« コーヒー中毒ってマジ(医学的根拠有り)みたいですよ | トップページ | "&"(アンパサンド)の正しい書き順 »

2004.10.03

中国の将来を悲観的に見る

 G7(先進七カ国財務相・中央銀行総裁会議)に中国がゲストとして招かれた。今や中国が世界経済の主役と言ってもいいくらいだから当然だろう。原油高の背景には、中国の石油需要の増大があるし、依然人民元の取り上げと変動相場制移行は国際経済にとって問題のままだ。
 しかし、人民元については、本当にそれが問題なのか、とあらためて問うと、G7の本音も単純ではないだろう。産経新聞「中国、発言権確保へ力点」(参照)がわかりやすい。


 中国が急成長の半面で抱える諸問題の解決を目指し、投資抑制などの過熱対策を講じていることは、中国市場への依存度を深める世界経済にとっても歓迎されており、中国経済を失速させかねない「急激な為替変動」は、多くの国は望んでいないことを中国は熟知している。

 とりあえず、それはそうだろうなと思う。そして、ふと先日の極東ブログ「胡錦濤政権はたぶん国内格差を深めるだけだろう」(参照)で中国を「新重商主義」と書いたのは勇み足だったかなと反省した。そのあたりと、ちょっと余興めくが、中国の将来への悲観論を書いてみたい。
 そんなことは当たり前じゃないかと失笑する向きもあるだろうが、反省点は、中国の現状を見るに、中国経済を日本や韓国のように重商主義(保護貿易主義の立場に立って輸出産業を育成し貿易差額によって資本を蓄積しようとする)だ、とは言えないかもな、ということ。
 念頭にあったのは「論座」10月号フォーリン・アフェアーズの抄訳エッセイ「『中国経済の奇跡』という虚構 --政治政策なくして、近代化は実現しない ジョージ・ギルボーイ」だ。抄訳のせいかのなか論の展開に理解しかねる部分もあるのだが、それでも大筋では間違っていないのだろう。気になったのは、中国の輸出を行なっている企業の大半は外資系だという指摘だ。
 と、それだけなら、ふーん、と言うくらいものだが、コンピューターパーツ、周辺機器に限定すると外資企業が75%、外資合弁企業が15%、外資による共同生産2%…とこれだけで92%になる。そして国営企業が6%。残りはもうほとんどない。え、それって何よ?である。電子・テレコミュニケーション機器や工業用機械も似たような構成だ。単純に言えば、中国に本来の意味で自国の企業というものがまるでない。
 全産業の状態はわからないので、部門によっては重商主義的に見える部分も少なからずあるかと思うのだが、総じて言うなら、この構成は重商主義的な施策の結果とは言い難い。当然、この状況では人民元の為替レートによる利益は結果的に外資にも還元されていることになる。
 これも当たり前のようだが中国は輸入面でも巨大だ。その意味は、米国にとっておいしい市場だということ。

 日本や韓国のように、アメリカからの製品や投資の受け入れに前向きでなかったアジアの貿易国とは違って、中国はアメリカの製品を受け入れる巨大市場なのだ。

 だから、中国は穀物や肉なども輸入してしまう。もちろん、それが単純に悪いと言うのではさらさらない。単なる比較優位の問題もある。
 中国は相手国ごとに見ると貿易赤字もあるのだが、その実態については、少し驚いた。特に台湾が突出しているし、韓国は日本との国力比で見るとバランスが悪いように思える。

〇三年度の対米貿易黒字は千二百四十ド億ドルに達しているが、一方で中国は他の諸国との間で貿易赤字も抱えている。日本に百五十億ドル、韓国に二百三十億ドル、台湾に四百億ドル、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国に百六十億ドルという具合だ。

 中国が貿易赤字を抱えていること自体はふーんという程度のことだが、台湾と韓国への赤字額は考えさせられる。比較的に少ない日本については、中国の反日政策っていうのは大陸人ならでは温情だったのかもしれないな。
 それにしても、この輸出・輸入の状況を見て、いったいこれは一国の経済と呼べるものなんだろうかという愚問も起きる。普通国民国家はこんなことはしないだろう。というか、これって、単に米国の帝国主義侵略の成果なんじゃないか、というのは、帝国主義とはマルクス主義経済学的には地政学的な意味ではなく国際間取引(資本輸出)の問題だからだ。ま、そんなこともどうでもいいな。
 論旨の繰り返しになるが、ようするに中国の経済は産業・輸出の部門では外資と国有企業しかない(軍系が多いのではないか)。
 「『中国経済の奇跡』という虚構」ではこの他に、中国では研究開発投資が少ないことや短期利益が目標とされていることなども指摘しているのだが…私はここで書架を覗く。あった。
 「妻も敵なり―中国人の本能と情念」(岡田英弘)である。なお、この改訂廉価版「この厄介な国、中国 ワック文庫」も同じ。香港経済に対する北京の関わりについて、著者岡田英弘はこう言及していることを思い出した。

