« 外国人との婚外子と国籍の問題 | トップページ | 国連アナン事務総長と英米との反目 »

2005.04.16

朴東宣のことを淡々とブログするよ

 1995年以降、イラクのフセイン統治下で表向き人道支援として実施されていた、国連による石油食糧交換プログラムだが、その実態は、国際規模で巨大な不正にまみれていた。本来なら制裁によってイラク民衆が困らないように、イラクが産出する石油で、国民生活に必要とされる食糧と医薬品を物々交換的に供給することが目的だった。もちろん、物々交換ではない。巨大なカネがからむ。石油の市場価格との差分をチョロっとすればガバっと儲かる。その危ないカネの管理を行うはずの国連が不正にまみれて、裏金を手に入れていた。
 フランスやロシアは国家レベルともいえる規模でこの不正に絡んでいたこともあり、当初は米国のイラク侵攻によってその実態が暴かれることを恐れていた。恐れていたのは、NHKも朝日新聞も同じだろう。仲良く、この国際的な疑惑事件について日本国内で報道してこなかった(毎日新聞は報道していた)。国連に頓珍漢な幻想をいだいているのか、なんらかの利権が絡んでいるのか、イデオロギー的な背景があるのか。しかし、国連自身が主導する調査によっても大筋では事態は曝かれたことで、先の二社もしぶしぶ国内報道をするようになった。疑惑解明の渦中で報道が進められていたら、日本の世論も多少変わったかもしれない。
 この石油ビジネスに絡んだ国際的な不正に米国も免れているわけもない。だが、米国はその自国内の不正を厳しく追及しているかというと、よくわからない。そうした過程で、14日、ニューヨーク連邦地検と連邦捜査局(FBI)は、韓国人・朴東宣(パク・ドンソン:Tongsun Park)の逮捕状を取った。容疑は、フセイン下のイラク政府と一緒に、この不正を推進するべく国連に働きかけたことだ。つまり、フセインと国連の不正を繋いだのが、韓国人・朴東宣だったのだ。
 今となっては不正システムとしてその正体が曝かれた石油食糧交換プログラムだが、朴東宣はこれが開始される三年前ころから、イラク系米国人と共謀してこの計画を練っていたらしい。という経緯から考えるに、この不正システムの発案者が朴東宣その人なのかもしれない。
 いずれにせよ、朴東宣は、人道の看板で関係者の誰のハラも痛まずごっそり儲けられるこの悪徳ビジネスを国連高官とイラク高官に持ちかけていた。国連安保理がこの計画推進を決定したのは1995年。翌年1996年から実施された。それに合わせて、1995年の9月、国連アナン事務総長の息子コジョがスイス系コテクナ社(本社ジュネーブ)に入社。不正なあぶく銭をゲット。幸い、コジョの不正はすでに父アナンがかばうべくもなく暴露されている。で、このスイスなのだが、朴東宣の不正商談の場所の重要な一つだった。
 朴東宣は今どこにいるのか? 朴東宣の居場所は、ソウルの漢南洞であると見られている(追記 東京にひそんでいるとの話もあり)。ニューヨーク・マンハッタン連邦地検デビッド・ケリー検事は、すでに韓国から朴東宣を米国に引き渡しさせるための手続きを進めているが、これに応えなくてはならないのは、言うまでもないが、韓国である。なぜこの時期にという疑問も韓国政府も浮かぶだろう。
 朴東宣は、ある一定以上の年代の日本人には懐かしい名前だ。さすがの伊達男も老いて、今年七〇歳になる。糖尿病に悩んでいるとも聞く。懐かしいと言ってられないのは、一部の日本人と、米国人である。
 朴東宣は、1976年、米国と韓国のあいだで最大の国際問題となった、通称コリアゲートの主人公である。ウォーターゲート事件以降、こうした疑惑をなんとかゲートと呼ぶが、コリアゲート(韓国疑惑)がその最初のケースであった。
 当時の朴東宣と言えば、現在日本の中年女性から熱烈支援されている裴勇俊なんて貧乏くささのかけらもない東洋のボン・ヴィヴァンとして、当時、マンハッタンの社交界の注目を浴びていた(メガネは共通)。ちなみに、今回の逮捕報道に際して、ニューヨーク・タイムズの記者も若造なのだろうか、朴東宣を「東洋のオナシス」と呼ばれていたとトチ狂ったことを書いているが、そう呼ばれていたのは彼の兄、朴健碩のほうである。朴健碩は、大型タンカーなど約九十隻を持つ、まさにオナシスに比すべき韓国のタンカー王だった。汎洋商船会長も勤めたが、1987年4月19日ソウル市中区乙支路の汎洋商船ビル十階の社会長室から飛び降り自殺した、ことになっている。弟の朴東宣のほうは、ワシントンポストが書いているように「東洋のギャツビー(Oriental Gatsby)」である。
 1970年代、伊達男・朴東宣は、当時の韓国中央情報部(KCIA)と在米韓国人実業家たちと連携して、米国の議会工作を行った(下院議員買収)。目的は、米国ルイジアナ産のコメ100万トンを韓国に輸出する際の巨額の手数料をくすねようとしたものだった。なので、米国では、この公園野郎(「朴」は英語表記でPark)、こんどはコメじゃなくてアブラかよ、と苦笑している。いや、苦笑ではすまない。彼はその後、民主党への資金提供のロビーストとしても活躍というか暗躍しているので、米国内的にはもっと面白い展開があるかもしれない。それでも、民主党に不都合な話は、日本国内の左派では、暗いニュースとやらにもならないだろう。
 当時のコリアゲートがらみでは、「第080回国会 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第6号」(参照)に日本とって重要な話が含まれているので、少々長いのだが、引用したい。なお、野田哲君は当時の社会党参議院議員である。


