« 「新たな食料・農業・農村基本計画」は何処へ | トップページ | 社会と国家とイスラム法 »

2006.02.08

駆け落ちは恋の花道とか

 シャッター通りというほどでもないが、実家に向かう昔懐かしい町のあちこちを歩くと小さな商店はほとんどなくなっている。しかたないのだろう。懐かしさに思い出に沈んでいると、かつての商店にいた人たちの顔なども鮮明に思い出す。いい顔があったな。美人の奥さんや肉体労働で鍛えた旦那もいた。今の自分の歳よりも若かったのか、あの人たちは、と思っているうちに、ふと彼らの少なからぬ人たちが駆け落ちだったんじゃないかと思った。そう思ってみると、彼らは奇妙に色っぽいというかセクシーな人たちであった。そうか、駆け落ちか。駆け落ちはよいな。恋の花道っていうものがあるとすれば駆け落ちか……さて。
 林秀彦のテレビドラマ「名門私立女子高校」の脇役で落ちぶれた老人の教師がいたが、彼が人生の思い出の最良のものは女房を担ぎだして駆け落ちしたことであった……とかだったか、そんな話だった。駆け落ちが人生の誇りではあった。担ぎ出すあたり伊勢物語のようでもあるな。
 そういえばトルコだったか別のユーラシアの部族だか、これと決めた女を担ぎ出して駆け落ちするのが正しい婚礼というの風習があるらしい。もちろん伝統的な行為らしく数日して戻ってきて集落の祝福を受けるのだそうだ。
 恋の行動様式にはそういう駆け落ちみたいな原型のようなものがあるのかもしれないが、日本の歴史でいうなら、駆け落ちは戦後の風景だったのではないだろうか。そう考えるとあのセクシーな人たちの時代と辻褄が合う。女房を担ぎ出してというほどではないとしても、気分としては同じようなものだった人たちも多かっただろうし、昭和三十年代都市近郊に流れ込んだ若夫婦の大半にはそうした思いに共感したものがあったのだろう。言い方を変えれば恋が、駆け落ちが、必要な時代だった。
 今は時代が違う。駆け落ちなんてものをとんと聞かない……あるのか。大学のときに女友だちがアイルランドに駆け落ちしたがどうしているやら。現代では駆け落ちがあっても物語になるだろうか。まずもって結婚は許さんとかいう役柄が無理無理のようでもあるし、いや……とここで考え込むのだが、現代の晩婚化というかその気風の背景にあるのは、彼や彼女たちの心のなかのなにかが結婚は許さんと言っているんじゃないか……どうだろう。
 いろいろ理屈はつくのだろうが、人というのは案外無意識の心に縛られているものだし、なにかの禁忌の行為というのは、それを心が禁じているものだ。洒落でいうのだが、無意識のなかのなにかが結婚は許さんというとき、その心を蹴って駆け落ちみたいなことはできないのか。どうも話があさってに向いてきたな。話を変える。
 きっこ様、ちがった、紀子様、ご懐妊のこと。お目出度い話という他はない。実家によったおりちと母と茶飲み話をした。私が言うに、三十九歳でお子様とはたいしたものだが、それって世間の言葉で※かきっ子って言うのじゃないか、といきなり母に叱られた。しかし四十の※かきっ子って言うじゃないか。なお叱られた。叱る者がいるうちは私も日本人の道を踏み外さないのであろう。
 テレビドラマ「肝っ玉かあさん」こと大正庵の女将の名はいさ子とかで五十三歳の娘というのだったと記憶しているが、はてそれはその母親の歳だっただろうか。もしかして父親の歳か、というあたりで歩きつつ昔の町を見ながらまた風景を見つつ、そういえば老人の男に色っぽいおかみさんみたいな夫婦というのがいくつかあった。友だちの家もそうだった。お父さんそれともお爺さんとか子どもながらに聞いてはいけない雰囲気があった。

|

« 「新たな食料・農業・農村基本計画」は何処へ | トップページ | 社会と国家とイスラム法 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

今は駆け落ちがもうないんじゃないか、ということですが、こんなことはいつの時代も変わらないと思います。昔に比べたら少なくなったとはいえあるのは確かにあるはずです。
それに駆け落ちがロマンチックなのは他人から見てのみです。僕自身駆け落ち同然でしたが、何もかもバタバタで、回りに迷惑をかけまくるは、で今思い出してもただただぞっとするだけです。というか二度と思い出したくなんかありません。

投稿: hosomi | 2006.02.08 21:11

印象操作による思想誘導ってか?
こんなやり方いまだに通じると思ってるのかねぇ
なんか”左巻きのやり方”って感じだよね

投稿: ああ | 2006.02.09 03:29

き子様は時代の先端ですよ。 出来ちゃった婚して直ぐに眞子様と翌翌年には佳子様とお子様を産み揚げて、まだ女盛り。今は晩婚が普通ですから、40歳前に出産は初産です。雅子様と4歳違いだし
雅子様の初出産と同年齢でしょう。雅子様は今年43歳、39歳で愛子様を出産しています。清子様だってそれくらいになるのでは?
晩婚だから、35,6歳で結婚して2,3年後が普通になってる。
倦怠期も 新婚気分で可愛い赤ちゃんを産み、少子化の中で健康な女性として鏡です。 倦怠期の夫婦にもう1人赤ちゃんを増やしてもらえます。もうベビー関連株は上がっていますよ。ピジョン哺乳瓶とか明治乳業とか。栄養が良くなってるので、閉経も伸びてるし健康な女性は朗報でしょう。

投稿: ようちゃん | 2006.02.09 05:58

http://www.rondan.co.jp/html/mail/index.html
目安箱の投稿者 に疑問?
投稿者: 冷泉 文恵 クラインたか子に投書してる怪人物が怪文書を書いています。「ここだけの話だが、秋篠宮が、天皇の本当の子供でないってこと」触れれば血が出る、死人が出ると言われる世界が三つあった。 同和、総連、それに菊の紋所である。 特に菊は、タブー中のタブー、同和・総連が小泉改革で崩壊しても、菊に関しては批判めいたことが何一つ言えないという風潮がまかり通っている。
山崎先生の毒蛇ブログでも チャンネル桜でも正体不明といわれています。きっ子の日記の作者以上に危険です。

誰かこの不謹慎な憶測で 怪文章を書き込む人物の 令泉 文江を
正体晒して 御灸を据えてください。


投稿: ようちゃん | 2006.02.09 06:01

終風さん、それはしかられて当然。

投稿: synonymous | 2006.02.09 13:07

それは、あれですか。
船越英二が「いけません、絶対に私は許しませんよ!」てな。

投稿: 煬帝 | 2006.02.10 03:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駆け落ちは恋の花道とか:

« 「新たな食料・農業・農村基本計画」は何処へ | トップページ | 社会と国家とイスラム法 »