« ぼくちん永田はほっぺをペチっで終わり | トップページ | ダルフール危機がチャドに及ぶ »

2006.03.04

滋賀県長浜市幼稚園児刺殺事件について

 やや旧聞になるのだが、二月十七日滋賀県長浜市で起きた幼稚園児刺殺事件について、ニューズウィーク日本版3・8「日本社会 中国人妻が抜いた孤独の刃」を読んでからなんとなく無意識にひっかかることがあった。同記事は、リードが「滋賀県の園児殺害事件で明らかになった日中結婚ビジネスの実態」というように、日中結婚ビジネスに焦点が当てられている。他所でも同事件についてそうした観点で論じられることが多かったようにも思う。
 無意識のひっかかりは、はてなブックマーク経由で読んだ「はてな的、論点ひきこもり」の” 斎藤環「精神医学、世論との距離保て」(参照)でふと意識に浮かんできた。なお、同エントリは、精神科医斎藤環の朝日新聞寄稿を無断転載したものだろうか、よくわからない。なので、あまりここから斎藤環の意見を批判するわけにもいかないが、一読、精神科医の見解とは思えないなというのがあった。端的に言えば、社会批評家斎藤環なんか不要だから、一精神医としてこの事件を語ってほしかった、ということだ。
 ニューズウィークの記事を読み返した。無意識のひっかかりはすぐにわかった。


99年の来日後、しばらく夫の実家に住んでいた鄭の印象について、「ごく普通の笑顔がきれいな人だった」と近所の人は口をそろえる。
 しかしその後、精神的に不安定になり、03年秋から05年秋まで長浜市内の精神病院に通院。04年には4か月間入院していた。

 「精神病院」というタームで私の心はカチっと音をたてた。そういう報道はあったか。また、そういう履歴をもった人が事件を起こしたとき、日本の新聞メディアは実名を出さないはずではなかったか。
 別ソースのニュースを見ると、京都新聞”犯行動機 解明急ぐ 長浜2園児殺害1週間”(参照)ではこうある。

しかし、2003年から通院し、長期入院したこともあった。2年前に夫の実家から今の家に移り、長女が通園を始めた。昨春からは園に長女の様子を頻繁に見に行き、当番以外の日も通園について行った。

 他大手新聞も類似の表現で、精神病院という記載は見あたらなかった。日刊スポーツ”滋賀園児殺害の鄭容疑者、精神鑑定へ”(参照)では「神経内科」とある。

 調べや親族の話によると、鄭容疑者は2000年7月に結婚。03年ごろから感情の起伏が激しくなって、家庭で暴れだすようになり、家族が救急車を呼び病院に連れて行ったこともあった。その後、鄭容疑者は長浜市内の神経内科で診察を受け回復。通院は続けていたが昨年10月から病院に行かなくなった。医師からは2週間に1度、通院するように言われていた。最近も突然怒りだすことが多く、事件前日にはほとんど寝ていない様子だったという。

 私の知識では、精神科と神経内科は異なる。
 おそらく、病院は、広義には精神病院ではあるだろうが、容疑者が通院・長期入院していたのは、精神科ではなく神経内科ではなかったのだろうか。話を端折るが、それは適切な対応ではなかったのではないか。さらに、精神科医斎藤環はこの点を専門家として言及するのが社会的な役割ではなかったか。追記同日:入院先は精神神経科らしいとのコメントをいただいた。
 日刊スポーツの同記事だが、標題のように精神鑑定を問うている。引用が長くなるが重要なのであえて引用したい。

 滋賀県長浜市で幼稚園児2人を刺殺したとして逮捕された鄭永善容疑者(34)について、大津地検は21日までに、精神鑑定を実施する方針を固めた。
 鄭容疑者は「自分の子どもがなじめなかった」と動機を供述。しかし、事実と食い違う点も多く一方的な思い込みとみられる上、精神的に不安定になって家庭内で暴力を振るっていたことも分かり、地検は鑑定で精神状態を詳しく調べる必要があると判断した。
 一方、鄭容疑者が殺害状況を具体的に説明。「このままここにいたら捕まる」と逃走を図ったことから罪の意識もあり、刑事責任は問えるとみている。

 少し粗暴な議論になるのだが、神経内科に通院ということで、精神科ではないことから、ジャーナリズムは実名報道に踏み切り、そしてその社会評論家風な斎藤環のように、事件を社会問題に還元して議論が進められているのだが、私は、これは元来が精神科の領域の問題ではなかったかという疑問に捕らわれつつある。

【追記同日】
 コメントにて以下の情報をいただいた。私の推測だが、この情報は正しいと思う。

> 病院は長浜日赤病院
> http://www.nagahama.jrc.or.jp/
> 精神神経科です。
> http://www.nagahama.jrc.or.jp/sinryouka/seisinka.htm

 容疑者に精神神経科の入院歴があるとすれば、なぜ大手新聞社は実名報道に踏み切り、また精神神経科を明記しなかったのだろうか。あるいは明記されていたのか。

|

« ぼくちん永田はほっぺをペチっで終わり | トップページ | ダルフール危機がチャドに及ぶ »

