« 「手鍋下げても」について | トップページ | iPodが学習ツールとして普及すればいいのに »

2005.12.10

フェタチーズ

 また食い物の話。フェタチーズ。つまり、フェタ。ちょっと前だがニュースを聞いていたら、「フェタ」の名称はギリシア産に限るとEUがようやく裁定したそうだ(参照)。へぇと思うと同時にフェタを食わなくなって久しいなと思った。
 フェタをWikipediaでひいたら写真付きで載っていた(参照)。


フェタチーズ
 フェタ(φετα, feta)は、羊の乳からつくられるチーズのひとつ。フェタチーズとも。
 ギリシャの代表的なチーズである。 白色のねっとりした塊状の外観で、食塩水中で熟成させるために強い塩味がある。 そのまま、あるいはオードブルやサラダの材料として食べる。

 見るとわかるようにぼろっと崩れる。これをサラダに載せるのがグリークサラダというやつで、プラカなんぞの観光客向けのタベルナだとなんかそれっぽいのだが、ちょっと観光地を外すと、グリークサラダって、そうか、フェタを食うのがメインかと回心する。ヘディングできそうなくらいのサイズで野菜の上にどかんと載っている。
 旨いか? ま、これはちょっと好みがあるでしょう。私は好きだ。というか、ギリシアにステイしているときは日々食っていた。日本だとオイル漬けのがちょっこし売っているだけみたいなのでがっかりした。最近ではそうでもないのか。
 ギリシア人のフェタ好きは、昨年のオリンピックの際の読売新聞のサイト「一口サイズのチーズパイ : 気分はギリシャ!簡単クッキング : アテネ五輪」(参照)でもわかる。

 でも、ひと昔前には本当に貴重品でした。長い夏休みのようだった幸せなギリシャ滞在を切り上げて日本に帰らなくてはならなくなった時、日本に住んでいるギリシャ人の友人から、「お願いだからフェタをカバンにいっぱい詰めて帰ってきて」との緊急指令が入りました。そのため、禁断症状を示しはじめた友人を救うために、大量のフェタを密輸することになったのですが、そのカバン、その後どう洗っても干してもフェタのにおいが消えず、二度と使うことができなくなってしまいました。帰国後、東京のギリシャ大使館で仕事をし始めてからは、外交特権で定期的にフェタを取り寄せる同僚たちの恩恵を被り、我が家の冷蔵庫は扉をあけるといつでもフェタのにおいがするようになりました。幸せでした。

 まぁそんな感じだ。山本七平の息子山本良樹は米国在のころ、ギリシア系の女を抱くと野菜の腐ったような匂いがするみたいなことを言っていたが、グリークサラダを食い続けるとそうなる。
 私がこのチーズを好んで食うのでギリシアの年長の女性が教えてくれた、あのね、上質なフェタはデンマーク産、とのこと。
 へぇ、と思った。韓国人が買って食うキムチが中国産のように、ギリシアのフェタもデンマーク産か。よくわからないが、だったら日本にもっと輸入されてもよさそうなものだが、チューリップ(ポーク!)みたいに。
 そんなことが記憶にあったので、フェタはジェネリックじゃないというEUの裁定はそんなものかなとも思った。ちなみに、ありがちなニュースは”Greece wins exclusive European rights to 'feta' name”(参照)など。

Despite its many imitators, Greece remained the main European producer and consumer of feta cheese, the court said.

"The production of feta has remained concentrated in Greece, with more than 85 percent of (European) Community consumption of feta, per capita and per year, taking place in Greece," it said.


 よくわからないが、ようするにギリシア人がフェタをいっぱい食うからここは面子を立てとけということではないのか。割を食ったデンマーク(それとドイツ)だが、従来フェタとしてきたチーズの名称が包装紙に記載できるのは二〇〇七年までとなる(猶予期間)。そういえばBBC”Food firm cheesed off over ruling”(参照)を見ると英国でもブーイングはあるようだ。
 チーズは一時期各種食いまくったことがあるのだが、フェタなんかも歴史的にはモッツァレラチーズみたいなものではないか、というかトルコの濃いヨーグルトというかサワークリームなんかもみんな似たようなものなのではないかとも思う。
 今回ようやくフェタはギリシア限定ということだが、ロックフォールはすでにフランス産に限定のはず。こちらについては、そのほうがいいだろう。いわゆる青カビチーズと上質なロックフォールは、え?というくらい味も香りも違う。ゴルゴンーゾーラもそう。スティルトン? それは食べてないのでわからん。

|

« 「手鍋下げても」について | トップページ | iPodが学習ツールとして普及すればいいのに »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

失礼します。
ブログ専用ランキングサイトの
「No1ブログランキング!」の運営者です。
ランキングサイトを始めたのですが、
まだ登録が少ないので、すみませんがよかったら、
こちらのブログを登録していただけないでしょうか。
まだ登録が少ないので上位ランキングが可能です。
http://no1b.jp/
です。
では失礼しました。

投稿: No1ブログランキング!  | 2005.12.10 20:47

東京で美味しいギリシャ料理をいただくのなら、Spyrosが良いと。http://www.spyros.jp/

通信販売のページに行くと、フェタチーズの通信購入も可能。

投稿: マイク | 2005.12.11 14:44

feta に初遭遇したのはケンブリッジのギリシャ料理屋でした。あの塩味、忘れられんが、日本では田舎住まいなので、目にした事が無いのです。

投稿: synonymous | 2005.12.12 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェタチーズ:

« 「手鍋下げても」について | トップページ | iPodが学習ツールとして普及すればいいのに »