« 中国は弾道ミサイル原子力潜水艦(SSBN-Type094)を完成していた | トップページ | 1944年12月7日マグニチュード7.9の地震が発生した »

2004.12.06

平和のために折り紙爆弾投下

 これこそ正真正銘ベタ記事だと思った。昨日、タイ政府が国軍とイスラム系住民の衝突で治安悪化が進行している南部三県に一億羽近い折り紙の鶴を空から投下し、和解と平和を訴えた、という記事だ。プミポン・アドンヤデート(Bhumibol Adulyadej)国王(77)の誕生日に合わせのことだというのだが、そんなものに効果があるなら、世界から核兵器がなくなっているよと苦笑した。
 国内での記事には読売系"「タイに平和を」1億羽の折り鶴舞う…数拾えば特典も"(参照)などがある。BBCではもうちょっと大きく扱っていた。"Thais drop origami 'peace bombs'(タイ政府は折り紙による平和爆弾を投下した)"(参照)である。「平和爆弾」という言い回しが面白いのでこのエントリでも拝借した。
 もちろん平和の祈りであろうがゴミはゴミなんで無意味に撒き散らすのも芸はない。なので、この折り鶴はくじ引きのようになっていたり、何万羽か集めた人には特典もあるという話のようだ。折り鶴とかいうとどうしても日本人には引くものがあるが、気になってこの関連のニュースを各種読んでみるに意外にも日本への言及はなかった。英語も"origami"でどうやら通じているらしいこともわかった。
 もちろん、このニュースはただの洒落でしかない。ちょっと気の利いた洒落かもしれないとしても背景には気の利かない現実がある。この地域の治安悪化だ。
 先日ラオスで開かれていた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議でも、当初は、ASEAN域の治安悪化がどのように問題になるのか、多少は、注目されていた。特に、10月末タイで国軍の治安部隊と衝突した際、イスラム系住民78人が国軍の搬送トラックの中で熱射病と窒息により死亡するという非人道的な事件が起きたばかりだった。今年に入ってからこの三県では国軍とイスラム系住人との衝突ですでに550人以上が死亡している。
 三県の所在については先のBBCのニュースに地図があるので参照するといいと思うが、マレーシアに隣接している。当然、イスラム系国家である、マレーシアのアブドラ首相とインドネシアのユドヨノ大統領はこの事態に懸念を抱き、ASEAN首脳会議前夜にタイのタクシン首相との間で三者会談が開かれたが、結論は出なかった。いや、この問題は扱わないという結論を出した。タクシン首相が押し切ったと見ていいだろう。タイってそんなに強くなってんのか今ひとつこのあたりの問題は私にはわからない。
 この問題の行方だが、私には十分な知識がないのでわからない。不謹慎な言い方になるのだろうと思うが、率直なところ、なぜマレーシアと融合しないのかすら疑問に思う。マレー人ではないからというのが答えなのだろうか。この地域は宗主国とのつながりもないので背景で分離独立の糸が引かれることもないだろう。余談だが独立運動など国際的には常にうさんくさいものである。
 タイにおけるイスラム系住民の状況について簡単にメモしておきたい。タイでは人口比ではイスラム系住民は4%弱、250万人ほど(と言われているし、資料もあるが実態はかなり違っていそうだ)。ソンクラー、ヤラー、ナラティワート、パッターニの南部四県に集中している。この地域の街にはマレー語の看板も目立ち、マレーシアとの二重国籍者も多いと言われている。昨年バンコクで米英豪大使館爆破を計画したとして、東南アジアのイスラム系テロ組織「ジェマア・イスラミア(JI)」の構成員が逮捕されたが、この組織が南部四県に拠点を置いているらしい。少なくとも、タイ政府はそう見ている。
 歴史的には、パッターニ県付近を中心に14世紀以降イスラム系のパタニ王国が存在していた(参照)。18世紀後半タイが近代化国家化への始動する際、支配下に入り、20世紀初頭に併合され、王国としては滅んだ。は日本と琉球王国との関係に多少似ているのかもしれない。

|

« 中国は弾道ミサイル原子力潜水艦(SSBN-Type094)を完成していた | トップページ | 1944年12月7日マグニチュード7.9の地震が発生した »

「時事」カテゴリの記事

コメント

> なぜマレーシアと融合しないのかすら疑問に思う
とのことですが、そのへんの話は仏教を「国教」とし、仏教と国王への忠誠を全国民に強いているタイではほぼタブーですね。
実際のところ、南部にはアンダマン海に面した国際的なリゾートであるプーケットや商都ナコンシータマラートなどがあり、タイ国内でも経済的には裕福な部類に入ります。だからタイ側としてはたとえ住民のほとんどがムスリムだったとしても、手放したくない。
でも住民はイスラム教をアイデンティティとする人が多い。それでもめているのです。
経済開発で解決できない民族意識の問題だけに、非常に難しいですね。

投稿: shintakkin | 2004.12.06 13:43

Wikipediaに書いてましたが、第二次大戦のとき、タイが日本と同盟したのに対抗して、イギリスがこの地域の独立を約束して独立勢力と同盟を結んだが、終戦後その約束を反故にしたという歴史があるようです。
こんなところでもイギリスは二枚舌外交をやってたんですね。

投稿: Baatarism | 2004.12.06 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和のために折り紙爆弾投下:

» 平和爆弾効果無し? [アメリカ学研究所]
平和爆弾効果無し? 数時間後立て続けに爆弾テロなど発生。タイ政府は卵と米で後かたづけをはかる模様。 [続きを読む]

受信: 2004.12.08 00:20

« 中国は弾道ミサイル原子力潜水艦(SSBN-Type094)を完成していた | トップページ | 1944年12月7日マグニチュード7.9の地震が発生した »