« 数独やってみた | トップページ | はづかしきもの、色このむ男の心の内 »

2005.05.18

世界経済フォーラムによる日本の男女格差調査

 日本は国際的に見ると男女格差(ジェンダー・ギャップ)の大きい国である、と言っていい。一六日に発表された「世界経済フォーラム」の報告書”Women's Empowerment: Measuring the Global Gender Gap”(参照)によると、主要58カ国のランキングでは38位と、中の下というか、下の部類になった。それだけ聞くと、先進国にあるまじき女性差別の国だよなということになるし、実際、そう言ってもそれほどハズしているわけでもないということになった。
 ざっと上位ランクキングを見るとこんな感じだ。

  1. スウェーデン
  2. ノルウェー
  3. アイスランド
  4. デンマーク
  5. フィンランド
  6. ニュージーランド
  7. カナダ
  8. 英国
  9. ドイツ
  10. オーストラリア

 上位は北欧が多く、次にコモンウェルスが目立つ。先日の国別学力調査でも北欧はよい成績だったので、さすがに平和な時代の長い国は社会が進展するものだと言いたくなる。
 ちなみに現実の主要国で見ると、米国は17位、フランスは13位、ロシアは31位、中国は33位、という感じの並びで、日本が38位。なんとなく国の民度を表しているようでもある。これに韓国54位と続けると、ちょっと笑える。韓流とやらで韓国人男性を好む日本人女性も多いと聞くが、恋愛はいいとして、現実にその社会でやっていくのは大変かなもと思える。
 このあたりで話を終わりにしておくと、いかにも日本の新聞とかの記事のように、それげな感じがする。私は、この結果を見て、かなり違和感を持った。
 ちょっと他の国も見てみる。逆に見る。58位エジプト、57位トルコ、56位パキスタン、55位ヨルダン…というわけで、イスラム圏の国が並ぶ。そりゃ、この手の調査をするとそうなるだろうとは思う。が、これらの国をどうやって上位させるかというのは見えてこない。ここには文化圏の価値観との衝突があるだろう。それをどう考えたらいいのだろうか。国力がアップすれば自然に女性の地位は向上するとも言える側面はあるが、それは解消に向かう指針でもない。
 もうちょっと見る。イタリアは45位と日本より低い。イスラエルは37位で日本とどっこいどっこい。そして、アルゼンチン34位。スペイン27位。その国の文化的な傾向への依存が感じられる。コスタリカ18位、ポーランド19位、ベルギー20位、ハンガリー24位、チェコ25位…この当たりはロシアや中国のように社会主義圏的な要因だろう。
 いったい、どうやって調査してのかというのは、オリジナルを読んでいただければわかるが、日本語で読みやすい朝日新聞記事”男女格差の少なさ、主要58カ国で日本は38位”(参照)を引用しよう。


国連のデータや聞き取り調査などに基づき、女性に関する経済への参加度、雇用機会の均等性、政治的な決定権限、教育機会の均等性、健康への配慮の5分野を指数化して算出した。

 やや恣意的なものも感じるがそれほど間違ってもいない。指標もこんなものだろう。というか、この手の指標を使うと、北欧のようなスモールサイズで重税的な先進国が上位にくるものだ。たぶん、隠れたパラメーターは国家の適正サイズというものと、経済学でいう比較優位ではないが、移動かもしれなない。というのは、米国などは、実際にはスモールサイズの国家の集合なのだが、移動が自由なので均衡してしまう。
 ざっと見た感じでは、私の印象では、こうした指標によるこうした調査が無意味だとは言わないが、それをもって、それぞれの国がどう受け止めるかというと、文化や国家体制の基幹が問われるので現実的には洒落にしかならないのではないか。とはいえ、日本については、政治的な決定権限などで、もっとアファーマティブな施策が求められるだろう。
 ついでにというか、データを取り出して、エクセルに入れて、教育機会の均等性と健康への配慮の順位を掛け合わせた値でソートしてみた。なんでそんなことを思いついたかというと、父性的な保護国家は女性の経済への参加度、雇用機会の均等性、政治的な決定権限といったその国家での男性領域と衝突せず、それでいて福利的な立場に立つんじゃないかと思ったからだ。この思いつきの結果はこうなった。

  1. スウェーデン
  2. デンマーク
  3. フィンランド
  4. アイスランド
  5. ノルウェー
  6. 日本
  7. アイルランド
  8. 英国
  9. ウルグアイ
  10. アルゼンチン

