« ワッフル | トップページ | 中国企業を外資が買って制御できるか »

2006.05.23

ライブドア事件・個人投資家は救済されるのかな

 ざっと見た後いつもどおりVDRから消してしまったのだが、昨日のクローズアップ現代「ライブドア事件 個人投資家は救済されるのか」(参照)はメモとっておけばよかったか。後から悪夢のように心をひっぱり続けるものがある。話題は、二十二万人ともいわれるライブドア個人株主の被害についてなのだが、再考するに、焦点は微妙。


 結成された被害者グループの調査では、超低金利の中、老後の資金を増やそうと初めて株の運用に手を出した中高年が目立ち、リスクの高い信用取引で莫大な損失を抱えた事例も多いと言う。賠償請求を求める訴えが相次いで起こされる予定だが、損失と粉飾決算の因果関係をどう立証するか?など様々な課題がある。

 後から気が付いたのだが、クロ現のこのネタがNHKニュース「ライブドア被害 60代が深刻」(参照)でもあったのだろう。

「被害者の会」は、詳しい被害の実態を把握しようと会員を対象にアンケートを行い、およそ800人から回答を得ました。その結果、年代別で最も被害者の人数が多いのは60代で、全体の4分の1を超え、1人あたりの被害額も653万円と各年代の中でもっとも大きくなっています。退職金を使って老後の蓄えをしようとライブドア株を購入した人もおり、深刻な被害の実態がうかがえます。

 ニュースの見出しのとおり「ライブドア被害 60代が深刻」ということで、当初私はなぜ六十代がと疑問と驚きを持った。よく読むと統計の元は被害者の会に限定されるので全貌はわからない。クロ現で見た棒グラフの記憶だと、六十代以外にも被害は分散されており、四十代にも多かった。基本的に、キャッシュポジションのある世代でないと鉄火場のとば口にも入れない。
 それでも六十代に被害は多かったようだし、クロ現でもそうした映像を出していた。妻が癌で入院し、退職金を切り崩して生活していたのに、という感じのナレーションに、六十代の男がインスタントラーメンを作り啜っているのだが、ネタ? こういう映像はやめとけってばNHK。
 別の映像では、三十代だろうか、マイホーム資金を突っ込んで焦がした主婦の話。彼女の場合は信用取引でさらに焦げが一千万円強にまで広がったということだった。今後パートをしながら返していくというのだが、家族的にはつらい出来事だろう。
 もう一つ印象に残っていた映像は、集団訴訟に加わるカネもないという若い男だった。訴訟に七十万円ほどかかるらしい。ということは訴訟やれる人間にはまだそのくらいのキャッシュポジションがあるということかもしれない。
 父親譲りの二十年物塩鮭を抱えた木彫りの黒熊さんである私が、こうした被害者を自己責任ですよとか言える立場にはない。が、映像例では、株の分散投資はしてないような印象を受けた。なにより奇妙だったのは信用取引なんて私の世代では庶民にはありえなかったのだが、私も古い人間だな。安田二郎とか読んでいたクチだ。最近の人は「株の道しるべ ころばぬ先の投資バイブル」(参照)とか読まれないのだろうか、というのとそんな読んでいたら儲けにはならないか。
 クロ現でも株の素人が被害にあってという基調だったのだが、素人がどうしてそんなことができたのか、怪物スプーの幻想が脳内に充満してきたので、人に聞いてみた。なんでこんなことがあるわけ? クチこみでしょ。そうなのか? 儲け話ってたいていクチこみだよ。ほぉ。
 話をシフトして。クロ現では賠償請求訴訟についても解説していただのが、私はうかつにも知らなかったし、例えば”ライブドア株主、個人でも提訴簡単”(参照)にもはっきり書いてないが、「購入額と暴落後の売却額の差額を損害額として、その分を請求する内容になる。ただし、違法行為をした時期より後に同社株を購入したことが条件」というとき、違法行為がなにに相当するかが今回の事件では微妙。というか、相当するのは粉飾決算なのだが、暴落の引き金となった強制捜査のときは粉飾決算が対象ではなかった。というわけで、「訴訟は単純に、購入額と暴落後の売却額の差額を損害額として、その分を請求する内容になる」とはいえ、そのピヴォットが後ろにずれ込むと差額は微々たる額となり、この訴訟は有意義に成立するとはいえなくなりそうでもある。というあたり、訴訟は別の文脈の話かなとも思うのだがよくわからない。
 話にオチはないのだが、みなさんよくキャッシュポジションを持っているなと思った、特に年寄り。カネ余りは庶民でも同じだったのかというのと、こうした影の反面、けっこう儲けた人も多いのだろう。
 世捨て人たる私はブログとか書いて少し世界を覗いているつもりでいるが、知らないことがたくさんあるんだなと思った。

