« ベトナムで期待されている新しいバイオ・エネルギー | トップページ | テポど~ん »

2006.07.04

進展する世界の大都市化

 ネタとしてはちょっと古いが先月発表された国連ハビタットの人間居住委員会による”State of the World Cities 2006/7”(参照)関連の話を少し。話を端折るために、ティップス的にまとめたマーキュリーニューズ・コム”Most of the world will live in cities by 2007, U.N. says”(参照)からネタを適当につまみ食い。
 現在(〇五年)時点世界の人口は六十四億五千万人。内、ほぼ半数の三十一億七千万人が都市に暮らしている。来年には都市人口がその他の人口を上回るらしい。こうしたことは人類史始まって以来のことなので、現代という時代の本質は、都市化がグローバル化するということなのかもしれない。
 一千万人を越える巨大都市は二十を越えるが、都市巨大化の進展の速いセクターは五十万人から五百万人くらいのところ。
 こうした都市化の傾向が続けば二〇三〇年には世界人口は八十一億人となり、さらにその三分の二の五十億人が都市居住者となると予想されている。またこの時点では、全ヨーロッパの人口(六億八千五百万人)はアフリカの都市人口(七億四千八百万人)に凌駕される。
 簡単に想像付くことがだ、こうした拡大を支えているセクターはアフリカとアジアである。と同時にそこからさらに想像しやすいことだが、そこでの都市というのは先進国のそれではなく、水道や下水道が十分に整備されていない状態が前提になる。さらに劣悪な巨大スラムが出現するだろう。国連ハビタットの人間居住委員会は特にそのあたりを警告している。現状でも都市での若年層の病死者は地方より多いらしい。
 なぜ都市化が進むのかだが、基本的にそういうものだというのに加え、アフリカなどでは農業の失敗というのも挙げられている。確かに農業が持続できれば都市への流入は少ないのかもしれないのだが、現実的にはそうではない施策が私などには想像も付かない。
 日本のネットの風景を眺めていると、テロとの戦いはいかれたブッシュの妄想だ的な議論が目に付くが、テロとの戦いというのは必然的に都市化の問題と関連している。だが、そのあたりの考察というのはあまり見かけたことがない。
 いずれにせよ、こうした巨大な動向というのは、政治的な力でどうなるというものでもないのだろう。人類の半数が都市人になるということは、本質的に国家の意味も変えることになるので、まだまだ歴史の終焉というのはないのかも。私が生きて見る世界ではないのだろうが。

|

« ベトナムで期待されている新しいバイオ・エネルギー | トップページ | テポど~ん »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

>私が生きて見る世界ではないのだろうが。

端緒くらいなら余裕で見られるだろうから剋目して吉。

投稿: 私 | 2006.07.04 20:42

>テロとの戦いというのは必然的に都市化の問題と関連している。

士郎正宗のアップルシードの世界ですね。

投稿: ほるほる | 2006.07.04 22:14

finalventさん、おはようございます、

都市化の問題の裏側にあるのは、農業の問題だと思います。

現代の産業で、土地の面積に収穫が比例する=土地面積を必要とするのは農業だと思います。他の産業は、人口を支えるインフレを含めてどんどん集積が可能になり、土地面積を必要としなくなっていっています。この辺をクルーグマンが創発の問題とからめてシミュレーションをしていました。が、それはまた別な話です。

集積が進み、ネットワークという新たな仮想的「都市化」の手段まで生まれ、実は大きな分散の可能性を秘めているのだと私は思っています。ネットワーク界隈の集中化、「都市化」はますます進むのでしょうが、実はリアルの都市集積は世界の富める半分においてはもう必要となくなってきているのではないでしょうか?

この先にあるのが、農業や自然環境と調和を取ろうとする生活形態なのか、あくまで集積がすすみ都市インフラが機能しなくなるのか、またもう半分の世界におけるネットワーク界隈の進展の問題などだと漠然と感じました。

まとまらない話で恐縮です。

投稿: ひでき | 2006.07.05 08:18

>テロとの戦いはいかれたブッシュの妄想だ的な議論が目に付くが、テロとの戦いというのは必然的に都市化の問題と関連している。だが、そのあたりの考察というのはあまり見かけたことがない。


あなたの意見も見かけることが出来なかった。
私の考えでは都市=効率化だと思う。そして皮肉なのは効率化=集中化だから、非常にもろいところがある。私はテロより東京大地震が心配だな。杞憂だといいな。日本は世界から見れば田舎だから、テロは、そんなに気にならない(ような気がする)。

投稿: みう | 2006.07.05 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進展する世界の大都市化:

» 全人類の半分以上が都市に住んでいる [ままならねーことこのうえねー]
http://d.hatena.ne.jp/toshim/20060718 toshimさんのblogでスラムの話が出ていた。この本、面白そうだな。toshimさんが訳されるのかな? 都市人口の拡大、という話に聞き覚えがあると思っていたら、アーミテージ”鉄人28号体型”前国務副長官が先の来日の折に講演で触れていたのだった。 「第6に「都市化の進行」。地球上ではじめて都市部に住む人々の数が農村部に住む人の数を上回ったと、同氏は重要な事実を指摘し、メガシティが今後、増え続ける人口..... [続きを読む]

受信: 2006.08.09 06:22

« ベトナムで期待されている新しいバイオ・エネルギー | トップページ | テポど~ん »