« 墓地の森、あるいは森の墓地 | トップページ | 耐震設計について十年前を思い出す »

2005.11.28

姉歯設計建築事務所による耐震データ偽造事件雑感

 ブログは時代のログ(記録)ということもあるので世間の大きな話題についてはお付き合いというかできるだけスルーしないでおこうと思う。というわけで、今更姉歯設計建築事務所による耐震データ偽造事件だが、私はなんだかよくわからなかった。なので雑感、メモ程度。
 ここまでの意図的な偽造というか偽造を取り巻く構造もすごいなとは思うが、杜撰な施工を含めてよくあることなのではないかという感じが私はしていた。阪神大震災後、なぜこんなに死者が出たのかという疑問も個人的にあり、中村幸安「コウアン先生の人を殺さない住宅―阪神大震災「169勝1敗」の棟梁に学べ」(参照)など一連読んだが、これらの建築Gメン的な示唆は興味深いといえば興味深いのだが、いざその提言となると現代日本の実情にはそぐわないようにも思えた。またこの本と限らないのだが、マンションについては論点の立てたかになにか腑に落ちない感じもしていた。
 私事めくが、この間私は八年沖縄で暮らし、沖縄の家がいちいちスクラッチから設計されること、内地からの設計者が多いことなど奇妙にも思えた。それと、基本的に沖縄のカネは土建に落ちるので、羽振りのいいあたりのゴチの末席にいると必ず設計関連がくっついているのでいろいろ裏話っぽい話なども聞いたりした。うまくまとまらないのでふーんという感じではあるが、コンクリートで設計する家っていうのは案外危険かなとも思った。
 在沖時代でも時折東京に行くのだが、そのたびに東京の街ににょきにょきとマンションが立つのにも驚いた。こんなところにもというところにもマンションが立つのでその変遷にも土器の形態のように関心を持つようになった。と同時にマンションがどう地域社会を変えていくのかというのも知るほどに面白かった。が、その話はここではしない。
 マンション形状の変遷で私が今でも興味深く見ているのはエレベーターと通路の関係である。私の認識違いかもしれないが、バブルや億ションという時代にはできるだけ通路を否定しエレベーターが縦にのみ専有されるふうだった。が、それがしだいに変わっていった。通路が増えてくる。横断の通路を作るとマンションは昔風の団地になってしまうわけで、そこをどう団地に見せないように設計しているものなだなと思ってあれこれ眺めていた。
 そのうち規模にも関心の軸を移した。マンションとして一括される建築物という認識でいいのかなんとなく疑問に思うようになった。三百から四百人くらいになにか大きな差があるようにも思う。仮にそこで分けて小規模型と大規模型とする。同じマンションではくくれないのではないか。
 話を戻して、今回の事件だが、あーこれは小規模型だなと私は思った。この場合は、コミュニティ的な配慮が十分に機能しないという感じがする。つまり、その存在が地域社会にとっての追加であって、既存地域社会に変化をもたらすものではない…学校とか流通とかの地域社会の構造を変えず付加物になる。
 で、そうした場合、地域社会が結果的に強いるモラルのようなものも希薄になるだろうし…話を略すが…小規模型は見栄えはよく品質の悪いという傾向を持つようになるだろう、と。
 私が単に事実関係を間違っているだけかもしれないが、そうした状況では品質に関わる偽造などが発生するのはある程度しかたのないことではないのか、というか、それは地域コミュニティや自治的性質をもった住居群とは異なり、より一般商品的な商品なのだろう、とそう思えた。あまりくっきり言うと批判されるだろうが(そう割り切れる問題でもないだろうし)、地域社会の存続に関わる問題なのか高額な商品なのか、という問題ではないか。今回は後者なのだろう。高額な商品が安い時には安い理由があるものだ(あるいは不当ともえる利潤などがある)。
 が、社会問題として多くの人が関心をこの事件に持つのは、そこにどうしても、特定地域に暮らす社会の構成員として地域社会の危険性がないか不安を覚えているからではないか。
 話が少しずれる。今回の事件で、私はあまり映像を見ないのだがそれでも、NHKで姉歯建築士がたんたんと語るのを見て奇妙に思った。ネットを眺めるとポイントはズラかどうかでもあるようだがというのは冗談として、奇妙な印象を受けた。およそ罪責感が伝わってこない。そしてそれを取り巻くどたばたにもそうした感じはない。なんか、姉歯建築士の背景に魑魅魍魎がいるかのごとく感じられるし、そうした背景についてネットなどでトバシ情報が錯乱するのだろうな、また宝塚線の問題のように上をひたすら叩け的社会ヒステリーかな、どうでもいいやオレは寝よ、という感じではあった。
 そうしたなか、ほぉっと思ったのは「筆の滑りまくるリベラルブロガーのネタ日記」ではなく、この耐震強度の偽造問題を国土交通省が公表する二日も前に、元国土庁長官の伊藤公介衆院議員が小嶋ヒューザー社長とともに国交省を訪問していたという話だ。なるほど、発表時点で裏はできていたわけで、姉歯建築士も自分の書き割りはこのくらいと思っただけなのだろう。
 あまり物事はっきり言うものでもないが、今のところ私が思うのは、これはそれほどたいした社会問題ではないのではないか、ということだ。が、そう言ってしまえば震度五で倒壊するマンションの住民のことを考えないのかとかその住民は死んでもいいのかとか、そうした住民でもない人から詰問されそうだ。
 私は生まれてこのかた幸いにも震度五を越える地震を経験したことはない。一応その震度がどのくらいの影響を身体や構造に与えるか頭では知っているだけだ。現実の大震災が発生すれば、強度設計が現状で万全とされていても倒壊するマンションもあるだろう。しかし、地域社会はびくともしないと思うし、そうであれば、そうした大規模災害時の被害が最小限に防げると思う。

