« 米国「忠誠の誓い」はいかがわしくまだ続く | トップページ | Takeru "The Tsunami" Kobayashi(小林尊)こそ、国際的なセレブ »

2004.06.17

参議院についてのたるい話

 参議院についてたるい話を書く。もともと私は参議院にお笑い集団以上の関心はない。普通に考えても無意味な存在だしな。だが、先日年金法案が参院に回ったときは、もしやという期待を抱いた。誰が考えても、っていうか公明党とかは除くが、あんな法案ダメに決まっている。厚労省はあとから出生率を出して国民の失笑を買ったが、国政をジョークにしてくれるよ、官僚。しかし、参院もまたジョークだった。むなしい。
 あたりまえことだが、参議院の「参議」という言葉は、広辞苑を見るに、字義は「朝議に参与する意」である。朝議は、これもあたりまえだが、「朝廷の儀式」である。参議の歴史的な意味は、その役職だった。


奈良時代に設けられた令外官。太政官に置かれ、大中納言に次ぐ重職で、四位以上の者から任ぜられ、公卿の一員。八人が普通。おおいまつりごとびと。宰相。

それが、表層を古代に模し、内容を欧米に模した明治時代にはこう変わる。

1869年(明治2)太政官に設け、大政に参与した官職。71年以降は太政大臣・左右大臣の次で、正三位相当。85年廃止。

 この役職が廃止になったのは、1889年(明治22)、憲法によって帝国議会として貴族院と衆議院ができたからと言ってもいいだろう。英国の真似っこである。夏彦翁風に言えば、サルがモーニングを着てみたようなものか。
 貴族院を構成していたのは、皇族と「公・侯・伯・子・男」の貴族。天皇を中心とする朝廷の儀式に参加するのは当然貴族である。戦前は字義通りの貴族院だったわけだ。が、これに、多額納税者、帝国学士院会員からの互選者、勅選議員がおまけになる。お恵みである。そんなところだ。こんな呑気な社会でやっていけるのは平時に限る。戦時にはちと変わり、役職としての参議がなぜか復活する。

