« 東宣公園からダーク国連への裏口 | トップページ | 橋本龍太郎の死、雑感 »

2006.06.30

韓国人拉致被害者金英男さん会見、雑感

 私は自分の関心の持ち方ということから言えば、北朝鮮による拉致事件そのものにはそれほど関心はない。国際政治的に見れば、北朝鮮のミサイル核武装化や中国への難民の問題のほうが大きいし、人道的に見ればこの独裁政治の被害にあっている北朝鮮の人々が優先的な課題に思える。あまり指摘されていないような気もするのだが、北朝鮮から中国へ逃げた人はなぜか脱北者と呼ばれているが、これは明らかに難民であり、難民であれば国際的な規定に中国は従わなければいけないし、国際社会は中国を従わせなくてはいけない。ダルフール危機問題でも思うのだが、なにか日本のジャーナリズムは意図的なのか、人道問題の基本のネジが抜けているような気がする。が、それはさておき。
 韓国人拉致被害者金英男さんの会見だが、あまり映像を見ない私でもさすがに見かける。映像で伝えられることは予想された以上はないのだが、それでも北朝鮮という国の残酷さというものが伝わってきて震撼する。前近代の世界には公開処刑というものがあったが、それに近いもののにように思える。

cover
めぐみ、お母さんが
きっと助けてあげる
 日本での映像は、常に横田めぐみさんの両親が付随する。それが日本だからということだが、私の素朴な印象でも、横田めぐみさんの両親は「日本人の親」というものの象徴になってしまったからなのだろう。子を思う「日本の親」がいてほしいという願望でもある。そして、それは私も日本という国を愛国する人間として当然のことだと思う。というか、問題はそこにシフトしまっているし、その事が今となっては最大の外交カードにもなってしまった。
 あまり思いがまとまらないのだが、この機に関連のニュースを見ていて、いろいろ不思議に思ったので、ブログしておきたい。
 金英男さんの後妻とされる女性が若く美人(ちょっと美観が古いが)に思えた。これは、金英男さんへのご褒美なのだろう。とすれば、ご褒美に足るほど金英男さんが北朝鮮において優秀な人であるということだ。私はそんなことがあるのだろうかとなんとなく疑問に思う。海辺で遊んでいた田舎っぺの小僧がそんな有能な人材である確率が高いなんてことがあるのか。しかし、私は今回映像に出てきた金英男さんが別人にすり替わっていると言いたいわけではない。というのはこの疑問はもう一つの疑問に関係する。横田めぐみさんについてだ。
 横田めぐみさんだが、貶めて言うのではなく、彼女もまた普通の田舎っぺの娘である。しかし、現状伝聞で聞く限り、北朝鮮ではかなり優秀な人となり、金正日総書記の子供の家庭教師もしていたという。そんなことがありうるのだろうか。その子供が高英姫の子供であれば、そのサークルのベーストーンは日本である。
 そんなことはありえないと言いたいわけではないし、証言を十分に疑うにたる確証もないのだから、私はたぶん実際はそうなのだろうと思うし、おそらく、めぐみさんが優秀であったし美人でもあったから、同じくエリートの金英男さんと結婚したのであろう。
 拉致者がエリートになるという文化というのか民族性というのか、そこが私にはピンとこない。あるいは、私が知り得ないほど多数の拉致者がいたのでその数名は優秀だったということなのだろうか。あるいは拉致というのはかなり入念に優秀な人材を狙っていたのだろうか。愚問に近いのだろうが。
 なんとなく思うのは、北朝鮮の金王朝という王権がそういう拉致者のような血統のない異人を優遇するほうがよい構造があるのではないか。それは直接的にもそうであるだろうが、民族的にもそうなのではないか。
 現在、朝鮮半島では同一民族として南北融和がナショナリズムとして叫ばれているが、こういう金王朝的な文化性というのは必ずしも韓国(南朝鮮)の文化性とは一致しないだろうし、むしろ、韓国の文化・民族性というのは日本の一部に近いのではないか、とそんな気がする。
 そうしたなかでこの間のナショナリズムと文化は結局どのような機能をしているのだろうかと疑問に思うが、ま、別のおりに考えよう。

|

« 東宣公園からダーク国連への裏口 | トップページ | 橋本龍太郎の死、雑感 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

