« なぜチャラビ宅がガサ入れされたのか | トップページ | 最近のネットメディア雑感 »

2004.05.23

北朝鮮拉致被害者の子どもの帰国に思う

 北朝鮮拉致被害者の子ども五人が帰国した。人質に取られていた子どもたちが奪還できたという点ではよかったのだが、私は率直なところ、なぜ小泉が訪朝したのか、よくわからない。また、今回の成果もそれほど評価できない。拉致被害者家族のかたが批判の声を上げていたが、もっともなことだと思う。
 今回の帰還によって、取りあえず可視になっている部分の問題は終了したのであり、しかも、そのために、膨大な貢ぎ物(食糧25万トンと1000万ドルの医薬品支援)を出した。これも困ったことだが、しかたがない面はある。しかし、「制裁法は発動しない」との馬鹿げた約束は将来に禍根を残すことなるだろう。
 拉致被害者にしてみれば、もっとも有効な北朝鮮への圧力の手段がこれで奪われたに等しい。もう少し露骨に、「小泉を打ち倒して、まともな外交圧力ができる政権にすげかえ、相手と同じレベルでバックレてしまえ」と言いたいくらいだ。
 禍根といえば、ベタ扱いのニュースのようだが朝日新聞系「今後の日朝正常化交渉、総連幹部参加へ 北朝鮮が決定」(参照)は呆れた。


北朝鮮が今後の日朝国交正常化交渉の北朝鮮代表団に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の副議長以上の幹部を参加させることを4月下旬に決め、朝鮮総連側に伝えていたことが分かった。日朝関係筋が明らかにした。

 こんなことでいいのだろうかと思うが、この問題については私が言及することでもないだろう。
 昨日、この件で、ぼんやりと考えていて思ったことがある。
 二家族子ども五人たちは、今回の事態や歴史を理解していないだろう。もちろん、すでにハイティーンから二十代の年頃でもあるので、物事を自分で考えることはできるはずだ。そして、一年くらいかければ、自分たちの置かれた状況も見えるだろう。それはどんなものなのだろうか?
 彼らは北朝鮮ではエリートだったし、エリートとしての未来も約束されていたはずだ。こう言っていいのかわからないが、日本に帰還できた家族も北朝鮮ではエリートだったし、金正日は彼らが当然北朝鮮に戻ると確信していただろう。むしろ、そのアテが外れたことが彼には不思議に思えていたに違いない。拉致問題の可視の部分だけでいうのだが、金正日にすれば、拉致問題はあったかもしれないが、丁重に扱ってきたのだ、と。そして、恐らく子どもたちも、そうした北朝鮮の常識のなかで物事を考えているのだろう。
 その世界をそれなりに私も理解する必要もあるようには思う。余談で、かつくだらない妄想のようだが、私は、ふと彼らの恋愛意識のようなことも思った。日本人ならこの歳なら、いくつか人生に残る恋心みたいなものを抱く。北朝鮮育ちの彼らの場合はどうなのだろうか。
 話はぼけるが、思ったことをもう少しメモ書きしておきたい。今回の日本の騒ぎは対外的にはまるで関心を呼ばなかった。当たり前と言えば当たり前だが、不思議なほどだった。ジェンキンズさん問題も、結局米国は糾弾の構えを変えないのだが、変えれば彼も米人の拉致被害者になり、米国としても扱いに困るからだろう。韓国もこの問題に関心をもっているふうでもない。韓国での北朝鮮拉致被害者問題が噴出しては困るからだろう。
 サヨクは今回を機に正常化を望んでいるようだが、それもよくわからない。北朝鮮の暴走を温存させることに、左翼的になんのメリットがあるのだろうか。まあ、どうでもいいといえばどうもいいことだ。
 北朝鮮の核兵器開発の進展は脅威だが、中国と米国が見過ごすわけもない。日本が北朝鮮の下僕となってもこの問題は金正日の思うままにはならない。ミサイルについても脅威といえば脅威だが、核弾頭にはならないし、精度も上げられない。大陸弾道弾ができても、中国ですら固定式なので、実質の脅威にはならない。
 米軍が韓国から撤退することが示唆するように、今後大きな衝突は半島では起きない。というか、米軍人に被害を出すような戦闘は起きない。仮にソウルが火だるまになっても北朝鮮に勝ち目はないし、米国はその後から日本から出動することになる。ブラックジョークを言っているつもりはない。
 たぶん、来年くらいには、在韓米軍撤退と軍事増強の機運から、韓国は思いがけないほど凋落しているのではないだろうかと思う。けして、そう願うものではないのだが。

