« インドネシア大統領選の隠れた主役は国軍 | トップページ | 在外米軍の売春利用規制 »

2004.09.23

ケリー陣営支援のために韓国は米国でスパイ活動をしていた

 問題がタッチーなので、エキサイトのブログニュースの一覧ですぐ釣れるような標題はできるだけ避けようとも思うが、一応事実を示す標題にはしておく。韓国政府はケリー陣営支援のために米国でスパイ活動をしていたようだ。
 それ自体の問題もだが、こうした情報がこの時期にリークされることも同等に重要な問題でもある。
 ニュースはAP系なのでブログなどの噂ではない。ざっと見た限り、私が議論の水準の目安とするニューヨークタイムズやワシントンポストでの言及はない。が、ロサンゼルスタイムズや昔から好きなサンノゼ・マーキュリーニューズ(参照)、さらにABC(参照)やNBC(参照)のニュースなどでも報道されている。英国ガーディアンではAPを引いていた。こうしたニュースのシェア状態から見て重要なニュースと言ってもいいだろう。
 真相については、APニュース以上のことはわかっていない。
 韓国側の報道は、日本語と英語で読めるものについては、朝鮮日報の英文版を除いてないようだし(参照)、この報道もAPニュースに言及し驚きの含みを持たせているという印象を出ない。韓国内での情報は今のところないようだ。
 21日付のニュースだが、ざっと見た限り、その後日本国内では報道されていない。朝鮮ワッチャーたちがどう考えているのか知りたいところだが、私は率直に言ってそこまで継続的に朝鮮問題に注視しているわけでもない。たぶん、朝鮮ワッチャーにしてみると、そんなことは旧知のこととなるかもしれない。
 私はこのニュースをsalon.comで知ったのだが、すでに述べたようにsalonの執筆ではなくAPを引いただけで、しかもsalon側での言及はない。salonは民主党寄りだが、ジャーナリズムの基本は外していない。当のAPニュース"AP: Kerry Fund-Raisers, S. Korean Spy Met"(参照)はガーディアが見やすいだろう。


AP: Kerry Fund-Raisers, S. Korean Spy Met
Tuesday September 21, 2004 7:46 PM
AP Photo NYLL106
By JOHN SOLOMON and SHARON THEIMER
Associated Press Writers
WASHINGTON (AP) - A South Korean embassy official who met with John Kerry fund-raisers to talk about creating a political group for Korean-Americans was in fact a spy for his country, raising concerns among U.S. officials that he or Seoul may have tried to influence the fall presidential election.
【試訳】
韓国・朝鮮系米人の政治団体を創立すべく、ケリー候補の選挙資金関係者と会合していた韓国大使館員の正体は自国韓国のスパイであり、その目的は、ソウルの意向として大統領選に一定の影響力を与えようと、米国政府当局内で関心を高めることだった。

 率直に言うと、私のニュースを最初に読んだとき、これを韓国の陰謀というより、ありがちなロビー活動ではないかと思った。また、当然、これはケリー陣営へのネガティブキャンペーンの一環だろうとも思った。私自身はその最初の印象をその後打ち消しているものでもない。
 この問題は、スパイ(Chung)が帰国しており、さらに真相が解明されるふうでもない。

The FBI has not begun a formal counterintelligence investigation because Chung left the United States in May, the officials said.

 また、韓国政府側としてもスパイ活動をしたことを認めてはいない。が、それはスパイ活動にとって当たり前のことなのでどうという意味もないだろう。
 APニュースは背景について次のように推測しているが、おそらくその推測は現状から見て妥当なものだろう。

South Korea has been frustrated over the deadlock in talks on North Korea's nuclear activities, while at the same facing the Bush administration's planned withdrawal of thousands of U.S. troops from the tense region. One expert said Chung's actions were consistent with Seoul's concerns with the Bush administration even if he didn't get a direct order.

 つまり、APでは、韓国は北朝鮮との核を巡る六カ国会議の行き詰まりや、在韓米軍の縮小に苛立っていることを背景として見ている。また、米側の担当者の見解として、ブッシュがこの問題に絡んでいるのではないとしても、韓国側はブッシュ政権に強い関心を寄せていることを示唆している。
 また、アメリカン・エンタプライズ研究所員ニコラス・イーバスタッド(Nicholas Eberstadt, a researcher at the American Enterprise Institute)の次の見解を掲載している。

"But, nonetheless, this sort of intervention certainly provides a faithful reflection of the general attitude of Roh Moo-hyun's administration toward the presidential race," Eberstadt said. "There's an awful lot of people in this (South Korean) government who can't stand the Bush administration and would love to see Bush lose."

