« シャロン後メモ | トップページ | イラン核問題メモ »

2006.01.12

ホテル・ルワンダをあと三百軒ほど

 昨日たまたま十時のNHKニュースを見たら、映画「ホテル・ルワンダ」(参照)が日本でも上映されるという話をやっていた。そういえば、そういう運動があることは「はてなブックマーク」で見かけたことがあるなと思い出した。私はその上映運動には関心ない。
 そうしたこともあってか、ニュースのなかで上映を呼びかけた若者の話などを聞いてて、千二百人の人の命が救えて、そりゃよかったね、ダルフールにホテル・ルワンダをあと三百軒ほど建ててくれ、とつぶやくくらいだ。こうした虐殺がもう二度と起きないようにというような発言もあったかと思う。こっそり苦笑した。
 二〇〇四年、欧米でルワンダ虐殺十周年のニュースはダルフール虐殺のニュースのただ中で流れた。目前に進む虐殺を止めることはできなかったのだった。虐殺……スーダン政府による民衆の虐殺だ。
 なぜ国際社会が虐殺を止められなかったか。もう端的に言おうと思う。中国が原因である。スーダンに石油利権を持つ中国が常任理事国の地位を悪用し、国際社会がスーダンに圧力を加えることを妨害しつづけた。
 もちろん問題はそんな単純ではない。錯綜している。そしてさらに現在はこじれた状況になりつつある。最初はダルフールの反政府勢力の小さな暴発だった。そしてスーダン政府はジャンジャウィードという民兵を使いダルフールの民衆を虐殺し続けた。ちょうど日本ではイラクに平和をと叫ばれた時期だった。なぜイラクに平和という奴らはダルフールの虐殺を看過するのか。中国のお仲間なのだろうか。
 それでも、一義に攻められるのはスーダン政府であり、そして次には中国だと思う。国際社会として見れば、中国の要因が大きい。
 と、私だけが思うのではないという補強に昨年十二月十七日のロイター”China's interests in Sudan brings diplomatic cover”(参照)を引いておこう。


China's trade and oil interests in Sudan have induced the permanent U.N. Security Council member to provide diplomatic cover for the government accused by many of war crimes against its own people, analysts say.

Sudan has had its back against the wall of the U.N. headquarters in New York during the past 18 months over the conflict in Darfur, where tens of thousands of people have died as a result of violence the United States called genocide.

But the spectre of a Chinese veto has shielded Sudan from possible sanctions over the conflict and in turn protected a growing source of much-needed oil for Beijing.


 中国はスーダンに石油利権のために人道問題の解決の足をひっぱり続けた。
 そして中国はどんどんそのプレザンスを高めていった。

China's heavy but understated presence in Sudan is symbolised by the vast, walled compound housing its embassy on prime real estate in Khartoum. It dominates Sudan's crude oil sector, which produces around 330,000 barrels per day, and is building roads, bridges and dams.

China has become Sudan's biggest foreign investor with $4 billion in projects.


 なんでこんな国に日本は政府開発援助を続けなくてはならないのだろう。
 二度とルワンダの虐殺がおきないようにというまえに、ダルフールの虐殺の実態がなぜ知らされないのか考えてほしい。現在の世界はその虐殺の実態さえ知らされていないのだ。三十万人もが虐殺されていたのかもしれないというのに。
 そういえば、今日付のタイムズ”Insatiable Beijing scours the world for power and profit”(参照)を見たらこうある。

China now obtains about 28 per cent of its oil imports from Africa - mainly Angola, Sudan and Congo. Chinese companies have snapped up offshore blocks in Angola, built pipelines in Sudan and have begun prospecting in Mali, Mauritania, Niger and Chad.

 アンゴラかと思う。昨年の読売新聞”ブレア英首相が提唱のアフリカ支援、実現に不安 貧困解消阻む土壌”(2005.6.24)でギニアに並んでアンゴラにこうふれていた。

●遠い改革
 「民主化」を求めるドナー国の要求も、簡単には受け入れられそうもない。
 ウガンダのムセベニ大統領は5月25日、「(先進国は)国の運営を指図する習慣をやめるべきだ。我々は自ら政策を決定できる。彼らは我々に奴隷になれというのか」と、かみついた。
 今期限りのムセベニ大統領は憲法改正で2006年大統領選への出馬を狙っており、英国は、ウガンダへの政府開発援助(ODA)の一部を保留した。ウガンダの国家予算の約4割は先進国開発援助金だが、ムセベニ大統領は政治改革を求める外部の声を「内政干渉」と、はねつけている。
 南アフリカの研究機関「グローバル・ダイアログ」のクリスティ・ベストヘイゼン研究員は「冷戦時代、先進国はアフリカの独裁者を支援した。今になって欧米流の民主化を求める考え方は、アフリカの指導者には矛盾に映る」と話す。
 赤道ギニアやアンゴラなどの原油産出国に対しては、欧米の民主化圧力はないに等しく、「二重基準」の批判もある。

