« 郵政民営化問題:ワシントンポストとフィナンシャルタイムズ | トップページ | 極東ブログ、二年 »

2005.08.21

ティッシュ配りについて考える

 「生物から見た世界」という、戦前のドイツの人が書いた本がある(正確にはちと違う)。内容は、ひどく単純に言うと、各種の生物はそれぞれ自分の視点で世界を見ているということ。当然と言えば当然。それを人間の個人差にまで広げるのもなんだが、多少なり人生を生きてみると、同じ人間で、同じ日本人とかで、同じ世界を生きていると思っていても、それぞれ勝手に違った世界を見ているものだ。私は思うのだが、街の見方までがらっと変えてしまうのは、ビラ配りと車椅子の経験だ。後者については別の機会に。

cover
生物から見た世界
 私は一度だけビラを配ったことがある。米国の核兵器に反対しようとかいうシロモノだ。お世話になった先生の手前、嫌ともいえない状況にあった。二十代前半のこと、私はノンポリだった。それでもソ連の核兵器はどうなんだろとかぽかーんと思った。さすがに参加しなかったけど、ダイインという、路上で死んだふりパフォーマンスもあった。
 ビラ配りをやってみると、けっこう大変な仕事だった。恥ずかしいのである。なんでこんなことしているんだろとか思う。そのうち、なんであれやっているんだからきちんとやろうとか思い直す。だが、ビラは受け取ってはもらえない。道行く人はすげない。などなど。もうこんなのやだなと思った。世界観は変わった。以降十年くらい、ビラを配っている人がいると必ず受け取ることにした。
 ティッシュ配りも必ず受け取っていた。ティッシュが欲しいわけではない。無料のティッシュは薄いし固いので好きではない。でも、断れない。ようやく、最近、受け取らなくなった。すみませんねぇ、と小声で言って通り過ぎる。
 先日、東京郊外の街を歩いていて、あれっと思ったのだが、ティッシュ配りの女の子が、かわいい。えっ!とかときめく歳でもないが、昔はそうだったかなと記憶を辿る。わからない。気になって他を見回してみた。あくまで傾向としては、という限定なんだけど、ティッシュ配りの女の子がかわいい。世の中どうなったのか?
cover
さおだけ屋は
なぜ潰れないのか?
 さらに考えてみる。かわいい女性のほうがティッシュ配りにとって効率がいい。だから、この作業もある種専門化しているのか。我ながら悪くない仮説だが、さてと算盤を弾く。時給はいくらだろう? 千円くらいかな。この仕事、できて三時間というところ。手取りで一日三千円。あまりよい仕事でもなさげ。その程度の額なら、ちょっと小ずるい知恵があれば別の方法でゲットできそうだし、というか、以前はそうなっていたはずだ。なにか世の中変わったのか?
 仮説を足す。ティッシュ配りの専門要員というのはいなくて、別のバイトの順繰りなんじゃないか。あるいは、実は、あの女性たちは、主婦なんじゃないか。わからん。訊いてみる? キモワルがられるよな。
 なんて思っていたら、通販生活秋号に「ティッシュ配りの徹底検証」が載っていた。辛酸なめ子まで憲法九条は禿同みたいなことを書いているおまけの冊子は速攻で捨てて、読んでみた。なるほど。
 ティッシュ配りのメッカは新宿南口だそうである。ほぉ。一個の原価は六円だそうだ。ほぉ。大阪では「毎度ぉ!」とか言って渡すらしい。ほぉ。ストレッチマンもいると効率がよろしい。嘘。
 配布専用員というのもあるらしい。私の仮説は間違っていたのか。
 肝心の時給だが、千二百円で一日三時間くらいらしい。それは上限価格だろうから、このあたりの私の仮説はあたり。
 ちょっと意外だったのは、ティッシュ配りは、街金の広告としてはあまり効果はないそうだ。街金としては親愛の気持ちの表現みたいなものらしい。そうかもしれないなとは思う。
 もっとも、ジャンルによっては効果はあるだろう。そういえば、私が三十代のころだが、人に連れられて女性がお酌する飲み屋に行ったことがあるが、女性と向き合って話題もない。とはいえにらめっこもなんなのでモヒカンっぽく「なんでここで働いているの?」と訊いてみた。答えは、ティッシュ広告で募集していたのだそうだ。そういうティッシュ見たことないなと答えると、彼女は、あんた馬鹿?みたいな唖然とした顔をした。「女性に配るのよぉ」「そうか」と答えると、彼女は苦笑した。
 今思うと、なんであれ笑わせたら勝ちだよなと思うが、当時はそんな知恵も回らないのであった。

|

« 郵政民営化問題:ワシントンポストとフィナンシャルタイムズ | トップページ | 極東ブログ、二年 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

そんな固いですか?
だいたいトイレットペーパーと同じくらいじゃないでしょうか。

投稿: 笠花屋 | 2005.08.21 20:29

街金だとわかりませんが、大資本企業の路上キャンペンなどはモデル事務所の方が出ている、ときいたことがあるます。時給という点だけではなくて、いづれステップアップするための下積み(という口車にのっての仕事)として働いている。とすると時給とのギャップが説明できそうな気がします。
ティッシュ配りのバイトそれ自体の募集を見たことはないのでやはり手配師の意図があるのでしょうかね。私が知らないだけでどこかで募集がかけられているのでしょうかね。