 といっても、行政機関を通じて直接的な収奪が行なわれるわけではない。おそらく、資本参加をするといった間接的な方法で利潤を吸い上げることになるだろう。合弁企業をたくさん作らせ、香港人や外国人を働かせて稼がせ、儲かったら税金を重くしてもっと吸い上げ、儲からなかったら没収するというやりかたである。
 この仕組みは、中国人が最も得意とするものである。なぜなら、秦の始皇帝以来の中国の支配者は、こうして莫大な富を吸い上げてきたからである。
 ことは香港だけに限った話ではない。中国全土で行なわれている「経済の近代化」は、過去の皇帝システムの焼直しでしかない。つまり、上海や杭州といった各都市で産業を活性化し、そこから上がった利潤を吸収し、皆で金儲けしようというのが「開放経済」の意味なのである。

 岡田はそして、このシステムは頓挫するだろうと話を続けている。1997年のことだ。それから、7年が過ぎた。未だ頓挫していない。岡田の予言は外れたかに見える。
 いや早晩に当たっていたほうがまだましだったのではないだろうかなと私はさらに悲観的に思う。

|

« コーヒー中毒ってマジ(医学的根拠有り)みたいですよ | トップページ | "&"(アンパサンド)の正しい書き順 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

中国(本土)の貿易収支の主体が、外資系(資本的に日本を含む諸外国)企業だという指摘および分析は的を得ているとおもうが、中国は、資本から得られる利益(配当、キャピタルゲイン、あるいは企業トップのインセンティブ)の国外持ち出しは禁止されている事実をわすれておられないでしょうか?
結局は、国内設備投資を海外に行わせて、内部保留を高めるという手法であって、これは、中国(台湾)も同じであり、韓国も同様な政策だと思います。

では、米国を含め欧州が資本投下するかというと、19世紀の植民地主義と同じで資本投下での投資利益を植民地(植民地間ー東南アジア間)で循環させ、再度ゆくゆくは、祖外地を作成し(イスラエルが一番いい例)自国民を移住させる昔からの知恵はないでしょうか?欧州での自国内での労働力(高学歴ほど就職がきびしい。)の新植民地政策による海外制覇ではないでしょうか?

投稿: ICD患者 | 2004.10.03 09:06

おはようございます。
合弁・独資って、名前だけ貸してねってのも多いですよ。
かつては合弁企業の無税外車購入枠で外車買って、即べら高値で売払って会社空っぽなんてな事例もあったらしいですね。

純然たる合弁・独資でも、原材料・部品を本社工場から輸入しての「安い労働力だけ目当ての労働者使い倒し」工場で組み立てて、また輸出製品の99%は本社工場への納品だったりですね。それに外国の本社と現地工場との部品・製品の「取引価格の値決め」で、さらにガッチリとカネが流れないようにしてるのかな?現地工場としては「高く買って安く売る」ので、外国本社が丸儲け。だからそういう意味では、レート関係ないのかな?

だから韓国と台湾が貿易黒字が突出してるのは、まるまる移転して国内が空洞化してるから危ないんではないですか?

軍関係の国営企業ってのは当たりだと思います。製薬なんて有名ですね。

投稿: shibu | 2004.10.03 09:51

ギルボーイ氏の論説は私も読みました。まずは、中国の政府当局が、民間の政治的発言力の向上を危惧するあまり国内企業の発展に臆病な風土が形成され、国営企業と外資系企業に依存するようになってしまったというのがポイントの一つであろうと思います。

そうであるとするなら、外資系企業にとっては知的所有権の問題と金融上の信用の問題が核心となるように思います。そしてOECD的には中国の人民元はリスク資産ですから、ペッグ制を考えれば中国の信用はまるまる米国が肩代わりしていると言えるのでは。それを帝国主義云々と言っても始まらない気がします。むしろ韓国ウォンと日本円との関係に示唆される側面もあるかもしれません。

日本の貿易黒字額は少ないですね。単純に日本ブランドの進出が進んで、輸入も充分多いということかもしれません。特に工業部品メーカーの進出が大きな要因かも。

投稿: カワセミ | 2004.10.03 15:17

>日本の貿易黒字額は少ないですね。単純に日本ブランドの
>進出が進んで、輸入も充分多いということかもしれません。
>特に工業部品メーカーの進出が大きな要因かも。

それがほとんどの要因ですよね。
日系企業が中間財を輸出し、中国で組み立て、日本や米国に輸出というサイクルなので貿易黒字額は少ない。

>中国は、資本から得られる利益(配当、キャピタルゲイン、あ>るいは企業トップのインセンティブ)の国外持ち出しは禁止さ>れている事実をわすれておられないでしょうか?

