« 建国記念の日というのは春節、つまり旧正月なのだ | トップページ | [書評]オレさま・ワタシさまってやつは(藤臣柊子・青柳和枝) »

2005.02.12

北朝鮮核保有宣言と六か国協議拒否

 10日北朝鮮外務省の発表には二点重要なことがあった。一つは核問題をめぐる六か国協議への参加を無期限中断したこと、もう一つは、核兵器を製造したとの初めての公式アナウンスである。
 すでに日本を射程に収めたミサイルを持つ北朝鮮が、さらに核兵器も保有したと公式にアナウンスしたという報道が流れた当初、日本国内には多少衝撃が走った。が、多少というところか。日本政府も早々に目新しいことではないとのアナウンスを出し、また、NHKなどの報道メディアも「核兵器ではない核兵器だ」と、に論点を移そうとしていた。いずれにせよ、しばらくして国内の危機感みたいなものは消えた。ブラフに対向するには無関心が最高である。
 もっとも、核兵器保有アナウンスなんてたいしたことないよ、てな論点は欧米のジャーナリズムには見られないようだ。もちろん、米国政府は基本的にはどってこないじゃんという対応をした。が、BBCなどコモンウェルス系の報道はかなり深刻に受け止めている。
 米国ジャーナリズムでもミサイルに搭載された北朝鮮の核兵器の影響について、それなりに詳しく扱っている。この点で私に一番わかりやすく思えたのはワシントンポスト"North Korea's Nuclear Path"(参照)だった。戦前のイラクより明確に北朝鮮は脅威だな、というのが見て取れる。
 ワシントンポストのこの図と限らないのだが、北朝鮮の核で覆われている圏内には欧米が含まれない。中東の問題やアフリカの問題に日本が実際には関心もたないように、あるいはかつてのリビアの核兵器開発に関心を持たないように、北朝鮮の核の脅威に欧米にはそれほどは関心をもっていない。しいていうとオーストラリアがかろうじて圏内に入るせいか、また、保守政権でもあるせいか、関心が高いような印象は受ける。
 改めて図を見ると、というか、見るまでもなく、中国とロシアがすっぽり覆われた形になっており、中ロとしては、今回の発表はかなりむかつくシロモノだったのではないか。
 実際のところ、北朝鮮の核兵器の脅威はあるのか、日本はどうよ、ということについてだが、以前にも触れたように、ミサイルを持ち、核兵器が開発されていても、それに搭載可能な技術と、さらに移動式の発射台を持たなくては実際上の軍事的な意味はない。せいぜい、汚い爆弾を東京あたりにアバウトにぶち込むくらいのものだろうし、その暴走は、独裁者金正日が「我が死後に大洪水あれ!」と叫ぶかによる。米軍は実質関東を軍事下に置いているので、米軍はある程度事前に察知するだろうし、金さんとしても、東京にアバウトに向けることはないのかもしれない。
 余談にそれるかもしれないが、米国時間10日にこれに合わせるかのように、MSNBC"New book reveals military code names"(参照)でConplan8022がすっぱ抜かれた。話は早々に朝鮮日報に伝染しているので記事"「北核施設先制攻撃の暗号は『Conplan 8022』」 "(参照)が日本語で読みやすい。


 米国の軍事分析家ビル・アーキンが3000にも上る作戦暗号を米国防部と中央情報局(CIA)の関連プログラムの説明とともに公開したとMSNBCインターネット版が10日、報じた。
 アーキンが最近「コードネーム」という題で発刊した本で公開された暗号名には、北朝鮮やシリア、イランの核施設とその他の危険物に対する極秘先制攻撃計画を意味する「Conplan 8022」も含まれていた。