 彼は、このスパイ活動は盧武鉉政権の外交を反映していると見ている。また、盧武鉉政権内にブッシュ政権を忌避し、その継続を好まない勢力があるとしている。
 私は、そうした見解があることについては、それほど驚くべきことでもないとも思う。が同時に、一国の外交がまさかそこまで画策するのだろうとは信じがたい。
 少しこの当の問題から離れたい。誤解されたくないのだが、こうしたニュースを極東ブログに書くことで、韓国を非難したり、また、ケリー陣営を貶めたいとはまるで思わない。なにより、私にはこのニュースは奇怪であり、極東情勢を知るうえでの重要性を感じることだ。そして、それが日本国内で報道されていなさそうなのも気になる。
 話は一般論的になるのだが、このニュースを聞いて、奇妙な違和感を持つのは、韓国・朝鮮系米人の国家忠誠のあり方の問題だ。この問題はさらに広義にイスラエルと在米ユダヤ人との関係でもあるのかもしれない。私の基本的な認識は、どの系統の背景をもっても所属するその現在の国家に忠誠を持つのが当然だということだ。日系二世が日本と戦ったことは日本民族の文化と倫理の誇りであると私は思う。
 韓国でもそうなのだろうと思う。が、朝鮮日報「『移民しても祖国は守る』志願入隊した海外同胞たち」(参照)は両義的なものを感じる。

 最近、プロ野球選手と芸能人の兵役逃れが巷の怒りを買っている中、幼い頃、外国に移民した海外同胞の若者が志願入隊して軍に服務していることが分かり、注目を浴びている。

 移民していても父祖の国に戻り再帰化すればその国に忠誠を誓うのは当然だ。だが、この記事のトーンは移民者にも父祖国への忠誠を説くような印象を受ける。
 この問題は難しい。だからといって見ないことにするというわけにもいかないと思う。

【追記同日】
23日付で、産経新聞「韓国 盧政権が米大統領選、干渉? ケリー陣営に要因 会談バレ、帰国」(参照)に該当ニュースがあった。

|

« インドネシア大統領選の隠れた主役は国軍 | トップページ | 在外米軍の売春利用規制 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

おたずねします。
> が同時に、一国の外交がまさかそこまで画策するのだろうとは信じがたい。

1)「まさかそこまで画策」は、finalventさん、何を指しているのですか? どんな画策ですか?

2)表題の「スパイ活動」とはどんな行動なのか、文中では具体的に示されていません。それは、「推して知るべし」という御意図ですか?


事実としての引用は、
大使館員がケリー陣営の資金担当者と会合をもった、
それ以外にありますか? 
またそれを、「スパイ活動」とfinalventさんも認定していらっしゃるのですか?
それとも米紙引用を動員した、ほのめかし文なのですか。

報道事実の評価、その解釈、どうもそのステップが踏めないのです。わたしの読解力不足のせいでしょうけど。

投稿: U=Pu | 2004.09.23 14:52

U=Puさん、こんにちは。前回、朝鮮民族を侮蔑するような表現は避けて頂くようにお願いしたことは了解していただけていますか。実を言うと、こうしたことがらに返答もなく、それをなかったかのように過ごして、別の質問されるのは、心地よいものではありません。

しかし、質問点にはできるだけ答えたいと思います。が、とぼけているととらないでくださいね、私自身が問いかけられた点がよく理解できません。

(1)については文脈でご理解できませんか。(2)については、スパイ活動の実態が不明ではないかということですか。であれば、これはエントリ中に私の見解を含めてあります。

イヤミとらないで欲しいのですが、レトリカルな質問と思われる場合は以降お答えできないかもしれない点、これを朝鮮民族を侮蔑するような表現は避けて頂くという点とあわせて、ご了解ください。

ロサンゼルス韓国総領事館副領事チュン・ビュンマンがスパイだったかについてですが、APの"Kerry Fund-Raisers, S. Korean Spy Met"のようにスパイだというのがニュースの前提事項です。