これはどうとでもなるみたいです。

投稿: nom | 2004.10.03 18:06

>これはどうとでもなるみたいです。

本当にその通りで、正直笑ってしまいました。
政府当局者にして見れば、「一言で済ませるなよ」とツッコミを入れたいかもしれませんね。実際に様々なルートでの資金の国外流出は深刻のようです。

ところで、人民元とドルとの非公式な闇レートは、ここ数十年間コンスタントに元が安くなってると聞いた事があるのですが、何か多少なりともそれを示すような指標ってないですかね?

投稿: カワセミ | 2004.10.03 21:02

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022614102/qid=1096928443/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-0523102-6570739

この件に関してはこの本がお勧めです。大体の資料はそろっています。

で、いろいろ思うことを、
>上海や杭州といった各都市で産業を活性化し、そこから上がった利潤を吸収し、
のはずなんですが、確か外資系の企業は優遇税制を受けているはずだし、国営の企業にしても、収入の把握率がたしか半分以下とその本の資料にあったはずです。
そのため、中央政府の財政は立派なシステムさえあれば、かなりの税収が見込めるにも関わらず、現在、膨大な国債を発行しなければならない状況です。(それに汚職による脱税行為もあるはずですが、表にはでてこないのでそれがどうなっているかは不明です)

>このシステムは頓挫するだろうと
というわけで、未だに健在どころか、ますます発展し続けるわけです。

投稿: F.Nakajima | 2004.10.05 07:53

『参考 台湾旅行社による 台湾の高校 の 韓国教育旅行など』
  台湾の高校生たちは、日本の他、韓国などにも教育旅行に
  いっているようです。
---------------------------
 豪鵬旅行社有限公

  歴年弁理公教団体一覧

   豪鵬旅行社九十五年辦理公教團體活動部份舉例:

    (18)95年七月:新竹縣竹北高中赴韓國教育旅行訪問五日 (28人)
    (26)95年八月:國立豐原高商赴韓國參訪活動 (37人)
    (40)95年十一月:國立新竹高中赴韓國教育旅行 (75人)
    (48)95年十二月:國立竹東高中赴韓國教育旅行 (40人)
    (49)95年十二月:國立台中一中、台中女中、
             台中二中(既+旦)文華高中赴韓國教育旅行
    (50)95年十二月:國立員林家商赴韓國教育旅行 (42人)
  
  下記サイトに続きがありますのでご参考まで
   http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1194505422/
   【国内】高校生の修学旅行、韓国、オーストラリアが人気~文科省調査[11/08]
    (239.~242.、244.~247. まで)
    (↑台湾の高校生が チャングムの大きな
     ポスターの前で 韓国の民族衣装で
     記念写真を撮っている写真もあるよ)

投稿: トライライン | 2007.11.16 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の将来を悲観的に見る:

» 「中国:死刑宣告を見学するための学校教育旅行」(アムネスティ・インターナショナル 04.10.01)  [北朝鮮・チベット・中国人権ウォッチ−東北アジアの全ての民衆に<人権>の光を!]
「中国:死刑宣告を見学するための学校教育旅行」(アムネスティ・インターナショナル 04.10.01)  <翻訳:まこと>  数百人の生徒が公開判決宣告集会で... [続きを読む]

受信: 2004.10.03 16:25

» 中国警察、不満を申し立てたチベット人僧侶を銃撃(ロイター 04.10.02) [北朝鮮・チベット・中国人権ウォッチ−東北アジアの全ての民衆に<人権>の光を!]
中国警察、不満を申し立てたチベット人僧侶を銃撃(ロイター 04.10.02) 中国共産党の支配下にあるチベット(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のサイトより... [続きを読む]

受信: 2004.10.03 16:27

» 四川省の化学プラント工場の労働者、不法なリストラ計画を中止するよう地方当局に求める(中国労働者通信 04.09.27) [北朝鮮・チベット・中国人権ウォッチ−東北アジアの全ての民衆に<人権>の光を!]
四川省の化学プラント工場の労働者、不法なリストラ計画を中止するよう地方当局に求める(中国労働者通信(中国労工通訊/チャイナ・レーバー・ブリテン) 04.09.2... [続きを読む]

受信: 2004.10.03 16:28

« コーヒー中毒ってマジ(医学的根拠有り)みたいですよ | トップページ | "&"(アンパサンド)の正しい書き順 »