« カレーについての断章 | トップページ | 社会保険庁による国民年金保険料の不正免除問題がわからん »

2006.06.10

電子レンジで作るえびせん(ってかパパダム)

 ビールの季節だ。つまみは?と考えて、知人からもらったインドネシア土産のえびせんを電子レンジでチンと作ってみた。うめー。ヘルシー。

photo

 酒はもう飲めなくなっていたのだが、昨年あたりから少しくらいならワインとかビールが飲めるようになった。といってももともとビールとか好きではないのだが、キリンの豊潤(参照)とゴールデンホップ(参照)ならなんとか。
 えびせんの作り方だが、パパダム一枚を電子レンジ強(五〇〇Wくらい)で一分、チン。ほいでできあがり。マジそんだけ。ついでに中国版の小さいえびせんチップを四枚を同じく一分、チン。これもできる。

photo

photo

 それではあんまりなので、吉田よし子先生の「マメな豆の話―世界の豆食文化をたずねて(平凡社新書)」(参照)より。


 インドネシアの食卓には、油でパリッと揚げたえびえせんが欠かせないが、インドの食卓にも油で揚げた豆せんべい、パパダムが欠かせない。薄焼きせんべい状のパパダムはパパア、パパドなどとも呼ばれる。スパイシーで香ばしい食欲増進剤としてそのまま食べたり、もんでカレーの上からご飯にかけて食べたりするが、これも基本的にはウラドダルやムーンダルと米粉、そしてアサフォティダ、コショウなどのスパイスと塩で作られている。

 基本は揚げるのだが。

ただほんの数枚を揚げるのに油を熱するのが面倒で、家庭では作りにくかった。
 ところが最近、電子レンジに二〇秒から三〇秒入れるだけで、パリパリのパパダムができることがわかり、簡単でしかもカロリーが低いのが受け、急激に普及している。イギリスあたりでもインド人の野菜カレー屋などに行くと、カレーに添えられているのは、どこでも電子レンジで焼いたパパダムになった。

 というわけ。実際には、物にもよるけど一分くらいがよい。ま、最初は三〇秒とかでやってみて、調節すると勘がわかるだろう。
cover
マメな豆の話
世界の豆食文化を
たずねて
 あ、で、パパダムなんだが楽天とかにないわけではない。パパダムプレーン(参照)やプレーンパパド(参照)。ただ、エスニック食材屋とか覗けば見つかると思う。

|

« カレーについての断章 | トップページ | 社会保険庁による国民年金保険料の不正免除問題がわからん »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子レンジで作るえびせん(ってかパパダム):

« カレーについての断章 | トップページ | 社会保険庁による国民年金保険料の不正免除問題がわからん »