1937年日中戦争下、重要国務を諮問するために近衛内閣が設置した官職。内閣参議。43年廃止。

 そんな貴族院の歴史はどうでもよかろうと思う人も多いかもしれないが、昭和32年生まれの私が子どもの頃はまだ「貴族様」という言葉にはかすかに意味の面影があった。貴族院を継いだ参議院も近年まで貴族院時代と同じ「公衆傍聴券」を使っていた。
 戦後、当然貴族院は廃止。GHQは、廃止は廃止だから、衆議院だけでいい、と当初想定したのだが、それが覆ったのは、歴史学者によっては、日本側が二院制を主張したからだとしている。
 私はちょっと疑問だな。日本国憲法の英文原点を読むと、nationとstateは使い分けられ、この用法は、どうやら日本国憲法が連邦憲法を想定したように思われるからだ。もう一つは、GHQは当初から天皇の残存を決めているので、英国のようにするのがいいと思っていたのではないか。
 いずれにせよ、GHQは考えを変え、「じゃ、二院でもいいかぁ」として、それなら、英国式に両院不一致の立法については、下院(衆院)で三回可決し、一年ほど経過したら、上院(貴族院・参議院)の決議にかかわらず成立としたらいいんちゃう、と思っていたようでもある。が、それも変わって、どういうわけか今のようになる。わけわからん。
 現行では、近代国家らしく、当然、下院(衆院)の優位がある。立法も下院=衆議院だけでできる。が、その場合でも衆院議員三分の二の多数を必要とするから、現実的には単独で立法はできない。週刊こどもニュースが以前子どもに嘘教えて謝っていたが、しかたない面はある。それと、余談みたいな付け足しだが、参議院にはなぜか首相の指名権がある。よくわからん。なにがよくわからないか? 憲法はどういう思想で参議院を規定しているのか、ということだ。
 先に日本国憲法はもともと連邦法ではないかと書いたが、基本的に二院制を取るのは地方の法の独立性が高いためでもある。連邦制国家である米国、ドイツ、ロシア、カナダなどは、下院が個々の国民を代表し、上院は各州を代表するようになっている。フランス上院はちょっと変わっていて、というかよくわからないのだが、下院議員と地方議員からなる選挙人団などによる間接選挙らしい。イタリアは、日本に似ているが両院は対等になっている。これもよくわからない。イタリアを理解しようとするのは無駄だが。
 とはいえ、こういうのは法理論上の問題ではなく、歴史の問題なのだろう。現在の世界の国の約六割は一院制と、むしろ二院制が少ないのだが、サミットなど自由主義側の主要国はみな二院制を取っている。残念なことは、日本のこの半世紀はその歴史になっていない、ということだろう。やめようぜ、と言ってもいいのかもしれない。
 たるい話はこれで終わりにしようと思ったのだが、ふと気になって、英辞郎で「参議院」の英語をひいてみる。やっぱり、"House of Councillors"、"Upper House"である(theが付くが)。で、"House of Councillors"の英語を日本語にすると、ちゃんと「参議院」に戻る。ふーん。ついでに「衆議院」は"House of Representatives"となり、逆引きすると、「衆議院、下院」になる。ちなみに、英語の上院は、"senate"である。対応しているのかどうか、これもよくわからない。制度が違うってことか。
 制度と言えば、米国の両院の上には大統領がいて、こいつがvetoつまり、拒否権を持つ。由来はラテン語の「私は禁じる」らしい。ローマ帝国の名残りというかパロディだ。vetoは元来ローマ部族時代の護民官が持つ権限だったが、帝国になり皇帝の特権となったものだ。まぁ、そんな歴史の話はどうでもいいが、英文を読んでいるとなにかと、vetoが出てくる。
 なんか、こーゆーvetoみてーなものは、日本人にはわかんねーよな、と思っていたが、今回の年金法案のような愚法を拒絶するためのものだろう。それが日本にはない。
 っていうか、こういうとき、近代市民はvetoの代わりに暴徒になってもいいんじゃないのか、って危険思想かね? 

|

« 米国「忠誠の誓い」はいかがわしくまだ続く | トップページ | Takeru "The Tsunami" Kobayashi(小林尊)こそ、国際的なセレブ »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

Voteして、Vetoがないなら、また暴徒しる。

オチねらってました?

論点はずしのエサで、民政局が一院制提示したとか見たような気もします。

しかし、またぞろタレント候補がでてきそうですネ。

投稿: shibu | 2004.06.17 22:43

shibuさん、ども。参院をvetoとして機能させるようにできたらいいんだろうなとは、ちょっと思いました。党派拘束がよわければ、なんらかの仕組みはできそうな気はしますが。

投稿: finalvent | 2004.06.18 21:06

やはり市民が武装できないと、暴徒になってもなあ、なんて思ってみたりもします。

投稿: nh | 2004.06.19 16:48

> 戦後、当然貴族院は廃止。GHQは、廃止は廃止だから、衆議院だけでいい、と当初想定したのだが、
>それが覆ったのは、歴史学者によっては、日本側が二院制を主張したからだとしている。

>GHQは当初から天皇の残存を決めているので、英国のようにするのがいいと思っていたのではないか。

じゃなくて、松本烝治が二院制をGHQ側に主張した。
もともとGHQ民政局は、日本の新憲法下における立法府の構成については関心が薄かった。日本側に提示する草案では一院制にするが、これを二院制にするかは日本側との取り引きの材料にしてもよいという申し合わせが民政局内部であった。

投稿: (anonymous) | 2004.11.27 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参議院についてのたるい話:

« 米国「忠誠の誓い」はいかがわしくまだ続く | トップページ | Takeru "The Tsunami" Kobayashi(小林尊)こそ、国際的なセレブ »