« パソコンのキーボード | トップページ | シャロン後メモ »

2006.01.10

胃袋のペースメーカー

 今朝ラジオを聞いていたら、肥満防止のために胃袋の中に埋め込んで食欲を調整する装置の話をしていた。あれ?それって効果なしってことじゃなかったかと思って話を聞いていたのだが、そういうオチにもならず、貧困国を含め全世界で六人に一人が肥満でという文脈に流れていた。さて?
 ラジオの話には固有名は出てこなかったが、それはあれでしょ。この技術を開発していた Transneuronix を昨年六月に買収した Medtronic の Transcend でしょ。ブツの写真と詳細は”Medtronic Obesity Management”(参照)にある。名称は、とりあえずGES(Gastric Electrical Stimulation)となっている。IGS(implanted gastric stimulator)という表現もある。
 あるいはこの手の機械は他にもあったか。要するに、心臓のペースメーカーよろしく胃袋のペースメーカーになる。過食だと電気信号でもう食うなもうおなかいっぱいだよんというものだ。そういうえば、カナダだったか、脳に埋め込んだ電極に信号を送ると鬱が改善するというのもあった。なんか、ヒューマノイドっていう世界ではあるな。
 Medtronic のサイトをこの機に覗いてみると、FDA(The Food and Drug Administration)……直訳すれば「食品医薬品局」って感じなんだと思うけどなわけねーよ定訳語だよ……では認可してないとのことだ。つまり、米国人は使ってないということか。あるいはイギリスとかで手術すればOKなのだろうか。
 ニュース的にはどうだったかざっと調べ直してみると、やっぱし効果はないようだ。昨年十二月八日RED HERRING”Medtronic Obesity Device Fails”(参照)にはこうある。


Medtronic said Thursday preliminary trial results show its implantable, electric weight loss device failed to prove more effective than a placebo in helping patients lose excess weight.

The medical device company said the one-year study on the company’s implantable gastric stimulation device was affected by “factors including variances in trial execution and unplanned treatment changes.”


 ニュースは経済記事らしくこの失敗の株価への波及などについてもふれているがそれほどの影響力はなかったようだ。つまり、市場的にはこの手の機械への期待はまだ続いているということなのだろう。
 そういえば、数年前だったが、日本で、あれ、低周波治療器をおなかの贅肉にあてて痩せるというのが流行っていたみたいだが、その後はどうなんでしょうね。

|

« パソコンのキーボード | トップページ | シャロン後メモ »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

低周波治療器、今でもテレビショッピングで売っています。
今のはシールみたいなサイズの3,4枚を腕や肩に貼ったりできますね。

投稿: ヲチャ | 2006.01.10 22:25

低周波治療器ですが
前の職場で、あれでおなかの皮膚が破れて血が出た、という人がいました。
単なるアホですが(笑)
そういカモはいつでもいるってことです。
いやはや、なんとうか・・・

投稿: ななし | 2006.01.10 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃袋のペースメーカー:

« パソコンのキーボード | トップページ | シャロン後メモ »