« 行け、行け、中国海洋石油! | トップページ | くじらバーガーの伝言ゲーム »

2005.06.24

おばあちゃん細胞が発見された

 最新「ネイチャー」の記事が欧米の報道でけっこう話題になっていた。国内ではまだ見かけないようだが、いずれにせよ、遠からず日本版「ネイチャー」で読むことができるのだろうから、簡単に触れるだけにしたい。
 報道バージョンはいろいろあるが、ロザンゼルス・タイムスに掲載された”Study Shows How the Brain Recalls What Turns It On”(参照)が読みやすいように思う。リードに”Small groups of cells are found to use abstract memories to recognize specific objects.”とあるが、拙い訳だが、「特定対象を識別する抽象的な記憶のために利用される少数の細胞が存在することがわかった」ということ。簡単に言うと、人間の記憶のメカニズムにはいろいろな仮説があったが、今回の研究では、特定記憶に特化された僅かな細胞が実体として存在することがわかった、というのだ。これは、この分野に関心を持つ人なら「おばあちゃん細胞(A Grandma Cell)」といった名称で知っている仮説でもあるのだが、その裏付けになる。やっかみだと思われてもなんだが、クオリアみたいなぼけぼけ概念は必要としないという話でもある。
 ネイチャーの見出し(参照)ではこう書いてある。


神経科学:友達用とおばあちゃん用は別
How do neurons in the brain represent movie stars, famous buildings and other familiar objects? Rare recordings from single neurons in the human brain provide a fresh perspective on the question.

 発見のきっかけは、映画俳優の写真を使った実験だったので、おもしろ半分な報道ではそこが強調されがちでもある。この傾向の出所はネイチャー自身でもあるだろう。”Jennifer Aniston strikes a nerve”(参照)というふざけた標題の記事がネーチャーのサイトにある。
 というわけで、面白いには面白い話だし、背景を含めて関心のある人は、「人間がサルやコンピューターと違うホントの理由―脳・意識・知能の正体に科学が迫る」など読まれるといいだろう。
cover
人間がサルやコンピューターと
違うホントの理由
脳・意識・知能の正体に
科学が迫る
 私自身は、これは基本的には情動を伴った記憶の領域なので、現在のパラダイムで実体論的に展開するのはどうかと思うが、脳とかについて哲学めかした折衷的な議論などよりはより科学的ではないかと思う。科学は科学、哲学は哲学。その融合は要らないよという感じだ。
 話はそれだけなのだが、報道バージョンのなかでは、今回の知見が所謂認知症の改善にも関わるようなトーンも受け止めた。そういえば、このところ、街中で、認知症の老人ではないかという人に出くわすことが多い。じわじわと身近なところで日本の光景が変わっているようにも思う。
 そういえば、週刊文春や週刊新潮なども、なんだか、レトロな写真が多くなったが、年寄りにとってある種の記憶を強く喚起する映像メッセージはそれ自体で価値があるのだろうしその価値は今後より高まるのだろう。話がだらけきってしまったが、もしかすると、ヨン様ブームとか擬似的なレトロもそうした流れにあるのかもしれない。ま、考えようによっては、このあたり、ビッグビジネスの予感てやつかも。

|

« 行け、行け、中国海洋石油! | トップページ | くじらバーガーの伝言ゲーム »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃん細胞が発見された:

» やっぱり「おばあさん細胞」よりは「ジェニファー・アニストン細胞」でしょう [5号館のつぶやき]
 昔、おばあさん細胞仮説というものがありました。  何かを見て、それが何かを判断するのは脳の仕事であるのは誰でもわかるのですが、その判断を脳内のたくさんの細胞が一緒に働いて行っているのか、それとも少数の細胞がそれをやっているのかということが議論されていた時に、「手」のようなものにだけ強く反応する「手細胞」という神経細胞があるらしいということが発見されました。  その後、「おばあさん」とわかる写真や絵にだけ反応する細胞もあるらしいという実験結果から、おばあさんであるということを判断するのは... [続きを読む]

受信: 2005.06.24 20:47

« 行け、行け、中国海洋石油! | トップページ | くじらバーガーの伝言ゲーム »