スパイ行為はなにをしていたのか分からない者をスパイと呼ぶのかと問われるなら、ギャフンです。APに質問を出されるほうがいいでしょう。常識的にはスパイ活動を職務とする人間をスパイと呼びます。

投稿: finalvent | 2004.09.23 15:26

「どの系統の背景をもっても所属するその現在の国家に忠誠を持つ」ということは、多くの日本人にとっては当然のことに思えても、世界共通、あるいは北東アジア共通の認識ではないように思います。
例えば、東京の中国大使館で、中国へ入国する為のビザを取得する場合、ビザの種類によっては、中国から日本に帰化した人たちと、その他の日本国民とは区別されています。
また、この例はきちんと確認していないので推測の域を出ませんが、中国では外国人労働者の所得税率が中国人のそれの何倍にもなり、給料がものすごく目減りしてしまうため、多くの日本企業は日本人駐在員の所得税を肩代わりしているという話を、中国駐在経験のある友人から聞いたことがあります。それにも関わらず、外国に留学し、学位取得後現地で就職、給料待遇共によい仕事に就いている、外国に帰化または移民した中国人が、中国に帰って高給な職に就くという、傾向が出てきています。中国国内の政治的経済的その他諸々の環境が変わってきたからこそ、中国に戻る決意をし、きっかけを得る人たちが増えてきたのだと思いますが、中国政府も何とか人材流出を防ごうと、外国から帰ってくる他国籍華人に色々と優遇措置を施しているようです。ひょっとしたらこの優遇措置の中に、他国籍華人に対する税控除なども含まれているのかもしれません。或いは破格の高給を取るので、所得税を取られてもかまわないのかもしれませんが。
以上、中国の例のみになってしまいましたし、この例が「国家に忠誠を持つ」ことにまで直接的に繋がっていくかも分かりませんが、帰化または移民した後も、出身国から、現在自分の所属する国の国民とは違う扱いを受けることで、国家に対する忠誠や、所属の意識に違いが出るのではないかと思います。
「所属する現在の国家に忠誠を持つのが当然」という考えに異論を唱えるつもりはありませんが、その考え自体はどこに端を発しているのでしょうか。別な機会にこの点をもう少し突っ込んでくださることを、期待しています。

投稿: 玲 | 2004.09.23 16:12

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/06/02/20040602000058.html
のロバート・キム氏の一件はご存知ではないでしょうか?

韓国系アメリカ人がスパイをして、それを韓国人は「愛国者」「英雄」として迎え入れています。韓国マスコミもその論調をそれえていました。この報道を見て管理職への在日朝鮮人の就労に一層の不安を覚えた記憶があります。

それと、このケリー陣営へのスパイ疑惑ですが産経は朝刊で扱っています。「韓国 盧政権が米大統領選、干渉? ケリー陣営に要因 会談バレ、帰国」
http://www.sankei.co.jp/news/morning/23int003.htm

投稿: ウォッチャーではないものの | 2004.09.23 16:32

なるほど、産経記事を読みますと

> ケリー上院議員の陣営に接触していた韓国外交官が国家情報院の要員
ということで、外国からの献金疑惑が起こった、ということですね。

それを、finalvent さんは、APもいっているので、SPYというキーワードで括ってみたということですね。
見出しが、"Kerry Fund-Raisers, S. Korean Spy Met"をコピーしたものなら、その出典をあきらかにしたらいかがでしょう。
=========================

> 朝鮮民族を侮蔑するような表現は避けて頂くようにお願いしたことは了解していただけていますか。

これはこれは、finalvent さんらしくないですね。アングリです。まるで逆です。
事実の吟味も無く、「きのこ雲がキーワード」などといい、近隣民族への嫌悪感情を掻き立てるようなことはおやめください、というのが私の主旨です。

さまざまな報道から核実験が懸念されていた、というところまでは事実でしょう。しかし、「きのこ雲がキーワード」というにいたっては、懸念や疑惑の領域を超えた認識です。
finalvent さん、それをキチンと自覚して、責任を持った文章をお書きですか? と、問うたのです。

これは、2004.09.13
『北朝鮮北部の両江道爆破事件は核実験か』
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/09/post_11.html#comments
に対する私のコメントを、一連で読んで頂けば、どなたにも分かることです。