 かくしてアフリカの産油国へ民主化圧力はむなしい。中国が内政不干渉と称しながらカネと武器を流し込んでいるから、なおさらのこと。

|

« シャロン後メモ | トップページ | イラン核問題メモ »

「時事」カテゴリの記事

コメント

私は「ホテル・ルワンダ」について、町山智浩さんのブログで「現実版ドーン・オブ・ザ・デッド」と紹介されているのを読んで、若干不謹慎な形で興味を持った人間です。
ただ、きっかけはどうあれ、目的は「埋もれた名作を観たい!」であって、mixi内のコミュでも左翼的な性格を帯びないよう注意が払われたよう思います。
NHKの番組は観ていないので分かりませんが、上映運動がホワイトバンドやその手の市民運動と同一視されるのはなんか違うなあと感じています。

以前からfinalventさんのダルフール虐殺への取り組みに対しては深く敬服しているだけに、今回の”八つ当たり”と捉えられかねない書き方を少し残念に思います。

投稿: cerberus | 2006.01.13 12:15

言いづらいものがありますけど、「1200人の命が救えて良かった」とか、「こうした(ルワンダ)虐殺が二度と起きないように」とかそういう感想に「全ての人が救われない」理由というか、絶望に近い想いがあったのかなと私は思っています。ルワンダの救われなかった人達に対する無関心、あるいはこうした虐殺が二度と起きないように、という感想が出るほどに知られていない近年のダルフール虐殺。上映運動をしていた人達がどうとかいう話ではなく、繰り返される虐殺を防ぐ手段の欠如、それどころか情報そのものが覆い隠される悪意というか、どちらかというとそういう事が批判の対象ではないでしょうか。長文失礼しました。

投稿: kaze | 2006.01.15 04:39

知らしめることに意味があるという面もある、と思います。
確かに今になって10年前の虐殺を採り上げることは無意味かも知れません。
が、ダルフールの件について中国などを批判することも、過ぎたこととしては同じです。
ダルフールの件に関しては、主人公のモデルとなったルセサバギナ氏自身が講演で諸外国の姿勢を批判しています。
また、表現方法が映画である以上、受け手の感想は情緒的な方向に流れがちではありますが、
実際に虐殺の手を下すのは中国でも支配者でもなく、憎しみに駆られた個々人なわけですから、
情緒的なアプローチが実効性がないとは一概に言えないのではないでしょうか。

投稿: (・(ェ)・) | 2006.01.23 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・ルワンダをあと三百軒ほど:

» アフリカの紛争地に中国が石油を求めて暗躍している。共産党幹部がスーダン訪問 [屋根の上のミケ]
<html> <font size="5"> アフリカの紛争地に中国が暗躍している。共産党幹部がスーダン訪問、ペトロチャイナ幹部同行</b></font> <font size="2"> 極端な人権侵害を繰り返し、国際社会から孤立しているスーダンに石油を求めて、中国が触手を伸ばしている。先日は中東のヨルダンで中国の工作員が、テロの巻き添えに遭って死んでいる。中国は、世界の紛争地で暗躍する..... [続きを読む]

受信: 2006.01.12 22:08

» 忘れないぞっ!! [chakuro.com-ガンプラ日記にょ]
アンジェリーナ・ジョリーさん、ブラピの子を妊娠:excite ニュース そういうことで、この映画が出来たのですね…映画みた後、会社の人に聞いてビツクリ… シャープが春にも「ワンセグ」端末、キャリアは未定。:narinari.comさん 「ワンセグ?あぁ、アレね…」的なアプローチを会社で行った俺…勉強しなさい。 『「おもしろい」のゲームデザイン』の原著者に松浦雅也さんがインタビュー:O'Reilly Villageさん 本は買ったが、まだ読んでない… 日の丸・君が代反対!! ... [続きを読む]

受信: 2006.01.12 23:00

» というか日本ではルワンダの事もどれだけ知っているか知っていてもそれはもの凄く軽量な存在 [hasenkaの日記]
一時はテレビでも様々な番組で扱っていたけれどその後国内の様々な事件に戦いているうちに遠い忘却な彼方に。結局アフリカなんか余りにも遠い国でアフリカの人の命なんて日本の千分の一もこころみられないという事実なんだ。アフリカの現実はきっと日本で起こっている事なんかママゴトにしか過ぎないということ。雪が地震が耐震が、どうでもいいくらい些細な事なのだろう。でもきっとこれでいいんです。日本人は日本の事だけが大事なんだから。今までもこれからも。そうすればするほど人間の価値は国によって違うという事が明白になっていくし... [続きを読む]