野田哲君 私の手元に、いまここにこのいわゆるフレーザー委員会で韓国の対外的な政界工作、ロビー活動についてフレーザー委員会で調査をしたレポートがあります。これを全文を省略して要点を私が読み上げて、引き続いて幾つかの点を質問したいと思うんです。
 これは下院国際機構小委員会から一九七七年四月四日付で「米韓関係の調査について、」こういう表題で提出をされている調査結果のレポートです。
 概要を申し上げますと、「調査の対象になった容疑事実 宣誓証言及び小委員会による調査活動を通じて入手した情報による容疑事実は下記の通り 一、KCIAと文鮮明傘下の諸団体との連けい関係。二、文鮮明の側近並びに朴東宣によるアメリカの銀行(ディプロマット・ナショナル・バンク)支配の企て。三、合衆国憲法に保証された韓国系アメリカ人の基本的人権を侵害するKCIAの脅迫といやがらせ。四、韓国政府によるアメリカの報道機関及び学界に対する買収工作。五、韓国政府が在韓米軍との物資調達契約を組織的にみずましし、米国納税者に数億ドルの過重負担をかけた事実。六、文鮮明の側近でありKCIAのエージェントと目される人物が主宰する在米の某団体による募金詐欺。同団体は韓国のラジオ放送のための募金活動を韓国政府のエージェントとして推進したことは明らかであるが、集めた金をその目的に使用することには失敗した。七、韓国政府による在韓米企業からの資金強奪。八、過去六年間以上にわたり行政府の関係当局がこれらの諸活動の一部を感知していながら、その停止又は防止のための適切な措置をとらなかった事実。九、法に定められた議会への報告義務を怠り、韓国との間に秘密行政とり決めを結んでいた事実。十、PL四八〇法案による韓国向け食糧輸送をめぐる取引きに関連して明らかに違法の手数料を秘密裡に支払っていた事実。」こうなっているわけです。
 引き続いて「これらの容疑を示唆する次の証拠を入手している。一九七四年日本の首相の訪米に際してKCIA及び文鮮明主宰の団体は訪米反対デモを計画した。国務省はこの計画を探知すると同時にKCIAに対し、その中止を要求したと伝えられる。その翌朝文の団体は、デモ開始予定時刻のわずか一時間前になって突如デモをとりやめた。」
 次、「韓国政府職員が文により所有され運営されている反共訓練学校に参加している事実。」
 次、「文のアメリカ人信奉者達は韓国に対し異常な敬意を示すよう教えられ、韓国の国益擁護のため、米国議会に対しロビー活動をするよう送りこまれており文がすいせんする候補者の選挙運動に参加させられ、またソウルのKCIA本部で教育を受けてきている。」
 次、「一民間人として米国に居住している文の側近が韓国大使館の情報通信施設を常時使ってきた事実。」
 次、「文主宰の団体の会員達及び朴東宣の共同事業者達が共同してワシントンのディプロマット・ナショナル・バンクの株式の絶対過半数を所有している事実。自分達の私産を総て同団体に献納したとしようとする文の信奉君達が株式購入の資金をどこで確保したかについては不明の点が依然残されている。」、まだいろいろありますけれども、時間の関係で、そういうような具体的な事実を、証拠を入手した、こういう情報がレポートとしてこのとおり出されているわけであります。