わたしは、
「この人はかなり親韓、親北(もしくは反日)のようですね。」
といわれてみたり、
「朝鮮民族を侮蔑した」
といわれてみたり、忙しい限りです。

finalventさん、
私が放送禁止用語を使ったという批判なら受け止めます。放送禁止用語はどうぞ削除してください。
そうではなくて、朝鮮民族を侮蔑した表現をしたというなら、私への中傷です。相手にするかどうかは、私の自由です。

投稿: U=Pu | 2004.09.23 17:32

付言です

「ある国の大使館員が情報部員でもあって、着任国の野党スタッフと会っていた」をSpyの定義にするのだったら、どの国の大使館もSPYの館ということになりますね。
そうなると、東京赤坂、自転車振興会館まえの某あ国大使館などには、いったい何千人のSPYが働いているのでしょうか? もちろん
某ち大使館も、某ろ大使館もそうでしょうが。

第一、大統領選挙戦たけなわの時期、両陣営に接触をもつのが出先外交官の務めではないですか? 日本国の大使館はどう?

まあ、韓国政権は目立ちすぎてバッシングされた(焼きを入れられた)ということかな。

投稿: U=Pu | 2004.09.23 17:50

>U=Pu氏
外野からなんですが・・・

相手は親でも兄弟でもないわけで、相手にしてもらいたければ、それなりの振る舞いを身に付けた方がいいんじゃないでしょうか?
今のままじゃあ只の電波でっせ。

投稿: 喧嘩にこそマナーが重要 | 2004.09.23 17:52

どうもこんにちわ。通りすがりです。
U=Puさんは折角HPを持っていらっしゃるんだから
そちらでもこう言う話を展開してトラックバックなどを利用するのが
より建設的かつ多様な意見が集められると思いますよ。
御一考してみてはいかがですか?

投稿: 通りすがり | 2004.09.23 18:10

>どの系統の背景をもっても所属するその現在の国家に忠誠を持つのが当然だということだ。

 忠誠ってのは盲目の愛じゃないよね、と独り言の註釈を付けながら賛同してみたい一文です。この近代のファンダメンタルな部分が日本で(マイノリティ側、マジョリティ側双方の一致点として)成就する日は来るのでしょうか・・・
 また、確認のしようもないことですが、在米朝鮮・韓国系の人々の中にも実際には「本国のエージェント?うぜぇよ」と思ってる人もいるかもしれないと考えます。その点、違う国へ出向いていった人の心性そのものよりも、送り出した側が無批判に彼らに期待する規範的愛国意識みたいなものの方が問題とされるべきなのだろうと思います。ケリーにアプローチするのに当然のごとく自国系民族団体を経由しようという発想からして韓国社会(本国)は確かにその傾向が強い。
 そして、日本は日本で妙だな、という気もするのです。海を渡った人々が向こうで向こうの市民に成りきっていることを誇りに思い、頌えながら、しかし、心の底で何らかの淡い心理的・血統的・性格的な絆の存在を信じようとする、いわば潜在的望郷意識のようなものを無理矢理投影しようとしている感じがします。日本人にとって「彼ら」は「彼ら」でもあり「我ら」でもあり、というようなユルさはどう捉えればよいのか、すっきりとはいかないところです。
 

投稿: ânon | 2004.09.23 22:05

玲さん、anonさん、こんにちは。

>「所属する現在の国家に忠誠を持つのが当然」という考えに異論を唱えるつもりは
>ありませんが、その考え自体はどこに端を発しているのでしょうか。

というご指摘はふいを突かれた感じがしました。たしかにこれは特異な考え方かもしれません。日本近代史を顧みると諸藩に奉公するというところに歴史的な倫理感覚がありそうにも思いますが、実感をうまく説明するものでもありません。今後の課題としてみたい気がします。

ウォッチャーではないもののさん、こんにちは。ロバート・キムについては、少し記憶にある程度でした。ご指摘のリンクを読んで、驚きました。ちょっと言葉に詰まる思いです。

U=Puさん、こんにちは。放送禁止用語だからいけないとだけお思いなのですか。その表現を聞いたとき朝鮮のかたがどう思うか想像もつかないのでしょうか。「きのこ雲がキーワード」のくだりについても全然エントリを読まれていない印象を受けます。この事件のキーワードが「きのこ雲」なのではなく、この事件報道のキーワードがそれだと私は言っているのです。他にも同様の曲解を広めているかたもいらっしゃるようなので簡単に補足しおきます。