 これ話自体はガセの可能性もあるが、移動式ではない核弾頭ミサイルは先制で叩くべし、というのは私には軍事のイロハであると思う。ただ、それが核施設まで延長されるものかはよくわからない。昨年秋から日本海に出ばっているイージス艦も案外MD(ミサイル防衛)のためばかりではないのかもしれない。
 今回の北朝鮮発表のもう一つの目玉は、六か国協議への参加の無期限中断だが、これはこの問題をある程度ワッチしてきた人には意外だったのではないだろうか。というのは、先日のブッシュ演説でも、わざとらに北朝鮮への言及を避けることで、この会議の地馴らしをしていると見られたからだ。当然、中ロもその了解にあるだろうと見られていた。結果は、もう金さんてば勝手なんだからぁ、である。
 金さん、何を考えているのか? どんづまって尻をまくった、というのがただの正解の可能性もあるが、それの波及でわはははというだけでは独裁者は長いこと勤まらない。いろいろ憶測はあるが、これも意外とお家の事情というのがあるのかもしれない。先日の日本を越えて飛んで行ったミサイルについても、発射されてから金さんが知って驚いたふうでもある。案外、さみしい独裁者なのではないか。今週の日本版ニューズウィーク"北朝鮮 国境に広がる覚醒剤の闇 対中販路拡大のツケで中毒者が国内に増えている"がなかなか傑作なのだが、このあたりの話も、かなりの実態を突いているのだろう。つまり、権力と関係した一部の富裕層はかなり芳ばしく発酵してきている。
 いずれにせよ、北朝鮮内で誰かは今回のブラフというか、ちゃぶ台返しでゴネ得を狙っているのは確かだろう。ということで、一番むっと来たあたりを眺めると、まぁ、中ロではないか。そのあたりから、なにか引き出せると踏んでのお商売の感じはする。
 今後の動向と日本の関わりは当然気になるところだが、これが案外というか当たり前というか、日本はなんにもできないのではないか。日本では拉致問題関連で北朝鮮制裁論が一部でわきたっているが、私はすでにそうした制裁が有効であった時期は終わったと思う。日本を外しても中国と韓国でなんとか北朝鮮の独裁者とその取り巻きは食っていけるようになってきた。特に韓国が政治の本音のところで統一朝鮮の看板で北朝鮮を背負い込むのを恐れているための太陽政策なんかも抜けられない止まらないかっぱえびせんになっている。中国としても、北朝鮮に自国の傀儡以外の政権が打ち立てられ、統一朝鮮みたいな民族主義みたいなものが隣接域に発生するのは恐い。もともと、中国はモンゴルだの北方民族が恐くてしょうがないものなのだ。そして、強面に見える米国もMDを推進する手前、北朝鮮よ永遠なれ、が本音である。
 こうした配置で、概ね日本はすでにずっこけているのだが、唯一方策があるとすれば、私がまだ幻想を持っているのかもしれないが、国連を使うことだろう。国連は、いまだ核保有の大国という前提で成り立っているのだが、それを崩すのが核の拡散だ。インドはしかたないなとはしても、パキスタンが保有国になってしまったのはかなりの失点だった。これに北朝鮮が加われば、あとはアラブ世界に連動するだろう、となると、国連の立つ瀬はない。というか、この側面では、EUもほぼ同じだろう。中国と結託したいEU(実体はフランス)としても、核のゲームは終わりにしたいはずだ。アナンとブレアあたりが動いたら、小泉でなくても日本人の雁首を並べてみてはどうか。
 それと、あまりこれは言及すべきじゃないかもしれないが、この構図を生温かく薄目で見ると案外日本国内の北朝鮮シンパと見られる勢力の居場所がないことに気が付く。昨今奇妙な小競り合いのような問題を引き起こしているかに見えるのは、なんとか将軍様にお仕えしている様子を誇示したいためなのではないだろうか。ま、このあたりは、洒落なんで、ここを狙ってうんこ批判はしないでね。その気力があったら、国連と反核の枠組みにリキ入れようや。

|

« 建国記念の日というのは春節、つまり旧正月なのだ | トップページ | [書評]オレさま・ワタシさまってやつは(藤臣柊子・青柳和枝) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

