« リチャード・プール、享年八六 | トップページ | 滋賀県長浜市幼稚園児刺殺事件について »

2006.03.03

ぼくちん永田はほっぺをペチっで終わり

 世間的には終わった問題でもあり、私もひとまずの区切りをつけておきたいと思う。疑惑メール問題についてだ。
 永田寿康衆院議員Yet民主党員資格停止中が、武部鉄人28号に深々頭を下げるの図や如何と、昨日十時のNHKニュースを見た。見るんじゃなかったかなという後悔もあるが、こういう風景も世の中にはあるな。ふと脳裏に又吉イエスの厳粛なる言葉が浮かんだが詮無き。オリガミスト永田のさらなる謝罪会見の映像もあったのだが、釈明中、どもったのか口が回らなかったのか、自分の頬を自分の手でペチと叩いた。私は唖然とした。こ、こいつ、お子ちゃまか。五十も近くなって今だお子ちゃま気分の抜けない私が言うこっちゃないが、ぼくちんほっぺをペチっはねーだろ。所作というものがあるだろ。なるほどこりゃ、小娘が何か言わなきゃなんない世の中か(参照)。
 醜態をもって一巻の終わりということだろう。読売新聞記事”永田氏「メールは本物でない」…衆院は懲罰動議を付託”(参照)によれば、こういう落とし所となった。


 これに先立ち民主党は2日昼、自民党の1日の公開質問状に対し、<1>メールの真偽は「本物ではない」とした党声明の通り<2>メールに基づく武部氏の二男への送金疑惑は、論拠が消滅した<3>武部氏と二男の名誉回復措置として、改めて謝罪する――とする鳩山幹事長名の回答書を自民党に提出した。しかし、自民党は納得せず、国会での正式な陳謝などを求める公開質問状を再提出した。

 「極東ブログ: 問題はメールの真偽ではなく口座の真偽ではないのか」(参照)で触れたが、この問題は、疑惑メールではなく、疑惑口座である。それが、永田ちゃんごめんねペチっで、「<2>メールに基づく武部氏の二男への送金疑惑は、論拠が消滅した」ことになった。なんだか、それって論理が狂ってね。疑惑メールは主疑惑の従であった。
 つまり、主疑惑である口座問題に民主党がギブアップしたということだ。負けであり、完敗であり、鉄人28号乾杯である。もう、ご次男の疑惑自体が消えちゃったんだものね。
 ここで世間的には終わった問題となった。
 私には問題は残った。しかし、ここで区切りをつけるためにエントリを書いている。
 問題は……もう昨日の週刊文春も週刊新潮も出していることでもあるからブログに書くにもどういうことはなかろう、永田オリガミちゃんのお友達、フリージャーナリスト西澤孝である。ことの粗方の真相とやらは週刊文春「『ネタ元記者』と対決180分」の記事に詳しい。週刊新潮はS学会の敵意をネタにしすぎのようだ。
 問題はではフリージャーナリスト西澤孝が元凶かというとそのあたりから記事はぼけてくる。とりあえず、民主党+永田オリガミちゃんの問題はその次元にクローズするし、国民の問題としても、どの面さげてやがんだぁ(西澤桃花裏人格の声にて)で終わる。しかし、事の真相はフリージャーナリスト西澤孝の奥になる。
 奥には主要な登場人物がまず三人いる。同記事ではS学会系とされる弁護士への配慮からか、富裕層向け雑誌編集者X(エックス)とされているが、雑誌はデュモンだしすでにネットでは名前が流れているのだからここに秘す理由もないようにも思うがとりあえず書かない。二人目はメール作成者でもあり、ライブドア関係者で、昨年、すでに退社している人物Y(ワイ)。最後にYの女友達。女友達というのからYではなくXではないかとも思うがという凝った洒落はさておき。
 こうしたXYXみたいな構図が文春の「真相」記事から示唆されている。それが真相かはわからないが、この部分が解明されないと疑惑メールの出所はわからないし、なにより、疑惑口座はこうした奥の構図から出ていることは間違いない。
 民主党としてはその構図が解明できない。解明できない理由もあるだろう。自民党としてはその構図を民主党が解明するわけはないという駆け引きで事件は進んだ。チキンゲームは自民党の勝ちになった。
 もし疑惑メールの真偽を知りたいなら、富裕層向け雑誌編集者Xを調べることから着手しなけれならない。が、そこで、とりあえずデット・エンドとなった。その先にはメドゥーサでもいるのかもしれないし。
 この間、バイストーリーも展開した。富裕層向け雑誌編集者Xの人脈からいろいろと愉快なブランチが出てきた。その先には、話題の新進アルファーブロガー、といっても引き籠もりさんじゃないほう(マーケッター大西だよなもなしなし)の線も浮かびあがり、そういえばと思うと、ふーん、なんだかわかんないけどそんなものかもな感は、こんな問題はどうでもいいとか、フリージャーナリスト西澤なんてそもそもいねーんだよとかの火消し火消しからじわ~っと伝わる温かさ。なるほど煙幕の後は火消しだよな。そして、ひとまず、終わり。

|

« リチャード・プール、享年八六 | トップページ | 滋賀県長浜市幼稚園児刺殺事件について »

「時事」カテゴリの記事

コメント

桃華ですね。

投稿: とまと | 2006.03.03 13:09

「やまとうたは 人の心を種として よろづの言の葉 とぞなれりける」
あのアルファーな人は終わりですかね。そしてventyさん、さすがです。

投稿: ペペロンチーノ | 2006.03.03 14:08

なんか、議場でも謝った写真がでているけど、
なんで目を見ながら頭を下げるのかなぁ?
顔色見ている、不謹慎ものだ。あほらしい。

投稿: 野猫 | 2006.03.03 15:33

どこの選挙区だか知りませんけど、あの程度の阿呆を輩出する土地柄ってことなんでしょ。

投稿: 私 | 2006.03.03 23:17

東大の特徴だよね。

投稿: 野猫 | 2006.03.04 06:35

>あの程度の阿呆を輩出する土地柄
小選挙区で落ちて、比例で復活したんじゃなかったかな。

投稿: よ | 2006.03.04 12:37

あーそうなんだ。じゃあ選挙区民は賢明だよ。
良かったね。

投稿: 私 | 2006.03.04 13:23

選挙区の人間です。
永田議員は落選して比例復活した男、地元でも評判はよくないと聞きます。
顔を見ればお分かりのようにガキですよ。

投稿: Ponko | 2006.03.06 22:01

こんな奴が党内で一定の地位を保ててしまう民主党の体質的問題でしょ。
ある意味で汚職議員なんかよりよっぽど問題だと思いますよ。

投稿: | 2006.03.12 02:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくちん永田はほっぺをペチっで終わり:

» 永田君、決闘しよう [翻訳blog]
 昔(19世紀前半くらいまで)のイギリスだったら、今回のような問題はどうなってい [続きを読む]

受信: 2006.03.03 18:12

« リチャード・プール、享年八六 | トップページ | 滋賀県長浜市幼稚園児刺殺事件について »