« 東洋人と西洋人では物の見方が違うらしい | トップページ | 精子銀行が心の支えになるという話 »

2005.08.25

「中国男女平等と女性発展状況」白書を巡って

 ロイターで見かけたニュースでちょっと気になることがあった。ずばりと切り出しづらい感じがするし、よくわからない。該当のニュースは、”Chinese women hold up half the sky, but many in poverty”(参照)である。標題の含みが今ひとつわからないが、中国人女性が置かれている状況は大きく改善したものの、まだ多数は貧困層にある、ということだろう。中国人の大半は農民であり、それは現状も貧困層なので、女性が貧困の状態にあるというのはとりわけ話題でもないかとは思うが、中国の女性問題には多少関心があるので、記事を読み進めてみて、困惑した。


The mortality rate of women in childbirth fell to 48.3 per 100,000 last year from 61.9 per 100,000 in 1995, it said.

Suicide, however, remains a major cause of death among women, particularly in the countryside. State media figures from 2002 showed 250,000 Chinese women took their own lives every year, a rate 25 percent higher than among men.


 前段は出産時死亡率でこれは一年でもめだって改善されている。問題は後段だ。中国人女性の主要な死亡原因が自殺だというのである。特に農村部で目立つらしい。男性と比較して二五パーセントも多い。
 日本を含め、多くの社会では男性のほうが自殺率が高いはずだし、また、農村部で高いというのはなにかの事態を暗示しているのだろうか。
 関連ニュースはないかと調べてみると英語ではいくつかあるし、英語版毎日新聞にAPの”Chinese women become more educated but lag behind in business, government”(参照)の記事があり、この問題に焦点を当てている。

BEIJING -- College attendance is up among Chinese women but millions more remain trapped in bitter poverty in rural areas where female suicide and infanticide persist despite campaigns to raise the status of women, a government report and an official said Wednesday.


The report did not mention that China has one of the highest suicide rates in the world, with some 290,000 deaths a year, or that more than half the victims are women -- most in the countryside.

Gu said in response to a reporter's question, that female suicide in China "occurs mainly in rural areas for a number of complicated reasons," including depression, family conflicts, economic difficulties and disease.


 APの記事はこの状態について社会問題が背景にあるという示唆がある。
 毎日新聞の日本語版にこの情報がないか調べてみたがネットからは見あたらないし、他も日本のジャーナリズムは注視していないようだ。
 今回のニュースの元になったレポートの側から調べると、中国サイドのCRI”中国、「中国男女平等と女性発展状況」白書を発表”(参照)があった。しかし、この問題には触れていない。同系の英文ニュースも同様なので特に日本語版で配慮したものでもなさそうだ。
 該当白書の全体は英文”Full text: Gender Equality and Women's Development in China”(参照)で読める。ざっと流し読みしたが、女性の自殺については触れていないようだ。
 というところで、先のAPのニュースを読み直して気が付いたのだが、"Gu said in response to a reporter's question"とあるので、中国女性の自殺率の問題は白書の内部ではないのかもしれない。
 このあたりの報道の絡み具合や、日本のジャーナリズムやこの問題に関心をもってよさそうな団体などの見解も現状ではまだ見あたらない。APでは"infanticide(幼児殺害)"にも言及しており、このあたりは男女の出生率が当然参照されるべきだが、よい情報は簡単には見あたらなかった。

|

« 東洋人と西洋人では物の見方が違うらしい | トップページ | 精子銀行が心の支えになるという話 »

「社会」カテゴリの記事

コメント

>Chinese women hold up half the sky,

故毛沢東主席が、「中国の天の半分は女性が支える」と言ったのを引っ掛けているんです。

投稿: F.Nakajima | 2005.08.25 15:54

中国農村部の実態について、経済的には失業問題と絡めてあれほど注目されているにもかかわらず、外国メディアが報道している情報量は極端に少ない。逆に報道できない「何か」の存在が透けて見えますが。
http://china-sports.seesaa.net/article/375802.html

「大地の子」のような状況が続いているのが実情なんでしょう。


投稿: F.Nakajima | 2005.08.25 16:36

標題の含みという点では、皮肉が込められているようですね。実際ロイターの記事本文では、"China trumpeted progress……"と表現されていますから…。新中国建国以来「中国の天の半分は女性が支え」ているはずなのに、まだまだかなりな数の女性が貧しい悲惨な状況に置き去りにされてるでしょ、という感じでしょうか。