「時事」カテゴリの記事

コメント

中国の親戚(甥だったか)が曰く、日本に行く前に既に、たまにわけのわからないことを喚いていた、との報道も事件翌日辺りで見かけたのですが。

投稿: ■□ Neon / himorogi □■ | 2006.03.04 11:17

男は読経 女は愛郷

知らんとこ逝くのは不安ですよ。誰しも。

投稿: 私 | 2006.03.04 12:31

 おそらく神経内科も標榜している精神科病院だと思います。昔の精神科(脳外科・神経内科も一緒だった)出身の神経内科医が、診ている可能性も否定できませんが、長期入院は体制上難しいと思いますので。
 いわゆる中国人妻が心因反応(適応障害)を生じ入院したケースは私も診たことがあります。彼女は大学卒・知的環境出身でしたが、夫は新聞販売をしている朴訥な方で、言葉・文化のみならず、知的関心に大きな断絶があり、お互いに理解を見出すのが極めて困難なようでした。彼女は中国に戻ったらすっかり治ったようです。

投稿: フリー精神科医 | 2006.03.04 15:10

ハード屋とソフト屋の違いみたいなものですね…。

投稿: むにゅう! | 2006.03.04 15:49

病院は長浜日赤病院
http://www.nagahama.jrc.or.jp/
精神神経科です。
http://www.nagahama.jrc.or.jp/sinryouka/seisinka.htm

投稿: 長浜市在住者 | 2006.03.04 16:28

長浜市在住者さん、情報ありがとうございます。

情報は確かだとと思われますので、エントリに追記しました。

投稿: finalvent | 2006.03.04 17:08

まちがいありません。
根拠
長浜市にはもうひとつ市立長浜病院
http://www.biwa.ne.jp/~nch/
があり、神経内科もありますが、在阪放送局ならびNHK大津・びわこ放送のニュースでは日赤病院を映しながら入院暦の報道をしていた。
もひとつは小さい町なのですべて情報がはいっています。
良くも悪くも田舎。個人情報良いもの悪いもの全てです。
ワイドショー系の取材陣は2週間ほど在浜しておりました・・・

投稿: 長浜市在住者 | 2006.03.04 22:47

>なぜ大手新聞社は実名報道に踏み切り~(後略)

 そらまあ…外人差別でしょ。普通に。昨今の日中関係必ずしも良くないですし。ってかそういうのは政治判断だから民間の新聞社ごときがやることじゃないように思いますけど…何だかんだでやっちゃうんじゃないですかね?

 テレビで見る限り、ウチの田舎と大差ない(新興住宅地ってトコも)ですけど、田舎繋がりで人情に大差ないとするなら、中国人妻の孤独さは思いやって余りありますけどね。
 ああいう地域って、いろんな意味で特殊なんですよね。
 同和の人は同和の人で寄り集まるとか、そういう表に出ない(出せない)ところで繋がってる人結構いますし。日本人(笑)同士でさえ繋がりが薄かったり刹那的だったりしますから、外国人ってのは相当以上のハンデかと。

 いっそ工場にパートとか行ってれば良かったかもしれませんね。そういう地域では、外人差別って意外と少ないんですよね。

 …と、見ても無いのに知った風に言ってみるテスト

投稿: 私 | 2006.03.04 23:32

友人とつるむのが好きな女性が、つるみたくてもつるめない状況にいるのはかわいそうだとは思いますが(運の悪い奴・・)、殺された子どもや遺族のことより、この女ばかりが擁護されてて可哀相。

投稿:   | 2006.03.05 16:37

↑チャイナキティは擁護されてたんだ?
 ふーん。知らんかった。
 殺された子供や家族の慰めが最優先やろ。
 ぶっちゃけ、そのためだったらチャイナキティの関係者が身包み剥がれることになっても文句は言えんと思う。

 人殺しは、そのくらい重いことだと思うんよね。普通。違うん?

投稿: 私 | 2006.03.05 19:39

↑「人殺しは、そのくらい重い」
確かにそうなんだけどね。
確かに ……。

投稿: ピッチ | 2006.03.08 03:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県長浜市幼稚園児刺殺事件について:

» ニュース(個人)サイト [ピュアな子鹿.com]
Narinari.com アキバBlog 極東ブログ Today's Best News UP↑DOWN↓ 9歳の小学生でも絶対わかる!すごくやさしいニュース [続きを読む]

受信: 2006.03.04 21:20

» 長浜事件、犯罪者を擁護する朝日社説(朝日新聞) [トンデモ社説]
長浜事件、犯罪者を擁護する朝日社説(朝日新聞) 『長浜事件 心の内が知りたい』朝日新聞社説H18.3.13 http://www.asahi.com/paper/editorial20060311.html  滋賀県長浜市で2人の幼稚園児を包丁で刺して死なせた鄭(てい)永善容疑者が、殺人罪などで起訴された。  去年秋から幼い子どもが連れ去られて殺される事件が相次いだ。不安をつのらせた親たちが、各地で子どもを守る... [続きを読む]

受信: 2006.03.14 00:04

« ぼくちん永田はほっぺをペチっで終わり | トップページ | ダルフール危機がチャドに及ぶ »