« で、イラクの石油歳入権はどうなる? | トップページ | イラク警察と自衛軍は米軍の指導下に置かれる »

2004.06.09

ミステリーショッピング(mystery shopping)

 先日ラジオでミステリーショッピングの話を聞いた。もしかすると、「それってミステリーショッピングじゃん」と私が思っただけで、話にこの用語は出てこなかったかもしれない。
 そういえば、ミステリーショッピングという言葉は日本語になっているのか、と思って、最新用語の多いgooの日本語辞書をひいてみると、あった(参照)。三省堂提供「デイリー 新語辞典」に収録されているようだ。


ミステリーショッピング 【mystery shopping】
客に扮した調査員が,営業中の小売店などで顧客満足度を点検する調査のこと。接客態度・店舗設備・品揃えなどの項目を,顧客と同じ視点で調査する。調査結果は顧客満足の向上に役立てる。

 定義もそれほど悪くない。三省堂提供「EXCEED 英和辞典」ではこうだ。

mystery shopping
【経営】ミステリー・ショッピング (phantom shopping) ((調査員を顧客に仕立ててサービスや施設の清潔度,価格設定等を秘密裏に調査すること)).

 ついでに、ミステリーショッパーも収録されている。

ミステリーショッパー 【mystery shopper】
営業中の小売店などで,客に扮して顧客満足度を点検する覆面調査員のこと。

 この語については、むしろ英辞郎が弱く、"mystery shopping company"でしか掲載されていない。また、"mystery shopper"は「ミステリー・ショッパー、客を装った商品調査員{しょうひん ちょうさいん}」として掲載されているが、"phantom shopper"の「仮想買い物客{かそう かいものきゃく}」は誤訳語だろう。
 いずれにせよ、ミステリーショッパーとは、客に偽装した調査員ということなのだが、米国などだと、実態は、客が請け負いで調査するというのが近いかもしれない。というか、そういうイメージが強そうだ。
 現状の米国のミステリーショッピングのマーケットの統計値を探したのだが、簡単には見つからなかった。だいたいの予想で言えば、日本ではまだそれほどのニーズはなさそうだ。今後、日本でも増えるのだろうか気になる。
 日本だとフリーターとか専業主婦がたるいバイトでできそうだが、実際はそうはいかないだろう。売り手の側でも、きちんと買い手となる層の意識が必要になるからだ。だから、フリーターのお姉さんにきれいな服を着せビトンを持たせてミステリーショッパーに仕立てても、その購買意識やテイストまでは変えられないから、結局、使えねー、ということになる。つまり、ミステリーショッッピングのリソースとは、購買可能な階層に所属している意識そのものだろうからだ。
 米国のミステリーショッピングのサイトを見るとMSPAといった業界団体ができていて(参照)、ミステリーショッパーとなるための倫理規定なども設けているようだ。
 データベースには各種の資料も掲載されていて面白い。ミステリーショッパーについては、例えば"Be A Mystery Shopper"という記事では、こんなイメージで描いている(参照)。

The next time you're making a deposit at the bank, ordering a hamburger from a fast-food joint or checking into a hotel, the person standing behind you in line may not be a regular fellow customer; she may be a mystery shopper. Mystery shoppers work on a contract basis, and their job is to secretly evaluate consumer-service companies by posing as ordinary customers.


Mystery shoppers work their own schedule, typically going on as many assignments as they choose in a day's time. That flexibility combined with the perk that mystery shoppers often get to enjoy the goods and services they're told to purchase for free may make this seem like an ideal occupation. But, like any other field, this line of work has its disadvantages, not the least of which is the time and effort one must invest to excel and earn decent wages.

 この他、ざっと関連の情報を見ていくと、対象として、小売り店のマーケット以外に病院などもある。日本ではたいした根拠もなく雑誌や書籍で病院のランキングが掲載されているが、こうしたものもミステリーショッパーが利用できるとだいぶ違うだろう。
 ミステリーショッパーの組織・運用はインターネットが便利なはずだと思って、ぐぐると日本でもさすがにいろいろと情報はあるようだが、印象としてはかなりゴマ臭い。
 しかし、こうしたミステリーショッパーの管理はいずれインターネットと強く関連してくるように思う。気になるのは、例えば、「ネットは新聞を殺すのか-変貌するマスメディア」だが、次のようにネット社会と消費動向を示唆している。

 IDC社によると、製品やサービスの内容を形容する標準的な仕組みが開発され、2008年までにほとんどの小売業者がその仕組みを採用する確立は80%。消費者の意見を幅広く集め、効率よく表示する仕組みが2006年までに開発される確立も80%。携帯電話などの機器がバーコードを読み取り、商品に関する評判や情報を提示する仕組みが2008年までに普及する確立は40%。質のいい意見を発信する消費者に報酬を与えるための少額電子決済の仕組みが2008年までに普及する確率は60%と予測している。

 直接的にはアフィリエイトが想定されているのだが、ブログなどもGoogleの動向からして、すでにそういう消費行動の仕組みのなかに組み入れられてきている。
 総合して言えば、今後ネット社会は、なんらかのシカケでマーケットの評価を決定するようになるのだろう。
 その先、あれこれと想像してみるが、あまりイメージがわかない。

|

« で、イラクの石油歳入権はどうなる? | トップページ | イラク警察と自衛軍は米軍の指導下に置かれる »

「社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミステリーショッピング(mystery shopping):

» 三越ミステリーショッピングツアーズ [ホームランすれすれ日記3rd]
[ミステリーショッピング(mystery shopping)] 極東ブログ http://finalvent.cocolog-nifty.com/farea... [続きを読む]

受信: 2004.06.11 20:18

» 素人ですが。 [不当防衛]
先週の日曜に偶然GETした穴馬券の立て役者ともいえる友人のブログからのLINKに注目して欲しい「ミステリーショッピング」というキーワードでググると何とトップに表... [続きを読む]

受信: 2004.06.20 09:44

« で、イラクの石油歳入権はどうなる? | トップページ | イラク警察と自衛軍は米軍の指導下に置かれる »