追記24日
 nobokさんより、コメント欄でNYT"North Korea and Japan Sign a Deal on Abductions"(参照)が紹介していただいた。極めて面白い。


Although visits by heads of government to North Korea are rarities, Mr. Kim spared only 90 minutes to meet with Mr. Koizumi, and then canceled a planned afternoon session. At the end of the meeting, Mr. Kim, who runs a largely bankrupt state, was filmed by television cameras, waggling a forefinger in a jocular, but condescending fashion, in the nose of the Japanese leader, who stood stoically. Mr. Koizumi, who faces upper house elections in July, had hoped to win a diplomatic success in North Korea to divert attention from a serious scandal in Japan over nonpayment of social security taxes by the prime minister and many governing party politicians.

|

« なぜチャラビ宅がガサ入れされたのか | トップページ | 最近のネットメディア雑感 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

こういう評価もあるそうですよ。
http://hp1.cyberstation.ne.jp/negi/DEMO/

投稿: だい | 2004.05.23 17:02

だいさん、ども。ご指摘のサイト見ました。いろいろな評価がありそうですね。

印象としては、あまり論理的ではないように思えました。というのは、交渉というのは欧米では基本的に対立的なものです。しかし、日本的な交渉というのはあるのかもしれません。基本的に日本は武力がないのですから、その分、経済力を使うしかありません。その意味で、使い方はあれでよかったのか、あまり説得されませんでした。

投稿: finalvent | 2004.05.24 09:42

今回の小泉訪朝、プログでは在韓米軍で扱われている米国のと関係が全てだったと思ってます。

例えば、ジェンキンス氏の処遇において何らか米国の協調を微塵でも発信していれば、あんな屈辱的処遇は無かった筈で、その内容の如何に係らず丁重な処遇と結果を得たであろう事は明白。

まあ、訪朝直前にあれだけ明確に米国の姿勢を発信されては、足元をみられるのは必至(それが米国の意図なのだろう)、訪朝を延期してでも何らかの小泉支援となるメッセージを引出すくらいの器量があれば、まがりなりにも外交と呼べるものになったであろう。

もっとも、さんざんドルや米国経済自体に貢献していながら、その程度の協調すら取付けることが出来ないのが現状だと言っては身も蓋もない。(そんな発想さえ無い可能性もあるが...)

まあ、その点において金正日の見切りは、実に的確なのだろう。

少なくとも北朝鮮に対しては米国と中国の傘が(しか)有効なのだから、両国を利用しない対北朝鮮外交は非常に困難な訳で、日中米のバランスを利用すれば、いくらでも打つ手は出てくるように思えてならない。

投稿: (anonymous) | 2004.05.24 10:03

今回の会談が海外のメディアにまったく無視されているわけでもありません。New York Times には いかに小泉が愚弄されたか、具体的に報道されています。http://www.nytimes.com/2004/05/23/international/asia/23KORE.html

- 下級役人の出迎え
- 昼食もも出さず。一行は持参のおにぎりで昼食
- 午後の会議は一方的にキャンセル
- 直立小泉の鼻先で見下した態度で指をふりまわす

さらに、小泉の意図は年金不払い問題から国民の目を逸らすためと解説されています。

投稿: nobok | 2004.05.24 19:30

nobokさん、ども。あ、ほんとだ。これは見落としていました。面白いですね。本文に追記しました。ご指摘ありがとうございました。

投稿: finalvent | 2004.05.24 19:34

よくわからないのですが、ジェンキンズさんが米軍の訴追対象となるのは当然だと思うのですが。。
北朝鮮に対しては、これから日本というか小泉-安倍はねちっこいムチを使っていくんでしょうね。(ですかね。)

