« コシヒカリHG | トップページ | 植田重雄、逝く »

2006.05.16

Shave and a Haircut, Two Bits

 書架の整理をしていると、The Joy of Sexの昭和五十年の訳本が出てきて、おおっと我ながら、ひいた。何歳だった、俺? 十八? まったく無用な物を読んでいたというか。時代というか、「かもめのジョナサン」(参照)も読んだしな、である。もう絶版でしょと思ったら、河出新社から出ているようだ(参照)。アメリカ文化に関心ある人と栗先生は読んでおくといいかも。
 内容についてはちと触れないのだが、その後書きにこうあって、面白かった。


 本書の「まえがき」には、「軽快な文体」と書いてありますが、本書は英語としてはたいへん難解でした。そこで、英米文学者の青木日出夫君が、訳したものを、私、安田一郎が、奥沢四郎の援助を受けて大幅に手を加えました。

 そして。

 なお本書一九五ページ「ひげ剃りと散髪、二十五セント」shave and a haircut, two bits.という文は、無線を専攻している友人に聞きましたが、わかりませんでした。ご教示いただければ幸いです。

 え? それって、ほんとか。その後の訳本では反映されているか。いずれにしろネイティブに聞けば、HAHAHAHAでわかると思うのだが(でもないのか)。というわけで、些細な話なのでブログのネタにしよう。
 該当書一九五ページはちょっとなぁの項目なんだが、その短いコンテクストはこう。

モールス信号のツートン「ひげ剃りと散髪、二十五セント」は安全のための手です。

 とあり、だもんで訳者は無線専攻の友人に聞いたのだろうが、わかんなかったそうだ。これは、アレ、です。トントトトンのトン・トン(参照MIDI)。
 で、終わり。と書いたものの。なんでそうなのかというとちとわからない。ネットを見ると”Where did "shave and a haircut, two bits" come from?”(参照)という話がある。

Interesting question. Vague, vague answers. Have checked with lots of sources that claim to know lots of stuff about lots of subjects. The best I could do was that it might come from International Morse Code. If you translate the knocking pattern as "dash dot dot dash dot, dot dash," that's /a (slash-a), which I'm told can mean "attention" at the beginning of a code message. If you send and receive code all day and you want to wake up your buddy who also sends and receives code, to be funny, you might tap out "attention." Code folks recognize letters, words, phrases by the rhythmic pattern they form, not letter by letter.

 まあ、これ自体はモールス信号ではないんだろうな。
 というところで、小学生アマチュア無線技士だった私の頭に「路頭迷う」という言葉が思い浮かぶ。子供ながらに、ロ、路頭迷う、ってなんだ?と思ったものだ。今ではモールスなんかやる子供はないか。ということろで、ふと、よもや……。
 ”Codelength of Morse code”(参照)というページにこうある。

モールス符号の暗記法
モールス符号を暗記するときに暗記法があった。長点を長音に対応させて覚えるのである。一例を示せば、 カナ 符号 覚え方 発音
イ ・- 伊藤 イトー
ロ ・-・- 路上歩行 ロジョーホコー
ハ -・・・ ハーモニカ ハーモニカ
全50文字についてあった筈だが、電信をやっていないから覚えてはいない。 ( 「ロ」は「路頭に迷う」と覚えていたが、それでは長短に合わない。記憶違いか、それとも「路頭迷う」だったのか。 )

 「路頭迷う」を現代日本人は、ろ・とー・ま・よ・う、と読むのではないか。これは、ろ・とー・ま・よーと読むのですよ。「また合う日までぇ♪」は、また、「おーおーおーひまでぇ♪」と歌うわけです。とか言っても、日本語が変わってしまったのだからしかたないか。
 ネットを見ていると、海軍式だと、ロ、「路上歩行」らしい。そうなのか。では、なぜ私は、「路頭迷う」で学んだのだろうか。
 私が生まれる前にインパールで戦死した若い伯父は、父の話ではモール信号の達人だったそうだ。どう学んだのだろうか。

|

« コシヒカリHG | トップページ | 植田重雄、逝く »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

「たいていのカモメにとって、大切なのは飛ぶことではなく、食べることだ。しかし、このカモメにとっては、食べることではなく、飛ぶこと自体が重要だった」 -- うーん、含蓄があるというか、解りすぎるというか。いやーん。

投稿: jiangmin | 2006.05.17 06:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shave and a Haircut, Two Bits:

« コシヒカリHG | トップページ | 植田重雄、逝く »