|

« ワッフル | トップページ | 中国企業を外資が買って制御できるか »

「時事」カテゴリの記事

コメント

60代が多いのは、ちょうど定年になった頃に金利低下でこれからは株ですよ、という煽りが世間に満ちていたからでは。
信用取引は株やればそんなに特殊ではないです。一般的に30万の元手と一年以上の株取引経験があれば信用取引できるはずです。
むしろ現物のリスクをヘッジするために信用使うのが本来のやり方だと思うんですけどねー。

投稿: ■□ Neon / himorogi □■ | 2006.05.23 10:34

住宅ローンの返済がキツイということかも。定年後も払い続けなければならないようだし。その上、住宅の維持費がまた大変で、なぜか空き部屋がありとか。

とくに定年を迎えたら、貧乏暮らしするつもりでいないと、やっていけないはずなんだよね。もし、豊かな老後がしたいなら、サラリーマン時代一切無駄使いをしないことと、マイホームは50代になってからかなぁ。

裁判の長期化したりしたら、さらに、家計を苦しめることにはなるだろうね。集団訴訟の場合、意思疎通が乱れるだろうし。弁護士は儲かるのかもしれないけど。残酷だね。

とにかく、カタギの場合、「酒」「博打」「異性」の遊びに一つでも手をだせば、老後は貧乏決定かもよ。別に清貧に生きよとはいわないけど、うかれすぎだとおもうよ。

石垣さんの場合、したくてもできない状況に若いときに追い込まれてしまったのは、不幸中の幸いだったかも。逆に、幸せなのに幸せを実感できないでいるだけで、勝手にやさぐれているだけなような気もするよ。

最初に書いた通り、住宅ローンと維持費と、もしかしたら固定資産税もあがったりしそうだし、財産に執着している老人は、地獄だと思うよ。ま、仏心にめざめるかも。

投稿: noneco | 2006.05.23 11:27

どうせなら、老人が、夫婦でカーマスートラにめざめる方が、いいか? 内臓脂肪も燃えるし。

投稿: noneco | 2006.05.23 11:29

若者は、家計簿をつけること。金の計算ができるようにならないといけないかな。なんで、学校でしっかり簿記とか教えないのだろうね。やっぱり、国民に無駄使いさせて搾取したいからか? だいたい、年利計算もできないで、ネット取引に参入しているみたいだし。異常だよ。

か、貧乏は楽しいぞ。一日300円の食費って、経験した方がいいと思うぞ。(それでも内臓脂肪がたまった、恐るべしなんだけど、ふふふ。)

投稿: noneco | 2006.05.23 11:34

クローズアップ現代では、アメリカの似たような事件では被害者救済がある程度進んでいるという紹介もしていて興味深かったです。企業に課した罰金の一部を、被害者の救済に使うみたいです。
こういった個人の被害を救済することで、市場への信頼を維持して資金が逃げないようにするという説明は説得力があるかなと思いました。

