« 米国の住宅バブルが終わるらしい | トップページ | ただ飯はないよ定理の奇妙な応用に関連する悪夢 »

2005.09.30

サッカーくじ(toto)累積赤字が一五〇億円

 サッカーくじ(toto)の累積赤字が〇四年度決算で一五〇億円に達するというニュースがあった。それほど違和感はないし、なぜこの期に、しかもまた中央青山監査法人という裏についてもよくわからない。
 赤字をたんまり抱え込んで、totoも廃止かというとそこまではわからない。そうでもなさげ。個人的には、教育行政を担う旧文部省(現在の文科省)が博打の胴元なんかやるからだよ、ざまーみろと一貫した共産党のような印象を持ったが、考えてみるに変な話ではある。なにか面白いネタがあるわけでもないが、つらつら思うことはある。
 なにが問題なのか? 簡単そうで簡単でもない。会社経営的に見るなら売上げの推移と経営を考えればいい。朝日新聞”toto、累積赤字150億円に 会計検査院指摘”(参照)によると売上げはこうなっていた。


 totoは売り上げが年間420億円程度あれば黒字決算になる仕組みだった。ところが、01年シーズンの604億円をピークに、02年408億円、03年203億円、04年156億円と年々落ち込んだ。

 これは当初からまるでダメの推移である。ならばなぜ最初からそれがわからなかったのか、文部官僚、と思う。千葉商科大学加藤寛学長が郵政民営化推進にあたり、「武士の商法を許すまじ」と言っていたが(参照)、totoのケースは絵に描いたような武士の商法である。なにしろ他の博打の胴元のように自分らで商売する気はなく、しかもりそな銀行に丸投げしていた。その費用毎年七〇億円。所詮名前貸しのしょぼいサイドビジネスならそれでもいいのかもしれないが、初期投資に三五〇億円かかっていた。それでも、なんともならない状況というのでもあるまい。
 今回の赤字暴露はこういうカラクリらしい。

 このため、同センターは、銀行への初期投資の支払いを02年度で約20億円、03年度は70億円を先送りし、決算で費用として計上せず、今後返済する残高(03年度で約230億円)は「負債」に計上していなかった。
 こうした方法に対し、検査院は「決算書で赤字の状況がわかりにくく、不適切だ」などとして改善を求めたとみられる。
 これを受け、同センターは04年度決算で先送り分をまとめて費用計上したところ、赤字決算になるとともに、累積赤字が150億円に達したとされる。

 なんだろねコレ。ぞっとするのは、負債に計上してなかったっていう帳簿の付け方ってどうよ、橋本派じゃあるまいし。いずれ、「武士の商法を許すまじ」ではある。
 ところで、最初はダメの線は見えてなかったのだろうか。ちょっと過去の新聞を見ると、やっぱし当初からダメカモはネギをしょっていた。読売新聞”totoの行方(1)売り上げ”(2001.08.09)ではこうある。

 今年から日本のスポーツ風景に加わったスポーツ振興くじ(サッカーくじ、愛称toto)。財源に苦しむスポーツ界の“救世主”がスタートしてから約半年が過ぎた。将来的には年間2000億円の売り上げを目指して、初年度の売り上げ目標は812億円。だが、売り上げ減が続いて、その達成には“黄信号”が点灯しはじめている。その一方で、新しい財源となるくじからの助成の配分を巡って、さまざまな思惑や水面下の動きも出てきている。

 当初からダメでしょというのは、なんだかんだいっても博打なのに配当が少ないというのと、文科省権益のためだった助成金の突き上げがきつかったからだろう。たとえば、〇二年の日本体育協会の予算案は三九億七千万円、前年比で一億九千二百万円増額だが、うちtotoの助成として五億八百二十八万円を見込んでいた。こうしたスポーツ団体って今どうなってんだろうか。全市区町村に「総合型地域スポーツクラブ」をというのは頓挫しても、それはそうかなのご時世だし、くらいだが、スポーツトップ選手への強化費給付も停止期間もあったらしい。オリンピックとかにも影響はでるのだろう。
 今後のtotoの経営や関連の助成金はどうなるのかそれがどれだけの意味があるのかもよくわからないが、抜本的な経営改革がないとダメが続くだろう。販売直営はさらに危険ではないのか。
 そういえば、totoは当初からダメでしょの線で見ていて思ったのだが、あれだ、健全なスポーツのためとはいえこんなもの所詮は博打。博打をするマーケットというのはどうだったのだろうか。競馬とかもけっこう苦戦していたはずだ。とざっと公営ギャンブルのようすを眺めてみると、地方ではやはりダメダメのようだ。公営ギャンブルの目的は財源確保なのに赤字を重ねてまでやる事業ではないといった声が多いようだ。都市部ではどうかよくわからないが、長期的にはダメなのではないか(参照PDF)。
 それとただの印象だが、公営ギャンブルというのはうらぶれた年寄りという感じがする。若い世代がのめり込んでいるふうもなさげ。と思ったら若い世代はデイトレにのめり込んでいるわけか。つまり、市場全体が博打場化したから、政府統括の博打は終わったということではないのか。

|

« 米国の住宅バブルが終わるらしい | トップページ | ただ飯はないよ定理の奇妙な応用に関連する悪夢 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

>totoは当初からダメでしょの線で見ていて思ったのだが、あれだ、健全なスポーツのためとはいえこんなもの所詮は博打。

PTAなんかの「青少年の育成に悪影響を与える」という口出しのために発売当初は「いかに買いにくくするか」妥協に妥協を重ねた産物ですから。このような状況に陥るのは当然の帰結かと。(サッカー関係者はこのままではだめになると警告していましたが)

>全市区町村に「総合型地域スポーツクラブ」をというのは頓挫しても、それはそうかなのご時世だし、

ただ、これを諦めるのは特にJリーグのコアなサポーターにとっては痛切の極みです。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kazupage/tubuyaki-1.htm

バブル崩壊後の日本では、諦観主義の前に昨今は「理想」という言葉すら聞くことがまれになりました。そんな中、大上段に理想を掲げて大法螺を吹いているのは今はここだけです。
ま、これぐらいでめげる連中じゃないですがね。

投稿: F.Nakajima | 2005.09.30 22:06

>ダメカモはネギをしょっていた。

名文です。

投稿: Cyberbob:-) | 2005.10.01 07:27

胴元が儲からない博打という時点で異次元、亜空間殺法か?

投稿: i | 2005.10.01 23:58

ま、とりあえず皆パチンコでしょ

投稿: 無粋な人 | 2005.10.03 10:50

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080726-00000053-yom-socc

投稿: | 2008.07.27 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/6182610

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーくじ(toto)累積赤字が一五〇億円:

» 『一億四千万二百八十五万七千百四十二回、買えるの』  <-03> [BLOG バカヤマ <相撲部編>]
四追:『極東ブログ』でfinalventさんが赤字百五十億円に至る経緯を簡潔にまとめておられました。(cf.極東ブログ:サッカーくじ累積赤字がでfinalventさん一言『ダメカモはネギをしょっていた』、なるほどドコに問題があったのかよくわかった(ような)気がします。 これもまたコンコルドだったのか〆 10/07/05 √えっと買うときに消費税はかかるのでしょうか、もし課税されないなら150,000,000回挑戦できますね。 村上龍さんの『あの金で何が買えたのか』っぽくいくとそれだけの額に... [続きを読む]

受信: 2005.10.07 20:54

« 米国の住宅バブルが終わるらしい | トップページ | ただ飯はないよ定理の奇妙な応用に関連する悪夢 »