« 若月俊一と佐久病院についてほんのわずか | トップページ | 無門関第十四則南泉斬猫を愚考す »

2006.08.26

松任谷由実と「A GIRL IN SUMMER」

 先日プレゼントを貰った。その前に「何がいい?」というから「そうだなユーミンの最新アルバムがいい」と答えた。「ほんとにそれでいいの?」とか「ユーミンなんか聞くの?」とか言われたような気がする。自分がなんて答えたか忘れたし、なんでユーミンの最新アルバムなんて言い出したのか自分でも不可解な感じがした。何が最新アルバムかも知らなかった。

cover
A GIRL IN SUMMER
松任谷由実
 「A GIRL IN SUMMER」を貰った。iPodに入れて聞いてみた。ピンとこない。というか、これって最新アルバムなのか? 音のつくりがベタに初期の作品なんだが、発表されていない昔の曲ってことはないのか。れれれ?という感じがして、これが最新なのかなとネットで見たら、そうっぽい。ウィキペディアの「A GIRL IN SUMMER」(参照)より。っていうかこんな項目があるのか。

A GIRL IN SUMMER (ア ガール イン サマー)は松任谷由実 (ユーミン) の34枚目のオリジナルアルバム。2006年5月24日に東芝EMIよりリリースされた。


 前作から約1年半ぶりのオリジナルアルバム発売である。
 発売に先駆けてiTunes Music Storeで一部楽曲が先行販売されるという画期的な試みもなされた。『A GIRL IN SUMMER iTMS edition』として6曲を先行配信(『Forgiveness』のビデオクリップとデジタルブックレット付き)、残りの6曲は6月21日から配信が開始された。

 そういえば、iTMSで見かけたから記憶に残っていたのか? そういえば、NHK「探検ロマン世界遺産」のユーミンの曲をこれって何時の時代だろうとか疑問に思ってもいた。
 このブログに書いただろうか。私はユーミンのファンだった。ある時期までは全曲持っていたし、けっこうディープに好きだった。ある時から、ぷっつりそれが途絶えた。沖縄出奔前だと思う。ウィキペディアの「松任谷由実」(参照)を見ると、どこで切れたかわかった。「天国のドア(THE GATES OF HEAVEN)(1990年11月23日) 」までだ。このころから街中を流れる彼女の曲に違和感をちょっと感じてもいた。「TEARS AND REASONS (1992年11月27日)」という標題に、Rhymes and Reasonsの洒落かなとちょっと思ったことがあった。私のなかでユーミンが終わったのは一九九〇年だから、十五年くらい経つのだろうか。自分が三十三歳のころだ。
 NHKの番組で標題は「ユーミンを聴いた男たち」だったか、八〇年代の若い男たちがどうユーミンを聞いていたかみたいな番組があって、宮台真司なんかも出てきてなんかありげなことを宣っていた。番組の記憶があるのは、自分もそういう男たちの一人だっただろうかと少し思ったからだ。八〇年代私は二〇代だったわけだ。ただ、ちょっと違うなという感がしていた。
cover
紅雀
松任谷由実
 私にとってユーミンというのは七〇年代であり、七〇年代を引きずるある生き方みたいなものだった。私にとってユーミンのベストアルバムは「紅雀」であり、ベストの曲は「ハルジョオン・ヒメジョオン」である。浅川の土手の暮れていく風景は私の原形的な風景でもある。この曲をユーミンが歌うのを見たことはないし、歌わないのではないかと思っていたら、近年のコンサートで歌っていた。大人のユーミンが大人の情感で歌っていて、泣けた。
 セカンドは「昨晩お会いしましょう」である。「タワー・サイド・メモリー」とか街中で聞いたら号泣してしまうかもしれない。「夕闇をひとり」のぐちゃぐちゃどろどろした女心が好きだ。そういう女が好きというわけじゃないのに。「カンナ8号線」はこれも自分の風景だ。
 ユーミンの歌にある五〇年代からの米軍の匂いと昭和の風景とそこから青春に破れていく男の子や女の子のやりきれないような死にたくなるなんて言えないような「埠頭を渡る風」の心情とメロディが好きだった。
 今思うと、あの三十三歳のころ、私は青春とともにそれに終わりを言い渡したというかその引き替えだったのか、あるいはそれを大切にしたから、九〇年代に変わっていくユーミンがわからなくなったのか。
 ウィキペディアの情報を見ていたら、売り上げの記録があり。「A GIRL IN SUMMER」は最高順位3位、112151枚売り上げ、登場週数5週(オリコン、2006年7月3日号現在)」とのことだ。十一万枚ってことか。え?と思った。前作は知らないのだが、「VIVA! 6×7」らしく、こちらもその程度。私がユーミンを聞かなくなった「天国のドア」は「最高順位1位、累計売上197.5万枚(オリコン)」ということで、二百万枚代のシンガーだったと思っていたので、これは凋落と言っていいのか考え込んだ。
 そういえば、二〇〇〇年ころから私は宇多田ヒカルのファンになった。なんというのか私にもこんな歳の娘さんがいてもおかしくねーよの時代になったというか、藤圭子も好きだったので、吉田司の「あなたは男でしょ。強く生きなきゃ、ダメなの」(参照)じゃないけど、なんか女というのは転生してくるような奇妙な感じした。「宇多田ヒカルの作り方」(参照)で縮緬ビブラートといっていたが私もそう感じた。ビブラート以外にも。で、「First Love」が「累計出荷枚数976万枚(全世界・東芝EMI) 」だけど、「ULTRA BLUE」は「初動50万枚(オリコン)」となるのだが、これも凋落と言っていいのではないか。
 単にCDの売り上げっていうのがなくなったということなのか。iPodで聞くっていうことなのか。話がばらけるのだけど、最近、iPodで音楽を聴くのがけっこうつらい。最高音質にしてもぜんぜんダメだという感じ。しかし、むかしはカセットテープで聞いていてそれなりに満足していたのにどうしたことなんだろう。