|

« 墓地の森、あるいは森の墓地 | トップページ | 耐震設計について十年前を思い出す »

「生活」カテゴリの記事

コメント

>私は生まれてこのかた幸いにも震度五を越える地震を経験したことはない。一応その震度がどのくらいの影響を身体や構造に与えるか頭では知っているだけだ。現実の大震災が発生すれば、強度設計が現状で万全とされていても倒壊するマンションもあるだろう。しかし、地域社会はびくともしないと思うし、そうであれば、そうした大規模災害時の被害が最小限に防げると思う。

阪神大震災を実際に体験した者としては、頭の中でひねり出した思考と実際の体験は違いすぎるとしかいいがないですね。

投稿: F.Nakajima | 2005.11.28 21:11

竹部幹事長や関係者の発言からみても、
手抜きは常識、騙された方が悪いと言いたげです。この業界は腐ってます。
土建国家日本を被う、最近の閉塞感は根幹が腐っていることから来る、腐臭が原因かも知れません。

 

投稿: hiro | 2005.11.28 23:43

>国道工事完成写真、受注業者が修整 全国で疑い1千枚
http://www.asahi.com/national/update/1128/TKY200511280338.html
地元なので知り合いがこの手の仕事(Photoshopの使い方としては正しい?)を請け負ってたのを見たことがあります。そういうシノギは一度手を染めるとしがらみになるのを他山の石としてみてきたので、さっさと縁切りました。

投稿: ■□ Neon / himorogi □■ | 2005.11.29 01:57

どちらかというと、地震より、老朽化が早くすすむことの方が社会問題になる。現在ある築30年のマンションより、安普請マンションは15年もしたら、修理より建て替えた方が安いというのが、あちこちででてくるかもしれない。

職人さんが口々にしていたのは、50年なり30年なりの結果がでていない建築方法は怖い。一戸建てについてだけどね。いずれにしても、お金がかかっていない建築物が、はたして丈夫といえるのかなぁ。

投稿: 野猫 | 2005.11.29 05:18

記事についてはほんと雑感だから特にいうことないけどさ、単純に言って、建築業界全体の不況な現状の縮図じゃないの。耐震云々は問題の本質じゃないというか、本質だけど、くだらないよね。姉歯の顔は裏がどうのこうのというより、冷めちゃった顔に見えるな。なんか宅間みたいな。


> なんだか日本の世間の声が社会ヒステリーっぽい希ガス。
> 自分の利害に関係ねーものを叩く叩く叩く。なぜそこまで叩きたい? わかんね。


ネットの中で乙女ばりに毎日毎日心情やら雑感吐露しつづける50オヤジも十分、ヒステリーだと思うがね。もっともそんな素敵なナイスミドルを世は「有識者」やら「アルファブロガー」などと呼んで褒めてさえくれるから幸せな世の中なんだけど。

投稿: 罪のないものから石を投げてみるテスト? | 2005.11.29 05:58

JR西の事件とはわけが違うでしょう。
JR西の場合は事故ですけど、今回の件は犯罪ですよ。
係わっていた全員が、犯罪だって分かっていたんですよ。
金のために人の人生を滅茶苦茶にしておいて、その全員が自分は悪くないと言っている。ありえませんよ。人間として。姉歯が設計したホテルの社長も言ってましたけど、本当に人間じゃないですよ。ひとでなしですよ。
木村建設は計画倒産。ヒューザーの社長に至っては、国が金を出せと言ってる。居直り強盗ですよ。狂ってますよ。
真面目な話、こういう人間は死刑にすべきです。万死に値しますよ。