めぐみさんの父君は日銀だと聞きました
ました。普通の田舎っぺ ではない
ないそうで。

投稿: boro | 2006.06.30 11:48

めぐみさんのおかげでマスコミは視聴率が上がる、小泉さんと安倍さんは支持率が上がる。そういう状況が続いている以上、事件の解決はないだろう。

投稿: | 2006.06.30 12:32

>血統のない異人を優遇するほうがよい構造

オスマントルコのイェニチェリみたいなものかな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA

投稿: ss | 2006.06.30 14:02

無事帰国された拉致被害者の方々も、そのお話を聞きその姿を見るにつけ、優秀かつ眉目秀麗に、少なくとも私には感じられます。

当初は、だから生き残れたのだろうと考えていましたが、むしろ積極的にそういう人材を狙ったのだろうと思うようになってきました。

根の深い人さらい文化があるのでしょうね。

投稿: Sundaland | 2006.06.30 14:44

全員が全員そうだった訳ではないと思いますが、拉致被害者の待遇はそこまで酷くはないという事実が、(恐らく)北朝鮮の意図せぬところで日本国民の危機感を削いでしまっているような。これが仮に虐げられて殺されるだけのような扱いだったなら、拉致問題に対してのコンセンサスの集まり方も違っていたのでしょうけれども。

投稿: オルトマ | 2006.06.30 15:15

横田めぐみさんは、”普通の田舎っぺの娘”、ではないでしょう。彼女は、頭脳明晰で、北からの脱出の機会を狙っている、と思われます。めぐみさんは、確実に生きている。
その根拠として、彼女は金英男氏記者会見を逆手にとって、生存のメッセージを送ってきた。北はどうしても彼女が死んだことにしたいらしい。その確たる理由付けがほしいため、めぐみさんの死因として捏造した”精神疾患”に関連付けられる彼女のプライベート情報を今回新に求めた。めぐみさんは、小さいころ階段で転んで頭にたんこぶをつくった事を思い出し、これを交通事故という事にした。
横田夫婦にしか分からない情報を操作して、めぐみさんはジグナルを送ってきた。彼女は頭がいい、そして、今も救出されんことを切に望んでいる。

投稿: Otgoo | 2006.06.30 17:47

finalvent様、何度やってもトラックバックできません。
私はあなた様に嫌われてしまったのでしょうか。しくしく。
金英男氏の会見を見ていると、私は北朝鮮と日共の体質がオーバーラップしてなりません。

投稿: うみおくれクラブ | 2006.06.30 18:03

横田さんご夫妻は、典型的良き日本の親の代表となり、マスコミの常連となり、今や国民的な支持を得ている。私たちは、まるで彼らの親戚のように、ひたすらめぐみさん奪還を合言葉に、ひとつの目標を追い続け、経済的制裁をしなければ、と思い続けている。

安倍が、最初から拉致被害者のことを真剣に考えていたなんて、毛頭信じていない。まだ、蓮池さんが帰国する前にテレビで拉致被害者の家族が安部に会いに行っているのを見た時、部屋から出てきた安部の顔の表情は、明らかに厄介な連中が来た、というものだったのを記憶に深く残している。今の安倍人気は、一体何が原因したんだろう。

私にとって、横田さん夫妻は、本村さんと同じように気の毒に思える。毎日のようにニュースに登場し、娘のことをひたすら訴える場を、この人だけに与えるのはどうかと思う。悲惨な事件の悲惨さに順位など無い。そして、我々、日本国の国民が今、一番に考えなければならないことが、横田さんがマスコミを通じて悲願として訴えることに感情的に集約されるのも正当だとは、思えない。

投稿: kf | 2006.06.30 21:23

>拉致者がエリートになるという文化というのか民族性というのか

1500年前の我が国(笑)。

投稿: 有芝まはる(ry | 2006.06.30 21:58

拉致問題で何か話題がある度に思い出すのですが……

7、8年程前まで、主に東南アジアにてODAに参加しておりました。
当時のJI○Eの職員やら外○省の役人に、某新聞社が取材に来たら、
学歴の話や、東京で一人暮ししてるとか身寄りがいないといった話は
決してするな、とよく注意されていました。
それは何故かと申しますと、某新聞社には北朝鮮のスパイがいて、
そこから情報が漏れて拉致されるから、というのです。
ある程度の教養があり、都会で長く独り暮らしをしていて実家と
連絡も途絶えがちな人間は特に狙われやすいとのことでした。

その時はもちろん冗談だろうと思っていましたが(今思えば平和ボケでした)、
タイ人のインテリ等からは、どうして日本は北朝鮮に抗議しないのか、
とよく非難されました。
当時、タイでは北朝鮮が外国人を拉致しているということは常識と
なっていましたし、朝鮮人に対する感情も悪いものでした。

帰国からしばらくして、北朝鮮が拉致を認めたのをニュースで見聞きし
しばらくは震えが止まりませんでした。
先日の金英男の会見からは、この不安が解消するのはまだ先のことだ、
と思い知らされたような気がします。

投稿: nyan | 2006.06.30 23:19

有芝まはる(ry さん、韓国から日本へようこそ!