投稿: 22 | 2004.05.24 20:12

私は今回の結果は良かったと思います。文句を言い続けることが目的な人たちにとっては、いつだって何もしなかった方がよかったのでしょうけれど。
国交正常化を前提に食糧支援する。国交正常化の前提条件として死んだとされる人たちの調査を要求する。調査の結果がこちらの期待するものでない限りは、再調査を要求し続ける。
結局、こっちの要望が全部通るまでは、食糧支援を提示通りにする必要はないので、5人が帰ってきた分、前進したと言えるでしょう。
全員が帰ってこないのならば、一人も帰ってきてくれるななんて、どの口が言うのかと思います。

投稿: nh | 2004.05.25 17:17

昨日、7時のNHKニュースで、韓国政府は、キム・ヒョンヒ元死刑囚に、田口八重子さんの親族の方々を面会させる用意がある、という報道をしました。

拉致被害者のご家族の方々にとっては、これが、拉致問題の解決への前進とはとても捉えられないだろうと思いますが、それでも、私などには、大韓航空機爆破事件の犯人への日本人の面会を許すというのは、政治的に画期的なことであると思わざるを得ません。

キム元死刑囚自身の口から、北朝鮮での田口さんの地位と役職は、そう簡単に生命を脅かされるようなものではないと、しっかりした根拠を提示して、田口さんの親族の方々に説明してもらえることを祈念しております。

投稿: enneagram | 2009.02.12 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮拉致被害者の子どもの帰国に思う:

» みんなもちつけ! [アホが見ーるーブタのケーツー]
ここのコメントで紹介のページに有った、 「平壌宣言をキチンと履行すれば、経済制裁しない」というのフレーズの「経済制裁しない」という部分をとらえて「カードを捨て... [続きを読む]

受信: 2004.05.23 22:13

» 北朝鮮問題 [悲しみにせよ、喜びにせよ]
さて、この件に関してはいろんな意見があるのだが、少し違った観点から みてみる。 ・今回の訪朝の経緯 前回の訪問で帰国した拉致被害者たちだが、元々は日本... [続きを読む]

受信: 2004.05.24 08:05

» オレは小泉の訪朝結果より「家族会」の激怒を支持するね。 [log]
 国民の約6割が、今回の小泉訪朝の結果を「評価する」のだそうだ。おそらく多くの人たちは、自分達が北に拉致される可能性よりもテポドンを東京に落とされる可能性の方に... [続きを読む]

受信: 2004.05.24 11:06

» 日朝会談報道とネット議論の危うさ [藤沢生活]
リビアの「六フッ化ウラン1.7t」、WFPの「食糧配給中断」は、どう影響するのか。 前者は米と欧州しだいだろうが、後者は日本にもコミットする余地がありそうだ。 ... [続きを読む]

受信: 2004.05.24 21:15

» 小泉さんでいいの [変見]
 小泉さんのヒットラーを思い起こさせるようなパフォーマンスに多くの国民が惑わされ、自民党の勢いが止まりません。  しかし、小泉さんがやられたことで何か良い結果が出ているでしょうか。馬鹿の一つ覚えのように郵政民営化を叫び続けていますが、その間にもっと大事な物が置き去りにされたままです。その事から目を逸らせるための策略に乗って日本が良くなるでしょうか。  借金はどうしようもないほど増え続け、イラク・北朝鮮問題も解決の糸口が掴めません。郵政民営化は長銀の二の舞になる可能性が指摘されています。このままで明る... [続きを読む]

受信: 2005.09.05 18:37

« なぜチャラビ宅がガサ入れされたのか | トップページ | 最近のネットメディア雑感 »