投稿: finalvent | 2004.09.24 11:11

> 近隣民族への嫌悪感情を掻き立てるようなことはおやめください、というのが私の主旨です。

多くの日本人にとって「きのこ雲」は「キーワード」だったと思いますよ。
少なくとも、北朝鮮側の発表には信憑性がありません。
貴方のその時のコメントにもあるように、
衛星写真などの情報がなかなか出揃わなかった事もありますし、
また、各国大使の現場視察にしても、明確な結論は出ませんでした。
疑惑が深まる材料ばかりです。
貴方が北朝鮮に代わって説明して下さるのでしょうか?
(私は、あれは事故orテロではないかと思っていますが、)

事件に対する「反応」や「疑念」を無闇に批判するのは如何なものでしょう。
そこに誤解があるならば、客観的事実を積み上げて誤解を解けばよいではありませんか。
大元の事件を棚に上げて、それについて論じる事を
「嫌悪感情を掻き立てる」と封じる事には危険を感じますし、
「論を封じる事」自体に耐え難い嫌悪感を感じました。

尚、私は今回の件には、解かねばならない誤解は無いと思います。
米国の政治中枢に対して影響力を持つ事は必要な事です。
韓国のロビー活動は別に責められるような事じゃない。
むしろ、日本はちゃんとロビー活動できてんのかいな?と言うトコロ。
日頃から影響力を持っていれば、首相があんなに媚びてみせる必要など無いはずですが...。

「まさかそこまで画策」は「大統領選に影響するレベルまで」ですよね?
私は「そこまで」も必要なのではないかと思いますが、
「そこまで」やってしまうとあまりにもリスクが高いので、
「一国の外交が」「そこまで」はやらないかなぁ、とも思ったり。

投稿: at | 2004.09.24 11:40

日本の一部には、事実はどうあれ朝鮮中国韓国に不利になることを言ってはいけない、それが良心的というものだ、という人々がいるように思えます。
私は上記極東3国に特に思いいれも嫌悪もないつもりですが、その「特別な配慮がないこと」自体が気に入らない人もいるようでイヤになります。
一般論として隣国が核開発したり領土を侵略したり誘拐したら(あるいはその疑いが有れば)報道するのは当然で、なぜ文句をつけられるかがわかない。
特定の宗教に帰依しているひとの論理を、その宗教を信仰していない人に押し付けられているような不条理を感じます。

ところで国民と民族との問題に関しては、一部在日文化人が国家を融解させて「東アジア共同の家」をつくろう、との運動をしていますが、その前提は国家の壁より民族が基本だから、となっています。
私は昔、ユダヤ人たるデュルケームが民族主義を乗り越える装置としての国家に期待したのに共感したものですから、同じ「国家の死滅」でも、極東アジアでのそれは寧ろ前近代への退嬰を感じて同感できません。極東アジアではいまだに近代国民国家の確立自体が目的であるべきなのではないでしょうか。

投稿: あすく | 2004.09.24 12:37

>また、確認のしようもないことですが、在米朝鮮・韓国系の人々の中にも実際には「本国のエージェント?うぜぇよ」と思ってる人もいるかもしれないと考えます。

在日3世以降はそういう人が増えているんじゃないですかね?ちょっとやりとりした在日の人はそういうことを言ってました。帰化しないのも面倒だしとりあえず必要ないからだとか。

在米も似たようなものかと推測します。

投稿: jouji | 2004.09.24 12:45

at さん、こんにちは。
わたしも、北朝鮮側の発表で「うんわかった」ということには参らぬ一人です。米・英・中・韓・朝の談合的な匂いが感じられました。
当初の報道で、「きのこ雲の衛星写真」「3.5キロのきのこ雲」という言葉が、一人歩きしましたね。胡散臭い、きな臭いものを感じました。ですから、「きのこ雲がキーワード」という筆者の力点の置き方に疑問を申し上げたのです。「きのこ雲報道に疑いをもたれないのですか? そのまま、報道を引用してなぞることでよろしいのですか?」、と。