投稿: | 2006.07.01 00:23

明らかに遺骨のDNA鑑定のミスが尾を引いて
北朝鮮に好き放題させてるように見えます。
だれが責任を取るんでしょうか。

投稿: cyberbob:-) | 2006.07.01 07:45

>拉致者がエリートになる

ちょっと語弊がありますね。拉致された異人であろうが血の通った朝鮮民族であろうが、北朝鮮の権力側に逆らう者は、政治収容所に入れられ(酷い時は処刑され)、権力の役に立つ者達は、軟禁状態で飼われている、と言った方が近いと思います。 

ですから
>血統のない異人
だから優遇する、なんてありません。
60年代の帰国事業で在日朝鮮人の夫と一緒に北朝鮮に行った日本人妻の多くが、異人として優遇されるどころか、政治収容所に入れられ、虐待されて亡くなっています。この重大な人権侵害を、見落としてはいけないと思います。

また朝鮮民族なら自動的に優遇されるのでもなく、日本人妻の夫であった在日朝鮮人2世の方々も、収容所に入れられ虐待や処刑の憂き目にあっています。
(このあたり、脱北者の姜哲煥(カン・チョルファン)さんの証言をご参考ください。ttp://www.tokyo-np.co.jp/feature/niccho/s031124T1646.shtml)

さらに「金王朝」ファミリー内でさえ、金政権の悪口を日本のジャーナリストに言った親戚は、外国まで追いかけられて殺されています。つまり金政権がしているのは、中華文明圏の国が、数千年前の秦の始皇帝時代から統治に用いている「信賞必罰」と、「面子を守る」です。Finalvent様が北朝鮮の統治スタイルを「前近代」と直感されたのは、その点で非常に的を得ていると思います。

投稿: エル | 2006.07.01 08:54

それから、
>人道的に見ればこの独裁政治の被害にあっている北朝鮮の人々が優先的な課題に思える。
   ↑
こういう偽善は勘弁してください。
「この独裁政治の被害にあっている」北朝鮮の人々と日本の人々は、同じ人道的課題の、異なる部分なだけだと思いますけど。

投稿: エル | 2006.07.01 09:18

うみおくれクラブさん、こんにちは。トラックバックの件ですが、スパムを消してそのIPを塞ぐくらいで、それ以外の規制はしてないです。ココログとお使いのシステムのなんか都合なんだと思います。ということで、トラバできないときは、コメント欄をご活用(私信:うみおくれクラブさんのブログいつも拝見しています。)

投稿: finalvent | 2006.07.01 10:08

名無しさん>
私を在日認定するなら、小林恵子の説とかを真面目に妥当と言い切ってしまうブログ主の立場はどうなるのでせう(笑)。

投稿: 有芝まはる(ry | 2006.07.01 15:47

以前、どこかで見た内容ですが、拉致被害者がエリートになる背景としては以下の事情があるとか。

もともと、北は階級社会であり、上のものが下に教わることができない。(これは金正日が専門家でもないのに、思いつきの農業政策とかいろいろやっているのも関係あるとか)

その場合に、体制を崩さずに、日本語とかを教える立場の人間は、異人でないといけない。(在日朝鮮人では駄目)

と言うそうな。
最初は疑問がありましたが、朝鮮民族を知るにつれて、北が「金朝朝鮮」の流れに有ると思うと納得してしまいました。

投稿: 蓮田 | 2006.07.01 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人拉致被害者金英男さん会見、雑感:

» 北朝鮮は入念に優秀な人材を狙って拉致していたのか? [時事を考える]
finalvent さんが極東ブログで北朝鮮の拉致被害者について「私が知り得ない [続きを読む]

受信: 2006.07.01 19:44

» ゲリラ的な北朝鮮 [考葦堂空読録]
ソヴィエトからの亡命者ヴォスレンスキーは、 著書の『ノーメンクラツーラ』において 現存社会主義は封建主義の延長であると述べていた。 ソ連においては管理者階級(ノーメンクラツーラ)の世襲が起こったが、 北朝鮮では国... [続きを読む]

受信: 2006.07.01 22:12

» 拉致被害者が有能である理由 [放浪日記 ヨーロッパ編]
技能を活かすために教育を施される → 使えないと判断されると収容所送りになるのは見えているので努力する →エリートになる,という流れかな [続きを読む]

受信: 2006.07.04 04:08

« 東宣公園からダーク国連への裏口 | トップページ | 橋本龍太郎の死、雑感 »