 予想はしていたが、もう一条件で北欧とか小規模国家をフィルターアウトしてしまうと、日本は1位になる。日本は国家が女性を保護している構造を持つ国家ということは言えそうだ。そして、それに英国やアルゼンチンが続くというのは、保守的な古い国家の枠組みを持っているということなのだろう。
 もっとも、日本がこれで上位になると予想したのは、健康への配慮が3位と際立っていたからでもある。
 日本は今後、その健康への配慮の順位が落ち、女性の経済への参加度、つまり、女性に労働させるという指標が上がるようになるだろう。そのあたりはバランスしてこうした報告では日本の中の下状態を保持する機能になるだろう。
 日本でのこの分野の問題は、雇用機会の均等性や政治的な決定権限だろう。後者はアファーマティブな施策が必要だろうが、前者は制度的には改善されているし、これだけ女性教育が普及しているのにその制度が改善されないとすれば、ちょっと批判を浴びるかもしれないが、女性の社会政治意識にも問題があることになるだろう。
 日本男性の社会意識はと問われればこれは苦笑領域にある。5日の毎日新聞社説”少子化 流れが変わるとすれば男が変わるときだ”(参照)を思い出した。


 家庭が幻滅の源泉であるとすれば、理論的には夫婦の共同責任だが、現実には男の責めに帰すべきだ。なぜ? 私はフェミニストというほどの人間ではないが、この社会で、そして家庭で女性が割を食っているのは自明だと思う。

 日本の中年男性はそんなふうに考えているわけだ。

|

« 数独やってみた | トップページ | はづかしきもの、色このむ男の心の内 »

「社会」カテゴリの記事

コメント

非常に面白い視点だと思いました。
リストを見ると、男女の役割に関する文化的な違いの存在は明確だと思いましたが、女性保護の観点で、項目値の掛け算を思いつく辺りは斬新です。
(統計的意味は除きますが。)

下位のエジプト、トルコという名前を見て拷問の存在を思い出し、暴力装置が存在する国は順位が低いのかと一瞬思いましたが、その他の国の事情は分からず、結局、関連性が見いだせませんでした。

投稿: それでも地球は回る | 2005.05.18 16:27

finalventさんと同世代の「家庭で割をくっている」女性です。
「世界経済フォーラム」の上位10国を見た瞬間、「料理のまずい国世界上位10国」ではないかと思ってしまいました。関連ありやなしや。

投稿: 田中 | 2005.05.19 00:27

 家庭が幻滅の源泉であるのは、家にいても金が稼げないからでしょう。家庭で割を食うと思うのは、子育てや家事を仕事より下に見た発想です。
 男女差と言えばいいものを、男女格差という。このデータが経済フォーラムから出たことは象徴的です。
 金を尺度にして全てを計る傾向は憂うべきものです。偉い人とは給料の高い人のことではないはずです。男女の違いを金で換算するから、こんなくだらない統計が出てくるのでしょう。
 北欧礼賛はいいかげんにしたいものです。

投稿: tomochan2002 | 2007.02.22 13:01

とてもおもしろいです。日本の女性は社会参加という点では世界的に地位が低いですが、健康や教育の機会という点では大いに保証されている、それについてはあまり考えたことがありませんでした。具体的には健康への配慮とはどんなことを指すのでしょうか?

投稿: サンディ | 2013.05.18 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済フォーラムによる日本の男女格差調査:

» 女を恐れよ −非恋のススメ− [ロリコンファル]
>> 恋ほど自分自身への愛が強く支配する情念はない。 そして人は常に、自分の心の安らぎを失うくらいなら、 恋する相手の安らぎを犠牲にしようと決めているのである。 (ラ・ロシュフコー「ラ・ロシュフコー箴言集」) > 女は暴力に訴えるような愚かなことをしない。 する必要もない。口先だけで男をコテンパンに 打ち負かすことができるのだ。やろうと思えば、 再起不能なまでに痛めつけることもできるのだ。 男が早死にするのも当然である。私はこのような弁舌 の能力をなんとか平和利用できないものか... [続きを読む]

受信: 2005.05.18 10:30

» 男女差別度、日本は38位 [それでも地球は回る]
男女差別指数、日本は58カ国中38位・世界経済フォーラム NIKKEI NET Excite エキサイト : 経済ニュース 世界経済フォーラムが16日、「ジェンダー・ギャップ指数」を初めて発表した。この指数は仕事の機会や待遇、政治参加、教育や保健衛生の環境などに関する男女格差を示す指標や経営者の意識調査を集計。主要58カ国のランキングを示した。・・・とのことだが、大方の予想通り(?)、日本の順位は38位と低かった。保健福祉分野では世界3位だったが、職業機会などの低評価が響いた。ちなみに中国は総合... [続きを読む]

受信: 2005.05.18 16:28

» 世界経済フォーラムによる日本の男女格差調査 [あにやんのカフェ@WebryBlog]
韓国が低いのは儒教の影響でしょう。 イスラム圏ではこの結果は仕方ないでしょう。 厳しい砂漠の自然の中では、女性を守るためには必要なことだったはずです。現代では見直す必要があると思いますが。 平和が続いた北欧での女性の地位が高いというのがキモですかね。 逆に戦争に近いと女性の地位は低くなる。 好戦的な石原知事が女性差別発言を繰り返すのとも符合します。... [続きを読む]

受信: 2005.05.19 14:02

« 数独やってみた | トップページ | はづかしきもの、色このむ男の心の内 »