 このあたりの話はこれ以上踏み込まないが、関心ある人は、極東ブログ「米国会議員が統一教会文鮮明の戴冠式に参加していた」(参照)も参照されるといいかもしれない。
 朴東宣は日本とも関わりが深い。あまり憶測の話もなんなのでわかりやすいところだけだが、コリアゲートで朴東宣は、米下院議員買収の証言の見返りとして起訴が取り下げられた。その追徴金を払うためなのか、その後、日本を巻き込んでパナマ運河関連で活躍したようだ。このあたりの話などを含めて日本関連の話が、来週の週刊新潮とかに間に合うか、気を揉むところだ。
 と書き続けようと思ったものの、あまり気が進まなくなったので、ここでおしまい。
 ところで、現代韓国で尊敬される人というのは、サムスン電子・李健煕(イ・ゴンヒ)会長あたりらしい。しかし、ヒールとはいえ、老いたるギャッツビー朴東宣は、皮肉ではないが、「韓国人ってスケールがでかいな」と驚嘆させる人物である。歴史に残る大人物でもある。ヒールでもいいからそれだけのタマが日本人はいないのだろうかとも嘆かわしい、皮肉ではなく。

【参照】


  • The New York Times: Accusations Against Lobbyist Echo Charges in 70's Scandal(参照
  • Washington Post: 'Koreagate' Figure Tied To Oil-for-Food Scandal(参照

【追記】
このエントリには以下に続きがある。
極東ブログ「暗いニュースリンクでもたぶんあなたに熟考してほしくない暗いニュース」(参照

|

« 外国人との婚外子と国籍の問題 | トップページ | 国連アナン事務総長と英米との反目 »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

統一教会はただのキチガイカルトだと思っていました。

投稿: 知らなかった 甘ちゃんです | 2005.04.16 12:28

基地外カルトですが、金持ってます。日本で金保という基地外牧師がいましたが、もっと巧妙に坪売ってます。

投稿: ash | 2005.04.16 15:13

 これで統一教会や文はどうなるのですか?
 あと、某国家の政権与党の一角を担う日蓮宗系のカルト宗教の某半島系の教祖も、どうなるのでしょうか?
 たしか、パナマの件は、統一の文だけではなく、その日蓮宗系の某半島人教祖も関わっていたと思いますが?

投稿: (anonymous) | 2005.04.16 17:46

今回の中国の反日デモって、実は在米の華僑や在米コリアン、それに韓国人が、煽っているらしい。

投稿: (anonymous) | 2005.04.17 13:15

統一協会ってネットウヨが飛びつきそうなネタ満載なのにまったく話題になりませんね。どうしてでしょうねえ?

投稿: (anonymous) | 2005.04.18 01:42

韓国人のスケール大きな不正は、良い不正
日本人のスケールの大きな不正は、恥さらし

投稿: (anonymous) | 2005.04.19 01:00

実をいうと話題にするとすぐ圧力をかけられてなくなるから。そういうホームページを見ていると大体有名になってから1ヶ月しないうちに何故か消えている。

投稿: あ | 2005.04.22 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/3722413

この記事へのトラックバック一覧です: 朴東宣のことを淡々とブログするよ:

» 朴東宣(コリアゲート事件) [Q's Factory]
コリアゲート事件 で世界的犯罪者(というか主にアメリカがぶち切れ中)の朴東宣が捕まったらしいですよ。 2chでニュース速報の記事にしようとしたけど、拒否されてました 109 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/01/09(月) 00:31:16 ID:C/4DRMgt0 もうニュー速もだめかもしれんね ◆◆◆スレッド作成依頼スレ★243◆◆◆ より http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136645647/... [続きを読む]

受信: 2006.01.09 18:21

« 外国人との婚外子と国籍の問題 | トップページ | 国連アナン事務総長と英米との反目 »