追記
 「哀しみのルート16」は国道16号線か思ってなにげなく聞いているうちに、この曲のものすごい哀しみのようなものが響いてきた。「海に来て」「もうここには何もない」は関連の歌だろうと思った。

|

« 若月俊一と佐久病院についてほんのわずか | トップページ | 無門関第十四則南泉斬猫を愚考す »

「書評」カテゴリの記事

コメント

同じ時点で私もユーミンから離れてますから、各個人的な理由というより、時代/世代/才能的なものなのかもしれません。ちなみに同様の意見は同世代の他の方からも見聞きしたことがあります。

最近何を思ったかユーミンを通しで聞いてます。長き低迷(と私には映る)の後、「スユアの風」で最後のあがき後、終了という印象です。

投稿: Sundaland | 2006.08.26 13:41

私見ながら、ユーミンはアルバム「14番目の月」が最高潮だったと思います。

投稿: the48shiba | 2006.08.26 14:45

>最近、iPodで音楽を聴くのがけっこうつらい。最高音質にしてもぜんぜんダメだという感じ。しかし、むかしはカセットテープで聞いていてそれなりに満足していたのにどうしたことなんだろう。

 老化でしょ。雑音を脳内補完してそれなりにいい(妄想)音質で聴けるのが若さの特権。そういうのが無くなっちゃったから、素直にムカついてるだけかと。やーい、じじい。

投稿: ハナ毛 | 2006.08.26 16:26

>単にCDの売り上げっていうのがなくなったということなのか。

↑そうでもないことは、そもそも976万枚だか売り上げてることでも明らか。売れるときは、売れる。問題なのは2版3版と重ねなくなったこと。

 お客さんが賢いのか飽きっぽいのか消費サイクルが短いのか知らんけど、従来商品であれば初版はそれほど伸びなくても2版3版と重ねて「結果的に売れてる」ケースも、ままあったでしょ。

 あと生ものと一緒で、ある程度放置しておくと直ぐ廉価版が出たりネットにアップされたり有線放送で垂れ流されたりするから、そんなに我勝ちに買いに走る必要がないんよね。

 それから、マスコミの盛り上げ主導で一気に話題になるから、話題に乗り遅れてわざわざ買うのが恥ずかしい、とかあるかもしれん。話題になった1週間くらいでワーッと買ってすげえすげえで自慢したり話題にして、ひと月経つ頃には「まだそんなのやってんの?」で蹴飛ばすと。

