« イラン選挙の落胆 | トップページ | 近況・広告・スパム »

2004.02.23

正しい日章旗の色について

 昨日は天気も良いので所沢の航空公園まで散歩した。自衛隊機などをぼんやり見ながら、機体の日章旗の色に心惹かれた。いい色合いだなと思った。そう思う背景には、日本の国旗として掲揚される日の丸の色が、どうも間違っているとしか思えないのだ。日の丸掲揚を叫ぶ人たちは、このことをどう考えているのか気になる。もちろん、問えば、つまらない答えが得られるのだろう。そんなことは本質的ではないとか云々。つまり、日章旗を愛でているのではなく、イデオロギーに心酔しているだけなのだ。
 詳細を書くのはめんどくさいので省略するが、日章旗は法律で国旗として規定されるようになった。小渕の残した遺産のようなものだ。私は技術屋の末席くらいにはいたので、なんであれスペック(仕様)が気になる。日章旗は国旗及び国歌に関する法律の別記で次のように決められている。


日章旗の制式
(図省略)
一 寸法の割合及び日章の位置
 縦 横の三分の二
    日章
    直径  縦の五分の三
    中心  旗の中心
二 彩色
    地   白色
    日章  紅色

 歴史好きのものからしてみると、日章がやや大きいかなという印象はある。それでも明治3年1月27日太政官布告第59号では十分の七だった。が、それはそれでいいだろうとは思う(日章が本質だから)。白地もさして問題はない。問題は日章の彩色である。「紅色」とある。これは太政官布告第59号を踏襲している。つまり、戦前戦後で日章の色に違いはないはずだ。
 当然ながら、「紅色」というのは曖昧な色ではない。工業的な色彩はJISで決められている。"JIS Z 8102(2001)"「物体色の色名」である。色はマンセル体系で規定されていて、"3R4/14"である。パソコンで再現するにはこれをRGB値に変換しなくてはいけないのだが、この変換式が各人各様といった状況のようだ。モニターの基準によるのだろう。マンセル規格の大元の団体でもRGB値の変換プログラムを配布しているのだが、日本で普及しているモニターだとやや色合いが違う。日本ではシェアウエア「色出し名人」(参照)が普及しているようだが、これだと"BE003F"である。

 まぁだいたい自衛隊機の日の丸の色に近い。というか、これが日章旗の色のはずなのだが、まずもって、日常見かける日章旗でこの色を見たことがない。まったく日本人の色彩感覚はどうしちまったのだろうと思う。
 今朝の産経新聞社説「国旗・国歌 正面に掲げ堂々と歌おう」である。またかよであるが、こう言う。


 まもなく卒業式のシーズンである。どの学校でも、国旗を正しく掲揚し、心をこめて国歌を斉唱する。そんなすがすがしい厳粛な卒業式が行われることを願いたい。

 「国旗を正しく掲揚」する前に、「正しい国旗」を掲揚してほしいものだなと思う。
 なにか些細なことを論じていると思われる人も多いかもしれないが、英霊を乗せた軍機の日の丸の色は、現在の自衛隊機の色と同じである。軍機の展示を見て、その日章の色がくすんでいるように思うような日本人がいては情けないではないか。

追記
広辞苑の電子版を持っているのを思い出し、そこで紅色をひいてみた。マンセル系は同じだが、RGB値が違う。次のようになっていた。こちらのほうが実際に近い。


法制化にあたり、しょーもない議論の記録があった。こんなのを理由に曖昧な色合いとされてはたまらんなと思う。


第145回国会 内閣委員会 第11号(平成11年7月1日(木曜日))

竹島政府委員 紅色というふうに書いてありまして、赤とは書いていないということについてお答え申し上げます。
 一つは、赤とした場合には、白に近い赤から黒に近い赤まで、赤という色の意味する範囲が広い。それに対しまして、日章旗の日の丸の色というのは御案内のとおり鮮やかな赤。その鮮やかな赤ということを意味するために、赤色ではなくて紅色ということで特定性をより正確にしよう、こういうことで紅色という表現にさせていただいております。

145回-参-本会議-43号 1999/08/09

山崎力
 むしろ、法案の中に日の丸の色を赤色ではなく紅色とあるのを見て、違和感すら覚えました。確かに、一般的に流布されている日章旗の色自体は紅かもしれません。しかし、紅色は広く赤色の系統に含まれるものですが、逆に、紅色は赤色系全体を示すことはできません。何より広く国民に浸透している赤のイメージを覆すものであり、同僚議員が異例にも特別委員会で独唱した「白地に赤く」との歌詞は、正確には間違いということになってしまいます。

|

« イラン選挙の落胆 | トップページ | 近況・広告・スパム »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

あいかわらず、へぇ~。
よく見かけるのは紅色よりも、朱色でしょうか。軽いですネ...確かに。

ところで日章旗の太陽は何時頃のを指してるんでしょう。朝陽、真昼、夕陽?
「日の本」で真昼だというのと朝陽(旭日)だというのは、色彩的には朱のような感じです。
思ったのですが、よく見る「満洲の夕陽」は、お示しの色相ですネ。

話変わって、航空公園市役所向い団地1階にある蕎麦屋、イケマス。

投稿: shibu | 2004.02.23 12:51

shibuさん、どもです。日章旗はいつの太陽でしょうね。三島由紀夫を思うと朝陽か…。子供の頃、戦争関連で見た日章旗はちゃんと紅色だったように記憶しています。蕎麦屋探して行ってみます。

投稿: finalvent | 2004.02.23 14:35

へ~
また勉強になった。ホントに何も知らない私。
サンクス・ア・ロット>finalventさん
へ~
航空公園、よくいらしゃるんですか!
ご近所さんだったんですね。知らんかった^^
もういっこ。
↓こんな姑息的な解決法を考えた人もいます。
http://adunion.cocolog-nifty.com/column/2006/09/post_dad5.html
文字通り「ちょっとだけ」アイデア、でしかないんですが(笑)

投稿: tom-kuri | 2006.09.23 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しい日章旗の色について:

» ナンダヨ! ぶっころされてえズラ [パンジーオンライン アプノーマル]
しまったあ。申し訳ない。最新の記事にしたつもりが、間違えて[2004.02.19日本の景気は回復しているのだが]にトラックバックしていた。自己顕示欲か。 [続きを読む]

受信: 2004.02.23 16:52

« イラン選挙の落胆 | トップページ | 近況・広告・スパム »