この問題ですが、おっしゃるように経済制裁は有効でないと思います。安全保障問題の常でしょう。中露もそうですが、水面下を含めた韓国との取引はそこそこあり、拉致問題を無視しても体制自体に影響は無いと思います。まして日本が経済制裁すれば、韓国あたりの世論が北の人民が可哀想とか盛り上がって山のように物資を送りかねないでしょう。それを抑えるには外交的手順が必要でしょう。

また、米国が軍事オプションを取れない理由として、単純に日韓が反対だからでしょう。日本は火の粉をかぶるのも真っ平という立場です。その意味で、今日の小泉首相の「戦争の覚悟・・・・」発言は意味深です。不思議とこの首相、外交・安全保障方面で欧州の古い伝統を感じさせるものを持っています。今の日本、フォークランド紛争時のイギリス程度の覚悟は必要なのかもしれませんね。

投稿: カワセミ | 2005.02.12 12:45

経済制裁だといきり立つより、北朝鮮に送金してる企業をこっそり税金関係で締め上げる方が、北朝鮮はよほど困りそうな気がするんですが。
そうやっているうちにアメリカか中国のどっちかがぶち切れるのを待つしかないような気がします。
この問題は最後は中国が漁夫の利を得るんでしょう。

投稿: Baatarism | 2005.02.12 23:14

おっしゃる通り国連カードがいいですね。
放置プレー後安保理付託の流れにすればいいのでは?
中国の「糞の役にもたたん親分さんぶり」を世界に晒して返す刀で国連に「貴殿の存在意義は如何」と選択を迫る。と。
安保理付託で経済制裁決定なら、天下晴れての逆賊退治ですし、事実上制裁の手綱は日本が握ることになるでしょう。
ついでに子分に面子潰された親分は、日本が庇ってやればよいでしょう。

投稿: kuku | 2005.02.13 16:46

御三人のコメントを含めて
現時点で望みうる「美しい」ロードマップだと思います。
大いに賛同します。

ただし、拉致問題については
多少なりとも「汚い」事態にならなければ全面解決しない
とも思うのです。

投稿: 木偶 | 2005.02.15 18:53

以前まで、とにかく経済制裁してこらしめてやればよいと単純に考えていた自分の愚かさを感じます。
やはり今日本の援助が無くなったところで、中国が後ろについている限りは何も変わらないのでしょう。
そんな中、船舶油濁損害賠償保障法が施行されようとしていますが、日本の漁業にも影響が出るようであるのが気がかりではあります。

投稿: まくんに | 2005.02.19 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/2895799

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮核保有宣言と六か国協議拒否:

» 国際的科学誌「Nature」のオンライン版が横田めぐみさん「ニセ遺骨」問題に関する記事を掲載−「火葬された遺骨は1977年に誘拐された少女の運命を証明することができない」???(「Nature」オンライン版 05.02.02&まこと) [北朝鮮・チベット・中国人権ウォッチ−東北アジアの全ての民衆に<人権>の光を!]
.  11月の日朝実務者協議の際、北朝鮮側から拉致被害者の横田めぐみさんの「遺骨」と称されるものが日本政府の訪朝団に渡され、帝京大学の調査でこの「骨」が横田さん... [続きを読む]

受信: 2005.02.13 22:59

» 【人権問題】北朝鮮・毎日新聞・共同通信に騙されるな! [「いせぶろぐ」 from 富山]
北朝鮮&マスコミ権力の工作活動に対して、私たちはどう抗えばよいのでしょうか。 【問題の概要】 (1) 北朝鮮(=朝鮮総連)が「人権問題で日本国内をかく乱せよ」との指令を出した。    ↓ (2) 武者小路公秀(チュチェ思想国際研究所理事)などの朝鮮総連シンパが活動を開始した。    ↓ (3) 武者小路公秀の手引きで、国連人権委員会が日本に9日間やってきた。    ↓ (4) 北朝鮮の思惑通り、国連人権委員会が日本に対して「勧告」を行った。    ↓ (5) 毎日新聞中村... [続きを読む]

受信: 2005.11.10 12:21

« 建国記念の日というのは春節、つまり旧正月なのだ | トップページ | [書評]オレさま・ワタシさまってやつは(藤臣柊子・青柳和枝) »