投稿: ハナ毛 | 2006.08.26 16:38

>単にCDの売り上げっていうのがなくなったということなのか。

ブックオフなんかの影響じゃないでしょうか。
最新アルバムも発売日に2割引程度でブックオフで売られています。そして1ヶ月程度で半額、1年もすれば250円か100円。さらに悪いのは大ヒットほど沢山の中古が出てきて値崩れが加速。どんな大御所のアルバムでも100円のコーナーにびっしり並んでいては場末感が漂い、流行に鈍感な購買層も世の中の流れを見せつけられて、買う気も失せるというものです。

投稿: XYZ | 2006.08.26 19:52

私の場合は "REINCARNATION" がベスト。曲の粒揃い感がすごい。"DA.DI.DA" までは良いと思ったけれども、"ALARM a la mode" がひどくつまらないものに聴こえて、次の「ダイアモンドダストが消えぬまに」で少々持ち直したかと思ったがその後は弁当氏と同じ。

CDの売り上げ枚数は時期によって全体の数が大きく変動しているので絶対値だけでは語れないと思います。90年代のCDバブル期はミリオンヒット連発でしたね。その時期と比べると今は本当にCDが売れなくなっていて、殆どのアーティストは数万枚が精々です。コケると4桁しか売れない。まあ、凋落ではないのかと問われると、多少はそうかなと思いますが、今風のプロモーションなしで10万売り上げるのだからユーミンもまだまだたいしたもんだと思いました。

投稿: woodnote | 2006.08.26 21:03

再生機器の話ですが、ハイファイが当たり前になってしまった不幸というのがあると思います。サーというヒスノイズに埋もれながら音楽を聴いて「いい音だな」なんて言ってたわけで、ローファイにはローファイなりの音のよさがありました。自宅に昔のデカいCDラジカセがありますが、これが心地よい音で鳴るんですよ。たぶん数値でみると特性的にはダメだと思うんですが。

まあiPodはアンプが弱いと言われていますのでそのせいかもしれません。PCでデコードし、SPDIFで出したものを外部のオーディオ機器で再生すると格段にいい音ですね。

投稿: woodnote | 2006.08.26 21:24

>コケると4桁しか売れない。

 和田アキコたんの新曲が500枚しか売れなかったって話もあるので、下手すりゃ(下手しなくても)インディーズのほうが売れるんじゃないかと。
 モノにもよるし人にもよるけど。

投稿: ハナ毛 | 2006.08.27 06:35

 ゲーム・書籍・CD等の娯楽商品(大衆向け)って10万程度売れるか売れないかをひとつの目安にするでしょ。基本的に。売れなくなって(現実的に)数万程度で我慢我慢って思ってても、一応目標10万くらいを目安にする。
 ひとつ1000円の商品を1万本売ったとして1000万円の売り上げでしょ。原価っちゅうか卸値を4,5割程度と見て、400~500万円が収益。そんでそっから印税1割とするに、実収入50万円とか。もちっと安くて30万円くらいかもしれん。

 制作に掛ける日数とかその間の生活費とか必要経費とか考えると・・・不安が募りますなあ。10倍は欲しいですなあ、みたいな。

 んだから、10万販売がひとつの目安になる。そんな感じ? 最近の事情はよく分かりませんけど。

投稿: ハナ毛 | 2006.08.27 06:45

 印税を小売価格に対して掛けるのか収益に対して掛けるのかで話が違ってくるけど、基本的に収益に対して掛けるもんかと思いますが。どうなんでしょね? 儲かってますか?

投稿: ハナ毛 | 2006.08.27 06:46

 っていうか会社とか「みんなで」頑張る場合、「億」が目安なんよね。数字的に。億逝ってナンボ、みたいな。そっから分け合うから。いろいろと。
 逆に言えば、売れる数が少なくてもどっかしら億の字が憑いてれば、それはそれでどうにかなっちゃう。
 どこにどうやって億を憑けるかが商売の秘伝かなぁという感じ。

投稿: ハナ毛 | 2006.08.27 07:04

「私にとってユーミンというのは七〇年代であり」というのが良くわかります。
政治の季節に破れ、挫折感を引きずっていたのが70年代で、ユーミンというアーティストはそういう時代背景からいかにもって感じで出てきましたよね。
彼女の歌に感化された世代って政治の季節に乗り遅れた世代か、新人類世代ですよね。昔は広く世代にわたって共有できるものがありましたけど、今は価値観が多様化してる上に産業の構造も複雑化してますしね。しかも彼女の歌自体すでに消費しつくされた感もあるのである意味予定調和でネタを出してるように思えますね。