あすさん、わたしは、
> 事実はどうあれ朝鮮中国韓国に不利になることを言ってはいけ
> ない、それが良心的というものだ。
などとは、全く思ってはおりません。

わたしが申したいのは、
「隣国に不利なことは堂々といえばいい。ただし、事実をよくよく吟味するか、自己の思考を真っ直ぐに表現するか、そのどちらかは最低限必要なことだ」
ということです。国と国とを接するもの同士の好戦的気分を高めるようなことは、避けねばなりません。

まして核実験の問題は、もしそれが事実なら「キューバ危機」に匹敵する危機を招く事柄です。Bush大統領の論理によれば、即開戦となってもおかしくないのですから。

> 隣国に不利になることを言うには、よほど事実を吟味し、
> 言説は(引用文であっても)責任を持ってなされなければならない
前との違いはお分かりいただけることと存じます。

ところが、この2つの違いを意図的に無視し、私を指差して、
「この人はかなり親韓、親北(もしくは反日)のようですね。」
とレッテルを貼る煽り主さんが愛読者の中にいまして、わたしは、当惑と義憤を感じたのでした。

finalvent さん、
私は、事実の吟味なく不快感を煽ったり、最悪の事態をほのめかしたりするすることに、危惧を覚えています。また、そうした文章に煽られてのレッテル貼りの横行は、理性を停止させるものです。
拉致事件、六者協議の緊張感の中で、理性の停止はあってはなりません。finalvent さんも同意なさると思います。

北朝鮮がミサイル発射準備をしているようなときに、理性など構っていられるか、という立場もあるかもしれませんが、それにはきっと同意なさらないでしょう。

わたしは、
そうした非理性的な嫌韓嫌朝言説と気分醸成に対し、ひっくるめて「馬鹿チョンキャンペーン」と呼んだのです。そして、そういうものの足がかりになることに注意力が及んでいない言説に、忠告申し上げたのです。韓国・朝鮮の人を「馬鹿チョン」と呼んだのではありません。誰でもわかることです。

投稿: U=Pu | 2004.09.24 18:13

U=Pu さんへ
だからそこで「馬鹿チョン」という言葉を使う必要性はあるのですか?
そういう言葉を誤解されるだけでなく、全体の品位も下がるということが理解できないのですか?

そんなにその「嫌韓嫌朝言説と気分醸成」と貴方が脳内で感じているものが気に入らないなら只単に事実を述べて否定するだけで十分な筈です。
そういう言説及びその言説を唱えている人を貶めたり煽りたくてしょうがないなら仕方ありませんが。

投稿: CCCP_YPA | 2004.09.25 02:38

U=PUさん>
「誰でもわかること」とおっしゃいますが、少なくとも私にはわかりませんでしたよ。
私が馬鹿なだけかもしれませんが、このような言説をしておいて、「誰でもわかること」というのではないのでしょうか。
CCCP_YPAさんもおっしゃってますが、否定したいのであれば何もこのような表現を使う必要はなく、
素直にこのようなことはよろしくない、怒りを覚えるということを真摯に記述すればよいわけで。
意図的に書いているのでしたら、それこそ「釣り」の類としか思えませんよ。実際、レスを拝見させていただいた限りでは煽りっぽい表現が多いですし。

投稿: Will | 2004.09.25 03:37

CCCP_YPA さん>
Will さん>
おはようございます。書いたものの真意がなかなか受け止められない、ということを改めて実感しました。感情が混じると余計ですね。
今回のような、「きのこ雲」とその報道連鎖自体が壮大な、釣り、煽りであったとしても。
finalvent さん
あれこれ申し上げません。『北朝鮮北部の両江道爆破事件は核実験か』の続報を期待します。きのこ雲(の報道)に焦点をあてた結果貴方の認識はどうなったか。急いで、ではありません。

投稿: U=Pu | 2004.09.25 06:09

国家情報院の要員はスパイと呼んではいけないの?

投稿: ところで(バトルトード) | 2004.09.25 12:33

※管理者削除※

投稿: バトルトード | 2004.09.25 12:58

すいません、余計な記述までコピペしてしまいました。
できれば上文の削除を願います。

投稿: バトルトード | 2004.09.25 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケリー陣営支援のために韓国は米国でスパイ活動をしていた:

« インドネシア大統領選の隠れた主役は国軍 | トップページ | 在外米軍の売春利用規制 »