投稿: 矢七 | 2005.11.29 09:13

まあデフレは怖いですね、と。
人の心の動かし方としても。

投稿: 無粋な人 | 2005.11.29 10:30

今年初めて震度5強という地震を体験した者ですが、
この件を地域社会の中での出来事として捉えた場合、
finalventさんのご意見に概ね同意です。

投稿: konami | 2005.11.29 11:32

バブル期以降の建物なんてそんなもんだろうとみんな薄々は思ってたでしょ。

これを機会に建設業界が健全化すれば、買いが進むのでしょうかね。少なくとも検査業界は(一時的にせよ)儲かるんだろうなー。

投稿: ぽこ | 2005.11.29 13:16

はじめまして、全く同感です。
特に>これはそれほどたいした社会問題ではないのではないか、ということだ。
(誤解を招くかもしれませんが手抜きのない建物でも運悪く倒壊する)

エイズ騒ぎでも血友病製剤に知らんふりをして最後までたたかれた人間だけが悪人だったか表に出ない極悪人がいたはず、今回も表に出た悪人だけに罪を被せて幕が引かれ根源的な解決にならない気がします。

投稿: tatu99 | 2005.11.29 16:22

震度2でもひび割れが出来ていたよ。

投稿: ao | 2005.12.01 22:59

姉歯の事件ということだけで憤激にかられ、finalventさんの書かれた文章を浅く読んでしまい思慮のない文章を書いてしまいました。気分を害されたと思いますが、どうかお許しください。申し訳ありませんでした。

投稿: 矢七 | 2005.12.09 05:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姉歯設計建築事務所による耐震データ偽造事件雑感:

» インチキ設計の欠陥マンションに思う [やぶにらみトーク]
 一級建築士の耐震設計のごまかし、それを認可した検査会社とお役所、施工建設会社と施工主の2社どれを見ても、責任がある、無い、の問題ではないと思う。  「もっと鉄筋量を減らせ!」といった、言わないの論議が又出ているが、いまいち分からないのは、そうすることによ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 14:17

» ヒューザー物件から引っ越しません宣言 [「揺れるマンション」顛末記]
当初、行政からの指示があれば、従うという方針でしたが、やめます。 ヒューザーとの関係が最終局面に至り、一応、一晩は考えた結果です。 私たちの安全確保を理由に退去勧告や使用禁止など指示がでるということですが、その指示には従いません。 なぜなら、「既存不適格」のマンションもあり、「施工段階の欠陥」マンションもあり、この国には、「危険」なマンションがあふれています。その中で、私たちが、本当に「一番危険」で、直ちに退去しなくてはいけないのかはっきりしていないからです。 他に、危険なマ... [続きを読む]

受信: 2005.11.29 10:31

» 姉歯設計建築事務所による耐震データ偽造事件について [Rashita's Style Blog]
事件の詳細については様々なメディアで結構解説されているので、特に説明みたいなもの... [続きを読む]

受信: 2005.11.29 16:16

» 目立った奴を嘲笑しようぜ 姉歯 [自殺]
日本の集合住宅は、耐震の効果よりも気にすべきところがある。 防音がなされておらず「その防音性が合格」で、民も嫌だと言わない [続きを読む]

受信: 2005.11.30 04:08

» 伊藤公介(元国土庁長官)耐震強度偽造に絡みパーティー延期 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「伊藤公介(元国土庁長官)耐震強度偽造に絡みパーティー延期」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、... [続きを読む]

受信: 2005.12.03 12:36

» ノーマルとアブノーマルの狭間で [マゾヒズムに花束を!]
 建造物の耐震データ偽造問題で姉歯建築士がどうして逮捕されないのか、ず〜と不思議に思っていたら、やはり同じような疑問を抱く人がいたようで安心しました。 【なぜ姉歯建築士は逮捕されないのですか?】  Google で「姉歯」「逮捕」「なぜ」 をキーワードに検索してみたらヒットしたのですが、こんなおバカな検索ワードで日常の疑問が解けるのだから、凄い世の中になったものです。  およそ健康と病気、正常と異常の境... [続きを読む]

受信: 2005.12.08 10:29

» 姉歯チルドレン [corin.blog]
やっぱり出てきましたねこんなニュース 『Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 宮城・登米市立小学校2校、耐震強度不足で使用停止』 正しい事ってなんだろう?って真剣に考えます。 今回の一連の関係企業は問題多そうですが、多かれ少なかれ生きてれば危険とは隣り合わせ。 勿論決められた基準があって、それを故意に破るのはノーです。 が、極論すれば、車で100キロ以上で衝突すると車体崩壊の恐れがあるから車に問題あり。 みたいな事です(大分違いますね、、、) 武部さんは日本の建物全棟検査したら良い... [続きを読む]

受信: 2005.12.08 16:59

« 墓地の森、あるいは森の墓地 | トップページ | 耐震設計について十年前を思い出す »