投稿: mori | 2005.08.21 21:31

渋谷あたりだと、配ってるそばで時給千円という立て看が思いっきり出てたりする。

投稿: (anonymous) | 2005.08.21 22:26

やったことありますよーw
日雇い登録のところから、専門会社の穴埋めでしたが。
その時は一日8時間、普通の労働です。職種は不動産。それとコンタクトレンズ(時間同じ)。
そーいや、街金の募集は見たことないな。

投稿: 紅玉石 | 2005.08.21 23:46

 ティッシュやサンプルを街角で配布するバイトを
学生の頃、よくしていました。そういう会社があった
のです。サンプリングという表現をしていました。
いろいろな企業から依頼がきて、その条件に応じ、
駅、スーパーの前などで配っていました。大学の
入学式に門の前で「オメデトウゴザイマ~ス」
などと言いながらも配りましたね。忙しい学部の
学生には、単発で空いた時間にだけ仕事を入れる
ことができたので便利でした。一日で5~8千円
にはなりました。朝だけ、夕だけでも そこそこ
いただけました。現地までの交通費も食費も支給。
今は時代が変ったからどうかわかりませんが。
当方かわいかったかどうかは自信がありませんが、
さばくの上手でした。思いきりの笑顔でぐっとブツを
差し出すのです。「オハヨーゴザイマ~ス」って。
 その会社は、それ以外にもいろいろなことを
やっていました。いわゆる隙間産業ですね。そう
いう手伝いも事務所でしましたね。働きたい時に
働けて、ほんと便利でした。

投稿: 元まじめな学生 | 2005.08.22 00:59

最近おどりながら(かろやかなステップを踏みながら)ティッシュを配ってる人がいました。
思わず受け取ってしまいました。

投稿: 勇者 | 2005.08.22 02:02

ティッシュ配りをみかけると、とりあえずもらいにいきます。

投稿: shinch | 2005.08.22 12:44

ティッシュなら時たま受け取ることもあるが、ビラは絶対受け取りません。
道の端(配る人の背後)を通ったり、配る人から遠い側を回って通ったり、
手をポケットに突っ込んだりして露骨に受け取らない意思表示をします。
無駄なジェスチャーをやらせぬ様に。

広告ティッシュの品質が悪いというのは人に言われるまでずっと知りませんでした。
市販品と同等と思ってた。普段はトイレットペーパー、鼻水の多いときは箱ティッシュ、
とても多い時はポケットタオルを使います。

投稿: Y | 2005.08.22 17:06

「ティッシュ配りは、街金の広告としてはあまり効果はないそうだ。街金としては親愛の気持ちの表現みたいなものらしい。」 昔、サラ金問題(ってここの書き手ならわかるかな)激しいころ テレビや雑誌、新聞等のメディアでの広告ができなかった。 それで「ティッシュ配り(サラ金の)」がはじまった。と聞いています。
今は 大手を振って 広告をだしていますが・・。

投稿: dd2dtty | 2005.08.27 05:00

一度だけ「バイトを用意するはずが用意できてなかった!」と頼まれてやったことがあります。

配る人はちゃんと人を見ているんじゃないのかな?「この人はもらってくれそう...」というやつを。
・他の物をもらっている人はもらってくれやすい
・空いている手が自分と反対方向だともらってくれにくい
・両手がふさがっている人(荷物とか)はもらってくれない
とか素人なりに配っている間で学習しました(笑)

投稿: さるたん7464 | 2005.09.01 12:14

このバイト初めてやりました。意味ないバイトかもしれないけれどもとても楽しかったです。みなさんのコメントもいろいろあって参考になりました。つまらない記事ですがTBさせてください。お願いします。

投稿: ryu_nen | 2005.09.27 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/5566735

この記事へのトラックバック一覧です: ティッシュ配りについて考える:

» ティッシュ配りの意味 [MetLog]
極東ブログ: ティッシュ配りについて考える ティッシュ配りのメッカは新宿南口だそ... [続きを読む]

受信: 2005.08.22 23:07

» ティッシュ配りについて考える [話の種(´━`)]
ティッシュ配りについて考える [続きを読む]

受信: 2005.08.31 23:14

» I am a campaign girl ★ [春待ち留年日記♪]
今日もバイトです。後期始まってますが大学は行ってないです。おいおい。 ティッシュ配り。2000個ほど駅前で配りました。ちなみに初めてです。 なぜかテンション上がったよお。ホント街っていろんな人いるなあ。 カッコいいお兄さん5人も見たよ! ティッシュあげれたのがなんか嬉しい。世の中いい男がまだまだいるもんだ☆ 普段ひきこもりなので知らなかったよ^^; 短期だけれども、バイトは欝や寂しさをぶっとばすからイイ! 以前もスーパーなどでサンプリングのバイトをしていたのだけれども、 ... [続きを読む]

受信: 2005.09.27 18:58

« 郵政民営化問題:ワシントンポストとフィナンシャルタイムズ | トップページ | 極東ブログ、二年 »