投稿: mandarin | 2006.08.27 12:41

彼女の楽曲は都会の女性の断面を切り取ったものが多かった。そういう意味ではやや閉鎖的なクラス感があった。したがって同時代の都会に生きる女性たちには、「これって私のことじゃない?」と圧倒的な共感を与え、また地方に生活する女性にはライフスタイルを含め憧れを与えた。それがミリオンセールスの理由ではないか?浜崎某や幸田某のマーケッティング通りの仕組まれた楽曲に感情移入出来ず、平板さを感じてしまうのは私が歳を取ったことが大きな理由だろうがそれだけではないと思う。

投稿: italo design | 2006.08.27 20:30

少し、変わった話をしましょうか。

昔、ちょうどユーミンの絶頂期が終わりかけていたときにNHK-FMでユーミンの特集が組まれたことがあって、そのとき途中で本人の曲を交えながら長時間に渡ってインタビューを流したことがありました。
そのとき、何の拍子だったか、ユーミンが「意識している日本人のアーチストは誰か」という話題になり本人は少々躊躇しながらこう言いました。「中島みゆき。」
そのころの中島みゆきはちょうど「御乱心の時代」(by wikipedia)の真っ只中で「悪女」以降の動向を知らなかった私はユーミンのこの発言を聞いて驚きました。(中島みゆきについてwikipediaを参照しましたがユーミンとの関わりが相当深いことを見てまた驚愕しています)
ユーミンはそのインタビューの中で確かこう言っていました「中島みゆきはこのままではだめですね。何かを変えないと。何か時代に乗っていないんですね」

で、そのあと中島みゆきは「あした」を発表して復活を遂げ、逆にユーミンは90年代に入り低迷の時代を迎えます。
私はこの二人がちょうど光と影の関係に思えるんです。どちらかが脚光を浴びている時代にはどうしてもどちらかが時代的に受け入れられず、低迷の時代を迎えているように思えてならないのですが。

投稿: F.Nakajima | 2006.08.27 20:32

松任谷由実って、そういえば最近聴いていないなあと改めて
思いました。自分の日記で「瞳を閉じて」を話題にして
それ以来触れていないなあと。私も基本的には荒井由実時代の
曲に強い思い入れがあるんですけどね。
「ハートブレイク」という曲で、日本語の歌詞がうまく韻を踏んでることに気がついて、国語教師として「おおっ」と感動したり、「春よ、来い」の歌詞が文語文のようでありながら完全にはそうでないことに着目して、その歌詞の「完全文語文」「完全口語文」を作って授業の時に生徒に配ったことがあります。
一例を挙げると
「愛をくれしきみの なつかしき声がする」(原歌詞)
「愛をくれたきみの なつかしき声がする」(口語)
「愛をくれしきみの なつかしき声ぞする」(文語)
もっとも、文法のルールなんて使う方で勝手に崩しちゃって
どんどん時代とともに変化するものですけど。

「ダンデライオン」の歌詞の
「傷ついた日々は彼に出会うための そうよ運命が
 用意してくれた大切なレッスン 今素敵なレディーになる」
の部分が、ことばをメロディにこれほどうまく乗せられる
のかと感動したこともありました。

語り出すととめどもなくなってしまって、終わらないのでこれくらいでやめますけど、確かにごく最近のは知らないのです。
手元にある古いのをまた聴きたくなりました。新しい曲を覚えないのは、20代の頃に好きだったもので自己完結してるせいかも知れません。

投稿: 江草乗 | 2006.08.27 22:00

光と影の関係でどちら一方しか脚光を浴びないとのことですが、二人とも脚光の浴び方が対照的で、陽のあたる場所を堂々と歩いているユーミンに対し、中島みゆきのほうは地下水脈のように人には知られず流れていて、時代時代で「時代」「わかれうた」「悪女」「あした」「空と君の間に」「地上の星」を発表して、間欠泉のようパッパッとみんなの前に現れる、そんなイメージがあります。