中国の女性というと一般的には都市部の女性像が取り上げられることが多いようですね。地方に行けば行くほど昔からの慣習に縛られた女性像というのがくっきりと浮かび上がってきそうなものですが、性差、特に僻地や農村部での性差による地位や役割を話題にするのは中国ではタブーの一つなのでしょうか。とはいっても、農村女性を扱ったものを見た事もあるので外国メディアが全く入っていけない領域でも無いような気もしますが、よく分かりません。

ただ、教育も無く、発言の機会さえ無い女性たちが圧倒的という地域にあっても、素質的にポリティックスに長けた女性は、頑なな男社会の中でも自分の社会的地位を(落とされない間は)確立することはできるようです。当然ながら、党の政策の一翼を担うという形でリーダーシップを発揮するということであって、地域における女性の地位向上に努めるという側面はありませんでしたが…。

finalventさんは色々なことに興味をお持ちなのですね。沢山意見が集まるといいですね。

投稿: | 2005.08.25 19:04

 女は貧しいと自殺します。逆に言えば、「貧しいというだけで」死ねる。

 この場合の貧しさとは、絶対的な貧困ではなく、「貧富の差」により「貧しいポジションに追いやられた」場合の貧しさ。あくまで比較対照の問題でしょうな。

 人といっしょ、人並み、じゃないとショックの余り気が狂ったり死を選んだりするのは、日本も中国も、あまり変わらないような気がしますがね。どうなんでしょうな。

投稿: うんこ | 2005.08.25 21:36

>うんこさん
日本女性は人並みじゃないからって火病起こしたりするでしょうか?
私の周囲にはそのような非生産的な人は見当たりません。
中国のように出身地や身分で運命が決まってしまうわけでは無いので、
天に唾する暇があれば己を磨けば良いことですし。

中国農村女性の絶望的状況はこちらの記事
http://www31.ocn.ne.jp/~k_kaname/text/04/04index.html
●自殺続出の農村 04/07/01 南方週末  師欣文

でも読めますよ。

投稿: 汁粉 | 2005.08.26 00:26

 去年9月9日の毎日新聞のニュースに、10万人辺りの自殺者数という記事がありました。それはWHOの資料を元にしたものでした。

http://www.who.int/mental_health/prevention/suicide/en/Figures_web0604_table.pdf

 調べた年度がばらばらなので精度にはかけますが、参考までに。
 これだと女性の自殺率はリトアニア、中国に続いて日本は3位です。世界的に見て、日本の女性率が高かったので驚いた記憶が。

投稿: | 2005.08.26 01:25

↑リトアニアではなくスリランカでした、すいません。(リトアニアは女性で4位で、男性が1位でした)

投稿: | 2005.08.26 01:33

極東さん、とうとう決断しちゃったんじゃないですか?いったん小泉支持、自民党支持で手をあげちゃった以上、もうあとには引けませんよね。しかし最初は無知からでも2度目は意識的ですから、重大な決断ですよね。人生には何度かこういう決断のときがあるもんです。橋を渡ってしまったひとの行動に注目です。

投稿: な~る | 2005.08.26 09:19

汁粉さん
>日本女性は人並みじゃないからって火病起こしたりするでしょうか?

い、いや、いやいやいや…い……うん。

投稿: 無粋な人 | 2005.08.26 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「中国男女平等と女性発展状況」白書を巡って:

» 阴盛阳衰 [中華 状元への道]
昨日の中国語教室では中国の女性の地位の向上というのが話題に上がりました。 1949年の解放、さらには1978年の改革開放を経て、旧社会の男尊女卑思想が変化し 女性の地位上昇が著しいとのこと。 (それを語ってくれた先生は女性) そのなかでも婚姻法成立の影響が大きいとのこと。 1.婚姻自由 最初に聞いたとき何のことやらわからなかった何が自由なわけ? 要はこういうこと。 男女双方本人完全自愿,不许任何一方对他方加以强迫或任何第三者干涉。 男女双方が自らの意志で行い、一... [続きを読む]

受信: 2005.10.30 22:19

« 東洋人と西洋人では物の見方が違うらしい | トップページ | 精子銀行が心の支えになるという話 »