« エスプレッソ雑話 | トップページ | 農薬のポジティブリスト制度 »

2006.09.30

WHO、DDT解禁?

 やや旧聞になってしまったが、一五日、世界保健機関(WHO)は三〇年以上も禁止されていた有機塩素化合物の殺虫剤DDT(World Health Organisation:C14H9Cl5)の利用を薦めるアナウンスを出した、とだけ書くと誤解されやすい。一六日付け読売新聞記事”マラリア制圧へ、DDT復権を…WHO”(参照)ではこう伝えていた。


 世界保健機関(WHO)は15日、ワシントンで記者会見を開き、「マラリア制圧のため、DDTの屋内噴霧を進めるべきだ」と発表した。
 DDTは、生態系に深刻な悪影響を及ぼすとして1980年代に各国で使用が禁止された殺虫剤だが、WHOは「適切に使用すれば人間にも野生動物にも有害でないことが明らかになっている」と強調、DDTの“復権”に力を入れる方針を示した。

 つまり、マラリア制圧にとっては効率的だというのが一つのポイントだ。そういえば、過去このブログでもマラリアについて二年前「極東ブログ: 天高くマラリアなどを思う秋」(参照)触れたことがある。
 ポイントのもう一つは屋内使用に限定されることだ。

 WHOマラリア対策本部長の古知新(こちあらた)博士は「科学的データに基づいた対策が必要。安全な屋内噴霧剤としてWHOが認めた薬剤の中で、最も効果的なのがDDTだ」と説明した。WHOによると、10か国でDDTの屋内残留噴霧が行われている。

 読売新聞記事ではわかりづらいのだが、DDTといえばレイチェル・カーソンの「沈黙の春」(参照)だ、と私より上の世代は脊髄反射してしまうほどで、問題点は自然界への残留にあった。その後、近年では環境ホルモンとしても騒がれていた。
cover
沈黙の春
レイチェル・カーソン
 私より上の世代は「沈黙の春」に脊髄反射してしまうと書いたものの、今の三〇代くらいの世代はDDTという言葉にあまり実体感はないのかもしれない。私などが子供のころは新築の家の土台工事の後で白蟻避けだと思うがよくDDTを撒いているのを見かけた。あの白い粉である。私より上の世代というか私の親、GHQ経験の世代だと、虱退治に頭から白い粉を被ったものである。DDTはお馴染み感があるので逆に「沈黙の春」では驚いたものでもあった。また、「生と死の妙薬」と呼ばれていたなど、この本の出版のいきさつなどもいろいろ聞かされたものだった。
 アマゾンの素人評を見ると、意外に冷やっとしたコメントもある。

★★☆☆☆ 害虫駆除, 2006/8/1
レビュアー: 理系の文系 (秋田県秋田市) - レビューをすべて見る
 この本を通じて語られていることはそれなりに正しいのだろう.しかし如何にもアメリカ的というか何と言うか・・・
 化学薬品を用いた害虫駆除を散々批判してはいるがその薬品のもたらした恩恵には一切触れていない.また,自然を支配するなどおこがましいと解きながら,害虫対策として成された提案が生物を遺伝子的に組み替えるだの,天敵を導入して害虫を駆除すれば良いとだのとは恐れ入った.生態系の破壊については一切考慮されていない.本当に科学者の言葉だろうか.
 短絡的で人間本位な結論としか私には感じなかった.自然との共存.容易ではないだろうが,それ以外に人間が地球で生き残るすべは無い.

 私も現在「沈黙の春」を再読すれば似たような感想を持つような気がする。
 DDTの毒性だが、殺虫剤なのでもちろん毒性はある。食品添加物みたいなものでもはない。人間への害は発癌性が疑われていたが、現状ではないといってよさそうだ。ウィキペディアに書いてあるかなと気になって確認したら、ちゃんと書いてあった。

発癌性
一時期、極めて危険な発癌物質であると評価されていたが最新の研究では発癌性が否定されている。国際がん研究機関発がん性評価では当初はグループ2Bの「人に対して発がん性が有るかもしれない物質」に分類されていたが、その後の追試験によってグループ3の「発がん性の評価ができない物質」へ変更された。

 同項目には「喪われた化合物の名誉のために(1)~DDT~」(参照)というページへのリンクもあり読むとなかなか面白い。

 こうして抹殺されたDDTですが、最近の研究によって少なくともヒトに対しては発癌性がないことがわかっています。また環境残存性に関しても、普通の土壌では細菌によって2週間で消化され、海水中でも1ヶ月で9割が分解されることがわかっています。危険性を訴える研究に比べ、こうした結果は大きく扱われることはほとんどないため、あまり知られてはいませんが……。

 残留の問題もそれほどではないようだ。
 以下の発言は化学的な関心を持つ人にはけっこう常識っぽい話だが、なかなか社会的には通じづらい。

 DDTの問題は我々に多くの教訓を残しました。現代の殺虫剤、農薬はDDTの時代とは比較にならないほどの厳しい安全基準を要求されています。かつての農薬は水銀、ヒ素などを含んだ、今考えると恐ろしいほどの毒物だったのですが、現在市販されているある種の農薬などは茶碗に一杯「食べても」大丈夫というほどに安全になっています。虫に毒だから人にも毒だろう、というような単純な話ではなくなっているのです。素早く分解されて環境に残留しない農薬の開発も進んでいます。
 農薬だから、化学製品だからと毛嫌いするのは簡単だし、ある程度無理もないことです。しかし化学は失敗を教訓として、常に前進を続けています。そして一般の目に触れないところで、少しでも安心して使える製品を作り出すべく、日夜研究を続けている化学者たちがいることを忘れないでいていただきたいと思います。