投稿: iya_honto | 2006.08.28 09:20

皆さんユーミンは終わった、と言いますが、
今のユーミンを聞かず嫌いか、ユーミンではなく、ご自身の感性が鈍っているからだと思います。
確かに90年代後半のユーミンは「??」でしたが
2000年代に入って再びユーミンは瑞々しい曲を届けてくれています。
それが昔より売れていなくとも。
53歳でこれだけの活動ができる「現在」のユーミンが好きです。

投稿: ゆう | 2007.07.26 23:05

ユーミンは健在です。断言できます。今現在でも、若手の売れている歌手同様、アリーナ規模のステージで、数十万人動員できるベテランソングライターがどれほどいるのでしょうか?年齢と共に成熟して?離れていった方々の感性が鈍っているとしか言いようがありません。青春時代、まだ若かりし頃に自分自身を投影した時期を経て、離れていったご自身の感性のみを正当化しているようで聞き捨てならない発言が多すぎますね。今現在のユーミンの楽曲のレベルは確実に進化しているし、価値観が多様化した現在、90年代以降も新たなファンがいるということも事実です。確かに『発声』の面で若干、気にはなりますが、決して主婦の片手間で創作活動をなさっているのではない、真摯に楽曲に取り組む姿勢、音楽を表現するというプロ根性は、誰にも真似できないと思います。ユーミンをバブル時代までの象徴とシンクロさせた見方しかできない時代遅れの方々、そのような見方考え方しかできない方々の方がむしろ哀れだと思います。需要があるからこそ楽曲を作り続けることができるし、ステージも継続しているわけです。創作し続ける事、継続している事、がどういうことなのか、ココで批判なさっていらっしゃる方々、お分かりですか?あなた方にできることですか?勝手に無責任に『葬る』ような発言はお慎みください。

投稿: ゴン太 | 2008.03.22 23:00

とにかくユーミン大好き 批判してる奴ら無視
今日我が家に初めてパソコンがきたー!!ここにユーミンへの想いを書き込んで良いのかわかりませんが(もったいない) ユーミンが見てくれたら嬉しいです。昨日シダックスでユーミンの曲30曲歌いました。全国採点でその内10曲も1位になっちゃいました。AMI777はわたしです。十八番は 届かないセレナーデ 冬の終わり いつも95点以上です。大好きな曲は全てです。 アルバム全て持ってます。しかも2.3枚ずつ 3万8千円で買ったのが一番の宝物です。コンサートは毎年欠かさなかったけど 一番前の席で観たのを最後に行ってません。一番ショックだったのがテレカを売らなくなった時 集めてたけど時代がね…すいかとかでつくれないのかなぁ?夢はユーミンのバックコーラス!!!!!!!

投稿: ユーミン大好き | 2008.07.23 23:20

ユーミンは、健在ですよ。ライブに行ってもそう思いますし、曲は最近も本当に良いものを作っています。
ユーミンの良い所は、枠にはまらない曲作りをするところでしょう。僕は、ユーミンが活動する間ずっと変らずファンでい続けるでしょう。

投稿: ユーミン最高 | 2008.08.22 18:12

最後の方に書いていらっしゃる方々・・yumingが生活から切り離せない人がいることをわからない人はわからないんですよ・・松任谷正隆氏の毎日のブログや、うそラジオを楽しみにしている人はたくさんいますよ・・当たり前でしょ!こんなところに投稿しなくでも良いですよ(ちょっとムッとしたので書き込んでいますが・・。)

投稿: yuming DVD毎日見てるっ子 | 2008.09.02 20:45

バブル期ユーミンを批判すりゃ良識あるファンみたいな通説がいまだにまかり通っているのはなんともまあ、不愉快ですね。
そんなに悪い作品群ですかね?売れてるから鼻について叩きたい気になってるだけじゃないですか?今で言うエグザイルみたいに。
みんな右ならえでバブル期批判しかしないんだもの。
それって結局おっさんおばさんが時代について行けなくなって昔はよかったって懐古主義してるだけの話じゃないの?
本当にダメだと思っているのか、もしかしたらイメージだけで語ってないか一度冷静に考えてみる必要があると思います。

投稿: 紅 | 2010.08.10 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松任谷由実と「A GIRL IN SUMMER」:

« 若月俊一と佐久病院についてほんのわずか | トップページ | 無門関第十四則南泉斬猫を愚考す »