信用取引でマイホーム資金を失った主婦の話は、画面に出てこない夫に感情移入しながら見てました。

投稿: ROYGB | 2006.05.23 12:23

そのくらいの年代になると、人によってはもう、何もないんだろうな。ほんとうに、もうなにも。
夢を追いたくなる年頃と思われ

投稿: あ | 2006.05.23 16:29

 生まれたときから財産もちで無条件で受け継ぐ代わりに将来の夢は早め早めに諦めなければならない定めの私には、歳食ってから株に手を出すバカタレの心境など分かりませんなあ。
 そんなに人生怖いもん無しなら、いっそ銀行強盗でもすればいいのに。そっちのほうがよっぽど上がりがデカいだろっての。

投稿: 私 | 2006.05.23 21:24

 守るものの無い人間ほど強いってよく言うけど、守るほどの物すら持たない(持てない)人間ほど惨めなものもないって言い直してもいいんじゃない? って感じ。
 あとまあ、訴訟するほどの銭持ってる奴はその時点で授業料です諦めろバーカって裁判所に通告してほしいよな。とか言って。

投稿: 私 | 2006.05.23 21:29

ライブドアは堀江社長が有名になる前から、山っ気のある個人投資家に人気のあった、いわばギャンブル株。
以前のように証券会社の店頭で売買するならまず勧められる事の無い特殊な株だった。
こういう株でお年寄りが被害を被るのもある意味ネット社会の拡大を示す出来事だったかもしれない。

信用取引自体は別に問題は無い。むしろ個人投資家にとっては有利な事である。
空売りをマスターするのは安定して利益を上げるには重要な要素。
外国では買い(ロング)と空売り(ショート)は全く等価な扱い。

投稿: take | 2006.05.23 21:36

ご無沙汰でございます。所感が三点ほど…。
①「暴落の引き金となった強制捜査」という下りを読んで、もし裁判で検察側が負けでも
したら、米国あたりに習って(法規はしらんけど)検察に損害賠償を求める御仁が
出現しそうなヨカン。
②「キャッシュポジションのある世代」=プチブルジョア=小金持ちと読み解くと
ねずみ講・豊田商事…いやもっと昔から、この資産階級の人達って、経済活動に於いて
もっとも鴨になりやすい人間層であったと思う。
③いわゆる団塊の世代の方々は、これからくる「老いの哀しみ」にどう向き合うのだろう?

蛇足:「なんでも知っている&やったことがある」はずの石垣先生をして、
知らないことがあったぁぁと、狼狽せしめたのは、やはり、はいだしょうこ画伯
の衝撃が、あまりに大きすぎたのか?w

投稿: ういうい | 2006.05.23 22:14

>ライブドアは堀江社長が有名になる前から

有名になる前はオンザエッジで、ライブドアはまだ別会社(買収前)なんだけど、オンザエッジのこと?

>外国では買い(ロング)と空売り(ショート)は全く等価な扱い。

問題なのは空売りではなく、レバレッジが利くこと。
信用取引は保証金の何倍もの売買ができるから。

投稿: ■□ Neon / himorogi □■ | 2006.05.23 23:36

この問題になると冷静さを欠く意見が多くなることの方が不思議だ。

投稿: | 2006.05.23 23:59

初めまして、突然ですが、「安田二郎氏』を調べていましたら、此処に辿り着いたものです。
実は「安田二郎氏』は、今は?どちらに?どのように?と思っています。
ご存知の方が、いらっしゃいましたら、お教え頂けませんでしょうか?

投稿: o | 2008.03.17 16:48

ライブドアの株券の紙を持っている人は現金化することはできますか?

投稿: buzzbit.net | 2012.11.21 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア事件・個人投資家は救済されるのかな:

» ライブドア訴訟が弁護士事務所のマイブームになるのか? [BigBang]
こういう表現で募集をかけられてしまうと、何だかなあという思いが禁じえないのだけれ [続きを読む]

受信: 2006.05.28 00:21

« ワッフル | トップページ | 中国企業を外資が買って制御できるか »