 環境ホルモンについては、同ページでは毒性からしか見てないが、読売新聞”DDTは環境ホルモン 環境省、メダカ試験で確認”(2005.10.02)によると内容は標題に反してどうやら人間にはあまり関係なさそうである。

 DDTは、第2次世界大戦後、蚊やシラミ退治などのため、大量に使用。毒性の強さなどが問題となり、1971年に農薬としての販売が禁止され、81年には輸入、製造も禁止となった。
 人間への影響を評価するため、同じ哺乳(ほにゅう)類であるネズミを使った試験も実施しているが、4物質とも内分泌かく乱作用は認められていない。

 WHOの今回のDDTについての判断は妥当なところだし、今回のDDT推進はマラリア問題がない日本のようないわゆる先進国にはあまり関係ないのだが、いろいろ議論は起きている。日本での報道は見かけないようだが。
 一例としてダルフール問題などをワッチするのに見ることが多いが、allAfrica.comの”Experts Oppose Chemical War On Malaria”(参照)など読むと、DDTについての危険を訴える動きもある。

Participants at the Intergovernmental Forum on Chemical Safety (IFCS) conference who staged the protest underlined the detrimental effects on human health caused by DDT, such as reproductive disorders, neurological effects, reduced breast milk production and increased risk of breast cancer.

 日本の情報環境にいるとこのあたりの問題というかバランスについて、なかなか見えてこないし、問題意識みたいのにもなってこないようだが。

|

« エスプレッソ雑話 | トップページ | 農薬のポジティブリスト制度 »

「環境」カテゴリの記事

コメント

似たようなネタで、放射線照射があるようですが、
あれは、種苗法のカラミかと妄想してしまいました。
「ウ」に洗脳されております。すみません。

投稿: きりかぶ | 2006.09.30 19:46

http://ja.wikipedia.org/wiki/DDT_(%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E6%8A%80)

我々の年代だと"DDT"というとこれしか思いつきません。

投稿: F.Nakajima | 2006.09.30 20:21

今日の毎日にこんな記事がありました。

インド・巨象の実像:第1部・成長の裏側/5止 食の安全
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/india/news/20060930ddm007030161000c.html

DDTに関しては悪玉論ですが、内容的には概ねそんなに酷い記事ではないかも…

投稿: きんぎんすなご | 2006.09.30 20:28

似たような薬物としては、日本にとっては、サリドマイドの解禁が当面の課題でしょうかね。
時々新聞で話題になるけど、政府レベルでの解禁の動きが具体化されたという話はトンと聞きません。

少し毛色の変わったところでは、食品添加物がいつまでも悪者にされているのも、先行き不安です。
保存料とか防腐剤を入れないで食中毒や感染症で大量死が出るリスクもきちんと考慮すべきです。

薬物がらみは迷信が多いですね。

投稿: 木星人 | 2006.09.30 22:42

↑基本的に使わないに越したことはないって認識があるし、なんだかんだで薬性(若しくは毒性)を有しておるのに違いはないし。そりゃまあ、なんの知識も無ければ迷信に嵌まるでしょ。
 んで、わざわざ知識ゲットしてるほど皆様ヒマじゃないし。

 どっちかっちゅうと、食品添加物そのものの悪性(?)よりも、企業体質のほうを問題視してるでしょ。「薬品の良し悪しは知らんけど、どうせ企業が横暴な使い方する」とか「仮に企業が健全な使い方しても世間に出回る分量が余りに多すぎればいずれ毒になる」とか。

 そういう方面での縛りがないじゃん。世の中にこれだけなら出回っていい(それ以上はアウト)っていう法が無いし。んだったら、迷信だろうがなんだろうが、とりあえず出回る総量を抑える意味で、薬品=悪認識ってのは、とりあえず有効なんじゃない?

投稿: ハナ毛 | 2006.10.01 00:38

 マウス実験で○○程度の分量を与えたら機能障害が出たとかいう報告あるじゃん。アレ、人間への投与量に換算したら「毎日10リットルがぶ飲みする」とか「一日100個食う」とか、あり得ない条件になっちゃったりするケースがあるでしょ。

 そういう報告はキチンと検閲して、煽り目的の発表はさせないようにするだけでも、世間の偏見は随分減ると思うんですけどね。……減らねぇか。

投稿: ハナ毛 | 2006.10.01 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WHO、DDT解禁?:

» WHO、DDT解禁? [鳥新聞]
人間とは浅はかである。同じ過ちを”冒す”。もはや冒険だと思ったので、あえて誤字をあてた。To err is human, to forgive is divine. 「WHO、DDT解禁?」(極東ブログ2006/09/30) 一五日、世界保... [続きを読む]

受信: 2006.10.02 01:12

« エスプレッソ雑話 | トップページ | 農薬のポジティブリスト制度 »