« [書評]ミス・マナーズのほんとうのマナー(ジュディス・マーチン) | トップページ | 木村建設と姉歯元建築士関係が薄いとしたら »

2006.04.29

中国の石油消費はそれほど伸びない?

 ラジオで聞いた話で別ソースの裏を当たってないのだが、原油高なのになぜ日本はパニックにならないのかというテーマの関連で昨年の中国の石油消費の話があり、へぇと思うことがあった。そのあたりをちょっとメモ書き風に。
 昨年(〇五)の中国の石油消費量は一日当たり六六〇万バレル、内輸入は二五五万バレル。で、一昨年(〇四)は消費量一日六四三万バレル、内輸入は二四六万バレル。一応伸びてはいるのだが、それほどでもない。三%くらい。そんなもん?
 比較に、二〇〇四年十一月二十四日付けだが、マネログ「石油消費大国となった中国 <HSBCの中国情報>」(参照)にはこんな話がある。


 中国は1993年に石油純輸入国になりましたが、昨年の統計を見ると、中国の石油消費量は年間、約2.6億トンとなっており、日本を抜き、アメリカに続く世界第2位の石油消費国となっています。また、石油輸入でも、中国は年間約9,100万トンを輸入しており、これも、日本に次ぐ規模となっています。本年上半期の中国の石油輸入量は前年同期比約40%の伸びで、下期は景気抑制策で輸入ペースが鈍化すると見込まれますが、今年の中国の石油輸入量が1億トンの大台を超え、30%を超える伸びになるのは確実とみられています。

 つうわけで、なんか〇四年末の話だと三〇%の伸びってことで、ラジオでの三%という話とはと随分違う。
 ソースが違うのかもしれないし、そもそもラジオでの話は間違っているのかもしれないしなどなどはあるが、それでも、あれれなくらいな中国の石油消費の鈍化があるのではないか。ということで話を進めるというか、ラジオでの話をなぞる。
 なぜ中国の石油消費が伸びなくなったのか。理由とされる説明は単純で、高いから、だそうだ。で、中国様はこの事態をどう考えているかというと、これでいいのだ、らしい。年率七%経済成長をさせてかつ四%ずつ石油消費量を減らすというのだ。うぁ、さすが中国様でなくちゃ吹けないお話、ぷうぷう。
 どういう理屈で吹くかというと、まあ話を聞こうじゃないかなんだが、エネルギー効率が日本の九分の一ということらしい。すげー無駄やってんだから、その無駄をスリム化すれば大丈夫というのだ。ほほぉ。
 普通に考えると愉快な法螺話としか思えないのだが、結果はそう遠からず見えてくるのではないだろうか。ってわけで、北京オリンピックまではなんとか愉快な夢を。
 顧みて、日本。なのだが、原油高騰といっても先物の場合で、実際に入ってくる石油の価格は違うし、現状の高騰はどう見ても投機です、なので、むしろ七〇ドルで高止まりしてくれればタールサンドとか開発できてよさげとか思うのだが、そうはならないだろう。
 実際のところ日本にとって原油高は価格上昇への要因にはなるのだが、その分、円高、っていうかドル安なんでそのあたりであんじょうやっとくれってことになるのだろうか。昨今の空気だとバーナンキ僧正もドル安ぴょーんとか言いそうで、その分まだまだ日本にカネが入ってくるのだろうか。エネルギー効率いいしとか。
 よくわからないが、なんか奇妙な構図が始まろうとしてる感じはする。

|

« [書評]ミス・マナーズのほんとうのマナー(ジュディス・マーチン) | トップページ | 木村建設と姉歯元建築士関係が薄いとしたら »

「経済」カテゴリの記事

コメント

こちらの17ページに統計が。
http://www.marubeni.co.jp/research/6_market_pdf/060316shibata.pdf
ラジオの数値は正しいみたいですね。
<HSBCの中国情報>は予測値のようだし。2004年末の伸び率は15%。
しかし、ラジオ聞いただけで数字が覚えられるんですか。羨ましい。(オフトピすみません)
#いくら中国様でも国際商品市況の統計値なら信頼できるんでしょうね。

投稿: cru | 2006.04.29 23:21

今、中国の私が住んでいる場所では、市と鎮が、それ
ぞれ電気単価の値上げをしようとしていますし、ガソ
リンスタンドには、行列ができており、原油高騰の影
響はひたひた生活に忍び寄ってきています。
4月の段階でこのような状態ですから、7月8月になった
らどうなることやら・・・心配です。

投稿: T | 2006.04.30 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の石油消費はそれほど伸びない?:

« [書評]ミス・マナーズのほんとうのマナー(ジュディス・マーチン) | トップページ | 木村建設と姉歯元建築士関係が薄いとしたら »