Not Found:大学行きたかったら高校行かなきゃいいのに  大学入学をゴールにして『ある種の効率』だけを追求するなら、たしかにこれが最強かも〆10/27/06 追記:割り切って受験に特化したおつもりだったんだろうな。 (cf.共同通信@excite:3年生全員が卒業“危機” 50分授業、... [続きを読む]

受信: 2006.10.28 22:12

» 広島県内履修漏れ:高等学校 [ISDN64kbps:広島県三次市甲奴町]
私立英数学館高校(福山市):理系の3年生27人。 私立呉青山高... [続きを読む]

受信: 2006.11.03 16:07

» 履修ゴマカシ問題から ⇒人類史を学ぶ意義 [家庭を聖域にしてはいけない]
ニュースによれば、全国で540校、8.4万人の生徒に履修不足が発生。 クリック... [続きを読む]

受信: 2006.11.07 22:23

« 原油下落と中国の謎 | トップページ | タミフルと大淀病院問題と報道 »