« 農業に求められる生物多様性は文化をも守る | トップページ | コーヒーは心臓に悪いらしい »

2004.10.22

リベリアの武装解除と暴れる学生たち

 VOA(Voice of America)にあるアフリカのニュースを見ていると、"UN: 95,000 Liberian Fighters Disarm(国連:9万5千人のリベリア人兵士が武装解除)"(参照)というのがあった。あらためて言うまでもないが、14年にもわたったリベリア内戦が終結し、昨年、イラク同様、ガーナで開かれた協議で各派を取り込んだ暫定政権が樹立し、選挙実施までの二年間の統治を行うことになっていた。今回の武装解除もこの10月31日までに行うと期限を切ったもので、取りあえずは順調な推移となっている。ジャック・ポール・クラレン国連リベリア問題特別代表も、武装解除プロセスは概ね終了したと発表した。もちろん、完了とは言い難い。
 リベリア内戦についてはあまり深く立ち入らないが、1989年、当時のサミュエル・ドウ政権にチャールズ・テーラー率いる国民愛国戦線が武装蜂起したことから始まった。昨年テーラーがナイジェリアに亡命したことで一旦終止符が打たれた。この内戦による死者は15万人以上と見られている。経過は「はてな」のキーワード「リベリア」(参照)がなぜか詳しい。
 VOAの記事中、ちょっと気になることがあった。


The top U.N. envoy to Liberia, Jacques Paul Klein, told the U.N. News Service that 10,000 of those who have turned in their weapons are children.
【試訳】
ジャック・ポール・クラレン国連リベリア問題特別代表が国連ニュース・サービスで語ったところによると、この武装解除者の一万人は子供だったとのことだ。

 この件の補足は記事にはないが、なぜ子供がと問うまでもなく、リベリア内戦は少年民兵が際だつ陰惨な戦闘だった。ネットでは「黒柳徹子のリベリア報告」(参照)や、「リベリア少年兵の悲劇」(参照)といった記事が詳しい。読売新聞(2003.12.24)「リベリア 独裁者亡命後の混乱」にはこうある。

 支援団による武装解除は、旧政府軍兵士、テーラー派民兵、二つの旧反政府武装勢力の計四万人を対象とする。武器を差し出した兵士、民兵は職業訓練を受けた上で、社会復帰支援金として三百ドル(約三万二千円)を手にする。
 初日には予想を上回る約千四百人が武器を置いた。AK47自動小銃を差し出した旧政府軍兵士のアレックス・ティエーさん(26)は「もう戦う理由はない。戦争は終わったんだから」と話した。「大学で貿易を勉強したくてここへ来たんだ」と将来に目を向ける。
 だが、少年兵を中心とした民兵は、そもそも社会復帰をする気はなく、現金が目的だった。武器を差し出してもその場では現金がもらえないことを知ると、数百人が武装解除を拒否。市内に帰ると住民への略奪を再開し、暴徒化した。郊外へと向かう幹線道路は、ぼろぼろのTシャツ、ジーパン姿の少年兵が、目を血走らせて歩き回り、外国報道陣にも銃口を向け、空に向け発砲を繰り返した。

 その後の状況はどうだろうかと少しネットを見回すと、最近のニュースとしてBBC"UN confronts angry Liberia pupils"(参照)があった。引用は控えるが、ここでは少年兵でないが、暴徒と化した学生の状況が語られている。他にも"UN peacekeepers disperse Liberian school protest"(参照)といったニュースが伝えられている。
 少年民兵と暴れる学生とのつながりはないのかもしれないし、ちょっとした小競り合いということなのかもしれない。
 日本ではあちこちで「平和の尊さ」が語られているが、平然と人を殺し続けてきた少年民兵にどのように平和を語ったらいいのか、私にはわからないなと思う。

|

« 農業に求められる生物多様性は文化をも守る | トップページ | コーヒーは心臓に悪いらしい »

「時事」カテゴリの記事

コメント

タイトルだけ見て
「ほほぉ、カダフィももはやこれまでか……」
と思ってしまいました。

投稿: 有芝まはる(ry | 2004.10.22 13:57

うう、混乱します。
リビアなのかリベリアなのか、リベリアだと思いますが。
リビアだとまはるさんご指摘でカダフィ大佐ですしトリポリですね。

投稿: ソット | 2004.10.22 14:17

有芝まはる(ry さん、ソットさん、ども。そう、リベリアです。しょーもない間違いでした。訂正タグではなくこっそり直しました。

投稿: finalvent | 2004.10.22 14:36

時々お邪魔しています。あらためまして、こんにちわ。
リベリアの写真展を開こうと企画しています。まったくの素人ですが、リベリアには深い思いがあるので、何とか成功させたいと思っています。

投稿: じょじょ | 2005.11.02 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リベリアの武装解除と暴れる学生たち:

» なぜビーズ小物を作るのか? [「戦争が終わっても」高橋邦典写真展 IN 逗子]
なぜ、リベリアの写真展に、ビーズの小物が登場するのか?私なりの理由を書き留めておきたいと思います。今までにも書いてきましたように、写真展へ来てくださった方が、その小物を見ていつまでもリベリアを思い出して欲しい、と言う目的があります。そして、そこでなぜア...... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 09:09

« 農業に求められる生物多様性は文化をも守る | トップページ | コーヒーは心臓に悪いらしい »