受信: 2006.01.13 09:57

» [読書] 悪の帝国ドイツとそのスパイたち [gachapinfanのスクラップブック]
  第一次大戦末期におけるロシア ジョージ・ケナン『ASIN:4624110234:title』 (via id:pavlusha:20050320#p2)  連合国は、ロシアの戦争遂行能力の減退の不安な前兆とロマノフ王朝の募りゆく危機に気づいても、これらの現象を主としてドイツの影響によるものと解した。ドイツはすべての悪の根源でなければならなかった。何か悪いことが起こるとすれば、それは必ずドイツのせいであった。この固定観念から1916年の終わりのペトログラードの混乱は、単にロシア宮廷に対するドイツ... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 10:34

» [時事] エネルギー問題の強迫観念 [gachapinfanのスクラップブック]
   溜池通信 - vol.254 http://tameike.net/pdfs5/tame254.PDF   当たり前のことではありますが、日中間にはパーセプション・ギャップが多いということです。特に、「海洋への進出」「エネルギー問題」「対米関係」の3点は、日本から見るのと中国から見るのでは大違い。なるほど、これでは日中関係は容易でないなと感じました。他方、相手側の事情が呑み込めてくれば、無用な摩擦も減少するはずで、日中関係はもう少し違った角度から見るとよいのではないか。以下、そ... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 11:06

» ホテル・ルワンダ [金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等]
★本日の金言豆★ 「フツ族」「ツチ族」などの「〜族」という呼称は、差別を連想させるものとして、現在公式の場では使用されない。本作では話をわかりやすくするためにあえて使用。 [続きを読む]

受信: 2006.01.18 14:26

» ホテル・ルワンダ [諸悪の根源は物理的]
遅ればせながら、「ホテル・ルワンダ」をDVDで観た。1994年にルワンダで起きた、フツ族によるツチ族大虐殺。ホテルのハウスマネージャであるポールは、ツチ族である自分の妻を含む1200人以上のツチ族、フツ族難民をホテルに保護する。...... [続きを読む]

受信: 2006.01.18 17:46

» ホテル・ルワンダ -Hotel Rwanda- [もとい、おぢさんって映画ダ~イスキ (^▽^ケケケ]
朝、起きたら雪が降っていたんだけど シアターN渋谷まで 「ホテル・ルワンダ」 を ひとりぼっち で観に行ってきました -- 1994年の3ヶ月程度の間にルワンダで起きた フツ族 と ツチ族 の民族紛争 (フツ族によるツチ族の100万人虐殺)の時の話 四つ星ホテル ミル・コリーヌ の副支配人(フツ族)が 妻(ツチ族) と家族を助けるためにホテルで、奮闘していると あれよあれよ と 1,200名以上の命も助けることになる っていうことなんだけど・・・ こういう紛争が10年ちょっと前か~ ... [続きを読む]

受信: 2006.01.21 20:04

» 「ホテル・ルワンダ」 [よしなしごと]
 最近見たい映画と言えば、ホテルルワンダかTHE有頂天ホテル。どちらもホテルつながりですが、内容はまったく違うこの映画。どっちを見に行こうかなぁ~。というわけで、なんとなくホテルルワンダに決定。... [続きを読む]

受信: 2006.01.28 16:52

» 『ホテル・ルワンダ』 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
映画レビュー 『ホテル・ルワンダ』 † 監督:テリー・ジョージ 【8点】 『ホテル・ルワンダ』を見てきた。立川のシネマシティ/City2は凄い。これほど、スクリーンを大きく感じたのは生まれて初めてのこと。前から4列目に陣取ったのだが、正面にスクリーンがある... [続きを読む]

受信: 2006.02.07 20:49

» ルワンダ 100万人虐殺 [中華 状元への道]
 本来なら本日はスキーに行っているはずでしたが4日前に息子がインフルエンザにかかって しまい断念。休暇を取っていたので妻と買い物にでもと思っていたら、昨夜妻の働く病院から出勤 要請があり、なんのための休みかわからなくなってしまいました。子供たちは園児祭の練習のため保育園に連れてゆき、 わたしは一人で映画を見ました。  やっぱり中国関連で、「単騎、千里を走る」か「PROMISE」はたまた「天空の草原のナンサ」か?散々迷ったあげく結局「ホテル・ルワンダ」にしました。世界平和を願ってますから。... [続きを読む]

受信: 2006.02.14 20:49

« シャロン後メモ | トップページ | イラン核問題メモ »